FC2ブログ
ホグワーツに入って最初の年ハリーは試験終了後の学期末に医務室でダンブルドアに会う事になりました。ところが翌年もハリーはやはり学期末にダンブルドアと2人だけで話す機会を持つ事になりました。不死鳥フォークスに導かれてハリーがロンにジニーそしてロックハートと共に到着したのは?(全3項目)

3-1.そこに残ったのは?
「秘密の部屋」の怪物バジリスクとの死闘を終えてハリーにロンにジニーそれにロックハートの4人が不死鳥フォークスに導かれて到着したのはマクゴナガル先生の部屋でした。ハリーがノックして扉を開くとそこには・・・

ウィーズリー夫妻にマクゴナガル先生そしてフォークスが肩に止まったのは何と停職になっていたダンブルドアだったのです。あなたたちがジニーを助けてくれた!どうやって助けたの?とウィーズリーおばさんが言うと・・・

マクゴナガル先生が「私たち全員がそれを知りたいと思っていますよ」と言ったのでした。ハリーが事の次第を話し終えるとダンブルドアはジニーにきっぱりとした口調で「すぐに医務室に行きなさい」と言い渡したのでした。

苛酷な試練だっただろう。処罰はなし。ダンブルドアは「もっと年上の賢い魔法使いさえヴォルデモートにたぶらかされて来た」だからジニーはお咎めなしとの事でした。ジニーはウィーズリー夫妻と共に部屋を出て行きました。

すると次にダンブルドアはマクゴナガル先生に「これは1つ盛大に祝宴を催す価値があると思うんじゃが。厨房にその事を知らせに行ってはくれまいか?」と言ったのでした。こうしてマクゴナガル先生もいなくなったのでした。

しかし1人だけこの危険な冒険の自分の役割について恐ろしく物静かな人がいるようじゃ。ダンブルドアがこう言うのを聞いてハリーはびっくりしました。そこでロンが「何故この人はこんなに物静かなのか?」の理由を・・・

「ロックハート先生が忘却術をかけようとしたら杖が逆噴射したんです」

ハリーがびっくりしたのはロックハートがいる事を忘れていたからでした。ロックハートはそのぐらい物静かだったのです。ダンブルドアはロンに「ロックハート先生も医務室に連れて行ってくれんかね?」と頼んだのでした。

ロンとロックハートがいなくなって・・・

そこに残ったのは?

ハリーとダンブルドアの2人だけでした。

3-2.やはり自分はスリザリンに入るべき?
わしはハリーとちょっと話したい事がある。ロンは扉を閉める時ハリーとダンブルドアを好奇心の目でチラッと見たのでした。ダンブルドアは暖炉のそばの椅子に腰掛けてハリーにも座るよう促しました。そしてハリーに・・・

まずは礼を言おう。君は「秘密の部屋」でわしに真の信頼を示してくれたに違いない。それでなければフォークスは君の所に呼び寄せられなかったはずじゃ。ダンブルドアはこう言ってハリーに対して感謝の意を伝えたのでした。

それで君はトム・リドルに会ったわけだ。多分君に並々ならぬ関心を示しただろう。こう言うダンブルドアにハリーは「僕が不思議に似ているってリドルが言ったんです」と言ったのでした。それを聞いてダンブルドアは・・・

「それで君はどう思うかね?」と問いかけました。するとハリーは「あいつに似ているとは思いません」と自分でも思いがけないほどに大きな声で答えたのでした。それは自分はグリフィンドール生だからだと言ったのでした。

しかしその一方「組分け帽子」は言った。君はスリザリンで上手くやっていけただろう。他の生徒たちは暫くの間は自分の事を「スリザリンの継承者」だと思っていた。それは自分は蛇語を話せるから。そう言うハリーに・・・

ダンブルドアは「君は確かに蛇語を話せる」何故ならサラザール・スリザリンの最後の子孫のヴォルデモート卿が蛇語を話せるからだ。自分の考えがだいたい当たっているならヴォルデモートが君にその傷を負わせた際に・・・

もちろんそうしようと思ってした事ではないが自分の力の一部をハリーに移してしまった。ハリーはダンブルドアにこう言われて雷に打たれたようなそんな気がしたのでした。それじゃやはり自分はスリザリンに入るべきなんだ。

ハリーは絶望的な目でダンブルドアを見つめたのでした。自分の中にある「蛇語を解する」という力を見抜いて「組分け帽子」がスリザリンに入るべきだと言ったんだ。しかしそんなハリーにダンブルドアはこう言ったのでした。

サラザール・スリザリンが自ら選び抜いた生徒はスリザリンが誇りに思っていた様々な資質を備えていた。君もたまたまそういう資質を持っている。スリザリン自身の稀に見る能力である蛇語に機知に富む才能に断固たる決意。

さらには規則をやや無視する傾向。それでも「組分け帽子」は君をグリフィンドールに入れた。ハリーはその理由を知っている。ダンブルドアが「考えてごらん」と言うとハリーは打ちのめされたような声でこう答えたのでした。

「帽子が僕をグリフィンドールに入れたのは僕がスリザリンに入れないでって頼んだからに過ぎないんだ」

3-3.真のグリフィンドール生の証
ハリーがこう言うのを聞いてダンブルドアは再び笑顔を見せて「その通り」と言ったのでした。そして「それだからこそ君がトム・リドルと違う者だという証拠になるんじゃ」とダンブルドアはそう言うのです。それは・・・

自分が本当に何者かを示すのは持っている能力ではなく自分が「どのような選択をするか?」という事だ。さらにダンブルドアはハリーがグリフィンドールに属するという別の証拠があるとそう言うのです。その別の証拠とは?

ダンブルドアはマクゴナガル先生の机に手を伸ばすと血に染まったハリーが「組分け帽子」から取り出した銀の剣を取り上げてハリーに手渡しました。ハリーが何とはなしに剣を裏返すと名前が刻まれているのが目に入りました。

ゴドリック・グリフィンドール

真のグリフィンドール生だけが「組分け帽子」から思いもかけないこの剣を取り出してみせる事ができるのじゃよ。ダンブルドアはそれだけを言いました。一瞬2人とも無言でした。そしてダンブルドアが机の引き出しから・・・

羽根ペンとインク壷を取り出すとハリーにこう言ったのでした。君には食べ物と睡眠が必要じゃ。祝いの宴に行くがよい。わしはアズカバンに手紙を書く。森番つまりハグリッドを返してもらわなければならないというわけです。

それにロックハート先生が記憶喪失になってしまい「闇の魔術に対する防衛術」の新しい先生が必要なので「日刊予言者新聞」に広告を出さねばならぬ。これにてハリーとダンブルドアの会談はお開きという事になったのでした。

今日の最後に
グリフィンドールの剣と云えばコーネリウス・ファッジの後に魔法大臣になったルーファス・スクリムジョールが「信頼できる歴史的文献によればそれにふさわしいグリフィンドール生の前に現れる」と言っているんですよね。

ところがハーマイオニーは「組分け帽子の中からハリーの前に現れた物で」と言っています。つまりどうやらハーマイオニーはそのスクリムジョールの言う「信頼できる歴史的文献」を読んでいないみたいですね。という事は?

どうやらその歴史的文献は書籍化されていないという事のようですね。ハーマイオニーなら本になってフローリシュ・アンド・ブロッツ書店で販売されていれば読んでいないはずがないでしょうからきっとそうなんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1642-1e77141f