FC2ブログ
イギリスで30年ぶりにクィディッチ・ワールドカップが行われる事になりハリーも決勝戦を観戦するため2年ぶりに「隠れ穴」に招待されたのでした。さらにホグワーツではとある行事が開催される事が決まっていたのですが魔法省が解禁するまでは機密情報という事で・・・(全3項目)

3-1.夏休み最終日に
ハリー4年生の夏休みにイギリスで30年ぶりにクィディッチ・ワールドカップが開催される事になりハリーも2年ぶりに「隠れ穴」に招待されて決勝戦の観戦に行く事になったのでした。ところがそこで事件が勃発したのでした。

試合終了後に競技場に隣接しているキャンプ場のマグルの管理人のロバーツ一家が死喰い人の残党と思われる集団に宙吊りにされました。挙句の果てにヴォルデモート卿の「闇の印」が打ち上げられるという事件が起きたのです。

アーサー氏は実は休暇中だったのですが自分の事が「日刊予言者新聞」に載り「それ以上の情報提供を拒んだ」と書かれているのを読んで「私が事態を悪くしたようだ」と言って急遽休みを返上して魔法省に出勤して行きました。

それから一週間というものアーサー氏も魔法省に就職したばかりのパーシーもほとんど家にいませんでした。2人とも朝はみんなが起き出す前に家を出て行きました。夜もまた夕食遅くまで帰って来ないと多忙を極めていました。

夏休みの最終日にパーシーが「大騒動だったよ」ともったいぶって話し始めました。一週間ずっと火消し役だったそうです。何でも「吠えメール」が次々と送られて来るので机は焼け焦げだらけに羽根ペンは灰になるわで・・・

ウィーズリーおばさんは部屋の隅にある大きな柱時計をチラリと見ました。ハリーはこの時計が好きでした。時間を知る事はできません。金色の9本の針に家族の名前が彫り込まれていて家族全員がいそうな所が書いてあります。

「家」に「学校」に「仕事」とかその他には「迷子」とか「病院」に「牢獄」もあります。そして普通の時計の一番上の12時の所には「命が危ない」なんて項目もあるのです。今は8本の針が「家」の位置を指していたのでした。

しかしアーサー氏の針はまだ「仕事」を指しています。おばさんは溜め息をつきました。何でもアーサー氏が週末に仕事に行くのはヴォルデモートが全盛だった頃以来の事なんだそうです。おばさんはさらにこう言ったのでした。

「お役所はあの人を働かせ過ぎるわ。早く帰りにならないと夕食が台無しになってしまう」

こうぼやく母親にパーシーは「でも父さんはワールドカップの時のミスを埋め合わせなければと思っているのでしょう?」と言いました。それは本当の事を言うと公の発表をする前に部の上司の許可を取らなければならなかった。

それは「ちょっと軽率だった」と父さんは思っているのでは?そう言うパーシーにおばさんは「あのスキーターみたいな卑劣な女が書いた事でお父様を責めるのはお止め!」と即座にメラメラと怒って言い放ったというわけです。

そんなおばさんにロンとチェスをしていたビルが「父さんが何も言わなかったら。あのリータの事だから魔法省の誰も何もコメントしないのはけしからんとか。どうせそんな事を言ったろうよ」と言ってフォローをしたのでした。

あのリータ・スキーターは誰でもこき下ろすんだそうです。ビルも過去に「長髪のアホ」と呼ばれた事があるのだそうです。でもビルの長髪に関してはリータ・スキーターもウィーズリーおばさんも意見が一致するようで・・・

「ねえお前。確かに長すぎるわよ」

おばさんは優しくこう言ったのでした。

3-2.学期初日に
翌朝目覚めると夏休みが終わったという憂鬱な気分があたり一面に漂っていました。一方アーサー氏は急な仕事が入りキングズ・クロス駅には行けなくなりました。マッド・アイ・ムーディという人物が問題を起こしたようです。

アーサー氏と入れ替わりにビルとチャーリーが台所に入って来ました。そしてビルが「誰かマッド・アイって言った?あの人今度は何をしでかしたんだい?」と訊いたのでした。するとウィーズリーおばさんがこう答えました。

「昨日の夜。誰かが家に押し入ろうとしたってマッド・アイがそう言ったんですって」

するとジョージがトーストにマーマレードを塗りながら「マッド・アイ・ムーディ?」と言うと少し考え込んで「あの変人の」と言うのでウィーズリーおばさんはジョージにこう言って厳しくたしなめたというわけなんですよね。

「お父様はマッド・アイ・ムーディを高く評価してらっしゃるわ」

すると今度はフレッドがおばさんが部屋を出て行った隙に「ああ。うん。パパは電気のプラグなんか集めてるしな。そうだろ?」と声を潜めて言ったのでした。つまりマッド・アイ・ムーディと父さんは似た者同士だと言うのです。

ビルによれば「往年のムーディは偉大な魔法使いだった」との事なんだそうです。するとチャーリーが「確かダンブルドアとは旧知の仲だったんじゃないか?」と言いました。でもダンブルドアもまともな口じゃないだろう?

