FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

学期終盤それも試験終了直後に会う事が多いハリーとダンブルドアなんですがハリーが3年生の時もそうでした。その日の朝一番にルーピン先生が辞めたと聞いてハリーが部屋に駆けつけて話している所にダンブルドアがやって来ました。ルーピンが去ったその後にハリーとダンブルドアは・・・(全3項目)

3-1.ルーピン先生の部屋で
学期末試験が終了した翌日の事でした。ハグリッドからルーピン先生が今朝一番で辞めたと聞いてハリーはルーピン先生の部屋に向かったのでした。到着してみると部屋の扉は開いていて既にもう荷造りはほぼ終わっていました。

「君がやって来るのが見えたよ」

ハリーのノックで顔を上げたルーピンがこう言いました。ルーピンは微笑みながら今まで熱心に見ていた羊皮紙を指しました。それは「忍びの地図」でした。ハグリッドが先生がお辞めになったって言ってました。嘘でしょう?

こう訊くハリーにルーピンは「いや本当だ」と答えたのでした。どうしてなんですか?魔法省はまさか先生がシリウスの手引きをしたなんて思っているわけじゃありませんよね?重ねてこう訊くハリーに対してルーピンは・・・

私が君たちの命を救おうとしていたのだとダンブルドア先生がファッジを納得させてくださった。マーリン勲章を逃がしスネイプはそれで堪忍袋の緒が切れ今日の朝食の席でルーピンが狼人間だと漏らしてしまったんだそうです。

たったそれだけでお辞めになるなんて!こう言うハリーにルーピンは「明日の今頃には親たちからのふくろう便が届き始めるだろう」と言いました。それは誰も自分の子供が狼人間に教えを受けるなんて望まないからだそうです。

今朝校長先生が話してくれた。君は昨夜随分多くの命を救ったそうだね。君の守護霊の事を話しておくれ。他に吸魂鬼を追い払えるものなどない。ハリーが昨日の事を話すとルーピンは再び微笑んでハリーにこう言ったのでした。

「そうだ。君のお父さんはいつも牡鹿に変身した。君の推測通りだ。だから私たちはプロングズと呼んでいたんだよ」

ルーピンは「私はもう君の先生ではない」からと言ってハリーに「透明マント」に加えて「忍びの地図」をも渡してくれました。すると扉をノックする音がしました。ハリーは急いでマントと地図をポケットに押し込みました。

入って来たのは?

ダンブルドアでした。

3-2.もしかしたのかも知れんのう
ダンブルドアはハリーがいるのを見ても全く驚く様子を見せず「リーマス門の所に馬車が来ておる」と言いました。ルーピンはそれに「校長ありがとうございます」と応えました。門までのお見送りは結構です。1人で大丈夫です。

ルーピンが見送りを辞退するのを聞いてハリーは「ルーピンは一刻も早く立ち去りたいのでは?」と思いました。それを聞いてダンブルドアは「それではさらばじゃリーマス」と重々しく言ったのでした。ルーピンが去り・・・

ハリーは塞ぎ込んで床を見つめていました。扉が閉まる音が聞こえて見上げるとダンブルドアがまだそこにいました。ダンブルドアは「どうしたね?そんなに浮かない顔をして」と静かに言いました。それに対しハリーは・・・

「何にもできませんでした。ペティグリューは逃げてしまいました」

するとダンブルドアは引き続き静かな声で「何にもできなかったとな?」と言いました。しかしそんな事はないとダンブルドアは言うのです。それどころか大きな変化をもたらした。ハリーは真実を明らかにするのを手伝った。

1人の無実の男つまりシリウスを恐ろしい運命から救ったのじゃ。ダンブルドアの「恐ろしい」という言葉がハリーの記憶を刺激しました。以前よりさらに偉大に。より恐ろしく。蘇ったのはトレローニー先生の予言でした。

昨日「占い学」の試験を受けていた時にトレローニー先生がとってもとっても変になったんです。ハリーがそう言うとダンブルドアは「ほう?いつもよりもっと変にという事かな?」と少し言いにくそうに訊いて来たのでした。

ハリーはその問いに「はい。声が太くなって目が白目になってこう言ったんです。今夜真夜中になる前その召使いは自由の身となりご主人様の元に馳せ参ずるであろう。闇の帝王は召使いの手を借り再び立ち上がるであろう」

それからトレローニー先生はまた普通と云うか元に戻ったんです。しかも自分が言った事を全く覚えていなかった。あれはトレローニー先生が本当の予言をしたんでしょうか?そう訊くハリーにダンブルドアはこう答えたのでした。

「これはハリー。トレローニー先生はもしかしたらもしかしたのかも知れんのう」

ダンブルドアは少し感心したような顔をしました。そして考え深げにこう言いました。こんな事が起こるとは。これでトレローニー先生の本当の予言は2つになった。給料を上げてやるべきか?そんなダンブルドアを見て・・・

どうしてこんなに平静でいられるんだ?

