FC2ブログ
ハグリッドがそれはそれは怪しい人物にフラッフィーの手なずけ方を教えていた事が学期末試験終了直後に判明しました。こうなったらダンブルドアに知らせなくてはならない。ところがこの肝心な時にダンブルドアは学校を留守にしているとマクゴナガル先生は言うのです。そこでハリーたちは・・・(全3項目)

3-1.試験が終わったと思ったら
ヴォルデモートが今にも扉を破って襲って来るかもしれない。そんな恐怖の中で一体どうやって試験を終える事ができたのだろう?これから先何年かが過ぎてもこの時期の事を正確には思い出せないだろうとハリーは思いました。

ロンにハーマイオニーはハリーほどには石を心配していないようでした。ハリーが森で見たあの光景を2人は見ていません。それに加えハリーとは違って額の傷痕が燃えるように痛いなんて事がないのもその理由なのでしょう。

ところがロンもハーマイオニーもそんな事は言っていられないという事実が試験終了直後に明らかになりました。ハリーは突然立ち上がると「今気づいた事があるんだ」と顔を真っ青にして言いました。ハリーが言うには・・・

おかしいと思わないか?ハグリッドはドラゴンが欲しくて堪らなかった。それなのにいきなり見ず知らずの人間が偶然ドラゴンの卵を持って現れた。魔法界の法律で禁止されているのにそんな人がそうそう都合よく現れるのか?

話が上手すぎると思わないか?どうして今まで気づかなかったんだろう?さらに小屋に到着して外にいたハグリッドに訊いてみるとドラゴンの卵をくれた人はマントを着たままでどんな人だったのかも分らないとそう言うのです。

「その人はフラッフィーに興味あるみたいだった?」とハリーが訊くとハグリッドは三頭犬なんてそんな何匹もいるわけじゃないから興味を持つのは当然だと言うのです。だからハグリッドはその人に言ってやったんだそうです。

「フラッフィーなんかなだめ方さえ知ってればお茶の子さいさいだって。ちょいと音楽を聞かせればすぐねんねしちまうって」

こう言ってからハグリッドは突然「しまった大変だ」という顔をしました。そして慌てて「お前たちに話しちゃいけなかったんだ!」と言ったのでした。ハリーたち3人は一言も口を利かず即座に城に引き返して行ったのでした。

3-2.この肝心な時に?
ダンブルドアの所に行かなくてはならない。ハグリッドが怪しい奴にフラッフィーの手なずけ方を教えてしまった。マントの人物はスネイプかヴォルデモートだったんだ。ハグリッドを酔わせてしまえば後は簡単だったに違いない。

ハリーはこう思いましたがハグリッドを酔わせてフラッフィーの手なずけ方を聞き出したのはクィレルだったというわけです。ハリーたちは「校長室はどこだろう?」とあたりを見回しました。しかし行った事がないので・・・

どこかに矢印で校長室と書いてないか?そう言えばダンブルドアがどこに住んでいるのか聞いた事がない。誰かが校長室に呼ばれたという話も聞いた事がない。ハリーが「こうなったら僕たちとしては」と言いかけると・・・

「そこの3人。こんな所で何をしているの?」

こう言いながら山のように本を抱えたマクゴナガル先生が現れました。ハーマイオニーが勇敢にも「ダンブルドア先生にお目にかかりたいんです」と言いました。するとマクゴナガル先生はおうむ返しにこう訊いて来たのでした。

「ダンブルドア先生にお目にかかる?」

そんな事を望むのはどうも怪しいというわけです。そこでマクゴナガル先生はその理由を訊いて来ました。ハリーは困って「さあどうしよう?」と思いました。とっさにハリーは「ちょっと秘密なんです」と答えてしまいました。

ハリーはそう言うなり「言わなきゃよかった」と思いました。マクゴナガル先生の鼻の穴が膨らんだのを見たからです。ところがこの後マクゴナガル先生が言った言葉にハリーたち3人は大きな衝撃を受ける事になったのでした。

「ダンブルドア先生は10分前にお出かけになりました」

さらにマクゴナガル先生の説明によれば魔法省から緊急のふくろう便が来てダンブルドア先生はすぐにロンドンに飛び立ったとの事でした。ハリーが慌てて「先生がいらっしゃらない?この肝心の時に?」と言葉を返すと・・・

マクゴナガル先生は「ダンブルドア先生は偉大な魔法使いですから大変ご多忙でいらっしゃる」と答えたのでした。ハリーが「でも重大な事なんです」と言うとマクゴナガル先生は魔法省の件よりあなたの用件が重要なのですか?

