FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

何とかしてハリーの最期の願いをやり遂げてあげたい!こう考えてネビルは虎視眈々とチャンスを伺っていたのです。すると何と驚くべき事に思ってもみなかった所からそれはそれは意外な物が出て来てネビルはハリーから頼まれていた事を達成できたのでした。その時ネビルは・・・(全3項目)

3-1.一度ならずも二度までも
ダンブルドアの葬儀に参列して「来年度は学校に戻らずヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊する旅に出る」との決意を固めたハリーだったのでした。ところが一度ならずも二度までも死を覚悟する事になってしまいました。

一度目はプリベット通り4番地からトンクス邸に移動する時でした。トンクス邸に到着する直前にヴォルデモートに追いつかれ「もうお終いだ」と思ったその時でした。ハリーの柊の杖が勝手に動いて金色の炎が噴き出し・・・

ヴォルデモートがルシウス・マルフォイから借りた杖を破壊したのです。そして二度目はハリーがホグワーツ入りして雌雄を決する戦いが始まった後の事でした。スネイプが命と引き換えにハリーに差し出した記憶の中で・・・

ヴォルデモートがハリーを殺害しようとしたあの夜。リリーが盾となり自らの命をヴォルデモートの前に投げ出した時。ヴォルデモートの魂の一部が崩れ落ちる建物の中に唯一残されていた生きた魂つまりハリーに引っ掛かった。

ヴォルデモートの魂の一部がハリーの中で生きている。その魂の欠けらがハリーに付着して守られている限りヴォルデモートは死ぬ事ができない。ハリーは自分の「死ななければならない」という苛酷な運命を知ったのでした。

しかしまだ最後の分霊箱が残っている。蛇のナギニだ。そこでハリーは「透明マント」を脱ぐとネビルに頼んだのでした。もしロンとハーマイオニーが忙しくて君にそういう機会があったらナギニを殺害してくれ。そして・・・

その時ハグリッドの腕に抱かれたハリーは実は生きていました。ナルシッサ・マルフォイの思いを知って嘆き悲しむハグリッドを見て「生きていると仄めかす事など到底できない」と思ったハリーは死んだフリをしていたのです。

しかしハリーに最後に「蛇のナギニを殺害してくれ」と頼まれたネビルはそれをハリーの最期の頼みと受け止めたのでしょう。

そこで・・・

3-2.ヴォルデモートが
ハリー・ポッターは自分の手にかかって死んだ。もはや生ある者で自分を脅かす者は1人もいない。そこで城に行き奴らの英雄がどんなざまになったか見せつけてやると高らかに宣言したヴォルデモートだったのですが・・・

ホグワーツの防衛隊の中から1人が飛び出してヴォルデモートを攻撃しました。その人物は武装解除されて地面に打ちつけられました。ヴォルデモートは奪ったその人物の杖を投げ捨てると笑いながらこう言い放ったのでした。

「一体誰だ?負け戦を続けようという者がどんな目に遭うか進んで見本を示そうというのは誰だ?」

それがネビルだったのです。杖を失い隠れる場所もなく1人立っているネビルにヴォルデモートは「お前は純血だ。勇敢な少年よ。そうだな?」と問いかけました。それにネビルが大声で「だったらどうした?」と答えると・・・

お前は気概と勇気のある所を見せた。それにお前は高貴な血統の者だ。貴重な死喰い人になれる。我々にはお前のような血筋の者が必要だ。つまりネビルに「死喰い人になれ」自分の配下になれとヴォルデモートは言ったのです。

「地獄の釜の火が凍ったら仲間になってやる。ダンブルドア軍団!」

これがネビルの返事でした。いいだろう。それがお前の選択なら我々は元々の計画に戻ろう。どういう結果になろうとお前が決めた事だ。ヴォルデモートは杖を振って城の中から何かを呼び寄せました。その手に握られた物は?

それは「組分け帽子」でした。ホグワーツ校に組分けは要らなくなる。4つの寮もなくなる。スリザリンだけで十分だ。ヴォルデモートが杖をネビルに向けるとネビルの体が硬直しました。つまりここでヴォルデモートは・・・

ネビルに「全身金縛りの呪文」を無言でかけたのです。そしてネビルの頭に無理やり帽子を被らせました。そしてヴォルデモートは愚かにも自分に逆らい続けるとどうなるか見せてくれると言って組分け帽子に火を点けたのです。

ところがそれが・・・

ヴォルデモートの破滅の始まりだったのです。

3-3.素早い滑らかな動きで
組分け帽子が炎上すると悲鳴が夜明けの空気を引き裂きました。ネビルは動く事もできずその場に根が生えたように立ったまま炎に包まれました。ところが次の瞬間には一気に色々な事が起こりました。その時動いたのは・・・

「これ以上は耐えられない。行動しなければ」と思って立ち上がったハリーだけではありませんでした。遠い校庭の境界からどよめきが聞こえて来ました。何百人もの人々が塀を乗り越え雄叫びを上げて突進して来る音でした。

ネビルも動きました。素早い滑らかな動きでネビルはヴォルデモートにかけられた「全身金縛りの呪文」を解きました。燃えていた帽子が落ちてネビルはその奥から何やら銀色の物を取り出しました。輝くルビーの柄の・・・

それはグリフィンドールの剣でした。ネビルが剣を振り下ろす音は周囲の喧騒に紛れて聞こえませんでした。しかし剣の動きは全ての人の目を引きつけました。ネビルは何と一太刀でナギニの首を切り落としてしまったのでした。

ヴォルデモートは口を開け怒りの叫びを上げました。がしかしその声は誰の耳にも届きませんでした。ネビルがハリーの最期の願いを聞き入れやり遂げた瞬間でした。こうしてヴォルデモートの最後の分霊箱が破壊されたのです。

ハグリッドの異父兄弟で巨人のグロウプにケンタウルスにセストラルにヒッポグリフのバックビーク。さらにはホグズミード村から押し寄せて来た援軍にクリーチャー率いるホグワーツの屋敷しもべ妖精までもが加わって・・・

圧倒的な数に押されて闇の陣営は総崩れ状態でした。そして「一方が生きる限り他方は生きられぬ」最後にハリーがヴォルデモートに勝利を収めた事で、まさに雌雄を決するホグワーツの戦いは終結したというわけなんですよね。

最後に
このようにして1年生の時にハリーが「賢者の石」を手に入れる時もこの「全身金縛りの呪文」が使われ、ハリーが6年生の時は学期初日にドラコ・マルフォイが学期末にはダンブルドアがハリーに「この術」を使っていました。

ネビルはヴォルデモートにかけられた「全身金縛りの呪文」を素早い滑らかな動きで見事に解きました。今にして思えばネビルは1年生の時ハーマイオニーに「この呪文」をかけられた経験を踏まえ解く練習をしていたのでは?

もしそうだとするとハリーがハーマイオニーに頼んでネビルに「この呪文」をかけた事が巡り巡ってハリーに恩恵を与えたという事になりますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.