FC2ブログ
三大魔法学校対抗試合の優勝杯は「移動キー」になっていました。そして行った先でセドリック・ディゴリーは殺害されハリーはヴォルデモート卿復活の目撃者になりました。そして命からがら戻って来た学校でハリーはウィンキーと共に全ての事の真相を知ったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.スネイプに連れられて
何ゆえクラウチ氏は魔法省にも出勤せず三大魔法学校対抗試合にも顔を出さなくなってしまったのか?ところが「第3の課題」の一カ月前にクラウチ氏がホグワーツに忽然と姿を現わし再び消え去るという出来事が起きたのです。

一体何が起ったのか?何があったのか?しかしこれはヴォルデモート卿が復活するための布石でしかありませんでした。最後の課題の当日にハリーがセドリック・ディゴリーと共に掴んだ優勝杯は「移動キー」になっていました。

2人は見知らぬ墓地に連れて来られました。そしてセドリックは殺害されハリーはそこでヴォルデモート卿が復活する所を見たのです。そしてヴォルデモートと戦い命からがらホグワーツへと何とか戻って来る事ができました。

今夜一晩でもうどんな目に遭ったのか。この子は医務室に行くべきだと訴えるマクゴナガル先生にダンブルドアは「その子はここに留まるのじゃ。ハリーに納得させる必要がある」ときっぱりと言ったというわけなんですよね。

納得してこそ初めて受け入れられる。受け入れてこそ初めて回復がある。この子は知らなければならん。今夜自分をこのような苦しい目に遭わせたのが一体何者で何故なのかを知らなければならないとダンブルドアは言うのです。

そしてダンブルドアはセブルス・スネイプに持っている中で一番強力な「真実薬」を持って来て欲しい。それから厨房に行きウィンキーという屋敷妖精を連れて来るようにと言い渡しました。スネイプはすぐに部屋を出て・・・

ウィンキーを連れて戻って来ました。マッド・アイ・ムーディは偽者でした。ポリジュース薬で成り済ましていたのです。ウィンキーが来た時には偽ムーディは元の姿に戻っていました。マクゴナガル先生も驚愕していました。

そこにいたのがアズカバンで死んだはずのバーテミウス・クラウチ・ジュニアだったからです。

3-2.事の真相、その1
「バーティ様。バーティ様。こんな所で何を?」ウィンキーは飛び出してクラウチ・ジュニアの胸にすがりました。あなたたちはこの人を殺害してしまったと訴えるウィンキーにダンブルドアはこう答えたというわけなんですよね。

「失神術にかかっているだけじゃウィンキー。どいておくれ」

そしてダンブルドアはスネイプに「セブルス。薬は持っておるか?」と言いました。言われたスネイプはダンブルドアに澄み切った透明な液体の入った小さなガラス瓶を渡しました。クラウチ・ジュニアの口をこじ開けて・・・

ダンブルドアは真実薬を3滴流し込みました。それから杖をクラウチ・ジュニアの胸に向けて「リナベイト!蘇生せよ!」と唱えました。目を開けたクラウチ・ジュニアにダンブルドアは「聞こえるかね?」と優しく訊きました。

クラウチ・ジュニアは「はい」と呟きました。こうしてクラウチ・ジュニアはハリーにダンブルドアとウィンキーそれにスネイプとマクゴナガル先生の前で「何故自分はここに来るに至ったのか?」の詳細を話し始めたのでした。

母が助けてくれた。母は自分がまもなく死ぬ事を知っていた。母の最期の願いとして息子をアズカバンから救出するように父を説き伏せた。息子の救出にもポリジュース薬が使われたのだそうです。2人の姿を入れ替えたのです。

吸魂鬼は目が見えない。クラウチ氏は囚人の誰かが独房の戸の隙間から見ている場合の事を考えてポリジュース薬を使い息子を母の姿に変えて連れ出したんだそうです。その後クラウチ氏は妻の死を装った葬式を執り行いました。

ウィンキーの世話で息子は健康を取り戻しました。それから息子は隠され管理されなければなりませんでした。息子は元気を取り戻した時ヴォルデモート卿を探し出す事しか考えませんでした。そこでクラウチ氏がした事とは?

息子に「服従の呪文」をかける事でした。昼も夜も無理やり「透明マント」を着せる事でした。息子はいつもウィンキーと一緒でした。ウィンキーが息子を監視し同時に世話もしました。ウィンキーはそんな息子を哀れみました。

おとなしくしていたらその褒美として時々は気晴らしをさせるようにとウィンキーが父を説き伏せました。するとやがてイギリスでクィディッチ・ワールドカップが開催される事になりました。息子はクィディッチが好きでした。

ウィンキーが何カ月もかけて父を説得しました。ウィンキーが行かせてやってくれと頼みました。観戦する時には「透明マント」を着せるから。もう一度新鮮な空気を吸わせてやってくれと。お母さまもきっとそれをお望みです。

お母さまは息子を自由にするために死んだのだとウィンキーは言いました。お母さまが坊ちゃまを救ったのは生涯幽閉の身にするためではありませんとウィンキーは言いました。そこまで言われてクラウチ氏はついに折れました。

そこでクラウチ氏とウィンキーが取った手段とは?

