FC2ブログ
来たる10月30日が誕生日という事で今週はウィーズリーおばさんを取り上げる事にしました。おばさんは学期初日にはハリーにキングズ・クロス駅の9と3/4番線への入り方を教えてくれました。さらにクリスマスにはハリーがプレゼントを貰う当てがないとロンが知らせたので・・・(全3項目)

3-1.キングズ・クロス駅にて
列車到着案内板の上にある大きな時計がホグワーツ行きの列車があと10分で出る事を告げていました。それなのにハリーはどうしたら9と3/4番線に入れるのかが分りません。するとその時背後からこんな言葉が聞こえて来ました。

「マグルで混み合ってるわね。当然だけど」

ハリーが急いで後ろを振り返るとふっくらしたおばさんが揃いも揃って燃えるような赤毛の男の子4人に話しかけていました。4人ともハリーと同じようなトランクを押しながら歩いています。おまけにふくろうが1羽いました。

ハリーは胸を高鳴らせながらカートを押して赤毛の一行に従いて行きました。一行が立ち止まったのでハリーも話が聞こえる程度の所で止まりました。ふっくらおばさんが「さて何番線だったかしら?」と訊くと女の子が・・・

「9と3/4よ」

小さなこれもまた赤毛の女の子が甲高い声でこう答えました。お母さんの手を握り「あたしも行きたい」と言うとおばさんは「ジニー。あなたはまだ小さいからね。ちょっとおとなしくしてね」と答え一番年上らしい子に・・・

「パーシー。先に行ってね」

パーシーと呼ばれたその男の子はプラットホームの「9」と「10」に向かって進んで行きました。ハリーはそれを目を凝らして見ていました。見逃さないよう瞬きもしないように気をつけました。それが肝心な所になると・・・

ハリーの前にどっと旅行者の群れが溢れて来てその集団が通り過ぎた頃には男の子は消え去っていました。2人目の男の子も3人目の男の子もハリーがどれだけ注意して見ていても忽然と姿が消えてしまうのです。そこで・・・

こうなったら他に手はない。ハリーはふっくらおばさんに「すみません」と話しかけました。するとおばさんは「あらこんにちは。坊やホグワーツへは初めて?ロンもそうなのよ」と言い最後に残った男の子を指差したのでした。

そこでハリーは・・・

3-2.ようやく9と3/4番線に
おばさんに「ホグワーツは初めて?」と訊かれ「はい」と答えた後ハリーが「分らなくて。どうやって」と言うとおばさんは「どうやってプラットホームに行くかって事ね?」と優しく言って事の次第を理解してくれたのでした。

ハリーが頷くとおばさんは「心配しなくていいのよ。9番と10番の間の柵に向かってまっすぐに歩けばいいの。立ち止まったりぶつかるんじゃないかって怖がったりしないこと。これが大切よ」と入り方を教えてくれたのでした。

最後におばさんは「怖かったら少し走るといいわ」と言うとロンの前に行ってと言ってくれました。ハリーはカートを回して頑丈そうな柵を睨むと歩き始めました。9番線と10番線に向かう乗客がハリーを押して来るので・・・

ハリーはますます早足になりました。改札口に正面衝突しそう。そうなったら厄介な事になる。カートにしがみつくようにしてハリーは突進しました。柵がグングン近づいて来る。もう止められない。カートがいう事を利かない。

思わずハリーは目を閉じました。ところが「ぶつかる!」と思ったらまだ走っているのです。ハリーが目を開けると紅色の蒸気機関車が乗客で混雑するプラットホームに停車をしていました。ハリーが振り返るとそこには・・・

改札口のあった所に「9と3/4」と書いた鉄のアーチがありました。ハリーはやっとの事でキングズ・クロス駅の9と3/4番線に入る事ができました。そしてそれはハリーが空いたコンパートメントを見つけた後の事だったのです。

ハリーのすぐ前に入った赤毛の双子がハリーのトランクを運んでくれました。目の前にいるのがハリー・ポッターだと知って双子がハリーに見とれていると「ジョージ?フレッド?どこにいるの?」という声が聞こえて来ました。

もう一度ハリーを見つめると双子は列車から飛び降りて行きました。ハリーは窓際に座って聞き耳を立てました。双子が駅で会った黒い髪の子が「ハリー・ポッター」だと言うとハリーの耳に女の子の声が聞こえて来たのでした。

「ねえママ。汽車に乗って見て来てもいい?ねえママ。お願い」

するとおばさんは女の子に「ジニーもうあの子を見たでしょ?動物園じゃないんだからじろじろ見たら可哀想でしょう」と言った後フレッドに「本当なの?何故そうだと判ったの?」と訊いたのでした。するとフレッドは・・・

