FC2ブログ
ハッフルパフ戦で初めての敗北を味わいニンバス2000をも失ったハリーでしたが後継の箒がクリスマスに贈られて来ました。一方クリスマスの昼食時には突然現れたトレローニー先生とマクゴナガル先生の間で丁々発止のやり取りが交わされたのでした。それを見ていたダンブルドアは・・・(全3項目)

3-1.ルーピン先生の約束にファイアボルト
ハッフルパフ戦があった週明け最初の「闇の魔術に対する防衛術」の授業後にルーピン先生がハリーに「ちょっと残ってくれないか」と声をかけました。試合でニンバス2000が「暴れ柳」に粉々にされた事を聞いたんだそうです。

「一体どうして?どうして吸魂鬼は僕だけにあんな風に?僕がただ?」

ルーピン先生はこの問いにまるでハリーの心を見透かしたように「弱いかどうかとは全く関係ない」と言い切りました。吸魂鬼が他の誰よりハリーに影響するのはハリーの過去に誰も経験した事のない恐怖があるからだそうです。

君の最悪の経験はひどいものだった。君のような目に遭えば箒から落ちても不思議ではない。君は決して恥に思う事はないとルーピンは言うのです。ハリーはホグワーツ特急でルーピンが吸魂鬼を追い払った事を思い出し・・・

「教えてくださいませんか?」

ハリーにこう言われたルーピンは「私は決して吸魂鬼と戦う専門家ではない」と少し迷ったような様子で答えました。でもまた吸魂鬼がクィディッチの試合に現れたら自分は奴らと戦う事ができるようにならなければならない。

するとルーピン先生は「何とかやってみよう」と約束してくれたのでした。ただクリスマス休暇前はやっておかなければならない事が山ほどあるので来学期まで待って欲しいとの事でした。そしてクリスマスのその日には・・・

ハリーの両親がヴォルデモートに殺害されたのは父親の無二の親友でこの夏アズカバンから脱獄したシリウス・ブラックが裏切ったからだった。マルフォイを襲ったヒッポグリフのバックビークが裁判にかけられる事になった。

それらの事をハリーが忘れ去る事のできる贈り物がクリスマスに届けられたのです。それは夏休みにダイアゴン横丁でハリーが毎日「高級クィディッチ用具店」に通い詰めて見に行った「炎の雷・ファイアボルト」だったのです。

ハッフルパフ戦でニンバス2000を失うという痛手を蒙ったハリーでしたが、クリスマスにその後継がやって来たというわけなんですよね。

3-2.大広間に下りて行くと
ハリーたち3人が昼食を取りに大広間に下りて行くと各寮のテーブルは壁に立て掛けられて、広間の中央に1つだけテーブルが置かれて食器が12人分用意されていました。ダンブルドア校長以下6人の教職員が席に着いていました。

マクゴナガル先生にスネイプにスプラウト先生とフリットウィック先生に管理人のフィルチ。生徒はハリーたちの他には校長を目の前にして極度の緊張状態の1年生が2人とふてくされた顔のスリザリンの5年生が1人だけでした。

「メリー・クリスマス」

ハリーたち3人がテーブルに近づいて行くとダンブルドア校長がこう挨拶しました。これだけしかいないので寮のテーブルを使うのはいかにも愚かに見えた。それがテーブルを1つにした理由だとダンブルドアが説明しました。

ダンブルドアがはしゃいで大きな銀色のクラッカーの紐の端をスネイプに差し出しました。スネイプが渋々受け取り引っ張ると大砲のような大きな音がしてクラッカーからハゲタカの剥製が載った魔女の三角帽子が出て来ました。

ハリーはルーピン先生の最初の授業でネビルと対決したまね妖怪がハゲタカの剥製が載った帽子を被ったスネイプに変身した事を思い出しロンに目配せして2人でニヤリとしました。スネイプも同じ事が脳裏に浮かんだようです。

スネイプは唇をぎゅっと結ぶと帽子をダンブルドアのほうに押しやりました。ダンブルドアはすぐに自分の帽子を脱ぐとその帽子を被りました。そしてみんなに笑いかけながら「どんどん食べましょうぞ!」と呼びかけました。

12人の教職員と生徒がクリスマスのご馳走を食べていると大広間の扉がまた開きました。車輪がついているように滑らかにトレローニー先生が入って来ました。ダンブルドアが「これはお珍しい」と言いながら立ち上がりました。

何でも水晶玉を見ていたら自身でも驚く事に1人で昼食を取るといういつもの自分を捨て皆様とご一緒する姿が見えたのだそうです。取り急ぎ塔を離れたのでございますが遅れましてご免あそばせと最後に先生は謝ったのでした。

