FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

巨大蜘蛛のアラゴグと云えば2年生の時にハリーとロンをハグリッドの友人と知りながら食おうと襲いかかって来たそれはそれは残忍非道で恐ろしい生き物でした。またハグリッドが飼った中でも最もその存在に異議を唱えたくなる魔法生物でした。まさか役に立つ日が来る事になるとは!(全3項目)

3-1.アラゴグが死んだ
ハリーとロンがこの巨大蜘蛛アラゴグと会ったのは2年生の時でした。当時一旦は途切れていたマグル出身の生徒を襲う事件が再び起きて魔法大臣コーネリウス・ファッジはただ自分の対面を保つというその目的のために・・・

「何か手を打ったという印象を与えないと」と言ってハグリッドをアズカバンに送ってしまいました。その時ハグリッドが小屋を出て行く際に「透明マント」に隠れているハリーとロンに蜘蛛を追えと言い残して行ったのです。

ところが事もあろうにアラゴグはハリーとロンから事情を聞いて2人がハグリッドの友人だと知りながら食おうと襲いかかって来たのです。しかし前述のようにハグリッドはアズカバンにいたので2人が襲われた事は知りません。

6年生になって2週目の土曜日にハリーたち3人が訪ねた時ハグリッドの口から「アラゴグが死にかけている」と聞かされたのです。そしてついにハグリッドにとっては極めて悲しい事にアラゴグは死んでしまったというわけです。

ヴォルデモートの復活が明らかになった事を受けて城の警備はさらに強化されました。学期初日にダンブルドア校長は「特に決められた時間以降は夜間ベッドを抜け出してはならぬという規則じゃ」と言い渡したというわけです。

そのためそんなに遅くに出て来られないという事は知っている。だがハリーたちには「透明マント」がある。無理は言わないが俺1人では堪え切れない。だからハグリッドはできる事ならハリーたち3人に来て欲しいと言うのです。

「前にも夜に訪ねて行った事がある」と言うハリーにハーマイオニーは私たちはハグリッドを助けるためになら危険を冒して来た。でも今回の場合はアラゴグはもう既に死んでいる。だから行くのは全く意味がないと言うのです。

3人で話し合った結果ハグリッドは僕たち抜きでアラゴグを埋葬しなければならないだろうなという結論に達したのでした。ところがその後に突然事情が変わってハリーだけはアラゴグの埋葬に立ち会う事になったんですよね。

3-2.フェリックス・フェリシスを飲んで
ハリーは今学期ダンブルドア校長の個人教授を受けていました。そして何とクリスマス休暇明け最初の授業でダンブルドア校長からハリーに宿題が出されたのでした。それはスラグホーンの本物の記憶を回収するという事でした。

その日の授業で一旦スラグホーン自身が改竄した記憶を見せ「どのくらい大切で重要かは見た時に判る」と言ってダンブルドア校長はこの宿題を出しました。しかしハリーはなかなかこの宿題をやり遂げる事ができませんでした。

そしてそれはアラゴグが死んだその日でした。ハリーが「57回目にやっと幸運ありっていうわけ?」と苦々しげに言うとロンが「ハリーそれだ。幸運になれ!」と突然言ったのでした。フェリックス・フェリシスを使えと・・・

するとハーマイオニーがはっとしたように「もちろんそうだわ!どうして思いつかなかったのかしら?」と言いました。ハリーは目を見張って2人を見るとフェリックス・フェリシスは取っておいたんだけどと言ったのでした。

それに対してロンが信じられないという顔で「何のために?」と訊いて来ました。さらにハーマイオニーが「スラグホーンの記憶ほど大切な物が他にある?」と問い質して来ました。ハリーはしばし呆然として答えませんでした。

最初に受けたスラグホーンの「魔法薬学」の授業でハリーはその日の褒美としてフェリックス・フェリシスを貰っていたのです。この日の「魔法薬学」の授業は大半の生徒が「姿現わし」の試験を受けるため出席しないのです。

そこでその授業でスラグホーンの説得に失敗をしたらフェリックス・フェリシスを使う事にしました。そしてここで結論を言えばハリーはまたしてもスラグホーンの記憶を回収する事に失敗してしまったというわけなんですよね。

「姿現わし」の試験を受けて戻って来たロンとハーマイオニーにハリーはロンが「それじゃ使うのか使わないのか?」と訊くのに対し「使ったほうがよさそうだ」と答えたのでした。こうしてハリーは幸運の液体を飲んで・・・

フェリックス・フェリシスを飲んでスラグホーンの記憶を回収する事にチャレンジする事になったのでした。

3-3.葬儀の後に
頃合いを見てハリーたちはネビルにディーンそれにシェーマスの3人が談話室にいる事を確かめてからこっそりと寝室に移動しました。ハリーはトランクの底から丸めた靴下を取り出すと微かに輝く小瓶を引っ張り出しました。

