FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

母親のウィーズリーおばさん同様ハーマイオニーもまた「フレッドとジョージに悪戯専門店の経営はふさわしくない」と考えていました。そのため2人が新たに開発を始めた「ずる休みスナックボックス」を巡って学期早々から激しい攻防が繰り広げられたのでした。(全3項目)

3-1.今更ながらハリーが思った事
学期最終日にホグワーツ特急がキングズ・クロス駅に到着した時ハリーは三大魔法学校対抗試合の優勝賞金一千ガリオンを悪戯専門店の開業資金としてフレッドとジョージに提供しました。しかしそれから知ってしまったのです。

それはヴォルデモート卿が復活したというハリーとダンブルドアの主張の真偽を巡ってウィーズリー夫妻とパーシーが仲違いをしてしまったという事実でした。ウィーズリー夫妻はいずれは2人の悪戯専門店の事を知ってしまう。

その時にはフレッドとジョージが「どうやって開業資金を手に入れたのか?」を知ろうとするだろう。あの時ハリーは対抗試合の優勝賞金を2人に提供するのがとても単純な事に思えました。でもパーシーの二の舞になったら?

フレッドとジョージに手を貸し母親のウィーズリーおばさんがふさわしくないと思っているその仕事を始めさせたのが自分だと判ったら?それでもおばさんは前と同様に変わる事なく自分を息子同然と思ってくれるのだろうか?

そう思うとハリーは少し後ろめたい思いが胸をよぎりました。胃の腑に罪悪感の重みがのしかかって来ました。さらにここでもう1つ付け加えるとすればハリーはロンとハーマイオニーにもこの事を打ち明けていなかったのです。

何故ロンとハーマイオニーにすら秘密にしているのか?それは当然「ロンはともかくハーマイオニーがそれを知ったらどういう反応を示すだろう?」というのがハリーは心配だったでしょう。おそらく良い反応は示さないだろう。

「何という事をしてくれたの!」と怒るかもしれない。激しく責め立てられるかもしれない。ハーマイオニーもまたこの2人の悪戯専門店の開業については母親のウィーズリーおばさんと同意見で否定的な見解のようですからね。

そしてハリーのその懸念は的中したというわけなんですよね。

3-2.開業資金を手に入れた?
母親のウィーズリーおばさん同様ハーマイオニーもフレッドとジョージに悪戯専門店の経営はふさわしくないと考えています。そのため寮の掲示板に2人が貼った「実験台求む」の広告は見つけ次第即座に剥がしてしまいました。

「ところでずる休みスナックボックスの事だけど実験台求むの広告をグリフィンドールの掲示板に出す事はできないわよ」

ハーマイオニーにフレッドとジョージの戦いの火ぶたは学期初日から一夜明けて今日から授業が始まるという日の朝にハーマイオニーのこの一言で早々に開始されました。ジョージが唖然として「誰が言った?」と訊くと・・・

ハーマイオニーは「私が言いました。それにロンが」と答えました。しかしロンは即座に「僕は抜かして」と言ってさっさと引き下がってしまいました。ハーマイオニーはロンを睨みつけましたがそんな2人の様子を見て・・・

「君もそのうち調子が変わって来るぜ。ハーマイオニー」

さらにフレッドは「5年目が始まる。まもなく君はスナックボックスをくれと僕たちに泣きつくであろう」とそう言うのです。そこでハーマイオニーが「何故5年目がずる休みスナックボックスなんでしょう?」と訊くと・・・

5年目は「O.W.L」つまり「普通魔法使いレベル試験」の年である。それで君たちには試験が控えている。教師たちは君たちを徹底的にしごきまくるので神経が擦り減ってしまう事になる。フレッドは満足そうにこう言いました。

とにもかくにも5年生はこの1年は悪夢だとジョージは言うのです。ちなみに2人は試験の結果を気にしなかったので元気だったんだそうです。そして2人の結果は確か3科目合格で「3ふくろう」だっけとロンが指摘すると・・・

フレッドはどうでもいいという感じで「当たり」と答えました。それは俺たちの将来は学業成績とは違う世界にある。だからふくろう試験で何科目合格だろうとそんな事で自分たちの人生は左右されないというわけなんですよね。

そして7年目の今年。ジョージが言うには学校に戻るべきかどうか2人で真剣に討議をしたんだそうです。何故かと云えば先学期の最終日ハリーから三大魔法学校対抗試合の優勝賞金一千ガリオンを貰い受けたからというわけです。

しかし「何しろ既に」と言った所でハリーが「言っちゃ駄目!」とばかりに目配せをして来たのでジョージは急遽言う事を変えました。何しろ既にふくろう試験も終わってしまった。さらにジョージはあんなものなど必要ない。

それは最終学年の年に受ける「N.E.W.T」つまり「いもり試験」など要らないとジョージは言うのです。しかし夏休み中にパーシーの奴が世界一の馬鹿をやった後なので俺たちが中途退学などしたならお袋が耐えられないだろう。

そこで最後の年は決して無駄にはせず「平均的ホグワーツ生は悪戯専門店に何を求めるか?」の市場調査をするのに使うそうです。慎重に結果を分析して需要に合った製品を作る。するとそこでハーマイオニーがこう言うのです。

「だけど悪戯専門店を始める資金はどこで手に入れるつもり?」

ハーマイオニーは疑わしげにこう訊きました。材料も色々それに店舗も必要になる。ハーマイオニーがこう突っ込んでいるのを聞いているとハリーは顔が熱くなって来ました。そこでわざとフォークを落とし机の下に隠れました。

「ハーマイオニー質問するなかれ。さすれば我々は嘘をつかぬであろう」

するとこう言うフレッドの声が聞こえて来ました。フレッドはジョージに早く行けば薬草学の前に「伸び耳」が数個売れるかもしれないと言い2人はトーストの山を抱え歩き去って行きました。それを聞いてハーマイオニーは?

