FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

本日紹介する「この科目」はホグワーツの生徒が3年生から履修する選択科目の1つです。初めて授業を受けた後の昼食時にはロンとハーマイオニーの間でこの科目とトレローニー先生が教える「占い学」を巡って激論が交わされました。ハーマイオニーが言うにはその科目と比べたら「占い学」なんて・・・(全3項目)

3-1.数占い学
私たち読者にとっては大変謎の多いこの科目です。確かな事は担当している教師はベクトル先生でハリーとロンはこの科目を選ばなかったので一切授業は受けていない。でも2人ともベクトル先生の顔は知っているという事です。

3年生のクリスマス休暇明け直後ハリーが談話室で宿題をやっているとロンがハーマイオニーについて「一体どうやってるんだろう?」と言って来ました。ロンは「あんなに沢山のクラスをさ」とそう言って心配していました。

何でも今朝ハーマイオニーがベクトル先生と昨日の授業の事を話しているのを聞いてしまったんだそうです。しかしハーマイオニーは僕たちと一緒に「魔法生物飼育学」の授業を受けているのでその授業に出られるはずがない。

こう言っているのでロンはベクトル先生の顔を間違いなく知っています。そしてハリーも5年生の時に停職候補になったハグリッドが手を振った所にベクトル先生が偶然通り危うく脳震盪を起こしそうになる所を目撃しています。

したがってハリーもベクトル先生を知っているというわけです。つまりハリーもロンも数占い学を選んでおらず授業を受けた事もないもののベクトル先生は知っているというわけなんですよね。そしてさらにはあの2人も・・・

これが登場するのは当シリーズ二度目になりますね。ウィーズリー家の長男ビルと三男のパーシーは共にふくろう試験の結果が「12ふくろう」つまりホグワーツで教えている全ての科目を履修していたというわけなんですよね。

そのため当然ビルとパーシーも数占い学を履修していた。だから当然ベクトル先生はよく知っているというわけです。何でもビルがやっているグリンゴッツの呪い破りという仕事はこの数占いを習っていないと就けないそうです。

これを習っていたからこそビルはグリンゴッツに就職する事ができたというわけなんですよね。

3-2.ハーマイオニーのお気に入り?
2日目となり3年生の学期がいよいよ本格的に始まってハリーとロンが午前中に受けたのは「占い学」と「変身術」でした。しかしハーマイオニーは逆転時計を持っていたので実はもう既に「数占い学」の授業も受けていたのです。

そのため昼食時にはロンとハーマイオニーの間で「占い学」と「数占い学」を巡る熱い議論が交わされたのでした。初めて受けた「占い学」の授業でハリーはトレローニー先生から死の宣告を告げられてしまいました。ところが!

直後の「変身術」の授業でその事を聞いたマクゴナガル先生は「トレローニー先生は本校に着任してからというもの1年に1人の生徒の死を予言して来た」とそう告げたのです。しかしこれまで誰1人として死んでいないと・・・

「どこかで大きな黒い犬を見かけたりしなかったよね?」と訊くロンにハリーは「ダーズリーの所から逃げたあの夜に見た」と答えました。それを聞いてロンは「トレローニー先生の予言は当たるかも」と思ったようでした。

ところがハーマイオニーは「多分野良犬よ」と落ち着き払って言うのです。ロンがビリウスおじさんは死神犬を見て24時間後に死んでしまったと反論するとハーマイオニーは死神犬は不吉な予兆ではなく死の原因だと言うのです。

つまりそれはハリーは黒い犬を見ても「それじゃもう死んだも同然だ」などと馬鹿な事を考えなかった。だからこうして生きているとハーマイオニーは言うのです。ハーマイオニーに言わせれば「占い学」という科目は・・・

とってもいい加減で当てずっぽうが多すぎるとの事でした。それに対してロンは「トレローニー先生は君にまともなオーラがないと言った!君はたった1つでも自分がクズに見える事が気に入らないんだ」と言い返したのでした。

