FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「日刊予言者新聞」にハリーに関する捏造でっち上げ記事を掲載したりダンブルドアの事を「時代遅れの遺物」と表現したりと悪行三昧のリータ・スキーターだったのでした。挙句の果てにはハグリッドを精神的に追い詰め辞表を出す事態にまでなったのですがそこでダンブルドアが・・・(全3項目)

3-1.リータ・スキーターの暗躍
ハリーがリータ・スキーターの名前を初めて耳にしたのはクィディッチ・ワールドカップの観戦を終えて「隠れ穴」に帰って来た時だったんでしょうね。その日の「日刊予言者新聞」の一面の記事を書いていた記者だったのです。

ハリーがリータ・スキーターに初めて会ったのは杖調べの儀式の時でした。儀式が行われる部屋からハリーを連れ出すと箒置き場に押し込みインタビューをして「日刊予言者新聞」に捏造でっち上げの記事を掲載したのでした。

その時ハリーを箒置き場から助け出したのはダンブルドアでした。リータ・スキーターはハリーのインタビュー記事を書いていた羊皮紙を素早く隠すと「お元気ざんすか?」と言って立ち上がりダンブルドアに握手を求めました。

「この夏にあたくしが書いた国際魔法使い連盟会議の記事をお読みいただけたざんしょか?」

こう言うリータ・スキーターにダンブルドアは「魅力的な毒舌じゃった。特にわしの事を時代遅れの遺物と表現なさったあたりがのう」と言ったのでした。するとリータ・スキーターは恥じる様子を微塵も見せようとせず・・・

「あなたのお考えが。ダンブルドア。少し古臭いという点を指摘したかっただけざんす」

クリスマス休暇明けにもリータ・スキーターはやらかしてくれました。ハリーたちが休暇明け最初の「魔法生物飼育学」の授業を受けに行くとそこにハグリッドの姿はなくグラブリー・プランクという先生が代わりに教えました。

ハグリッドが休職したのはリータ・スキーターがこれもまた「日刊予言者新聞」にハグリッドが半巨人だという事を暴露する記事を載せたからです。そしてハリーたち3人はホグズミードでリータ・スキーターに出くわしました。

あなたって最低の女よ。記事のためなら何にも気にしないのね。ハーマイオニーはリータ・スキーターにこう言って「三本の箒」を出るとその足でまっすぐハグリッドの小屋に行きました。怒りに任せて最後は走ったのでした。

「ハグリッド!ハグリッドいい加減にして!そこにいる事は判ってるわ!あなたのお母さんが巨人だろうと何だろうと誰も気にしてないわ!ハグリッド!リータみたいな腐った女にやられてちゃ駄目!ここから出るのよ」

玄関の扉をガンガン叩きながらハーマイオニーは叫びました。扉が開いてハーマイオニーは「ああやっと!」と言いかけて突然口をつぐみました。ハーマイオニーに面と向かって立っていたのがハグリッドではなかったからです。

そこにいたのはアルバス・ダンブルドアでした。

3-2.小屋の中に入ってみると
ダンブルドアはハリーたち3人に微笑みかけながら心地よく「こんにちは」と挨拶をしました。そんなダンブルドアにハーマイオニーは小さい声で「私たち-あの-ハグリッドに会いたくて」と言葉を途切れがちに言ったのでした。

するとダンブルドアは目を輝かせて「おおわしもそうじゃろうと思いましたぞ」と言うと「さあ。お入り」と言いました。3人は小屋に入りました。ハリーが入ると即座にハグリッドの飼い犬のファングが飛びついて来て・・・

吠えながらハリーの耳を舐めようとしました。ハグリッドの様子は惨憺たるものでした。両目は腫れ上がり髪の毛に至ってはこれまでの極端から反対の極端へと移り撫でつけるどころか今や絡み合った針金のカツラのようでした。

ハリーが「やあハグリッド」と挨拶をするとハグリッドは目を上げてしゃがれた声で「よう」と言ったのでした。ダンブルドアはハリーたちが入ると扉を閉め「もっと紅茶が必要じゃの」と言うと杖を取り出して回したのでした。

空中に紅茶を乗せた回転テーブルとケーキを乗せた皿が現れました。ダンブルドアはテーブルの上にその回転テーブルを載せて4人は席に着きました。ちょっと間を置いてからダンブルドアはハグリッドにこう言ったのでした。

