FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

この「全身金縛りの呪文」という魔法は実はハリーポッター・シリーズの極めて重要な局面に結構登場しているんですよね。まず初日の今日は第1巻「賢者の石」からです。全ての策が水泡に帰し万策尽きたハリーは「こうなったら自分が賢者の石を手に入れるしかない!」と決心したのでした。ところが・・・(全3項目)

3-1.賢者の石が狙われるのは今夜だ!
それはハリーたち3人がホグワーツに入って最初の学期末試験を終えた直後の事でした。三頭犬のフラッフィーなんてなだめ方さえ知ってれば簡単だ。音楽を聞かせればすぐ眠ってしまう。ハグリッドが3人にこう言ったのです。

そう言ってしまってからハグリッドは「しまった。大変だ」という顔をしました。そして「お前たちに話しちゃいけなかったんだ!」と慌てて言うと「忘れてくれ!」と言いました。しかし3人は無言で城に引き返したのでした。

「ダンブルドアの所に行かなくちゃ」

ハグリッドが怪しい奴にフラッフィーの手なずけ方を教えてしまった。その人物はスネイプかヴォルデモートだったんだ。ところがそこにマクゴナガル先生が現れてダンブルドア校長は魔法省から緊急のふくろう便が来て・・・

「先生がいらっしゃらない?この肝心な時に?」

こう言うハリーにマクゴナガル先生は「ダンブルドア先生は偉大な魔法使いですから大変ご多忙でいらっしゃる」と言ったのでした。しかし3人はダンブルドアがいないと聞いて「石が狙われるのは今夜だ!」と思ったのでした。

そこでハリーたちは賢者の石を守るために行動を開始しました。しかしハリーたちが講じた策はことごとく粉砕してしまったのでした。結局3人ともすごすごと談話室に戻って来てしまう事になってしまいました。そこで・・・

「じゃあもう僕が行くしかない。そうだろう?」

ハリーが言い出した事とは?

3-2.ハリーたちの前に現れ出でたのは?
僕は今夜ここを抜け出す。賢者の石を何とか手に入れる。ハリーがそう言うのを聞いてロンは「気は確かか!」と言ったのでした。ハーマイオニーも反対しました。そんな事をしたら退校になってしまう。するとハリーは・・・

だから何だって言うんだ?分らないのかい?もしスネイプが賢者の石を手に入れたらヴォルデモートが戻って来るんだ。あいつが全てを制服しようとしていた時には魔法界がどんな有り様だったのか?2人とも聞いているだろう。

今晩僕は仕掛け扉を開ける。君たちが何と言おうと僕は行く。僕の両親はヴォルデモートに殺害されたんだ。こう言ってハリーが睨みつけるとハーマイオニーは「その通りだわ」と言ってくれたのでした。するとロンも・・・

ハリーが「僕は透明マントを使う」と言うとロンが「でも3人全員入れるかな?」と言いました。ハリーが「君たちも行くつもりかい?」と訊くとロンは「バカ言うなよ。君だけを行かせると思うのかい?」とそう言うのです。

ハーマイオニーもまた威勢良く「もちろん。そんな事できないわ」と言うのです。つまりロンもハーマイオニーも「ハリーを1人で行かせるわけにはいかない」との意見で一致したというわけです。そこで夕食の後に3人は・・・

ハリーたちは談話室でみんなから離れて座りました。グリフィンドール生は誰もが皆ハリーにハーマイオニーが一晩に「150点」を失ってからというもの口を利かなくなっていたので3人の事を気に留める様子もありませんでした。

今夜ばかりは3人とも無視されても気にはなりませんでした。ハーマイオニーはこれから突破しなければならない呪いを1つでも見つけようとノートをめくっていました。ハリーとロンは黙りがちでした。2人は頭の中で・・・

これから自分たちがやろうとしている事に考えを巡らせていました。寮生が少しずつ寝室に行って最後にリー・ジョーダンが伸びをして欠伸をしながら談話室を出て行きました。ロンが「マントを取って来たら」と囁きました。

ハリーは透明マントとハグリッドがクリスマスにくれた横笛を持って談話室に戻って来ました。ここで3人全員隠れるかどうか確かめよう。ハリーがロンとハーマイオニーにそう言っていると部屋の隅から声が聞こえて来ました。

「君たち何してるの?」

こう言いながら肘掛椅子の陰から現れたのは?

ネビルでした。

3-3.ハーマイオニーが
ハリーは急いでマントを後ろに隠すとネビルに「何でもないよ。何でもない」と言いました。しかしネビルは3人の後ろめたそうな顔を見つめて「また外に出るんだろ」と言って来ました。すると今度はハーマイオニーが・・・

ネビルに「ううん。違う。違うわよ。出てなんか行かないわ。もう寝たら?」と言ったのでした。しかしネビルも負けてません。外に出てはいけない。また見つかったらグリフィンドールはもっと大変な事になるというのです。

「君には分らない事だけどこれはとっても重要な事なんだ」とハリーは言いました。がしかしネビルも必死で譲ろうとはしません。ネビルは「行かせるもんか」と言うと出口の肖像画の前に急いで行って立ちはだかったのでした。

「僕、僕、君たちと戦う!」

ロンが激高して「そこをどけよ。バカはよせ」と言いました。ところがそんなロンにネビルは「バカ呼ばわりするな!もうこれ以上規則を破ってはいけない!恐れずに立ち向かえと言ったのは君じゃないか」とそう言うのです。

ロンはいきり立って「ああそうだ。でも立ち向かう相手は僕たちじゃない」と言いました。確かにロンがネビルに立ち向えと言ったのはドラコ・マルフォイでした。ロンはさらにネビルに対しこう言ったというわけなんですよね。

「君は自分が何をしようとしているのか分ってないんだ」

しかしそれでもネビルは拳を振り上げて「やるならやってみろ。殴れよ!いつでもかかって来い!」と言って出口の前に立ち塞がるのです。ハリーは困り果ててハーマイオニーを振り返ると「何とかしてくれ」と頼んだのでした。

「ペトリフィカス トタルス、石になれ!」

ハーマイオニーは一歩進み出でネビルに「本当に、本当にごめんなさい」と謝った後に杖を向けてこう唱えました。するとネビルの両腕が体の脇に貼りつき両足が閉じました。ネビルの体は固くなってゆらゆらと揺れると・・・

まるで一枚岩のようになりバッタリとうつ伏せに倒れました。ハーマイオニーが駆け寄りネビルを引っくり返しました。ネビルはもはや口も動かす事ができず話す事もできません。目だけが動いて恐怖の色を浮かべていました。

これが「全身金縛りの術」をかけられた時の人間の状態というわけなんですよね。

今日の最後に
今にして思えばネビルもハリーたち3人と同様に村八分の状態に置かれていたんですよね。何故ならグリフィンドールが一晩に一気に「150点」も減点された。その内の「50点」は他ならぬネビルが失わせた得点だったからです。

この日もネビルは仲間外れにされていた。だからきっとハリーが「賢者の石を手に入れる」と話しているのをネビルも聞いていたのでしょう。そこでネビルは当然「何とか止めさせないと!」と思ったというわけなんですよね。

つまりネビルが3人の前に立ちはだかったのは必然だったというわけです。その行為がダンブルドアに認められてグリフィンドールは寮杯を獲得したのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.