「本人に聞いた。傷痕を見たんだ。本当にあったんだよ。稲妻のようなものが」と答えたのでした。するとおばさんは「可哀想な子。道理で1人だったんだわ。どうしてかしらって思ったのよ」とハリーを同情していたのでした。

さらにおばさんは「どうやってプラットホームに行くのかって聞いた時。本当にお行儀が良かった」とも言ったのでした。そしてそんな事よりヴォルデモートがどんなだったか覚えていると思う?と訊くフレッドに対して・・・

そんな事を訊いたりしては駄目よ。絶対にいけません。おばさんは急に厳しい顔をして入学の最初の日にそんな事を思い出させるなんて事も可哀想だと言うのです。するとフレッドはこう言葉を返したというわけなんですよね。

「大丈夫だよ。そんなにムキにならないでよ」

するとそこで発車を告げる笛が鳴りました。おばさんに急かされ息子たちは汽車に乗りました。窓から身を乗り出し母親のお別れのキスを受けました。汽車が走り出し母親が子供たちに手を振っているのをハリーは見ていました。

汽車がカーブを曲がって女の子とおばさんの姿が見えなくなるまでハリーは見ていました。ハリーの心は踊りました。何が待ち構えているのかは分らない。しかし置いて来たこれまでの暮らしよりは絶対マシになるに違いない。

ハリーはそう思ったのでした。

3-3.クリスマスに
そんな子供たちは全員赤毛のウィーズリー家の末息子ロンが同年代の初めての友達になりました。他はどこも一杯なんだ。そう言ってロンはハリーのいるコンパートメントに入って来ました。ロンが持ったのと同じくらい・・・

ハリーもまたロンに興味を持ったのでした。2人は即座に意気投合して組分けの儀式で2人はグリフインドール生となり寝室も一緒という事で寝食を共にするという間柄になったのでした。そこでロンは母親に知らせたそうです。

これは誰からだろう?ハリーがこう訊くのに対してロンは少し顔を赤くしながら大きな包みを指し「誰からだか判るよ」と答えたのでした。それはロンのお母さんからのクリスマス・プレゼントなのだそうです。包みの中身は?

でもまさか「ウィーズリー家特製セーター」を贈るなんて。ロンは予想外だったようです。ハリーが急いで包み紙を破ると厚い手編みのエメラルドグリーンのセーターと大きな箱に入ったホームメイドのファッジが出て来ました。

ママは毎年僕たちのセーターを編む。ロンは自分の包みを開けました。僕のはいつだって栗色だと言うロンにハリーは早速ウィーズリーおばさんがくれたファッジを食べながら「君のママって本当に優しいね」と言ったのでした。

おい見ろよ。ハリーもウィーズリー家のセーターを持ってるぜ!こう言いながら現れたフレッドとジョージも母親の編んだセーターを着ていました。ハリーのセーターを手に取りフレッドが「ハリーのほうが上等だな」と・・・

フレッドが言うにはウィーズリーおばさんは「身内じゃないとますます力が入るんだよ」との事でした。こうしてハリーは新学期初日にはウィーズリーおばさんに9と3/4番線への入り方を教えて貰いさらにクリスマスには・・・

セーターを贈って貰ったのでした。

今日の最後に
新学期初日にキングズ・クロス駅の9と3/4番線でウィーズリーおばさんはフレッドとジョージに「今年はお行儀よくするんですよ」と言った後にあなたたちがトイレを吹き飛ばしたなんて手紙が届いたらと言っているんですよね。

そう言われてフレッドとジョージは僕たちトイレを吹き飛ばすなんてした事ない。さらに凄いアイデアだ。ありがとうなんて言っています。さらにその後「ホグワーツのトイレの便座を送ってやるよ」などとも言っていますね。

そう言われてウィーズリーおばさんは「ジョージったら!」と言っています。それに対してジョージは「冗談だよ」と言葉を返しています。そしてフレッドとジョージは学期末には病床のハリーにトイレの便座を贈っていますね。

しかし「あまり衛生的ではない」と言ってマダム・ポンフリーが没収してしまったのだそうです。ハリーにはトイレの便座を贈った。それならフレッドとジョージは果たして「隠れ穴」にはトイレの便座を送ったのでしょうか?

さらに2人は本当にトイレを吹き飛ばすという行為をしてしまったのでしょうか?大変気になる所ですよね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1708-01acc571