3-3.事の真相、その2
計画は慎重でした。クラウチ氏は息子とウィンキーをまだ早い内に貴賓席へと連れて行きました。ウィンキーがクラウチ氏の席を取っているという口実でした。息子は「透明マント」を着てウィンキーの隣の席に腰掛けました。

他の人たちがいなくなってから2人は退席すればいい。ウィンキーは1人で座っているように見える。誰も気づかないだろう。しかしウィンキーはクラウチ氏がかけた「服従の呪文」を息子が破り始めている事を知りませんでした。

時々ほとんど自分自身に戻る事がありました。短い間なら完全に解けてしまう事すらありました。それがちょうど貴賓席にいる時に起ったのです。深い眠りから醒めたような感じです。その時息子はハリーの杖を盗んだのでした。

ウィンキーは知りませんでした。ウィンキーは高所恐怖症だったため手で顔を隠していたからです。そして息子とウィンキーはテントに戻りました。その時の事でした。死喰い人の残党たちがマグルの一家を宙吊りにしたのです。

アズカバンに入った事がない連中だ。あの方に背を向けた奴らだ。あの方のために苦しんだ事がない奴らだ。あいつらは自分のように繋がれてなどいない。奴らは自由にあの方をお探ししようと思えばできたのにそうしなかった。

クラウチ氏はテントにいませんでした。マグルを助けに行っていたからです。ウィンキーは息子が怒っているのを見て心配しました。ウィンキーは自分なりの魔法を使い息子を自分の体に縛り付けました。そしてそこから・・・

ウィンキーは息子をテントから連れ出し死喰い人から遠ざけようと森へ引っ張って行きました。息子はウィンキーを引き止めようとしました。ちょうどその時にハリーたち3人がテントを飛び出すウィンキーを見たんでしょうね。

息子はキャンプ場に戻りたいと思いました。騒ぎを起こした連中に闇の帝王への忠義とは何かを見せつけたいと思いました。そして不忠者を罰したいと思いました。そこで息子は盗んだハリーの杖で「闇の印」を打ち上げました。

息子とウィンキーが2人揃って失神させられウィンキーが見つかった時。クラウチ氏は息子は必ずそばにいると知っていました。ウィンキーが見つかった灌木の中を探しクラウチ氏は息子が倒れているのを触って確かめました。

クラウチ氏は魔法省の役人たちが森からいなくなるのを待って息子に「服従の呪文」をかけ家に連れ帰りました。さらにクラウチ氏はその場でウィンキーを解雇しました。そしてウィンキーはホグワーツで働く事になったのです。

そしてその直後の事でした。ヴォルデモート卿がやって来たのです。ヴォルデモートはアルバニアの森でバーサ・ジョーキンズと出会い色々と聞き出しました。三大魔法学校対抗試合が行われる事。マッド・アイ・ムーディの事。

ホグワーツに「闇の魔術に対する防衛術」の教師として赴くマッド・アイ・ムーディに成り済ましハリー・ポッターを対抗試合の代表選手にして必ず優勝させるよう誘導する。優勝杯は息子があらかじめ「移動キー」にしておく。

そしてヴォルデモートはハリーの血を使って復活する。父親のクラウチ氏はヴォルデモートに「服従の呪文」をかけられ操られていました。しかし息子と同様クラウチ氏もまた「服従の呪文」を破るようになってしまったのです。

そこでクラウチ氏に手紙を書かせた。しかしクラウチ氏は逃げ出しました。そしてホグワーツに駆け込んで来た時にハリーに遭遇したというわけです。そのクラウチ氏をマッド・アイに成り済ましていた息子が殺害したのでした。

クラウチ・ジュニアが話し終えた時。その傍らでは息子が父親を殺害したというあまりに惨い話を聞かされたウィンキーが泣いていたのでした。

最後に
「藪を突いて蛇を出す」又は「寝た子を起こす」とはまさにこれでウィンキーがクラウチ氏に息子をクィディッチ・ワールドカップに行かせてやってくれと言った事で実は息子が死喰い人だったという事が露見してしまいました。

しかしこれはクラウチ氏にとってでウィンキーはむしろ息子が死喰い人だったという事が判明して解雇されたお陰で生き延びる事ができたと私はそう思いますね。もしウィンキーが解雇されずにクラウチ家に残っていたら・・・

ヴォルデモート卿の身の周りの世話や食事の準備をさせられたり挙句の果てには殺害されていたかもしれません。つまりウィンキーが息子しいては人を思いやるその気持ちが幸いしてウィンキーは生き永らえる事ができたのです。

人に親切はやっておくものというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1787-53086336