FC2ブログ
ホグワーツに入学した最初の年ウィーズリーおばさんはハリーにキングズ・クロス駅で9と3/4番線への入り方を教えクリスマスにはセーターを贈ってくれました。そんなハリーは夏休みにロンとフレッドとジョージに連れられて初めて「隠れ穴」に滞在する事になったのでした。そこでの生活ぶりは?(全3項目)

3-1.初めての「隠れ穴」
ハリーを助け出した後のロンにフレッドとジョージの3人の計画はお袋が朝食だと呼ぶまで待つ。そしてロンが「夜の間に誰が来たと思う」と言う。ハリーを見ればお袋は大喜びだから俺たちが車を飛ばした事はバレない。

「了解。じゃハリーおいでよ。僕の寝室は」

こう言ってハリーを自分の寝室に案内しようとしたロンだったのですが次の瞬間には顔は青ざめ目が1ヵ所に釘付けになっていました。庭の向こうからウィーズリーおばさんが鶏を蹴散らし猛然と突き進んでいたからです。

フレッドが「アチャ!」と言いジョージが「こりゃ駄目だ」と言ったのでした。ウィーズリーおばさんは4人の前でぴたりと止まりました。両手を腰に当ててバツの悪そうな顔をしている3人を1人ずつ睨みつけました。そして・・・

「それで?」と言う母親にジョージは自分では朗らかに愛想のいいつもりで「おはよう」と挨拶をしたのでした。おばさんが「母さんがどんなに心配したかあなたたち判ってるの?」と低く言う声には凄みが効いていました。

「ベッドは空っぽ!メモも置いてない!車は消えてる。事故でも起こしたかもしれない。心配で心配で気が狂いそうだった。判ってるの?こんな事は初めてだわ。お父さまがお帰りになったら覚悟なさい」

最後におばさんが「ビルやチャーリーやパーシーはこんな苦労はかけなかったのに」と言うとフレッドが「完璧・パーフェクト・パーシー」と呟いたのでした。ウィーズリーおばさんはそんなフレッドの胸に指を突きつけて・・・

「パーシーの爪のあかでも煎じて飲みなさい!」と怒鳴ったのでした。あなたたち死んだかもしれないのよ。姿を見られたかもしれないのよ。もしかするとお父さまが仕事を失う事になってたかもしれないとそう言うのです。

そんな調子がまるで何時間も続いたかのようでした。ウィーズリーおばさんは声が枯れるまで怒鳴り続けたのでした。そしてハリーのほうに向き直りました。ハリーは思わずたじたじと後ずさりしました。しかしおばさんは・・・

「まあハリー。よく来てくださったわねえ。家へ入って朝食をどうぞ」

3-2.キッチンにて
ハリーはどうしたものだろうとロンをちらりと見ました。するとロンが大丈夫と言いたげに頷くので家のほうに歩き始めたウィーズリーおばさんに従いて行きました。台所に入るとハリーは椅子の端に座り周囲を見回しました。

ウィーズリーおばさんはあちらこちらをガチャガチャいわせながら行き当たりばったり気味に朝食を作っていました。3人の息子たちには怒りの眼差しを投げつけつつフライパンのほうにはソーセージを投げつけていました。

そして時々低い声で「お前たちと来たら一体何を考えてるやら」とか「こんなこと絶対思ってもみなかったわ」などとぶつぶつ呟いていたのでした。その一方でハリーにはお皿に8本も9本ものソーセージを滑り込ませて・・・

「あなたの事は責めていませんよ」

何でもおばさんはアーサー氏と2人でハリーの事を心配していたのだそうです。昨夜も金曜日までにロンへの返事の手紙がもし来なかったら自分たちがハリーを迎えに行こうと話していたんだそうです。その間にも・・・

ハリーの皿には目玉焼きが3個も入れられました。しかしおばさんは不正使用の車で国中の空の半分も飛んで来たら誰かに見られてもおかしくない。だから当然自分たちが行く時には別の方法を使うというわけです。

おばさんの怒りはまだ収まらずフレッドが「曇り空だったよ!」と言っても「物を食べてる時はおしゃべりしないこと!」と言いジョージが「連中はハリーを餓死させるとこだった!」と言っても「お前もお黙り!」と怒鳴るのです。

しかしハリーのためにパンを切ってバターを塗り始めると一転して和らいだ表情になりました。その時ウィーズリー家の末っ子で一人娘のジニーが入って来たかと思うと「キャッ」と小さな悲鳴と共に消えてしまったのでした。

ロンが小声でハリーに「ジニー」と囁きました。夏休みの間ずっとハリーの事ばかり話していたんだそうです。フレッドがニヤッとして「君のサインを欲しがるぜ」と言いました。がしかし母親と目が合うと途端にうつむいて・・・

