FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

路地に吸魂鬼がいた事を証明する人がダドリー・ダーズリーの他にいる。ダンブルドアにこう言われてファッジにとってはかなりの衝撃だったようです。一方ハリーはその日現場で会っていたのでフィッグばあさんを見ても驚きませんでした。その後はハリーの主張を巡って激しい議論になったのですが・・・(全3項目)

3-1.フィッグばあさん登場!
路地に吸魂鬼がいた事を証明する人がダドリー・ダーズリーの他にいる。これはファッジにとってはかなり衝撃度が強かったようです。暫くの間は二の句も告げない状態で辛うじて態勢を立て直した感じでこう言ったのでした。

「残念ながらダンブルドアこれ以上戯言を聞いている暇はない。この件は早く片付けたい」

戯言だと言うファッジに対してダンブルドアは「間違っておるかもしれんが」と前置きをした上でウィゼンガモット権利憲章には被告人は自分に関する事件の証人を召喚する権利があると確かにあるはずだとそう言ったのでした。

これは魔法法執行部の方針なのでは?ダンブルドアはファッジに反論するというよりも片メガネの魔女つまりマダム・ボーンズに向かって話を続けました。マダム・ボーンズは「全くその通り」と言ってその事を認めたのでした。

「証人はどこかね?」と訊くファッジにダンブルドアは「一緒に連れて来ておる。この部屋の前におるが。それではわしが?」と自分がここに連れて来ようか?と言うとファッジはパーシーに連れて来るようにと命じたのでした。

パーシーは即座に立ち上がり石段を下りてダンブルドアとハリーの脇を急いで通り過ぎると証人を迎えに部屋の外に出て行きました。パーシーはすぐに戻って来ました。パーシーの後ろに従っていたのがフィッグばあさんでした。

怯えた様子でいつにも増して風変りに見えました。ファッジとは違いハリーが衝撃を受ける事はありませんでした。事件現場で吸魂鬼に襲われた直後に会っているので想定の範囲内でだいたい予想ができていたからというわけです。

こうしてフィッグばあさんが証言する事になったのですがこれで万事解決という事にはならなかったというわけなんですよね。

3-2.アルバス・ダンブルドア対コーネリウス・ファッジ
実はフィッグばあさんはハリーとダドリーが吸魂鬼に襲われる所を見ていませんでした。事が済んでから現場に駆けつけたからです。実際に見ていたのはフィッグばあさんの飼い猫の1匹でニーズルのミスター・チブルスでした。

本来ならハリーを見張っているはずのマンダンガス・フレッチャーが現場を離れてしまったのでその代わりとしてミスター・チブルスに見張らせておいたのです。猫では出廷できないのでフィッグばあさんが来たというわけです。

そのためフィッグばあさんの証言は何だか怪しげな内容になってしまったのでした。吸魂鬼が走っていたと口走って思わずマダム・ボーンズが「吸魂鬼は走らない。滑る」と鋭く突っ込んでしまう一幕もあったほどなんですよね。

マダム・ボーンズが「吸魂鬼は何をしましたか?」と訊くとばあさんは「奴らは男の子に襲いかかった」と答えました。自信があるようでこの時声はしっかりしていました。ここはミスター・チブルスが見ていた所だったのです。

1人が倒れた。もう1人は吸魂鬼を追い払おうと後退りをしていた。それがハリーだった。2回やってみたが銀色の霞しか出なかった。3回目に創り出した守護霊が1人目の吸魂鬼に襲いかかった。それからハリーに励まされ・・・

2人目の吸魂鬼をいとこから追っ払った。するとフィッグばあさんは「それが起こった事で」と言うと尻切れトンボに証言を言い終えてしまいました。ミスター・チブルスがここまで見た所で現場を離れてしまったからでした。

ミスター・チブルスがここまで見てフィッグばあさんに事が起こったのを知らせに家に帰ってしまったからです。人伝てならぬ猫伝てにハリーとダドリーが吸魂鬼に襲われた事を聞いたため尻切れトンボに終わってしまいました。

ファッジは「あまり信用できない証人だった」と高飛車に言いました。そもそもリトル・ウィンジングに吸魂鬼が現われたなんてハリーの嘘話だとそう思い込んでいるのでフィッグばあさんの証言を全く聞いていなかったのです。

一方フィッグばあさんの証言をちゃんと聞いていたマダム・ボーンズは「いやどうでしょうね。吸魂鬼が襲う時の特徴を実に正確に述べていたのも確かです」と言ったのでした。なるほどと頷かせる部分もあるというわけです。

「おお吸魂鬼が偶然そこにいたと信じる者はここには誰もおらんじゃろう」

しかし吸魂鬼がマグルの住む郊外をうろつくかね?そして偶然に魔法使いに出くわすかね?こう疑問を呈するファッジにダンブルドアがこう言いました。ファッジが冷ややかに「それはどういう意味かね?」と問い質すと・・・

