FC2ブログ
フレッドもジョージもさらにはハーマイオニーにとってもロンの監督生就任はあまりに意外で予想外でその驚きは極地に達しているといった面持ちでした。そして当然母親のウィーズリーおばさんも全くのノーマークでチラリと考えた事すらなかったようです。そのためにそれを知った時には・・・(全3項目)

3-1.大喜びのウィーズリーおばさん
監督生に選ばれたのはハリーではなくてロンだった!それを知って驚きと戸惑いを隠せないハーマイオニーだったのですが、するとそこに洗濯物を山のように抱えたウィーズリーおばさんが入って来て一同にこう言ったのでした。

「ジニーが教科書リストがやっと届いたって言ってたわ」

それから「みんな封筒を私にちょうだい。午後からダイアゴン横丁に行ってみんなが荷造りしている間に教科書を買って来てあげましょう」と言ったのでした。それからおばさんはロンにはこう言ったというわけなんですよね。

「あなたのパジャマも買わなきゃ。全部20センチ近く短くなっちゃって。お前ったら何て背が伸びるのが早いの。どんな色がいい?」

するとジョージがニヤニヤしながら「赤と金にすればいい。バッジに似合う」と言いました。それを聞いておばさんは「何に似合うって?」と気にも止めずに訊き返しました。当然おばさんも全く予想だにしていなかったのです。

「バッジだよ。新品ピッカピカの素敵な監督生バッジさ」

嫌な事は早く済ませてしまおうという雰囲気でフレッドがこう言いました。パジャマの事で頭が一杯だったのでおばさんはフレッドの言葉の内容を理解するのに少々の時間を要しました。ロンが監督生バッジを掲げると・・・

「信じられない!信じられないわ!ああロン。何て素晴らしい!監督生!これで子供たち全員だわ!」

おばさんはジョージを押し退けてロンを抱き締めました。ジョージは母親が「子供たち全員だわ!」と言ったので「俺とフレッドは何なんだよ。お隣さんかい?」とふて腐れて言いました。しかしおばさんは一切構わずに・・・

お父さまがお聞きになったら!母さんは鼻が高いわ。何て素敵な知らせなんでしょう。お前もビルやパーシーのように首席になるかもしれないわ。こんな心配事だらけの時に何ていい事が!おばさんはうれしいと言ったのでした。

そしておばさんはロンに・・・

3-2.監督生の就任祝いは?
おばさんの後ろでフレッドとジョージが吐く真似をしていましたがおばさんは全く気づかずロンの首にしっかり両腕を回して顔中にキスをしていました。ロンはさらに真っ赤になって「止めて。落ち着いてよ」と言っていました。

おばさんはようやくロンを放すと息を弾ませて「さあ何にしましょう?パーシーにはふくろうをあげたわ。でもお前はもう一羽持ってるしね」と言いました。ロンは我が耳を疑うという感じて「何のこと?」と訊いたのでした。

それは監督生になったんだから「ご褒美をあげなくちゃ!」とおばさんは言うのです。そこで「素敵な新しいドレス・ローブなんかどうかしら?」と言うとフレッドが無念さを滲ませ「僕たちがもう買ってやっよ」と言いました。

それじゃ新しい大鍋かな?今のロンの大鍋はチャーリーのお古で錆びて穴が空いて来ているんだそうです。それかロンはスキャバーズの事を可愛がっていたので新しいネズミなんかどうだろうとおばさんが色々言ってると・・・

「新しい箒。駄目?」

ロンがこう言うとおばさんの顔が少し曇りました。箒は高価なのです。そこでロンが「そんなに高価じゃなくていい!」と急いで付け足しました。ロンは何もかも兄たちのお古ばかりなので一度ぐらい新品が欲しいと言うのです。

おばさんはちょっと迷っていましたが笑顔を見せました。そして「もちろんいいですとも」と言ってくれました。箒も買うのなら早く行かなくっちゃとおばさんは言いました。何せロンが監督生になったんだからというわけです。

おばさんはもうとにかくうれしくて堪らなくて最後に「どうしていいやら!」と言うとロンの頬にキスして興奮して部屋を出て行きました。その後フレッドとジョージの2人は嫌味のオンパレードだったというわけなんですよね。

