FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーがドラコ・マルフォイを尾行させようとして呼び出したのはクリーチャーでした。したがってドビーはあくまでもついでだったんですよね。しかしクリーチャーの報告はハリーが満足を得られる内容ではありませんでした。そこでドビーのほうを聞いてみると・・・(全3項目)

3-1.君が話してくれ
早回しにしてマルフォイが実際どこに出かけているのかを聞こう。ハリーがこう言うとクリーチャーは憤慨した顔で再び深々とお辞儀をしてから話し始めました。しかしそれはハリーが満足を得られる内容ではありませんでした。

「マルフォイ様は大広間で食事をなさり地下室にある寮で眠られ授業は様々な所」

ハリーはクリーチャーの話を途中で遮るとドビーに「君が話してくれ」と言ったのでした。そしてさらに踏み込んでドビーには「マルフォイはどこか行くべきではない所に行かなかったか?」と訊いたというわけなんですよね。

ドビーはテニスボールのような大きい目を暖炉の灯りに煌めかせながら、マルフォイは自分が見つけられる範囲では何の規則も破っておりません。でもやっぱり探られないようにとても気を使っているとハリーに言ったのでした。

そしてその後にドビーの言った事が大問題だったというわけなんですよね。ハリーは持っていた「上級魔法薬」の本で自分の額をバンと叩いたのでした。ハーマイオニーとロンが驚きのあまり目を丸くしてハリーを見つめました。

一体ドラコ・マルフォイは「忍びの地図」から忽然と姿を消した時どこに隠れていたのか?その謎が明らかになったのです。

3-2.入れるのか?入れないのか?
マルフォイは色々な生徒と一緒にしょっちゅう8階に行きます。その生徒たちに見張らせて自分はとドビーがここまで言った所でハリーは閃いたのでした。マルフォイは「必要の部屋」に姿をくらましていた。そうだったのです。

そこでやっている。何かをやっている。きっとそれで「忍びの地図」から消えてしまったんだ。そう云えば地図で「必要の部屋」を見た事がない。するとロンが忍びの者たちはそんな部屋がある事を知らなかったのかもしれない。

ハーマイオニーは「それが必要の部屋の魔法の1つなんだと思うわ」と言うのです。地図上に表示されないようにする必要があれば部屋がそうするのよ。そこでハリーは急き込んでドビーにこう訊いたというわけなんですよね。

「ドビー。上手く部屋に入ってマルフォイが何をしているか覗けたかい?」

するとドビーは「いいえハリー・ポッター。それは不可能です」と答えました。そう言われてハリーは即座に「そんな事はない」と反論しました。マルフォイは先学期僕たちの本部に入って来た。したがって入る事が可能なんだ。

ところがハーマイオニーもまた考えつつも「それはできないと思うわ」とそう言うのです。マルフォイはあの馬鹿なマリエッタがベラベラしゃべったので私たちがあの部屋をどう使っていたのかという事をちゃんと知っていた。

マルフォイにはあの部屋がダンブルドア軍団の本部になる必要があったから「必要の部屋」はそれに応えた。でもハリーはマルフォイがあの部屋に入っている時に「必要の部屋」が何の部屋になっているのかという事を知らない。

だからハリーは「必要の部屋」にどういう部屋になれと願う事ができないとハーマイオニーは言うのです。しかしそう言われてもハリーは極めて楽観的で事もなげに「何とかなるさ」と言ったのでした。そしてドビーには・・・

「ドビー。君は素晴らしい仕事をしてくれたよ」

3-3.ドビーのお陰で
ハリーがドビーにねぎらいの言葉をかけているのを見てハーマイオニーは「クリーチャーもよくやったわ」と優しく言いました。しかしクリーチャーは感謝の表情など全く見せようともせず天井に向かってこう話しかけました。

「穢れた血がクリーチャーに話しかけている。クリーチャーは聞こえないふりをする」

クリーチャーがこう言うのを聞いてハリーは鋭く「やめろ」と言ったのでした。クリーチャーはまたしても深々とお辞儀をして「姿くらまし」して談話室からいなくなったのでした。そこでハリーはドビーにこう言ったのでした。

「ドビー君も帰って少し寝たほうがいいよ」

こう言われてドビーは「ありがとうございます。ハリー・ポッター様!」とうれしそうに言うと姿を消したのでした。クリーチャーとドビーが姿を消した所でハリーはロンとハーマイオニーに「上出来だろ?」と言ったのでした。

マルフォイが「必要の部屋」に隠れていた事がドビーにマルフォイの尾行をさせた事で判明したのです。しかしロンは不機嫌でした。クリーチャーが姿を現した時スネイプの吸魂鬼のレポートにインクをこぼしてしまったのです。

しかしハーマイオニーがレポートを引き寄せて杖でインクを吸い込み始めました。さらにはマルフォイが「必要の部屋」に隠れている事は判りました。がしかしまだまだ解明されていない謎が残っているというわけなんですよね。

今日の最後に
ドラコ・マルフォイは「必要の部屋」に隠れて何かをやっている。それが判ってハリーが部屋に入る事はできたのかと訊くのに対してドビーはそれは不可能だと言っていますね。ハリーは入るのは可能だと言ったのですが・・・

ハーマイオニーも「それはできないと思うわ」と言っています。つまりドビーと同意見というわけです。結局ハリーはマルフォイが「必要の部屋」で何をしているのかを確認する事はできませんでした。この件については・・・

ハリーは間違っていてドビーとハーマイオニーが正解だったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.