FC2ブログ
「何をもたもたしてるんだ?全員合言葉を忘れたわけじゃないだろう」寮の入口に繋がる廊下がすし詰め状態になっているのを見てパーシーがこう言いました。ところが実は「太った婦人(レディ)」にとんでもない事件が起きていたのでした。それを見てダンブルドアは・・・(全3項目)

3-1.パーティを終えて
一張羅を着込んだ先生方の中でひときわ貧相な身なりのルーピン先生に対する生徒たちの反応はパッとしませんでした。ところが授業が始まった途端ルーピン先生の「闇の魔術に対する防衛術」は群を抜く人気科目になりました。

10月31日のハロウィンの日もロンとハーマイオニーがホグズミードに行ってしまい1人取り残されたハリーを「次のクラス用の水魔が届いた」と言って部屋に誘いハリーに居場所を与えてくれました。ところがその後の事でした。

パーティが終わってハリーたち3人は他のグリフィンドール生たちの後ろに従いて塔へと向かいました。ところが「太った婦人(レディ)」の肖像画に繋がる廊下まで来ると生徒がすし詰め状態になっているのに出くわしました。

ロンが怪訝そうに「何でみんな入らないんだろう?」と言いました。どうやら肖像画が閉ったままのようです。するとそこに「何をもたもたしてるんだ?全員合言葉を忘れたわけじゃないだろう」と言ってパーシーが現れました。

沈黙が流れました。前のほうから始まりまるで冷気が廊下に沿って広がるようでした。パーシーが突然鋭く叫ぶ声が聞こえて来ました。誰かダンブルドア先生を急いで呼んでと言っています。ざわざわと生徒の頭が動いて・・・

後列の生徒は爪先立ちになりました。呼んでと言った次の瞬間にはダンブルドア校長がハリーたちの目の前に立っていました。生徒が押し合いへし合いして道を空けました。ハリーたち3人もよく見ようと近くに行ってみました。

「ああ、何てこと」

ハーマイオニーが絶叫してハリーの腕を掴みました。

そこには?

3-2.切り裂かれた婦人(レディ)
「太った婦人(レディ)」は肖像画から消え去り絵は滅多切りにされてキャンバスの切れ端が床に散らばっていました。絵のかなりの部分が完全に切り取られていました。ダンブルドアは無残な姿の肖像画を一目見るなり・・・

暗い深刻な目で振り返りました。マクゴナガル先生にルーピン先生それにスネイプがダンブルドア校長の所に駆けつけて来る所でした。ダンブルドアは「レディを探さなければならん」と言うとマクゴナガル先生に対して・・・

すぐにフィルチの所に行って城中の絵の中を探すよう言ってくださらんかと頼んだのでした。すると「見つかったらお慰み!」と甲高い嗄れ声が聞こえて来ました。ポルターガイストのピーブズがみんなの頭上に漂っていました。

ピーブズはいつものように大惨事や心配事がうれしくて堪らないようでした。そんなピーブズにダンブルドアが「どういう事かね?」と静かに訊くとピーブズはニヤニヤ笑いを少し引っ込めました。さすがのピーブズでも・・・

ダンブルドアをからかう勇気はありません。ねっとりした作り声で話しました。しかしむしろ普段の甲高い声より事の重大さを伝える効果を生み出す結果になってしまいました。ピーブズはダンブルドアにこう言葉を返しました。

「校長閣下。恥ずかしかったのですよ。見られたくなかったのですよ。あの女はズタズタでしたよ。5階の風景画の中を走ってゆくのを見ました。木にぶつからないようにしながら走ってゆきました。ひどく泣き叫びながらね」

ピーブズはうれしそうにこう言い「お可哀想に」と白々しくも言い添えました。ダンブルドアが再び静かに「レディは誰がやったか話したかね?」と訊くとピーブズは「ええ確かに。校長閣下」と答えました。その様子は・・・

ピーブズはまるで大きな爆弾を両腕に抱きかかえているような言い種でした。そいつつまり襲撃犯はレディが寮に入れてやらないのでひどく怒っていたのだそうです。ピーブズはくるりと宙返りをすると自分の足の間から・・・

ダンブルドアに向かってニヤニヤしながら・・・

「あいつは癇癪持ちだねえ。あのシリウス・ブラックは」

3-3.再び大広間に
ダンブルドア校長はグリフィンドール生全員に大広間に戻るようにと言い渡しました。さらに10分後にはハッフルパフにレイブンクローとスリザリンの寮生も困惑した表情で大広間に集まりました。そしてダンブルドアは・・・

「先生たち全員で城の中を隈なく捜索せねばならん」

マクゴナガル先生とフリットウィック先生が大広間の扉という扉を全て閉め切っている内にダンブルドアはこう告げました。つまり気の毒な事だが皆は大広間に泊まる事になる。皆の安全のためだとダンブルドアは言うのです。

監督生は大広間の入口の見張りに立って貰う。首席の2人にここの指揮を任せる。何か不審な事があれば直ちにわしに知らせるように。そしてダンブルドアは「ゴーストをわしへの伝令に使うがよい」と最後に言い残して・・・

「おおそうじゃ。必要な物があったのう」

一旦大広間を出て行きかけたダンブルドアは立ち止まるとはらりと杖を振りました。すると長いテーブルが片隅に飛んで行って壁を背にして並びました。ダンブルドアが杖をもう一振りすると何百個もの寝袋が現れたのでした。

大広間を出て行きながらダンブルドア校長が「ぐっすりおやすみ」と声をかけました。ダンブルドアがいなくなるとたちまち大広間がガヤガヤとうるさくなりました。グリフィンドール生が他の寮生に事件の話を始めたからです。

みんな寝袋に入りなさい!おしゃべりは止めたまえ!消灯まであと10分!パーシーが大声でこう言う中ロンがハリーとハーマイオニーに「行こうぜ」と呼びかけ3人はそれぞれ寝袋を掴んで隅のほうへ引きずって行ったのでした。

シリウス・ブラックはまだ城の中?心配そうにこう訊くハーマイオニーにロンは「ダンブルドアは明らかにそう思ってるみたいだ」と答えました。しかしロンの勘は外れていました。ダンブルドアはそうは思っていませんでした。

ダンブルドアの見解は?

今日の最後に
昨年度の学期末ダンブルドアはハリーに「闇の魔術に対する防衛術」の先生がまたいなくなってしまったので「日刊予言者新聞」に出す広告を書かなくてはと言っています。つまりルーピン先生は新聞の求人広告を見て応募した。

という事はつまりクィレル先生もギルデロイ・ロックハートもやはり予言者新聞のこの科目の先生を募集する広告を見て応募したのでしょうか?もしそうだとするとロックハートの応募動機にはホグワーツの先生になれば・・・

ハリーが教え子になるというのが相当な部分を占めていたと私は思いますね。そしてさらにルーピン先生もそうだったと思います。何といっても学生時代はかけがえのない友人だったジェームズ・ポッターの忘れ形見ですからね。

ダンブルドアもそれを利用したというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1665-69e81e85