「ハグリッド。ひょっとしてミス・グレンジャーが叫んでいた事が聞こえたかね?」

ハーマイオニーは少し赤くなりましたがダンブルドアはそんなハーマイオニーに微笑むと言葉を続けました。ハーマイオニーもハリーもロンも扉を破りそうなあの勢いから察するに今でもお前と親しくしたいと思っているようだ。

そこでハリーはハグリッドを見て「もちろん僕たち今でもハグリッドと友達でいたいと思ってるよ!」と言うと続けてさらに「あんなブスのスキーター婆ぁの言う事なんか」と勢いに任せて言ったのでした。しかしやはり・・・

口が滑って言い過ぎたと思ったハリーは慌ててダンブルドアに「すみません。先生」と謝りました。しかしダンブルドアは「急に耳が聞こえなくなってのう。ハリー。今何と言うたかさっぱり分らん」と言ってくれたのでした。

さらにハリーが自分が言いたかったのはリータ・スキーターがハグリッドの事を何と書こうと自分たちがそんな事を気にするわけないだろうと言うと、ハグリッドの目から大粒の涙が二粒溢れてゆっくりと伝って落ちたのでした。

そこでダンブルドアは・・・

3-3.よい所に気づいた
わしが言った事の生きた証拠(あかし)じゃな。生徒の親たちから届いた数え切れないほどの手紙を見せたじゃろう?自分たちが学校にいた頃のお前をちゃんと覚えていて、もしわしがお前を首にしたら一言言わせて貰うと・・・

「全部が全部じゃねえです。みんながみんな俺が残る事を望んでねえです」と言うハグリッドにダンブルドアはそれは世界中の人に好かれようと思ったら残念ながらこの小屋にずっと長いこと閉じこもっているしかないと・・・

そして今度は厳しい目を向けると「わしが校長になってから学校運営の事で少なくとも週に一度はふくろう便が苦情を運んで来る」だからと云ってわしはどうすればよいのじゃ?校長室に立てこもって誰とも話すなと言うのか?

「そんでも先生は半巨人じゃねえ」と言うハグリッドに今度はハリーが「僕の親戚はどうなんだい!ダーズリー一家なんだよ!」と吠えたのでした。するとそれを聞いてダンブルドアは「よい所に気づいた」と言ったのでした。

わしの兄弟のアバーフォースはヤギに不適切な呪文をかけた咎で起訴されあらゆる新聞に大きく出た。しかしアバーフォースは逃げ隠れせず頭をしゃんと上げていつもの通り仕事をした。もっとも字が読めなかったのかもしれぬ。

したがって勇気があったという事にはならなかったかもしれない。それでもちゃんと仕事をしていた。するとハリーの次にはハーマイオニーが一転して静かに「戻って来て教えてよ」と言ったのでした。お願いだから戻って来て。

ハグリッドがいないと私たち本当に寂しいわ。ハーマイオニーにこう言われて感極まったという感じで再びハグリッドが涙を流す中ダンブルドアは立ち上がりました。そしてハグリッドにこう言い渡したというわけなんですよね。

「辞表は受け取れぬぞハグリッド。月曜日に授業に戻るのじゃ。明日の朝8時半に大広間でわしと一緒に朝食じゃ。言い訳は許さぬぞ」

そして最後にダンブルドアは「それでは皆。元気での」と言うとファングの耳をかくのにだけ少し立ち止まると小屋を出て行ったのでした。こうしてハグリッドは「魔法生物飼育学」の教職に復帰したというわけなんですよね。

今日の最後に
当サイトでは折ある毎にハリーは極めて優秀な開心術士だと指摘をしています。この夏リータ・スキーターが「日刊予言者新聞」に寄稿した記事の事を評してダンブルドアは「魅力的な毒舌じゃった」と表現しているんですよね。

しかし実はダンブルドアは「魅力的」と言いつつ本心とは裏腹の表現をしていた。ハリーはそのダンブルドアの真意を開心術で見抜いてハグリッドを説得する際にリータ・スキーターの事を「婆ぁ」呼ばわりしたというわけです。

ハリーのこの発言に対してダンブルドアは聞こえないフリをして応えたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.