ダンブルドアは椅子をご用意しなくてはと杖を振り空中に椅子を描き出しました。椅子は数秒間回転しスネイプとマクゴナガル先生の間に落ちました。しかしトレローニー先生は小さく悲鳴のような声を漏らし座ろうとしません。

トレローニー先生はとても座れないと言うのです。自分がテーブルに着いたら13人になってしまう。こんな不吉な数はありませんわ!13人が食事を共にする時には最初に席を立つ者が一番に死ぬとトレローニー先生は言うのです。

すると苛立ちながらマクゴナガル先生が「その危険を冒しましょう」と言いました。構わずお座りなさい。早く座らないと七面鳥が冷え切ってしまうとマクゴナガル先生は言うのです。そう言われてトレローニー先生は・・・

迷った末に席に着いたのでした。

3-3.ダンブルドアの一言で
椅子に座ったトレローニー先生は目を堅く閉じ口は真一文字に結んで今にもテーブルに雷が落ちるのを予想しているようでした。そんなトレローニー先生にマクゴナガル先生は手近のスープ鍋にスプーンを突っ込みながら・・・

「臓物スープはいかが?」と声をかけました。トレローニー先生は返事をしませんでした。すると目を開け周りを見回して「あらルーピン先生はどうなさいましたの?」と訊きました。その問いに答えたのはダンブルドアでした。

「気の毒に先生はまたご病気での」

ダンブルドアはみんなに食事をするよう促しながらこう言った後に「クリスマスにこんな事が起こるとは全く不幸な事じゃ」とも言ったのでした。するとマクゴナガル先生が眉根をぴくりと持ち上げてこう言い放ったのでした。

「でもシビル。あなたはとうにそれをご存知だったはずね?」

するとトレローニー先生は冷やかにマクゴナガル先生を見て「もちろん存じてましたわ」と落ち着いて答えました。何でも他の方たちを怖がらせてはならないので「内なる眼」を持っていないよう振舞う事がたびたびあるそうです。

それを受けてマクゴナガル先生が「それで全てがよく判りましたわ!」と辛辣に言いました。その途端に霧の彼方だったトレローニー先生の声から霧が薄れたのでした。トレローニー先生はルーピン先生の事をこう言うのです。

どうしてもとおっしゃるなら自分の見る所ではルーピン先生はお気の毒にも長い事はない。つまり近々お亡くなりになるとトレローニー先生は言うのです。しかもルーピン先生自身もその事をお気づきのようだとそう言うのです。

それは自分が水晶玉で占って差し上げると申したらルーピン先生はまるで逃げるようになさったからだとトレローニー先生は言ったのでした。それに対してマクゴナガル先生はやはり辛辣に「そうでしょうとも」と答えました。

マクゴナガル先生に言わせればあなたはハリーだけでなくルーピン先生も早死にさせたいのかと言いたい所なんでしょうね。するとそこでダンブルドアが朗らかに少し声を大きくして「いやまさか」と言った後こうも言いました。

「ルーピン先生はそんな危険な状態ではあるまい。セブルス。ルーピン先生にまた薬を造って差し上げたのじゃろう?」

ダンブルドアの「いやまさか」の一言でマクゴナガル先生とトレローニー先生の対話は終わりを告げました。ダンブルドアにこう訊かれスネイプが「はい校長」と答えるとダンブルドアは「結構」と言った後こう言ったのでした。

「それなればルーピン先生はすぐに良くなって出ていらっしゃるじゃろう」

この後ダンブルドアは1年生の1人にチポラータ・ソーセージを勧めてダンブルドア校長先生に直接声をかけられた生徒は見る見る内に真っ赤になり震える手で大皿を受け取っていました。これ以降のトレローニー先生は・・・

2時間後にクリスマス・ディナーが終わってハリーとロンが席を立つまではほとんど普通に振舞ったのでした。

今日の最後に
マクゴナガル先生はハリーたちがトレローニー先生の最初の授業を受けて来た直後の「変身術」の授業の時に「真の予言者は滅多にいません。そしてトレローニー先生は」とここまで言った所で一旦言葉を切る事によって・・・

暗に「トレローニー先生は真の予言者ではない」つまり自分はトレローニー先生の事を信じてないと言っているんですよね。しかしそのトレローニー先生を雇ってホグワーツの教師にしたのは他ならぬダンブルドアなんですよね。

したがってマクゴナガル先生は何故ダンブルドアはトレローニー先生を雇ったのか?多少は疑問を抱いていると私はそう思いますね。しかしダンブルドアという人は傍から見ていると「どうしてこの人を?」という人物を・・・

これまでも何らかの長所を見出して拾い上げたりしているのでマクゴナガル先生も「ダンブルドアにはダンブルドアなりの理由があってトレローニー先生をホグワーツの教師にしたのだろう」とそう考えていると私は思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1668-ba6c5336