ハリーはそう思ったのでした。

3-3.わしには確信がある
シリウスとルーピン先生がペティグリューを殺害しようとしたのに自分が止めたんです!もしヴォルデモートが戻って来るとしたら自分の責任です!そう言うハリーにダンブルドアはなおも静かに「いやそうではない」と・・・

「逆転時計」の経験で君は何かを学ばなかったかね?我々の行動の因果というものは常に複雑で多様なものだ。だから未来を予測するというのはまさに非常に難しい事だとダンブルドアは言うのです。ハリーのした行為は・・・

ペティグリューの命を救った。ハリーは実に気高い事をした。たとえそれがヴォルデモートの復活に繋がるとしてもとダンブルドアは言うのです。ペティグリューはハリーに命を救われて恩を受けた。ハリーのした事の意味は?

ハリーはヴォルデモートの元にハリーに借りのある者を腹心として送り込んだ。魔法使いが魔法使いの命を救うと2人の間にはある種の絆が生まれる。ヴォルデモートが果たしてハリーに借りのある者を召使いとして望むのか?

ペティグリューとの絆なんて欲しくない!あいつは僕の両親を裏切った!そう言うハリーにダンブルドアは「わしを信じるがよい。いつか必ずペティグリューの命を助けて本当に良かったと思う日が来るじゃろう」と言うのです。

これは最も深遠で不可解な魔法だともダンブルドアは言うのです。ハリーはそんな日が来るとは到底思えませんでした。しかしダンブルドアはそんなハリーの思いを見通しているようでした。そこでさらにこうも言ったのでした。

「わしは君の父君をよう知っておる。ホグワーツ時代もその後もな。君の父君もきっとペティグリューを助けたに違いない。わしには確信がある」

昨日の夜守護霊を創り出したのは僕の父さんだと思った。湖の向こうに僕自身の姿を見た時の事です。ダンブルドアなら話しても笑わないだろうとハリーがこう告白するとダンブルドアは優しく「無理もない」と答えたのでした。

もう聞き飽きたかも知れんが君は驚くほどジェームズに生き写しじゃ。ただ目だけは母君の目じゃ。こう言うダンブルドアにハリーは死んだと判っているのに自分自身が父さんだと思うなんて自分はどうかしてたと言うと・・・

愛する人が死んだ時。その人は永久に我々のそばを離れるとそう思うかね?大変な状況にある時いつにも増して鮮明にその人たちの事を思い出しはせんかね?君の父君は君の中に生きている。そして本当に必要とする時は・・・

最もはっきりとその姿を現わす。そうでなければハリーが牡鹿の形の守護霊を創る事などできぬとダンブルドアは言うのです。ダンブルドアは昨日の夜にシリウスから3人が未登録の「動物もどき」でハリーのお父さんが・・・

牡鹿に変身するという事を聞いたんでしょう。だからこそハリーに「君は昨夜父君に会ったのじゃ。君の中に父君を見つけたのじゃよ」と言ったのです。ダンブルドアは「どう考えていいのか?」と混乱するハリーを残し・・・

部屋を出て行ったのでした。

今日の最後に
君はヴォルデモートの元に君に借りのある者を腹心として送り込んだ。ヴォルデモートがハリーに借りのある者を召使いとして望むのか?ペティグリューの命を助けて後悔をしているハリーにダンブルドアはこう言っていますね。

ヴォルデモートは復活を手助けしたので褒美を与えると言ってペティグリューに銀色に光る手を与えました。しかしだからと言って人を信じないヴォルデモート卿の事ですから与えたその手に仕掛けを織り込んでいたんですよね。

ピーター・ペティグリューことワームテールはヴォルデモートが褒美として与えたその手に首を絞められ死んで行きました。そしてハリーに借りを返しました。ダンブルドアの「召使いとして望むのか?」という言葉には・・・

ピーター・ペティグリューが「どのようにして死んで行くのか?」という過程が示唆されていたようなそんな気が私はしますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.