するとハーマイオニーは数占いの教科書でテーブルを強く叩くと「占い学で優秀だという事がお茶の葉に死の予兆を読むふりをする事ならこの学科といつまでお付き合いできるか自信がない」と言い放ちました。そして・・・

「占い学」の授業は数占いと比べたら全くのクズだとそう言うのです。こう言うとハーマイオニーは大広間を出て行きました。この時ハーマイオニーが逆転時計を持っている事を知らなかったロンはハリーにこう言ったのでした。

「あいつ一体何言ってんだよ!あいつまだ一度も数占いの授業に出てないんだぜ」

どうやらハーマイオニーは初めて受けた授業で「数占い学」がお気に入りの科目になったようです。ファイアボルトが戻って来た夜にハリーがひどく複雑そうな数表を摘み上げながら「数占いって大変そうだね」と言うと・・・

「あら、そんな事ないわ。素晴らしいのよ!私の好きな科目なの」

熱を込めてこう答えているんですよね。

3-3.こんな所で役に立ってた?
歳月は流れて5年生の学期末になりハリーたちがふくろう試験を受ける時がやって来ました。当初ハーマイオニーは「私なんかまだ数占いがあるのよ。多分一番手強い学科だわ!」と言っていてこの科目を恐れていたようです。

ところが試験が終わってみると「数占いは上手くいったと思うわ」とそう言うのです。試験の結果が今日届くとダンブルドアに言われたとハリーに告げられた時ハーマイオニーは例によって例の如くこう言っていたんですよね。

「きっと全科目落ちたわ」

しかしハーマイオニーのふくろう試験の結果は「優・O(大いによろしい)」が9科目で「良・E(期待以上)」が1科目でした。唯一の「良・E」は「闇の魔術に対する防衛術」でした。それは実技試験にまね妖怪が出たからでしょう。

つまり本日取り上げている「数占い学」のふくろう試験の結果も「優・O」だったんですよね。そして私はハーマイオニーはこの「数占い」を意外な所に役立てていたとそう思いますね。それはビルとフラーの結婚式の時でした。

クーデターが起きて魔法大臣ルーファス・スクリムジョールが殺害され結婚式が死喰い人集団に急襲された時ハーマイオニーはロンがハリーの掴んでいないほうの腕を掴んだ瞬間にトテナム・コート通りに「姿現わし」しました。

その時ハリーが思ったのは「透明マントを肌身離さず持っているべきだったのにどうしてそうしなかったんだろう?」という事でした。1年間ずっと持ち歩いていたのに何て間抜けなんだ。ハリーはそんな自分を内心呪いました。

ところが何とハーマイオニーは「検知不可能拡大呪文」をかけたビーズバックに「透明マント」も入れてあるとそう言うのです。旅に必要な物は全部そのビーズバックに詰め込んであるのだそうです。いつの間にこんな事を?

こう訊くハリーにハーマイオニーは「隠れ穴で言ったでしょう?もう随分前から重要な物は荷造りを済ませてあるって」と答えました。ハリーのリュックサックも今朝ハリーが着替えを済ませた後ビーズバックに入れたそうです。

この時ハーマイオニーはハリーのリュックサックをビーズバックに入れた理由として「何だか予感がして」と言っています。しかし私はハーマイオニーは「数占い」で「8月1日に事が起こる」と見抜いていたとそう思いますね。

だから8月1日に照準を合わせて準備をしていたのです。

今日の最後に
今回改めてこの「数占い学」という科目について考えてみて気づいたのは「ハーマイオニー以外にこの科目を取っている人物が卒業生しか思い浮かばない」という事でした。同学年のグリフィンドール生にいたんでしょうか?

さらにグリフィンドール生以外には誰がいたのかも全くの謎です。何分にもこの「数占い学」は選択科目で主人公のハリーが選ばなかったので授業シーンも学期末又はふくろうも試験を受ける場面が全く登場しないんですよね。

そのため分らない事だらけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.