「それは連中が命令を受けてそこにいたという事じゃ」

ダンブルドアがこう言うとファッジはそれなら我々のほうに「吸魂鬼をリトル・ウィンジングに派遣した」という記録が残っているはずだとそう言うのです。つまりそれならこの吸魂鬼は未承認で派遣されたという事になります。

さらに事件が起きた8月2日当日ダンブルドアはこの吸魂鬼は魔法省以外からの命令でリトル・ウィンジングに行ったとの見解を示したようです。しかしファッジはダンブルドアの言う事は戯言以外の何物でもないと一掃しました。

それなら我々は自らに問うてみないといけないだろう。魔法省内の誰かが何故2人の吸魂鬼に8月2日あの路地に行けと命じたのか?ダンブルドアがこう言うと全員が完全に黙り込みました。するとファッジの右手の魔女が・・・

「ドローレス・ジェーン・アンブリッジ上級次官に発言を許す」

その魔女はずっと後ろに身を引いて座っていたので顔が見えませんでした。その魔女はダンブルドア先生は誤解をしている。愚かにも私はほんの一瞬「魔法省が命令して襲わせた」と言っているように聞こえたとそう言うのです。

「吸魂鬼が魔法省からしか命令を受けない事が確かだとなれば。そして一週間前。2体の吸魂鬼がハリーといとこを襲った事が確かだとなれば論理的には魔法省の誰かが襲うように命令したという事になるじゃろう」

しかしこう言った後ダンブルドアは重ねてハリーとダドリーを襲った吸魂鬼は魔法省以外の命令を受けていた可能性もあるとそう言ったのでした。そう主張するダンブルドアに対してファッジは激怒してこう反論したのでした。

「魔法省の統制外にある吸魂鬼はいない!」

3-3.評決
それなら何故吸魂鬼がアズカバンからあれほど離れた場所にいたのか?魔法省は徹底的な調査をするべきだろう。暗にそう言うダンブルドアに対してファッジはそもそもこれはハリーの嘘話なのだから調査などする必要はない。

ファッジもまた暗にそう言い返したのでした。しかし路地に吸魂鬼が存在したというハリーの主張は本件に於いて非常に関連性が高い。法令第7条によれば例外的状況に於いてはマグルの面前で魔法を使ってもいいと定めてある。

しかしファッジはそれはハリーの言う通り吸魂鬼がいればの話でそんな事は有り得ないので適応外だと言うのです。挙句の果てには3年前の浮遊術事件を持ち出してファッジはハリーの言う事など信用できないと言い張るのです。

さらに私はまだハリーが学校で何をやらかしたのかに触れていない。そうも言うファッジに対してダンブルドアは「魔法省はホグワーツの生徒の学校に於ける不品行について罰する権限を持っていない」とそう反論したのでした。

魔法省にはホグワーツの生徒を退学にする権限はない。ダンブルドアがこう言うとファッジは「法律は変えられる」と邪険に言い放ったのでした。するとそんなファッジにダンブルドアはこう言い返したというわけなんですよね。

君はどうやら随分法律を変えるつもりらしい。わしがウィゼンガモットを去るよう要請されてからのほんの数週間の間に単なる未成年者の魔法使用の件を扱うのに何と刑事事件の大法廷を召集するやり方になってしもうたとは!

後列の魔法使いたちが何人か居心地が悪そうにもぞもぞと座り直しました。さらにダンブルドアは自分の知る限り現在の法律のどこをどう探しても本法廷がハリーがこれまで使った魔法を逐一罰する場であるとは書いていない。

ハリーが起訴されたのはある特定の違反事件であり被告人はその抗弁をした。被告人と自分が今できる事はただ評決を待つ事だけだとそう言ったのでした。ウィゼンガモット法廷は全員が慌ただしくひそひそ話を始めていました。

「被告人を無罪放免とする事に賛成の者?」とマダム・ボーンズが呼びかけると半分以上のハリーが数え切れない程の人が手を挙げていました。次に「有罪に賛成の者?」と呼びかけるとファッジ以下5人か6人が手を挙げました。

「結構。結構。無罪放免」

ファッジがこう言うとダンブルドアは軽快な声で「上々」と言って立ち上がり自分が作ったチンツ張りの2つの椅子を消し去り「さて。わしは行かねばならぬ。さらばじゃ」と言ってあっという間に法廷を出て行ったのでした。

今日の最後に
フィッグばあさんは証言の冒頭で「あたしはウィステリア・ウォークの奥にある角の店までキャット・フーズを買いに出かけてました。夜の9時頃です」という言葉をまるで暗記して来たかのように早口に一気にしゃべりました。

しかしこれは事実ではありませんよね。実際にはおそらくは自宅で待機していた所にミスター・チブルスが「ハリーが吸魂鬼に襲われた!」と言って駆け込んで来てフィッグばあさんはそれから現場に駆け付けたというわけです。

私はダンブルドアがリトル・ウィンジングのフィッグばあさんの家に足を運んで「ハリーの懲戒尋問でどう証言をするのか?」と事前に打ち合わせをしたと思いますね。冒頭のこの言葉もその時に決めたんだと私はそう思います。

何せ本当の目撃者ではないんですからね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.