ハリーは「じゃ行くよ」と言うと小瓶を傾けて慎重に量の見当をつけてフェリックス・フェリシスを飲みました。ハーマイオニーが小声で「どんな気分?」と訊いて来ました。ハリーはその問いに暫くの間は答えませんでした。

やがて無限大の可能性が広がるようなうきうきした気分がゆっくりとしかし確実に体中に染み渡りました。何でもできそうな気がしました。そして突然スラグホーンの記憶を回収する事が可能かばかりか簡単だと思えて来ました。

ハリーは笑顔を浮かべると立ち上がりました。自信満々でした。そして「最高だ。本当に最高だ。よーしこれからハグリッドの所に行く」と2人に告げたのでした。ところが2人はとんでもないという顔で「えーっ」と驚きました。

ハリー違うわ。あなたはスラグホーンの所に行かなきゃならないのよ。ハーマイオニーがそう言うとハリーは「ハグリッドの所に行く。ハグリッドの所に行くといい事が起こるって気がする」と自信たっぷりにそう言うのです。

ロンもまた「巨大蜘蛛を埋めに行くのがいい事だって気がするのか?」と唖然として言いました。ハリーはカバンから「透明マント」を取り出しつつ「そうさ。今晩そこに行くべきだという予感だ。判るだろう?」と言うのです。

しかしロンもハーマイオニーにも全く理解できません。2人とも「全然」と答えながら仰天していました。挙句の果てにハーマイオニーは「これフェリックス・フェリシスよね?」と心配そうに小瓶を明かりにかざして見ました。

ハリーがマントを肩に引っかけるのを見ながらロンが「的外れ薬?」と意見を述べました。するとハリーが声を上げて笑うのでロンとハーマイオニーはますます仰天しました。しかしそんな2人にハリーは心配ないと言うのです。

自分が何をやっているのか少なくとも僕にはちゃんと判っている。そう言うとハリーは自信たっぷりに扉に向かって歩き出しました。フェリックス・フェリシスにはちゃんと判っているんだ。ハリーはマントを頭から被り・・・

階段を下り始めました。ロンとハーマイオニーは急いで後に続きました。階段を下り終わった所でハリーは開いていた扉をすっと通り抜けました。するとそこでロンとハーマイオニーはラベンダー・ブラウンと出くわしました。

「そんな所でその人と何をしてたの?」

ロンとハーマイオニーが男子寮から一緒に現れたのを見てラベンダーはこう問い詰めました。ロンが答えに窮するのを背後に聞きながらハリーは矢のように談話室を横切ってその場から遠ざかったのでした。もうその後は・・・

ハリーはラッキーの連続でした。肖像画の穴を通過する時はジニーにディーン・トーマスとすれ違いました。玄関ホールに着くとフィルチが正面の扉の鍵をかけ忘れていました。さらにハリーは階段を下り切った所で思いました。

ハグリッドの小屋まで野菜畑を通って行くと「どんなに心地いいだろう」と思いつきました。実は寄り道になるのですがハリーにとっては「この気まぐれを行動に移さなければならない」という事が何故かはっきりしていました。

するとそこでスラグホーンに出会いました。スラグホーンは何故かハリーにたやすく説得されてしまいアラゴグの葬儀に参列する事になりました。ハリーが顔を出すとハグリッドは「来てくれたんか」と嗄れ声で言ったのでした。

ロンとハーマイオニーが来れなかった事は「そんな事はええ」の一言で済みました。アラゴグの埋葬が終わった後はハグリッドは酔いつぶれて眠ってしまいハリーはスラグホーンの説得に見事に成功したというわけなんですよね。

こうしてハリーはアラゴグの葬儀を利用してまんまとスラグホーンの記憶を回収する事に成功したというわけなんですよね。

今日の最後に
アラゴグの訃報を知らせる手紙の中でハグリッドはハリーとロンに「お前さんたちはアラゴグに会ったな。だからあいつがどんなに特別な奴だったか判るだろう」と言っています。そして続けてハーマイオニーに対しては・・・

「お前さんもきっとあいつが好きになっただろうに」と言っているんですよね。つまりハグリッドはハリーとロンの2人もアラゴグの事が好きだとそう思っているというわけなんですよね。これはとんでもない勘違いですよね。

確かにハリーとロンはアラゴグに会った事で50年前に死んだ女子生徒が「嘆きのマートル」だという事に気づく事ができました。しかしその事とハリーとロンがアラゴグの事を好きになるかならないかは全くの別問題ですよね。

2年生の時ハリーがバジリスクをやっつけジニーを助けた事の経緯を説明する際にハグリッドはアズカバンに収監されていてハリーの話を直には聞いていませんでした。おそらくダンブルドアにでも後から聞いたんでしょうね。

そのために「ハリーとロンはアラゴグの事をどう思っているのか?」については当人たちとハグリッドの間ではその認識がそれはそれは大きく乖離してしまったというわけです。だから好きなんだと勘違いしてしまったのでした。

凄まじいほどの半端ないギャップですよね。(苦笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.