「何の事かしら?質問するなかれって。悪戯専門店を開く資金をもう手に入れたってこと?」

ロンもその事を考えていたそうです。2人は夏休みにロンに新しいドレス・ローブを買ってくれた。けれども2人が一体どこでガリオンを手に入れたのかは分らなかった。しかしロンとハーマイオニーが事の真相を知ったのは?

それから随分と先の事だったんですよね。

3-3.その日の夜の談話室で
「実験台求む」の広告をフレッドとジョージは新学期初日の夜に寮の掲示板に貼っていました。けれども翌日の朝にはハーマイオニーが剥がしてしまいました。しかしそれでも何とかそれなりの人数の応募者があったようでした。

その日の夜。談話室の一番奥の隅っこにはフレッドにジョージと2人の親友のリー・ジョーダンが無邪気な顔の1年生のグループの真ん中に座っていました。ハーマイオニーはこう言うと立ち上がりました。完全に怒っています。

「駄目。残念だけどあの人たちやり過ぎだわ」

ハーマイオニーは「さあ」と言ってロンも一緒に来るよう促しました。がしかしロンは行きませんでした。試していたのは「気絶キャンディ」のようで1年生たちは見えないハンマーで頭を殴られたように気を失って行きました。

ハーマイオニーは肩を怒らせフレッドとジョージのほうにまっすぐ進んで行きました。2人はメモ用のクリップボードを手に気を失った1年生を綿密に観察していました。ハーマイオニーは2人に「沢山だわ!」と言い放ちました。

「今朝言ったはずよ。こんな怪しげな物。生徒に試してはいけないって」

沢山だと言われてフレッドもジョージも少し驚いたようにハーマイオニーを見ました。フレッドは憤慨して「ちゃんとお金を払ってるぞ」と反論しました。しかしハーマイオニーはお金を払えばいいというものではないと・・・

「関係ないわ。危険性があるのよ!」

金を払ったからと言って危険な物を食べさせるのはいけないというわけです。しかしフレッドも負けてはいません。馬鹿言うな。カッカするなよ。こいつら大丈夫なんだから。そう言っている内にみんな意識が回復して来ました。

「そうさ。ほら。みんなもう気がつき出した」

リーが紫色のキャンディを1年生の開いた口に押し込みながら大丈夫だと請け合いました。確かに何人かの1年生が動き出していました。しかしその内の何人かは目覚めた時の自分の状態を見てショックを受けているようでした。

それを見てハリーは「フレッドとジョージは菓子がどういう物なのかを事前に警告していなかったに違いない」と思いました。自分の足元に転がっている小さな女の子にジョージは「大丈夫かい?」と優しく声をかけていました。

その女の子が「大丈夫だと思う」と言うとフレッドは「よーし」とうれしそうに言いました。しかしその声が弱々しかったのを見て取ってハーマイオニーはクリップボードと「気絶キャンディ」をフレッドから奪い取りました。

こんな事をしてはいけないわ。もし1人でも本当に病気になったらどうするの?こう問い詰めるハーマイオニーにフレッドは「病気になんかさせないさ。全部自分たちで実験済みなんだ」だから病気になるなんて事は絶対ない。

これはただ単に全員同じ反応かどうかを確かめているだけというわけです。しかしフレッドがその言葉を言い終わらない内にハーマイオニーが「やめないと」と言い放ちました。するとフレッドはお手並み拝見とばかりに・・・

やれるもんならやってみろという感じでフレッドは「罰則を科す?」と言い返して来ました。ジョージもニヤリと笑って「書き取り罰でもさせてみるか?」と言いました。ハーマイオニーはぐっと背筋を伸ばすとこう答えました。

「違います。でもあなた方のお母さんに手紙を書きます」

あなたたち自身が馬鹿な物を食べるのは止められないけど1年生に食べさせるのは許せないわ。フレッドとジョージは雷に撃たれたような顔をしていました。ハーマイオニーの脅しは残虐非道だと思っているのは明々白々でした。

ハーマイオニーはもう一度脅しの睨みを利かせクリップボードと「気絶キャンディ」の入った袋をフレッドに突き返すとハリーとロンのいる所に戻って来ました。そしてロンに辛辣に「ご支援を感謝しますわ」と言ったのでした。

それにロンは「君1人で立派にやったよ」と答えたのでした。

今日の最後に
「フレッドとジョージの2人に悪戯専門店の経営はふさわしくない」母親のウィーズリーおばさんもハーマイオニーもこの意見で一致しています。でも2人はふくろう試験の結果が「3ふくろう」という有り様だったんですよね。

おばさんは夫のアーサー氏にパーシーと同様フレッドとジョージにも魔法省に就職して欲しいと思っていました。しかしそれももはや到底望む事などできなくなってしまいました。それなら2人にはどうして欲しいのでしょう?

経営する事に反対だと言うのならホグズミード村に店を構えている「ゾンゴの店」やダイアゴン横丁にある「ギャンボル・アンド・ジェイプス悪戯専門店」に従業員として就職をすればいいと2人はそう考えているんですかね?

やはり自分で店を構えて経営するという事になれば失敗した時には借金を抱えるなどのリスクを伴います。いずれは独立してという事を考えるにしろ「卒業したら即」というのはあまりにも早過ぎるという考えなんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.