FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ヴォルデモートの分霊箱の最後の隠し場所はホグワーツだった!そういう事情でハリーとしては必要に迫られてホグワーツ入りをしました。しかしそれを知らない他の人たちにとっては全く違う意味合いを持ったというわけです。つまりそれは「ついに雌雄を決する時が来た!」という事になるのです。(全3項目)

3-1.ついに雌雄を決する時が来た!
「ポッターウオッチ」を聞き終えた後ハリーたちは途切れる事のない緊張に身を投じて行きました。ハリーが禁句の「ヴォルデモート」を口走ってしまったために様々な事が怒涛のように3人に襲いかかって来る事になりました。

ハリーたちは狼人間のフェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に捕まってディーン・トーマスと小鬼のグリップフックと共にマルフォイの館に連れて行かれました。ハリーたちはマルフォイの館を何とか脱出しました。

しかしその事と引き換えに屋敷しもべ妖精のドビーと思ってもみなかった形でピーター・ペティグリューことワームテールを死なせる事になってしまいました。しかしその代わりとして1つの事実が判明する事になったのでした。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫にヴォルデモートの分霊箱が隠されている。さらに金庫破りをしてヘルガ・ハッフルパフの金のカップを手に入れた事でさらなる事実をハリーたちは知る事ができたというわけなんですよね。

分霊箱の最後の隠し場所はホグワーツだ!ただ行くだけじゃ駄目よ。何の計画もないじゃないの。そう言って反対するハーマイオニーにハリーは「僕たちに必要なのは進む事だ」と言って3人はホグズミード村に行ったのでした。

指輪とロケットがなくなっている事に気づいたら?ホグワーツの分霊箱はもう安全ではないと考えて他の所に移してしまったら?しかし3人がホグズミード村に到着してみると案の定という感じで死喰い人が待ち構えていました。

しかしアバーフォース・ダンブルドアが助けてくれました。3人はホッグズ・ヘッドから新たにできた秘密の抜け穴を通りホグワーツに入る事ができました。そしてそれはハリーとルーナが「必要の部屋」に戻って来た時でした。

その可能性は低いもののヴォルデモートの分霊箱はレイブンクローの失われた髪飾りかもしれない。寮の談話室に行けば再現されたその髪飾りが見られる。そこでハリーがルーナと一緒に見に行き「必要の部屋」に戻ると・・・

部屋の中が見えたその途端にハリーは驚いて階段を数段踏み外しました。満員だ。部屋を出た時よりさらに混み合っていました。そこで一番に目に入ったのがリーマス・ルーピンとキングズリー・シャックルボルトだったのです。

ついにその時がやって来たというわけです。

3-2.その場を取り仕切っていたのは?
ハリーが「必要の部屋」に戻って来るとそれと入れ替わるように戦いに馳せ参じた人たちが部屋を出て行きました。ところがそこに何故かロンとハーマイオニーの姿がありません。するとアーサー氏がハリーにこう言ったのでした。

「もう大広間に行ったに違いない」

こう言うアーサー氏にハリーが「来る途中で2人に出会わなかったけど」と言うとジニーが「2人はトイレがどうとか言ってたわ」と言うのです。それはハリーがルーナと一緒に部屋を出て行って間もなくの事だったんだそうです。

しかしハリーが「必要の部屋」から外に向かって開いている扉まで急いで歩きトイレの中を確かめましたが誰もいません。そこでハリーは「やはり2人はウィーズリーおじさんの言う通り大広間に行ったのか?」と思って・・・

大広間に来るとマクゴナガル先生が集まった生徒たちに避難の指示をしていました。マクゴナガル先生は奥の一段高い檀上で話しています。背後にはケンタウルスのフィレンツェや先生方に不死鳥の騎士団のメンバーがいました。

「城の周りには既に防御が施されています。しかし補強しない限りあまり長くは持ち堪えられそうにもありません。ですから皆さん迅速かつ静かに移動するように。そして監督生の言う通りに」

