FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

リーマス・ルーピンは優秀な開心術士(後編)

アズカバンの囚人の第17章猫、ネズミ、犬449ページ(携帯版では502ページ)でルーピン先生は「忍びの地図をしっかり見張っていたんだ」と言っていますが、その時地図には透明マントをかぶってハグリッドの小屋に行くハリー・ロン・ハーマイオニーがいて、さらに箒置き場にもハリーとハーマイオニーがいて、つまりハリーとハーマイオニーが2人存在していたことになりますよね?じゃあどうしてルーピン先生は「ハリーとハーマイオニーが2人いる!」と驚かなかったのか?つまりこういうことだと私は考えます。

ルーピンはおそらくハーマイオニーの心を開いた時に、ハーマイオニーがタイムターナーを持っていることを知ったので、透明マントをかぶってハグリッドの小屋に行くハリー・ロン・ハーマイオニーと箒置き場にいるハリーとハーマイオニーの両方を見ても驚かなかった。また叫びの屋敷のハリーとハーマイオニーは、今自分たちが2人存在していることを当然知らないのですから説明する必要はない。こう考えれば全て辻褄が合いますよね。

リーマス・ルーピンが優秀な開心術士であるということを念頭に置いてアズカバンの囚人(443ページ~、携帯版では495ページ~)でリーマス・ルーピンとシリウス・ブラックが「叫びの屋敷」で12年ぶりに再会したところを読み返すと、今までとは全く違った気持ちで読むことができて面白いですよね。私などは「このこと」に気づいてから初めて読み返した時はもうゾクゾク・ワクワクしましたね~ぇ。

ルーピンはブラックの心を読もうとするかのように、じっと見つめながらつぶやいた。(シリウスの心を開こうとしているところ)

ルーピンは急に目を見開いた。まるでブラックを通り越して何かを見ているような、他の誰にも見えないものを見ているような目だ。(まさに今シリウスの心を開いた瞬間)

コメント

No title

リーマスがハーマイオニーの心を見透かした描写は無いですよ。

2012.08.16  名無しさん  編集

描写はなくても・・・

初めましてですよね?

描写はなくても見抜いています。開心術を100%習得している人はそういうことが可能なんです。

それとコメントをいただく機会が再びある時は名前を名乗っていただきたく思います。

2012.08.17  トキメキぼーい  編集

察するのがうまいだけなんじゃ?

開心術を使うには、呪文を唱えなければいけません。実際、五巻で、スネイプはそうしています。無言呪文でも出来るかもしれないけど、スネイプとルーピンは優秀さで言うと同じくらいだと思うので......スネイプが出来ないことを、ルーピンが出来るんでしょうか?
それに、開心術をかけられた人には、『かけられている』という感覚があります。だから、もし、シリウスやハーマイオニーが開心術をかけられていたら、分かるはずなんです。そうだとすると、シリウスだって、抱き合う前に、ちょっと警戒するんじゃないかな?なにするんだっ!って。少なくとも、ああ、友よ、疑ってすまない。とはなりませんよね。だって、自分がメチャクチャ疑われた後ですもん。
ルーピンは、察するのがうまいだけなんじゃないかな?相手の考えていることが何となく分かるって言うか......。それは、魔法使い特有の能力というより、マグルにも備わっている、人間としての性質だと思います。
どっちかって言うと、開心術より、ダンブルドアのレントゲンのような青い目と似た感じだと思います。
七年も前の記事もすみません。今も更新せれてるみたいだったから......。今日見つけたばかりなんですけど、古い記事から一気に読んでます。
あと、これは別の記事に対するコメントになっちゃうんですけど、部分読みもいいけど、最初から最後まで再読するのも良いですよ。物語に入り込んじゃうから、伏線はあまり見つかりませんけど、キャラクターの心情とか、結末とか、知った上で読み返すと、ものすごく切ないシーンとかもあって......。感傷に浸れます(笑)。ぜひぜひ。
長々と、失礼しました。

2019.03.23  こはる  編集

人それぞれという事で

こはるさん初めまして!ですよね?コメントありがとうございました!

あなたがそう考えるのならそれはあなたの自由です。私はリーマス・ルーピンは開心術に長けているとそう考えたのでそれをこうして記事にしたというわけです。

実は当サイトではルーピン以外にも「この人は開心術に長けている」と取り上げて記事にしています。主人公のハリー・ポッターにルーナ・ラブグッドも開心術に長けていると当サイトでは取り上げて記事にしています。

私は開心術をかけられている人がかけられているという感覚があるとは思わないですね。でもあなたがそう思うのならそれはやはりあなたの自由というわけです。

それと部分読みではなく最初から最後まで再読するのも良いというご意見ですが言われずともやっていますし同じ場面でも登場する個々の人物の心情に思いを馳せながら読むという事もしています。

それをしているからこそ10年以上もこうして更新を続ける事ができているんですよね。

2019.03.24  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.