FC2ブログ
リーマス・ルーピンは優秀な開心術士(後編)

アズカバンの囚人の第17章猫、ネズミ、犬449ページ(携帯版では502ページ)でルーピン先生は「忍びの地図をしっかり見張っていたんだ」と言っていますが、その時地図には透明マントをかぶってハグリッドの小屋に行くハリー・ロン・ハーマイオニーがいて、さらに箒置き場にもハリーとハーマイオニーがいて、つまりハリーとハーマイオニーが2人存在していたことになりますよね?じゃあどうしてルーピン先生は「ハリーとハーマイオニーが2人いる!」と驚かなかったのか?つまりこういうことだと私は考えます。

ルーピンはおそらくハーマイオニーの心を開いた時に、ハーマイオニーがタイムターナーを持っていることを知ったので、透明マントをかぶってハグリッドの小屋に行くハリー・ロン・ハーマイオニーと箒置き場にいるハリーとハーマイオニーの両方を見ても驚かなかった。また叫びの屋敷のハリーとハーマイオニーは、今自分たちが2人存在していることを当然知らないのですから説明する必要はない。こう考えれば全て辻褄が合いますよね。

リーマス・ルーピンが優秀な開心術士であるということを念頭に置いてアズカバンの囚人(443ページ~、携帯版では495ページ~)でリーマス・ルーピンとシリウス・ブラックが「叫びの屋敷」で12年ぶりに再会したところを読み返すと、今までとは全く違った気持ちで読むことができて面白いですよね。私などは「このこと」に気づいてから初めて読み返した時はもうゾクゾク・ワクワクしましたね~ぇ。

ルーピンはブラックの心を読もうとするかのように、じっと見つめながらつぶやいた。(シリウスの心を開こうとしているところ)

ルーピンは急に目を見開いた。まるでブラックを通り越して何かを見ているような、他の誰にも見えないものを見ているような目だ。(まさに今シリウスの心を開いた瞬間)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/17-c05351c0