マクゴナガル先生の最後の言葉は大広間中に響き渡るヴォルデモートの声に掻き消されてしまったのでした。ヴォルデモートは「お前たちが戦う準備をしているのは判っている」と呼びかけた後さらにこう警告して来たのでした。

何をしようが無駄な事だ。俺様には敵わぬ。しかしその一方でヴォルデモートは自分はホグワーツの教師に多大な尊敬を払っている。魔法族の血を流したくない。ハリー・ポッターを差し出せば誰も傷つけはしないと言うのです。

「あそこにいるじゃない!ポッターはあそこよ!誰かポッターを捕まえて!」

ヴォルデモートは「午前0時まで待ってやる」と言いました。するとスリザリンのテーブルからパンジー・パーキンソンが立ち上がり震える腕を上げてこう叫びました。しかしハリーが反論するより早く周囲がどっと動きました。

ハリーの前のグリフィンドール生が全員ハリーに背を向けて立ち上がると杖を抜いてパンジー・パーキンソンに対峙しました。その次にハッフルパフ生が立ちレイブンクロー生もほとんど同時に立ち上がって同じ事をしました。

ハリーは感激して厳粛な思いに打たれました。それを受けてマクゴナガル先生がきっぱりと「どうもミス・パーキンソン。あなたはフィルチさんと一緒にこの大広間から最初に出て行きなさい」と言ったというわけなんですよね。

ハリーはグリフィンドールのテーブルの所にいるウィーズリー一家に急いで近づき「ロンとハーマイオニーは?」と訊きました。するとアーサー氏が「見つからなかったのか?」と言って心配そうな顔をしました。しかし・・・

アーサー氏の言葉はそこで途切れました。キングズリーが檀上に進み出て戦うために残った生徒たちに説明を始めたからでした。いよいよこれから戦いになるというこの時にその場を取り仕切っていたのはキングズリーでした。

「午前0時まであと30分しかない。素早く行動せねばならない!ホグワーツの教授陣と不死鳥の騎士団との間で戦略の合意ができている」

キングズリーの説明によればフリットウィック先生とスプラウト先生それにマクゴナガル先生は戦う者たちのグループを最も高い3つの塔に連れて行く。それはレイブンクローの塔に天文台にグリフィンドールの塔との事でした。

そこは見通しがよく呪文をかけるには最高の場所なんだそうです。その一方ルーピンにアーサー氏そして自分つまりキングズリーの3人は幾つかのグループを連れて校庭に出る。そして最後にキングズリーはこう言ったのでした。

「さらに外への抜け道だが学校側の入口の防衛を組織する人間が必要だ」

「よしリーダーたちはここに集まってくれ。軍隊を分ける!」

3-3.戦いの結果は?
こうして始まった雌雄を決するホグワーツの戦いだったのですが当初ホグワーツの防衛隊は苦戦を強いられる事になり多数の死傷者を出す事となりました。しかし1時間の休憩後に再開された戦いでは大きく流れが変わりました。

ハリー・ポッターを亡き者にすればホグワーツの防衛隊の士気は著しく低下し勝利は我が手に簡単に転がり込んで来る。こう考えたヴォルデモートの思惑はものの見事に外れてしまいました。さらにもう1つの誤算がありました。

ハリーは死んではいませんでした。ハグリッドの異父兄弟のグロウプにケンタウルス。セストラルにヒッポグリフのバックビーク。ホグワーツに残って戦っていた生徒の家族や友人。ホグズミードに店や家を構える魔法使いたち。

さらにはクリーチャー率いるホグワーツの屋敷しもべ妖精たちまでも参戦して圧倒的な数に押されて死喰い人は総崩れ状態でした。最後はハリーがヴォルデモートに勝利してホグワーツの戦いは終結したというわけなんですよね。

