FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「例のあの人」ことヴォルデモート卿を消し去ったヒーローとしてホグワーツに入学して来たハリー・ポッターは一夜にして一番の嫌われ者になってしまいました。その衝撃があまりにも大きかったためハリーは処罰がある事を忘れていました。そしてその処罰でハリーが見たものとは?(全3項目)

3-1.罰則
翌日になって寮の得点を記録している大きな砂時計のそばを通ったグリフィンドール生はこれは掲示の間違いだと思いました。何で急に昨日よりも150点も減っているんだ?そこでハリーに関する噂が流れ始めたというわけです。

あのクィディッチの試合で2回も続けてヒーローになった。あの有名なハリー・ポッターが何人かの馬鹿な1年生と一緒に寮の点数をこんなに減らしてしまったらしい。これまでハリーは賞賛の的で学校で最も人気がありました。

それが一夜にして突然一番の嫌われ者になってしまいました。レイブンクローやハッフルパフでさえ敵に回りました。みんなスリザリンから寮杯が奪われる事をそれは楽しみにしていたからです。ハリーがどこへ行っても・・・

みんながハリーを指差し声を低くしようともせずおおっぴらに悪口を言いました。その一方でスリザリン生はハリーが通るたびに拍手をして口笛を吹き「ありがとうよ。借りができたぜ!」と囃し立てたというわけなんですよね。

「数週間もすればみんな忘れるよ。フレッドとジョージなんかここに入寮してからずーっと点を引かれっぱなしさ。それでもみんなに好かれてるよ」

こう言ってロンだけ味方でした。しかしそんなロンにハリーは「だけど1回で150点も引かれたりはしなかったろう?」と惨めな思いで言いました。残念ながらそれはロンも「それはそうだけど」と認めなくてはなりませんでした。

ハーマイオニーとネビルも苦しんでいました。ただし2人は有名ではなかったためハリーほど辛い目には会いませんでした。それでも誰も2人に話しかけようとはしませんでした。教室ではみんなの注目を引くのは止めて・・・

ハーマイオニーはうつむいたまま黙々と勉強していたのでした。そして朝食のテーブルにハリーにハーマイオニーとネビル宛てに3通の手紙が届きました。3人とも同じ内容の手紙でした。今夜の11時に処罰を行うとの事でした。

3-2.ユニコーンを襲っていたのは?
減点のほうで大騒ぎだったのでハリーは処罰の事をすっかり忘れていました。夜の11時に指定されていた玄関ホールに行くと手紙に書かれていた通りにフィルチがいました。3人を迎えたフィルチは何だかひどくうれしそうです。

きっとひどく恐ろしいものに違いない。そうでなければフィルチがこんなにうれしそうにしているはずがないからです。ハグリッドが一緒と知ってハリーの心は躍りましたがフィルチの一言でそんな気持ちも雲散霧消しました。

君たちがこれから行くのは森の中だ。もし全員無傷で戻って来たら私の見込み違いだとフィルチはそう言うのです。それを聞いてネビルは低い呻き声を上げマルフォイもその場で動かなくなりいつもの冷静さを失っていたのでした。

フィルチは夜明けにこいつらの体の残っている部分だけ引き取りに来ると嫌味たっぷりに言って城に帰って行きました。ハグリッドは「森に行かない」と言うマルフォイにひとしきり説教した後に今夜する事の説明に入りました。

俺たちが今夜やろうとしている事は危険なんだ。みんな軽はずみな事をしちゃいかん。暫くは俺に従いて来てくれとの事でした。地面に光る銀色の物が見えるか?それはユニコーンの血なんだそうです。今週になって2回目だ。

水曜日に最初の死骸を見つけた。みんなで可哀想なユニコーンを見つけ出すのが今夜ハリーに科された事なのだそうです。ハグリッドは「助からないなら苦しまないようにしてやらねばならん」とハリーたちに言ったのでした。

恐怖を隠し切れない声でマルフォイが「ユニコーンを襲った奴が先に僕たちを見つけたらどうするんだい?」と訊くとハグリッドは俺やファングと一緒にいればこの森に棲む生き物は誰もお前たちを傷つけないとそう言うのです。

それを聞いてマルフォイは「僕はファングと一緒がいい」と急いで言いました。するとハグリッドは「そいつは臆病じゃよ」と言った上でそれを許しました。ハリーとハーマイオニーはハグリッドに従いて行く事になりました。

ユニコーンを見つけたら赤い光を打ち上げる事にして一行は出発しました。少し歩くと道が二手に分れハグリッドたちは左へそしてマルフォイたちは右を選びました。ハリーたちが行った道にはユニコーンの血が落ちていました。

ハグリッドはハリーとハーマイオニーをひっつかみ樫の巨木の裏に放り込みました。そして弓矢を構えいつでも発射できるようにしました。3人が耳を澄ましていると何かがすぐそばの枯葉の上を移動して行く音が聞こえました。

まるでマントが地面を引きずるような音でした。ハグリッドが目を細めて暗い道をじっと見ていましたが数秒後にはその音は徐々に消えて行ったのでした。ハグリッドが言うには「ここにいるべきでない何者か」なんだそうです。

