FC2ブログ
当のハリーはもちろんそんなつもりではなかったのですが、反ヴォルデモート派の旗頭ハリー・ポッターがホグワーツ入りした事で雌雄を決する戦いが始まる事になったのでした。ハッフルパフ寮の寮監のスプラウト先生もマクゴナガル先生の召喚に応えて馳せ参じて来たというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.マクゴナガル先生の召喚に応えて
ハリーがホグワーツ入りしたのはヴォルデモートの分霊箱の最後の隠し場所がここだと判ったからで必要に迫られての事だったのです。がしかし他の人たちにとっては反ヴォルデモート派の旗頭が入った事を意味していました。

時間がありません。ヴォルデモートがどんどん近づいています。僕はダンブルドアの命令で行動しています。ダンブルドアが僕に見つけて欲しかった物を探し出さなければならない。でも僕がこの城の中を探している間に・・・

生徒たちを逃がさなくてはなりません。ヴォルデモートの狙いは僕ですが行きがけの駄賃にあと何人殺害する事になってもあいつは気にも留めないでしょう。ハリーにこう言われたマクゴナガル先生が次に起こした行動とは?

他の寮監に警告を出さなければいけない。マクゴナガル先生が杖を上げるとその先から目の周りにメガネのような模様のある銀色の猫が3匹飛び出しました。猫はしなやかに先を走りマクゴナガル先生にハリーとルーナが・・・

下りて行く螺旋階段を銀色の明かりで満たしました。3人が廊下を走り始めると守護霊は1匹ずつ姿を消しました。3人の寮監に警告を発するためでした。こうして他の寮監の先生方と共にスプラウト先生も馳せ参じたのでした。

3-2.2人の魔女の熱い眼差し
スプラウト先生はフリットウィック先生と共にマクゴナガル先生とスネイプが丁々発止と戦っている最中に駆け付けて来ました。その後ろから少し遅れてスラグホーンが巨体を揺すりあえぎながら2人を負うように来る所でした。

フリットウィック先生の呪文がスネイプの隠れている甲冑に当たりその両腕でスネイプをがっちりと締め上げました。それを振り解いたスネイプが逆に攻撃者めがけて甲冑を飛ばしました。甲冑は大破してスネイプは逃げました。

ハリーが再び目を上げた時にはスネイプは一目散に逃げ出しマクゴナガル先生にフリットウィック先生そしてスプラウト先生が凄まじい勢いで追跡して行く所でした。スネイプは教室に飛び込みマクゴナガル先生の叫ぶ声が!

「卑怯者!卑怯者!」

「どうなったの?どうなったの?」

こう訊いたのはルーナでした。ハリーはルーナを引きずるようにして立たせ「透明マント」をなびかせて教室に駆け込みました。3人の先生が割れた窓のそばに立っていました。スネイプはその窓から飛び降りたんだそうです。

ハリーの「それじゃ死んだ?」の問いにマクゴナガル先生が「いいえ。死んではいません」と苦々しく答えました。スネイプはダンブルドアとは違って杖を持っていたしヴォルデモートから幾つかの技を学んでいたからだそうです。

「ポッターはダンブルドアの命令でこの城でやるべき事があります。ポッターが必要な事をしている間。私たちは能力の及ぶ限りのあらゆる防御をこの城に施す必要があります」

こう言うマクゴナガル先生に対してフリットウィック先生が「もちろんお判りだろうが」と前置きをした上で我々が何をしようとヴォルデモートをいつまでも食い止めておく事はできないのでは?と主張するその一方で・・・

「それでも暫く止めておく事はできるわ」

こう言ったのはスプラウト先生でした。こう答えてくれたスプラウト先生にマクゴナガル先生は「ありがとう。ポモーナ」と言葉を返したのでした。そして2人の魔女は真剣な覚悟の眼差しを交し合ったというわけなんですよね。

3-3.ホグワーツの戦い
まず我々がこの城に基本的な防御を施す事にしましょう。それから生徒たちを大広間に集めます。大多数の生徒は避難しなければなりません。もし成人に達した生徒が残って戦いたいと言うのならチャンスを与えるべきだと思う。

マクゴナガル先生のこの意見にスプラウト先生は「賛成」と答えました。扉のほうに急いでいるスプラウト先生に向かってマクゴナガル先生は「20分後に大広間で私の寮の生徒と一緒にお会いしましょう」と声をかけたのでした。

スプラウト先生は小走りで扉の外に姿を消しましたが「食虫蔓に悪魔の罠それにスナーガラフの種。死喰い人がこういう物と戦う所を拝見したいものだわ」などとブツブツ呟くのがハリーの耳に飛び込んで来たというわけです。

しかしスプラウト先生が出して来たのは食虫蔓に悪魔の罠にスナーガラフの種だけではありませんでした。取って置きの必殺兵器があったのです。スプラウト先生はハリーが植え換え作業をした「あの植物」を出して来ました。

ヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱はレイブンクローの失われた髪飾りだった。隠したのは「必要の部屋」だった。それが判った瞬間スプラウト先生が6人ほどの生徒を連れて嵐のようにハリーを追い越して行きました。

「マンドレイクだ!」

走りながらハリーのほうを振り向きネビルがこう大声で言いました。マンドレイクを城壁越しにあいつらつまり死喰い人にお見舞いしてやる。きっと嫌がるぞ!こう言うとネビルはスプラウト先生と走り去って行ったのでした。

最後に
実は以前の記事でハッフルパフ生のアーニー・マクミランの事も指摘したのですが、最後に大広間で繰り広げられた戦いの中にはスプラウト先生は登場していないんですよね。スプラウト先生は一体どうしていたんでしょうね?

ベラトリックス・レストレンジと戦ったのはウィーズリーおばさんでした。そしてヴォルデモートと戦ったのはスラグホーンにマクゴナガル先生そしてキングズリー・シャックルボルトの3人でスプラウト先生は入っていません。

私はスプラウト先生もアーニー・マクミランと同様に大広間でハリーとヴォルデモートの最後の戦いを見守っていたと思う。というよりそう信じたいというのが正直な気持ちです。やはりハッフルパフ生とその出身者は・・・

基本的にはおとなしくて控え目な気風のようなのでこういう目立つ所には出て来ないみたいなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1615-ed0449bb