FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

自分にはヴォルデモート卿が取り憑いている?聖マンゴ魔法疾患障害病院にアーサー氏の見舞いに行った際ハリーはマッド・アイ・ムーディがそう言っているのを聞いてしまったのです。でも結局は取り憑いてはいないという結論が出ました。ところがそんなハリーにダンブルドアは・・・(全3項目)

3-1.伸び耳で聞いた事
こうしてまさに青天の霹靂という感じで突如としてグリモールド・プレイス12番地に来る事になったハリーにロンそれにフレッドとジョージにジニーのウィーズリー兄弟妹だったのですが何分にも父親の一大事という事で・・・

12番地に到着してから突然ここに来る事になったフレッドにジョージとジニーに見つめられてハリーが説明に窮する事になったり今すぐにでも聖マンゴに行きたいと3人が言い出し激しい応酬が交わされる一幕もあったのでした。

明け方にウィーズリーおばさんが吉報を持って12番地にやって来ました。徹夜の一同は朝食後はベッドに入り昼食を取るとマッド・アイ・ムーディとトンクスの護衛付きで地下鉄に乗って聖マンゴ魔法疾患障害病院に行きました。

ところがここで波乱が起きたのです。ウィーズリーおばさんにマッド・アイとトンクス。3人の騎士団員の会話を「伸び耳」で盗み聞きしてみたら他ならぬハリー自身もぞっとするような事を聞く事になってしまったのでした。

ハリーはアーサー氏が蛇に襲われる一部始終を見たと言っているのだな?こう訊くムーディにおばさんは不安そうに「ダンブルドアはハリーがこんな事を見るのをまるで待ち構えていたような様子なの」と答えていたのでした。

するとムーディはハリーは何かおかしい。それはわしら全員が知っている。それに対しておばさんは今朝話をした時ダンブルドアはハリーの事を心配なさっているようだったと答えたのでした。そしてムーディはこう言うのです。

むろん心配している。ハリーはヴォルデモートの蛇の内側から事を見ている。それが何を意味するのかハリーは当然気づいていない。もしヴォルデモートがハリーに取り憑いているのなら。ムーディがこう言うのを聞いて・・・

ハリーは思わず「伸び耳」を耳から引き抜きました。心臓は激しく鼓動し顔に血が上りました。みんなを見回すと全員が「伸び耳」をつけたまま突然恐怖に駆られたようにじっとハリーを見つめていたというわけなんですよね。

マッド・アイ・ムーディが「ハリーにヴォルデモート卿が取り憑いている」とそう言ったからというわけです。

3-2.アルバス・ダンブルドアからの伝言
ヴォルデモートが取り憑いている。ダンブルドアが自分と視線を合わさなくなったのはそのせいなんだろうか?ハリーは自分が致死的な黴菌の保管者のような穢れた汚らしい存在に感じられました。蛇を見ただけじゃなかった。

僕が蛇自身だったんだ。夏休みにシリウスが口にした「武器のようなもの」というのは僕の事だったんだ。これは正気の沙汰ではない。今も自分は不死鳥の騎士団の本部や誰が騎士団員なのかを洗いざらい奴に教えているんだ!

シリウスがどこにいるのかをあいつに知られてしまう。やる事はただ1つ。すぐにグリモールド・プレイス12番地を離れなくてはならない。他のみんなに危害が及ばないようにするためにはプリベット通り4番地に戻るしかない。

「逃げるのかね?」

ハリーがトランクを持って部屋を出ようとしていると嘲るような声が聞こえて来ました。あたりを見回すと肖像画のキャンバスにフィニアス・ナイジェラスが来ていました。額縁に寄りかかって愉快そうにハリーを見ていました。

「逃げるんじゃない。違う」とハリーが答えるとフィニアス・ナイジェラスは「私の考え違いかね」と言い返して来ました。グリフィンドール寮に属するという事は君は勇敢なはずだが?どうやら君は私の寮のほうが合っていた。

我らスリザリン生は勇敢だ。しかしその一方で愚かではないとフィニアス・ナイジェラスは言うのです。例えば選択の余地がある時には我らは常に自分自身を救うほうを選ぶ。そんなフィニアス・ナイジェラスにハリーは・・・

「僕は自分を救うんじゃない」

こう反論したハリーに対してフィニアス・ナイジェラスは「ほうそうかね。尻尾を巻いて逃げるわけではない。気高い自己犠牲というわけだ」と言って来たのでした。ハリーはその言葉を聞き流して扉の取っ手に手をかけました。

