FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

クリスマス休暇明けもハリー自身も魔法界もさらには学校の中も静まる気配は露ほども感じられませんでした。そしてイースター休暇前最後の練習の時でした。突然ドビーが「必要の部屋」にやって来たのです。その理由は「あの女が来るのか?」とハリーが訊くとドビーは・・・(全3項目)

3-1.イースター休暇前最後の練習で
クリスマス休暇明けもハリー自身もそうだったのですが周囲も静まる気配は露ほども感じられませんでした。ハリーは休暇明けからダンブルドア校長の肝煎りで「閉心術」という魔法を習得するため課外授業を受ける事に・・・

ところがそれを教えたのがスネイプだったのです。他にも10人もの死喰い人がアズカバンから脱獄しました。そのお陰でDAのメンバー全員にカツが入りザカリアス・スミスさえ熱心に練習するという意外な展開になったり・・・

ルーナのお父さんが発行していてハーマイオニーがクズ呼ばわりした雑誌「クィブラー」にハリーのインタビュー記事が載って、生徒と先生方(多分)の全員が読んでアンブリッジのいない所では話題騒然になるという事も・・・

そしてついにアンブリッジがトレローニー先生をクビにするという出来事もありました。ハリーは「今度はハグリッドの番なのでは?」と緊張と心配が続く事になってしまいました。その一方で先生方もハーマイオニーも・・・

口を酸っぱくしてハリーたちに言い聞かせていました。ふくろう試験が刻々と迫っていました。全ての5年生が多かれ少なかれストレスを感じていましたが「薬草学」の授業中にハンナ・アボットが突然泣き出してしまい・・・

自分の頭では試験は無理だから今すぐ学校を辞めたいと言ってマダム・ポンフリーの「鎮静水薬」を飲む第一号になったのです。そんな中ハリーも「DAがなかったら自分はどんなに惨めだろう」と思わずにはいられませんでした。

「必要の部屋」で過ごす数時間のために生きているように感じる事さえありました。きつい練習でしたが同時に楽しくて仕方ありませんでした。みんながどれだけ進歩したかを見るたびにハリーは誇りで胸が一杯になりました。

しかしその「必要の部屋」の事を教えてくれたのはドビーだったのです。ところがそんなドビーがDAのメンバーが練習をしている真っ最中に「必要の部屋」を訪れたのです。それはイースター休暇前最後の練習の時だったのです。

ドビーが来たその理由というのが・・・

3-2.あの女の人が
これはクリスマス休暇前にハリーがチラリと予告して誰もが楽しみにしていた事でした。ついにDAでも「守護霊の呪文」の練習を始めました。しかしハリーの3年生当時もルーピンが繰り返し言い聞かせていた通りだったのです。

この魔法はふくろうレベルを遥かに越える極めて難しいもので大人の魔法使いでさえ苦労するのです。チョウの守護霊は白鳥でハーマイオニーの守護霊はカワウソでした。ディーンに連れられて初参加をしたシェーマスは・・・

「ハリー僕できたと思う!見て-あ-消えた・・・だけどハリー確かに何か毛むくじゃらな奴だったぜ!」

ラベンダーは杖先から銀色の煙が噴き出すものの形にする事はできないようでした。ネビルもそうでした。顔を歪めて集中しても杖先からは細い銀色の煙が出て来ただけでした。本当に一生懸命でネビルの顔は汗で光っています。

その時でした。突然「必要の部屋」の扉が開いたかと思ったら閉りました。ハリーは「誰が来たのだろう?」と振り返りましたが誰もいないようです。暫くしてハリーは扉近くにいたメンバーがひっそりとしたのに気づきました。

すると何かが膝のあたりでハリーのローブを引っ張りました。見下ろすと驚いた事にドビーがいつもの八段重ねの毛糸帽の下からハリーをじっと見上げていました。ハリーが「やあドビー」と挨拶をした後にこう訊ねると・・・

「何しに-どうかしたのかい?」

ドビーの目は恐怖で見開き震えていました。ハリーの近くにいたメンバーも黙り込みました。その場にいた全員がドビーを見つめています。何人かがようやく創り出した数少ない守護霊も消えて部屋はずっと暗くなったのでした。

「ハリー・ポッター様。ドビーめはご注進に参りました。でも屋敷しもべ妖精というものはしゃべってはいけないと戒められて来ました」

ドビーは壁に向かって頭を突き出し走り出しました。ドビーの自分自身を処罰する習性を経験済みのハリーはドビーを取り押さえようとしました。しかしドビーは八段重ねの帽子がクッションになり壁から跳ね返っただけでした。

ハーマイオニーや他の数人の女の子が恐怖と同情心で悲鳴を上げました。ハリーはドビーの小さい腕を掴むと自傷行為に走りそうな物からドビーを遠ざけて「一体何があったの?」と訊いたのでした。その問いにドビーは・・・

「ハリー・ポッター・・・あの人が・・・あの女の人が」

ドビーのこの言葉を聞いてハリーは・・・

「あの人って。ドビー。誰?」

3-3.ついに発覚
ドビーにそう訊きながらもハリーは「判った」と思いました。ドビーをこんなに恐れさせる女の人は1人しかいないではないか。ドビーは少しくらくらした目でハリーを見上げると口の動きだけでその女の人の名前を伝えました。

「アンブリッジ?」

ぞっとしながらハリーがこう訊くとドビーは頷きました。そしてハリーの膝に頭を打ちつけようとしました。その行為を阻止してハリーはドビーを問い質しました。しかしその答えは打ちのめされたその顔に表れていたのでした。

「アンブリッジがどうかしたの?ドビーこの事はあの人にバレてないだろう?僕たちの事もDAの事も?」

「あの女が来るのか?」とハリーが静かに訊くとドビーは喚き声を上げました。そして「そうです。ハリー・ポッターそうです!」と答えました。ハリーは体を起こすとじたばたするドビーを呆然と見つめるメンバーに・・・

「何をぐずぐずしてるんだ!逃げろ!」

ハリーがこう叫ぶと全員が出口に突進しました。ハリーはドビーに「これは命令だ。厨房に戻って妖精の仲間と一緒にいるんだ。もしあの人が僕に警告したのかと訊いたら嘘をついてノーと答えるんだぞ!」と言い渡しました。

そしてさらに「自分を傷つける事は僕が禁ずる!」とも言いました。ドビーは「ありがとう。ハリー・ポッター」と言うと物凄いスピードで走り去って行きました。結局捕まって校長室に連行されたのはハリー1人だけでした。

そのハリーもダンブルドアが身代わりになってお咎めなしで寮に帰る事ができました。ドビーのお陰でみんな助かったのです。

最後に
今学期ハーマイオニーはホグワーツにいる屋敷しもべ妖精を自由にしようと毛糸で帽子や靴下を編みそこいらじゅうに置きました。しかしそれらの物は全部ドビーが取ってしまっていて自由になった妖精は1人もいませんでした。

結局ハーマイオニーのした事は全くの無駄あるいは徒労に終わったと思ったらドビーが自分で自分を罰しようとして壁に突き進んで行った際にクッション代わりになっていました。ハーマイオニーのしたこの行為のせいで・・・

ドビーはグリフィンドール塔を1人で掃除するハメになりました。がしかしハリーと会って話す事もできました。そしてハーマイオニーが編んだ帽子がクッション代わりになって最後の最後に役に立ったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.