それ以降は全員が黙々と朝食を食べました。フレッドがナイフとフォークを置いて欠伸をしながら「何だか疲れたぜ」と言いました。そこでフレッドが「ベッドに行って寝たい」と言いかけるとおばさんは駄目だと言うのです。

夜中ずっと起きていたのはあなたたちが悪い。おばさんは庭に出て庭小人を駆除しろと言うのです。また手に負えないぐらい増えているとの事でした。おばさんはロンとジョージにも庭小人駆除をするよう命じたのでした。

ところがおばさんはハリーに対しては「あなたは上に行ってお休みなさいな」と言うのです。あのしょうもない車を飛ばせてくれとハリーが頼んだわけじゃない。だからハリーは休んでもいいとおばさんはそう言うのです。

「僕ロンの手伝いをします。庭小人駆除って見た事がありませんし」

ばっちり目が覚めていたハリーはこう言いました。するとおばさんは「まあ優しい子ね。でもつまらない仕事なのよ」と言葉を返したのでした。この後ロンにフレッドとジョージはぶつくさ言いながら庭へと出て行ったのでした。

3-3.それからというものは
こうして始まった「隠れ穴」での生活はプリベット通りとは思いっ切り違っていました。台所の暖炉の上にある鏡を最初に覗いた時ハリーは度肝を抜かれました。鏡が「シャツをズボンの中に入れろよ」と注意したからです。

屋根裏お化けは家の中が静か過ぎると思えば喚いたりパイプを落としたりしました。さらにはフレッドとジョージの部屋から小さな爆発音が上がっても誰もが皆「そんな事は当たり前」という顔をしていました。ところが・・・

ここでの生活でハリーが一番不思議だと思ったのは「この家の住人は全員が自分に好意を寄せているらしい」という事でした。ウィーズリーおばさんはハリーの靴下がどうのこうのと小うるさかったのでした。さらには・・・

食事のたびに無理やり4回もお代わりをさせようとしました。私が思うにはおばさんはハリーが華奢で小柄なのを見て「あっちの家では十分に食べさせて貰っていないのでは?」とそう考えていたからだったと思いますね。

学校から教科書リスト同封の手紙が届き全員でダイアゴン横丁に買い物に出かける時もおばさんは煙突飛行粉の入った植木鉢を「お客様からどうぞ!お先にどうぞ!」と言ってまず一番にハリーに差し出したのでした。

みんながハリーを見つめてハリーはみんなを見つめ返して「何をすればいいの?」と訊いたのでした。その時になってようやくロンがハリーは実はまだ煙突飛行粉を一度も使った事がないのに気づいて謝ったのでした。

それなら去年はどうやってダイアゴン横丁に行ったのか?と訊くアーサー氏にハリーは「地下鉄に乗りました」と答えました。そこでアーサー氏がエスカレーターの事を訊こうとして話が脇道に逸れそうになったので・・・

おばさんはアーサー氏に「その話は後にして」と言って止めました。そして「煙突飛行は地下鉄より早い」と言いつつ「一度も使った事がないとは」と呆れながら驚いてもいました。するとそこでフレッドがこう言うのです。

「ハリーは大丈夫だよママ。ハリー俺たちのを見てろよ」

自分たちが実際にやって見せれば大丈夫というわけです。ウィーズリー家の他の面々がやっている間にもおばさんは「はっきり発音しないと駄目」とか「間違いなく正しい火格子から出る事」などと助言をしたのでした。

「ハリーは大丈夫だよ。うるさく言わなくても」と言うアーサー氏におばさんは「ハリーが迷子になったら叔父様と叔母様に何と申し開きできます?」と言い返しました。おばさんがそう言うのを聞いてハリーはこう言いました。

「あの人たちはそんなこと気にしません。僕が煙突の中で迷子になったらダドリーなんかきっと最高に笑えるって喜びます。心配しないでください」

その後もおばさんは「炎の中に入ったらどこに行くのかを言うのよ」とか「それに目は閉じてね」さらには「慌てないでね。あんまり急いで外に出ないでフレッドとジョージの姿が見えるまで待つのよ」などと言ったのでした。

しかしむしろおばさんがハリーの事を思って色々言い過ぎたのがいけなかったようです。ハリーは迷子になってしまいました。ダイアゴン横丁でようやく会えたアーサー氏によればおばさんは半狂乱だったとの事でした。

今日の最後に
今回改めてハリーが初めて煙突飛行粉を使って迷子になった場面を読み返してみると「おばさん注意し過ぎ!」って感じですよね。教え方が下手と言うか?もっとシンプルに段取りよく順を追って説明するべきでしたね。

はっきりと「ダイアゴン横丁」と発音して炎に飛び込んだら目を閉じて肘は引っ込める。これだけで十分だったのでは?と私はそう思いますね。おばさんの言う事にはあまりにもしなくていい助言が多過ぎたという感じでした。

でもウィーズリーおばさんにしてみれば「しないではいられない」というそんな気持ちだったんでしょうね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1709-e8438017