そりゃダンブルドアは確かに天才さ。だけど「まともじゃない。やっぱり変人だ」という点ではアーサー氏もマッド・アイ・ムーディもダンブルドアも共通している。それが息子たちの一致した意見と認識という事のようですね。

その名前は初耳のハリーが「マッド・アイって誰?」と訊くとチャーリーが答えてくれました。昔は魔法省にいたけど今は引退しているのだそうです。チャーリーはアーサー氏の仕事場に行った時に一度だけ会ったんだそうです。

かなり仕事のできる「闇祓い」だったとの事でした。ハリーがポカンとしているのでチャーリーは「闇の魔法使い捕獲人の事だけど」と付け加えたのでした。ムーディのお陰でアズカバンの独房の半分は埋まったのだそうです。

その代わり逮捕された奴の家族とかが主だが敵もわんさといるんだそうです。それに歳を取ってからはひどい被害妄想に取り憑かれるようになったそうです。あらゆる所に闇の魔法使いの姿が見え誰も信じなくなってしまった。

ビルとチャーリーはまだ休暇中なのでみんなをキングズ・クロス駅まで見送る事に決めたのだそうです。しかしパーシーだけは「今の時期にこれ以上休みを取るなんて僕にはどうしてもできない」とくどくどと謝ったのでした。

そしてウィーズリーおばさんは勇敢にも村の郵便局から電話をかけロンドンに向かうのにマグルのタクシーを3台呼ぶという芸当をやってのけたのでした。タクシーの運転手たちが6個のトランクを載せるのを眺めながら・・・

「アーサーが魔法省から車を借りるよう努力したんだけど」

おばさんがハリーにこう耳打ちをしました。ところが1台も余裕がなかったんだそうです。そして重いトランクをフーフー言って載せているマグルのタクシーの運転手を見てウィーズリーおばさんはこう感想を漏らしていました。

「あらまああの人たち何だかうれしそうじゃないわねぇ」

ハリーはおばさんに理由を言う気にはなれませんでした。マグルのタクシー運転手は興奮状態のふくろうを運ぶ事なんて滅多にない。さらにフレッドのトランクが開いて「ドクター・フィリバスターの長々花火」が炸裂し・・・

クルックシャンクスが爪を立てて運転手の足を引っ掻いたため運んでいた運転手は驚くやら痛いやらで悲鳴を上げていたのでした。タクシーの座席にトランクと一緒にぎゅうぎゅう詰めだったため快適な旅とは言えませんでした。

そんな事だったのでキングズ・クロス駅でタクシーから降りた時には雨でビショ濡れだったのにも関わらず一同はホッとしていました。やはりあの中古のフォード・アングリアを失った痛手は大きかったというわけなんですよね。

3-3.昇進しない理由は?
列車にトランクを載せホームに戻るとチャーリーが「僕みんなが考えてるより早くまた会えるかもしれないよ」と言うのです。フレッドが「どうして?」と訊くと自分がそう言っていた事はパーシーには内緒だとそう言うのです。

何しろこれは「魔法省が解禁するまでは機密情報」なんだそうです。するとどうやらビルも知っているみたいで「今年はホグワーツに戻りたい気分だ。面白くなる。いっそ休暇でも取って見物に行くか」とまで言ったのでした。

さらにはおばさんまでもが「多分今晩判る」とか「とっても面白くなるわ」とか「規則が変わって本当によかった」などと言うのです。おばさんはただ笑うばかりで列車がカーブを曲がる前に「姿くらまし」してしまいました。

ハリーたち3人はコンパートメントに戻ると早速その話を始めました。ワールドカップの時にも魔法ゲーム・スポーツ部の部長のルード・バグマン氏が話したがっていた。でも母親でさえ言わないその事って一体何なんだろう?

ところが腹の立つ事にドラコ・マルフォイも知っているようでした。エントリーするのか?頑張って少しは家名を上げてみるか?賞金もかかっているから勝てば少しはましなローブが買えるなどとマルフォイはそう言うのです。

マルフォイはその青白い顔に得意げな笑みを浮かべて「まさか君たちは知らないとでも?」と言うのです。父親も兄貴も魔法省にいるというのに驚いたとまで言うのです。マルフォイの父親は魔法大臣から聞いたのだそうです。

まあ父上はいつも魔法省の高官と付き合ってるし多分君の父親のアーサー氏は下っ端だから知らないのかもしれないとマルフォイは言うのです。おそらく君の父親の前では重要事項は話さないのだろう。最後にこう言うと・・・

マルフォイは高笑いをしてコンパートメントを出て行きました。ロンは歯噛みして「奴は何でも知ってて僕たちは何にも知らないってそう思わせてくれるじゃないか」と言ったのでした。そしてその次にはこう言ったのでした。

「父上はいつも魔法省の高官と付き合っているし。パパなんかいつでも昇進できるのに今の仕事が気に入ってるだけなんだ」

こう言うロンにハーマイオニーは「その通りだわ。マルフォイなんかの挑発に乗っちゃ駄目よ」と言いました。そう言われてロンは「あいつが!僕を挑発?へへんだ!」と言ったものの列車を降りるまで機嫌は直りませんでした。

今日の最後に
チャーリーの言う機密情報というのはもちろん三大魔法学校対抗試合がホグワーツで開催されるという事です。チャーリーの所には「対抗試合でドラゴンを使うので貸して欲しい」と依頼があったから知っていたというわけです。

でもウィーズリーおばさんが言ってた「規則が変わって本当によかった」という「代表選手は17才以上」というのの情報元は当然アーサー氏でしょう。つまりアーサー氏は奥さんには事前に漏らしていたというわけなんですよね。

しかしドラコ・マルフォイはその年齢制限の事は知らなかったようです。だってロンとハリーに「エントリーするのか?」なんて訊いていますからね。つまりドラコは父親から開催されるという事だけを聞いていたんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1765-62db7a3f