3-3.新品の箒
フレッドとジョージが「姿くらまし」して行った後ハーマイオニーはロンに妬っかんでるだけなんだから、あの2人の事は気にしない事よと言うとロンは違うよという顔をしながら「そうじゃないと思うな」と言ったのでした。

フレッドとジョージは監督生になるのはアホだといつも言ってた。そう言いながらロンはうれしそうでした。それは「あの2人は新しい箒を持った事なんかないんだから!」とロンは言うのです。ニンバスは絶対買えないだろう。

ママと一緒に行って選べるといいのに。けど新型のクリーンスイープが出てるんだ。あれだといいな。するとロンはママの所に行ってクリーンスイープがいいって言って来る。知らせると言って部屋を飛び出して行ったのでした。

「ちょうど間に合った!できればクリーンスイープを買うってさ」

扉が開くとロンは弾むように入って来てうれしそうにこう言いました。ハリーが「かっこいい」と言った後さらに「おめでとっ」と言うとロンの顔から笑いが消えて「僕だなんて考えた事なかった!」と首を振り振り言いました。

僕は君だと思ってた!ロンがこう言うとハリーは「僕はあんまり色々トラブルを起こし過ぎた」と先程フレッドが自分に言った言葉を繰り返したのでした。そしてこの後ハリーとロンは荷造りを始めたというわけなんですよね。

こうして荷造りをしている間にもハリーはロンが監督生バッジを持ってそわそわしている事に気づきました。最初は自分のベッド脇のテーブルの上に置きジーンズのポケットに入れたり取り出して畳んだローブの上に置きました。

フレッドとジョージがやって来て「永久粘着術」でバッジを額に貼り付けてやろうかと言って来ました。するとロンはバッジを栗色の靴下にそっと包んでトランクに入れ鍵を掛けました。こうしてやっと置き場が落ち着きました。

ウィーズリーおばさんは6時頃に教科書をどっさり抱えてダイアゴン横丁から帰って来ました。厚い渋紙に包まれた長い包みをロンは「待ち切れない!」とばかりに呻き声を上げて奪い取りました。そんなロンに対して・・・

「今は包みを開けないで。みんなが夕食に来ますからね。さあ下に来てちょうだい」

おばさんはロンにこう言いました。しかしおばさんの姿が見えなくなるとロンは即座に夢中で包み紙を破って満面に恍惚の表情を浮かべながら買って来たばかりの新品の箒を隅から隅までまるで舐めるように眺めていたのでした。

ロンにとってはそれほどまでにまさに待望の新品の箒だったというわけなんですよね。

今日の最後に
フレッドとジョージの2人は「ハリーが本命だと思ってた」と言うし監督生バッジを持っているハリーを見てハーマイオニーも「そうだと思った!」と言うし母親のウィーズリーおばさんに至っては大喜びの大はしゃぎでした。

そのぐらいロンの監督生就任は極めて意外でまさにサプライズ人選でした。フレッドとジョージが「ハリーが監督生になる」と予想をしたのは昨日の記事でも触れたように「三大魔法学校対抗試合に優勝した」という事でした。

これも昨日の記事で言ったようにハリーが優勝する事ができたのはポリジュース薬でマッド・アイに成り済ましたクラウチ・ジュニアの誘導があったればこそでした。でもフレッドとジョージはその事を知らないんでしょうね。

ハリーは帰りのホグワーツ特急でロンとハーマイオニーの2人にはこの事を話したでしょう。でも他の人には話していない。ロンとハーマイオニーもまた同様に「あまりべらべらと吹聴しないほうがいい」と思って遠慮をした。

したがってハリーたち3人以外に「マッド・アイが実はクラウチ・ジュニアだった」という事実を知っているのは結構少ないのでは?という気が私はしますね。もちろん当のマッド・アイ・ムーディ自身は知っていますけどね。

だからみんな「ハリーが監督生になるだろう」と思ったというわけです。ハーマイオニーがそう思ったのはハリーが課題をクリアするために「それはとても頑張っていた」というのを目の前で見て来た思い入れがそう思わせた。

だからだと私は思いますね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1789-6f0befac