そう言って来たのでハリーは慎重さをかなぐり捨て「実は先生。賢者の石の件なのですが」と言いました。この答えだけはさすがのマクゴナガル先生も予想外でした。先生は手に持っていた大量の本を落としてしまったのでした。

その本を拾おうともせずしどろもどろになり「どうしてそれを?」と訊いて来ました。そこでハリーは誰かが「賢者の石」を盗もうとしている。だからどうしてもダンブルドア先生にお話ししなくてはならないと言ったのでした。

マクゴナガル先生は驚きと疑いが入り交じった目をハリーに向けていました。しかしやがて落ち着きを取り戻しました。そして盤石の守りですから安心なさい。誰も盗む事はできません。ハリーが「でも先生」と言っても・・・

マクゴナガル先生は「二度同じ事は言いません」ときっぱり言うと「3人とも外に行きなさい。せっかくのよい天気ですよ」と言うと本を拾って行ってしまったのでした。しかし3人とも外には行きませんでした。その理由は?

石が狙われるのは今夜だと確信したからです。

3-3.今夜だ!
マクゴナガル先生が声の届かない所まで行ってしまうのを待ってハリーが「今夜だ」と言いました。必要な事は全部判ったしダンブルドアも追い払った。ダンブルドア先生が顔を出したら魔法省じゃキョトンとするに違いない。

「でも私たちに何ができるって言うの?」とハーマイオニーが言っている途中で息を呑みました。ハリーとロンが急いで振り返るとそこにはスネイプがいました。スネイプはいやに愛想よく「やあこんにちは」と挨拶をしました。

3人がじっと見つめるとスネイプは「諸君。こんな日には室内にいるもんじゃない」と言って取ってつけたようなゆがんだ微笑みを見せました。ハリーは「僕たちは」と言った後に何と言っていいものやら考えつきませんでした。

さらにスネイプは「もっと慎重に願いたいものですな。こんな風にうろうろしている所を見られたら何か企んでいるように見えますぞ。グリフィンドールとしてはこれ以上減点される余裕はないはずだろう?」とそう言うのです。

外に出ようとするとスネイプはハリーたちを呼び止め「これ以上夜中にうろついているのを見かけたら我輩が自ら君を退校処分にするぞ」とハリーに警告して来ました。これではまるで今夜我輩が「賢者の石」を奪うので・・・

決してその邪魔をしないようにと言っているかのようでした。スネイプは「さあもう行きたまえ」と言うと大股に職員室のほうに歩いて行ったのでした。そこでハリーたちは「賢者の石」を守るために行動を開始したのでした。

まずハーマイオニーはフリットウィック先生を待っているふりをしてスネイプを見張る事にしました。そしてハリーとロンは三頭犬のフラッフィーが隔離されている扉の前に立つ事にしました。しかしどちらも失敗だったのです。

ハリーとロンは現れたマクゴナガル先生に凄い剣幕で怒られて再び50点も減点されてしまいすごすごと寮の談話室に戻る事になりました。ハーマイオニーもスネイプに「何をしている?」と訊かれて用意していた答えを言った。

するとスネイプはフリットウィック先生を呼びに行ったんだそうです。そのためハーマイオニーはフリットウィック先生にずっと捕まっていてスネイプがどこに行ったのか分らなくなってしまったんだそうです。こうして・・・

3人とも揃って玉砕という結果になってしまったのでした。するとハリーは「じゃあもう僕が行くしかない。そうだろう?」と言うのです。ロンとハーマイオニーはハリーを見つめました。今度は2人が2人とも反対したのでした。

それは?

「僕は今夜ここを抜け出す。石を何とか先に手に入れる」

今日の最後に
当サイトでは折ある毎にハリーは極めて優秀な開心術士であると指摘をしています。この場面でハリーはマクゴナガル先生にスネイプが「賢者の石」を盗もうとしていると言いかけて「スネ」と言った所でそれを辞めていますね。

ハリーは開心術でクィレルにヴォルデモートが取り憑いている事を見抜いていた。したがって石を狙っているのがクィレルだという事も意識の底で感じていた。だからスネイプの名前を言いかけて辞めたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1737-30f09bdc