「アルバス・ダンブルドアからの伝言があるんだがね」

するとフィニアス・ナイジェラスが面倒臭そうにこう言いました。ハリーがくるりと振り向いて「どんな?」と訊くとフィニアス・ナイジェラスは「動くでない」と答えました。ダンブルドアからの伝言はこの一言だけでした。

「動くな」だって?たったそれだけ?僕が吸魂鬼に襲われた時もみんなそれしか言わなかった。激怒してこう言うハリーにフィニアス・ナイジェラスはダンブルドアが自分の企てをいちいち詳細に明かさないのには理由がある。

ダンブルドアの命令に従った結果ハリーに危害が及んだ事があったのか?そんなハリーの事をフィニアス・ナイジェラスは思い上がりの哀れなお調子者だと言うのです。自分だけが賢く闇の帝王の企てを理解できると思っている。

それじゃあいつが僕の事で何か企てているんだね?ハリーがフィニアス・ナイジェラスの言葉尻を捉えてこう訊くとフィニアス・ナイジェラスは「そんな事を言ったかな?」ととぼけた後に逃げるように去って行ったのでした。

しかし結局「ヴォルデモート卿はハリーに取り憑いてはいない」という事で結論が出ました。それは唯一ヴォルデモートに取り憑かれた経験のあるジニーに「長い間記憶が途切れるという空白期間があった?」と訊かれて・・・

そんな事はないとハリーが気づいて答えられたからというわけです。そのためハリーは「プリベット通りに戻るなんて馬鹿な事を考えてしまった」と反省する事になりました。ダンブルドアの「動くな」は正しかったのでした。

3-3.閉心術
今学校に戻るという事はアンブリッジの圧政下に舞い戻るという事だ。ただでさえ学校に戻りたくないと思っているのにさらにそれに追い打ちをかけるような事がクリスマス休暇の最終日に明らかにされてしまったんですよね。

「スネイプ先生ですよ。厨房で。ちょっとお話があるんですって」

ウィーズリーおばさんにこう言われてハリーは恐怖で開いた口が塞がりませんでした。厨房の扉を開けるとそこにはシリウスもいて互いの激しい嫌悪感で重苦しい沈黙が流れていました。ハリーが到着した事を告げると・・・

スネイプが言うには校長がハリーに伝えるようにと我輩をよこしたのだそうです。ダンブルドアは来学期ハリーが「閉心術」を学ぶ事をお望みなんだそうです。そして何とその閉心術とやらを教えるのがスネイプだと言うのです。

閉心術というのは外部からの侵入に対して心を防衛する魔法で世に知られてはいない分野の魔法だが非常に役立つとの事でした。自分にヴォルデモートが取り憑いていない事はみんなが認めた。何故そんな魔法をスネイプから?

「多分あまり喜ばしくない仕事を委譲するのは校長の特権なのだろう」

「どうしてダンブルドアが教えないんだ?何で君が?」とシリウスが問うとスネイプがこう答えました。翌日にグリモールド・プレイス12番地からホグワーツに「夜の騎士(ナイト)バス」に乗って移動した際にルーピンは・・・

「君がスネイプを嫌っているのは知っている。だがあの人は優秀な閉心術士だ。それに私たち全員がシリウスも含めて君が身を護る術(すべ)を学んで欲しいと思っている。だから頑張るんだ。いいね?」

他ならぬルーピンにここまで言われてしまってはハリーは「判りました」と答えるしかありませんでした。こうしてダンブルドアの肝煎りでハリーはクリスマス休暇明けからスネイプに閉心術という魔法を習う事になりました。

ところが・・・

今日の最後に
アーサー・ウィーズリー氏がヴォルデモートの蛇に襲われた光景をハリーが夢の中で見てロンとマクゴナガル先生と共に校長室に駆け込んだその時ダンブルドアに「どんな風に見たのかね?」と訊かれてハリーはこう答えました。

「僕が蛇でした。全部蛇の目から見ました」

スネイプの説明によればヴォルデモート卿が当時1才3カ月のハリーを襲った際に何らかの絆を創り出した。そのためハリーとヴォルデモートは感情や思考を共有する事になった。ところがアーサー氏が襲われたその光景は・・・

ハリーがヴォルデモートの心に深く入り込み過ぎたという事だ。だから今やヴォルデモートもハリーとのその関係に気づいている。したがってハリーは閉心術を学ばなくてはならないとダンブルドアは言っているんだそうです。

こうしてスネイプの課外授業が始まったのですが・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.