この後ハリーたちの前にはケンタウルスが現れました。ハグリッドによればケンタウルスたちからは具体的な答えを貰った事がないのだそうです。それでもハグリッドが何かを訊きたい時には現れるという親切さはあるそうです。

「ハグリッド!見て。赤い火花よ。ネビルたちに何かあったんだわ!」

マルフォイにネビルとファングの組から赤い火花が上がりました。ところがそれはマルフォイがネビルの後ろに回って掴みかかるという悪ふざけをしたからでした。ハグリッドはカンカンに怒って戻って来るとこう言いました。

「お前たち2人がバカ騒ぎしてくれたお陰でもう捕まるものも捕まらんかもしれん」

そこで組分けを変える事にしました。ハグリッドにネビルとハーマイオニー。そしてハリーにマルフォイとファング。ハグリッドはハリーだけにそっと耳打ちしました。ハリーならマルフォイに脅される事はないからだそうです。

この後ハリーとマルフォイは・・・

ユニコーンの死骸を見つけたのですが・・・

3-3.ケンタウルスのフィレンツェ
ハリーはこんなに美しく同時にこんなに悲しい物を見た事がありませんでした。その長くしなやかな脚は倒れたその場で投げ出され真珠色に輝くたてがみは暗い落葉の上に広がっていました。ところがその直後の事だったのです。

滑るような音がしてハリーの足は一歩踏み出した所で凍りつきました。平地の端が揺れたかと思うと暗がりの中から頭をフードに覆い隠した何かがまるで獲物を漁る獣のように地面を這って来たのです。何と恐ろしい事に・・・

ハリーにマルフォイにファングは金縛りに遭ったように立ちすくみました。マントを着たその影はユニコーンに近づき身を屈めると傷口から血を飲み始めたのです。マルフォイは絶叫して逃げ出しました。ファングも逃げました。

フードに包まれた影は頭を上げハリーを真正面から見ました。ユニコーンの血がフードに隠れた顔から滴り落ちました。その影は立ち上がるとハリーに近寄って来ました。ハリーは恐ろしさのあまりその場を動けませんでした。

その時でした。今まで感じた事のないほどの激痛がハリーの頭を貫きました。額の傷痕が燃えているようでした。目が眩んでハリーは倒れかかりました。すると後ろのほうから蹄の音が早足で駆けて来るのが聞こえて来ました。

ハリーの真上を何かが飛び越え影に向かって突進しました。激痛のあまりハリーは膝をつきました。そして何分かの時間が過ぎてハリーが頭を上げると影は消えていました。ケンタウルスがハリーを覆うように立っていました。

「怪我はないかい?」

こう声をかけて来たのは先ほど会ったのとは違うケンタウルスでした。もっと若く明るい金髪に胴はプラチナブロンドで淡い金茶色のパロミノのケンタウルスでした。ハリーが礼を言って「あれは何だったの?」と訊くと・・・

ケンタウルスは答えません。しかし額の傷痕を見てハリーだと気づいたようです。ポッター家の子だね?早くハグリッドの所に戻ったほうがいい。森は今は安全じゃない。特にハリーにとってはとそのケンタウルスは言うのです。

私に乗れるかな?そのほうが速いから。私の名はフィレンツェだ。こう言うとそのケンタウルスは前足を曲げて身体を低くしてハリーが乗りやすいようにしてくれたのでした。ところがそこに二頭のケンタウルスが現れて・・・

激しい口論になったのでした。そしてこの後ハリーはフィレンツェから衝撃の事実を聞かされる事になったのでした。力を取り戻すために長い間待っていたのが誰か思い浮かばないのですか?フィレンツェにこう言われて・・・

命にしがみついてチャンスを伺って来たのは誰なのか?ハリーは突然鉄の手で心臓を鷲掴みにされたような気がしました。ハリーの脳裏には初めてハグリッドに会ったあの時に言われた言葉が蘇って来たのでした。その言葉は?

「あやつが死んだという者もいる。俺に言わせりゃくそくらえだ。奴に人間らしさが欠けらでも残っていれば死ぬ事もあろうさ」

僕が今見たのはヴォルデモート?

今日の最後に
ハリーとマルフォイが見た。つまりユニコーンの血を飲んでいたのはもちろんヴォルデモート卿が取り憑いたクィレルだった。実はハリーはその週の始めにヴォルデモートがクィレルに要求している会話を聞いているんですよね。

「駄目です。駄目。もうどうぞお許しを」
「判りました。判りましたよ」

クィレルがこう言うのが聞こえて来たと思ったら次の瞬間クィレルが曲がったターバンを直しながら急ぎ足で教室から出て来ました。蒼白な顔をして今にも泣き出しそうでした。足早に行ったのでハリーにも気づきませんでした。

クィレルの足音が聞こえなくなるのを待ってハリーは教室を覗きました。当然そこには誰もいませんでした。しかしこの時ハリーはヴォルデモートがクィレルに取り憑いている事を知らなかったので何故そこに誰もいないのか?

それが理解できなかったのです。それはそれとしてクィレルもやはり最初は嫌だと言っていたんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.