ゆっくりとホグワーツに太陽が昇りました。そして大広間は生命と光で輝きました。陽が昇るにつれ四方八方からいつのまにか報せが入って来ました。国中で「服従の呪文」にかけられていた人々が魔法が解けて我に返った事。

死喰い人が逃亡をしたり捕まったりしている事。アズカバンに収監されていた無実の人々が今この瞬間に解放されている事。そしてキングズリー・シャックルボルトは魔法省の暫定大臣に指名されるという報せも入って来ました。

最後に
キングズリー・シャックルボルトが不死鳥の騎士団の先発護衛隊の1人としてハリーを迎えに初めてプリベット通り4番地を訪れた時。ニンファドーラ・トンクスはキングズリーは私より少し地位が高いと言っていたんですよね。

このシリーズの最初の記事で紹介しました。さらにハリーがアーサー氏に連れられ魔法省に赴いた際に闇祓い本部内のキングズリーの小部屋は一番奥にありキングズリーが局長に次ぐ地位だという事をそれとなく示していました。

通常魔法省では引退やその他の理由や事情で魔法大臣が退任すると魔法法執行部の部長が魔法大臣に昇格する事になっています。それができない場合には闇祓い局のトップの局長が魔法大臣に昇格する事になっているんですよね。

そしてどうやらそれ以下の肩書のない人の場合にはダイレクトには魔法大臣にはなれないようですね。そのためキングズリー・シャックルボルトはまずは暫定の魔法大臣になり正式には就任できなかったというわけなんですよね。

しかしこの後キングズリーは正式に魔法大臣に就任したんでしょうね。

コメント

いつも興味深く読ませていただいております。
筆者様はキングズリーの年齢はいくつくらいだと思われますか?
私はジェームズたちより2、3才上と考えております。
よければ根拠も教えていただけましたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2015.08.19  ykkch  編集

ほぼ同意見です。

ykkchさん初めまして!ですよね?コメントありがとうございました!

第5巻「不死鳥の騎士団」の第3章で先発護衛隊の1人としてプリベット通り4番地に来たキングズリー・シャックルボルトはハリーを見てジェームズに生き写しだと言っているので生前にハリーのお父さんと面識があるようです。

したがって私もキングズリーはハリーのお父さんやシリウスにルーピンと同じ時期にホグワーツにいたと思いますね。だから年が近い。年齢はあまり変わらないと私もそう思います。

ですからほぼykkchさんと同意見という事になるとそう思います。(笑)

2015.08.20  トキメキぼーい  編集

お返事ありがとうございます。
やはり年が近いですよね。
私もジェームズに生き写しという発言と、第一期騎士団にキングズリーは所属していなかったことから、ジェームズとキングズリーはホグワーツでお互いを知ったのではと予測しました。
また、その後キングズリーが魔法大臣になっていることから、ジェームズたちより年が下だとあまりにも若すぎる大臣だと思ったので上かなと思いました(笑)
トキメキぼーい様は、キングズリーがジェームズたちより上か下、どちらだと思われますか?
先日ネットでキングズリーはジェームズとハリーの中間世代という意見を拝見したので、気になってしまいました(笑)

2015.08.20  ykkch  編集

若くてもなれるようです。

ykkchさんコメントありがとうございました。

いただいたコメントに返事をするのは当たり前の事なのでいちいちお礼を言う必要はありません。

キングズリーがハリーのお父さんよりも年上なのか?もしそうだとすると何歳年上なのかについては何とも言えないと私はそう思いますね。

第6巻「謎のプリンス」の第26章でホラス・スラグホーンはトム・リドルに君はこれから20年の内に魔法大臣になれる。魔法省には素晴らしいコネがあるので自分に好物のパイナップルを送り続けたら15年だと言っています。

つまり「コネ」さえあれば魔法省に入ってから15年つまり32才で魔法大臣になれるという事になります。したがって魔法大臣というのは決して若いからなれないという地位ではないみたいなんですよね。

そういう事なんです。

2015.08.21  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.