FC2ブログ
ハリーが規則を破った事で結果としてグリフィンドール・チームのシーカーに抜擢される事になったためハーマイオニーはハリーが箒を持ってからというもの2人と口を利かなくなりました。ところが今度はハリーとロンが再び規則を破ってハーマイオニーを助ける事になったのです。そのためハーマイオニーは・・・(全3項目)

3-1.ハロウィン・パーティ
こうしてハリーが箒を受け取ってからというものハーマイオニーは2人と口を利いていませんでした。しかし2人にしてみれば偉そうな知ったかぶり屋に指図されないで済むのはむしろおまけを貰ったような気分だったのでした。

それが10月31日のハロウィンの日にはロンのほうはそんな事が言っていられなくなってしまったのです。フリットウィック先生の「呪文学」の授業でハーマイオニーと組まされてしまったからです。授業が終わった時には・・・

「だから誰だってあいつには我慢できないっていうんだ。全く悪夢みたいな奴さ」

こう言うロンの機嫌は最悪でした。すると誰かがハリーにぶつかり急いで追い越して行きました。それはハーマイオニーでした。ハリーがチラリと顔を見ると何と泣いています。ハリーが「今の聞こえたみたい」と言うと・・・

ロンも少し気にしていましたが「それがどうした?」と言いました。さらに「誰も友達がいないって事はとっくに気がついているだろうさ」と言った言葉がとどめのようでした。ハーマイオニーの姿はぱったりと消えたのでした。

ハロウィンのご馳走を食べに大広間に行く途中パーバティ・パチルがラベンダー・ブラウンに「ハーマイオニーがトイレで泣いていて1人にしてくれと言った」と話しているのをハリーとロンは小耳に挟みました。しかし・・・

ロンはまたバツの悪そうな顔をしましたがハリーもロンも大広間の飾りつけを見た瞬間ハーマイオニーの事などすっかり忘れてしまいました。千匹ものコウモリが飛び回りくり抜いたかぼちゃの蝋燭の炎をちらつかせていました。

新学期初日の9月1日と同様に突如として金色の皿にご馳走が現れました。ところがパーティが始まって暫く経った時の事でした。顔を恐怖に引きつらせながらクィレル先生が全速力で駆け込んで来て喘ぎながらこう言ったのです。

「トロールが・・・地下室に・・・お知らせしなくてはと思って」

3-2.トロールの乱入
トロールが地下室に乱入して来た。そう伝えるとクィレル先生はその場でバッタリと気を失ってしまいました。大広間は大混乱になりました。ダンブルドア校長が杖先から紫色の爆竹を何度か爆発させようやく静かになりました。

ダンブルドア校長は重々しい声で監督生たちに「すぐさま自分の寮の生徒を引率して寮に帰るように」と指示しました。それを聞いてパーシーは「僕に従いて来て!1年生はみんな一緒に固まって!」とそう呼びかけたのでした。

僕の言う通りにしていればトロールは恐るるに足らず!僕の後ろに従いて離れないで!道を開けてくれ。1年生を通してくれ!僕は監督生です!パーシーはまさに水を得た魚でした。階段を上がりながらハリーはロンに・・・

「一体どうやってトロールは入って来たんだろう」と訊きました。するとロンは僕に訊いても知らない。トロールってとっても馬鹿な奴らしい。ロンが言うにはハロウィンの冗談のつもりでピーブズが入れたのではとの事でした。

誰もがあっちこっちの方向に急いでいました。色々なグループとすれ違い右往左往しているハッフルパフの一団を掻き分けて進もうとしていたちょうどその時の事だったのです。ハリーが突然ロンの腕を掴みこう言ったのでした。

「ちょっと待って。ハーマイオニーだ」

「あいつがどうかしたかい?」と訊くロンにハリーは「トロールのこと知らないよ」と答えました。そう言われてロンは唇を噛みました。しかしロンは「あいつがどうなろうと僕の知った事じゃない」とは言わなかったのでした。

ロンは「判った。だけどパーシーに気づかれないようにしなきゃ」と言いました。2人は身を屈めて反対方向に行くハッフルパフ生の中に紛れ込みました。そして誰もいなくなったほうの廊下をすり抜けて女子用トイレに・・・

2人は一旦はトロールをトイレに閉じ込める事に成功しました。ところがそれがハーマイオニーのいる女子用トイレだったのです。2人は大格闘の末にトロールをノックアウトしました。そしてその事がきっかけになって・・・

ハーマイオニーは2人の友人になったのでした。

3-3.その日の朝
ハーマイオニーと友達になれた事はハリーにとって有り難い事でした。11月になりクィディッチの練習が追い込みに入ってからのウッドのしごきの中で宿題を全てこなす事ができたのもハーマイオニーの存在があったからでした。

ハーマイオニーもハリーとロンが規則を破って自分を助けてくれたので幾分かは寛大になりお陰で随分優しくなっていました。それに「クィディッチ今昔」という本を貸してくれました。これがまた面白い本だったんですよね。

そしてついにハリーのクィディッチの初試合の朝がやって来ました。空は晴れ渡り寒い朝でした。大広間はこんがり焼けたソーセージのおいしそうな匂いとクィディッチの好試合を期待する高揚したざわめきが満ちていました。

「朝食しっかり食べないと」と言うハーマイオニーにハリーは「何も食べたくないよ」と答えたのでした。すると今度はハーマイオニーは「トーストをちょっとだけでも」と優しく言ったのでした。それに対してハリーは・・・

あと1時間もすればグラウンドに入場するという事で最悪の気分のハリーは「お腹空いてないんだよ」と答えました。するとシェーマス・フィネガンが「力をつけておけよ。シーカーは真っ先に敵に狙われるぞ」と忠告しました。

シェーマスが自分の皿のソーセージにケチャップを山盛りに搾り出すのを眺めながらハリーは「わざわざご親切に」と答えたのでした。結局ハリーのデビュー戦の対スリザリンは試合の途中でハリーの箒に呪いがかけられ・・・

振り落とされそうになるというアクシデントがあったもののハリーがスニッチを取ってグリフィンドールが「170対60」というスコアで勝利したのでした。その時観衆が見たのはハリーが手で口を押さえた所だったんですよね。

スリザリン・チームのキャプテンのマーカス・フリントは「あいつは取ったんじゃない。飲み込んだんだ」と20分も抗議をしていました。しかし試合の結果は変わりません。それはハリーはルールを破っていなかったからでした。

それもまたハーマイオニーがハリーに「クィディッチ今昔」を貸してくれたからだったんですよね。

今日の最後に
グリフィンドール・チームの秘密兵器としてハリーの事は一応極秘にしておくというのがキャプテンのオリバー・ウッドの作戦だったんだそうです。そのためスリザリン戦前にハリーが練習している所を見たのは選手だけでした。

ところがハリーがシーカーだという「極秘」はとっくの昔に漏れていたそうです。きっと素晴らしいプレーをするだろうと期待を寄せる声がある一方でみんながマットレスを持ってハリーの下を右往左往するだろうなんて・・・

誹謗中傷する声もありハリーにとってはいずれの意見も有り難くなかったんだそうです。しかし私はグリフィンドール・チームの中でメンバーが決まっていなかったポジションがシーカーだけだった。さらにそれに加えて・・・

6羽の大コノハズクが細長い包みつまり箒をハリーの元に届けて来た。この2つの根拠からハリーがグリフィンドール・チームの新シーカーだと推測するのは比較的簡単だったのでは?とそう思いますね。そして当然の如く・・・

誹謗中傷の発信源はドラコ・マルフォイだったんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1693-f4839a0c