FC2ブログ
私はハリーに真実を語る機会を作ってあげたいの!ハーマイオニーはそう言ってルーナ・ラブグッドのお父さんが発行している雑誌「ザ・クィブラー」にハリーのインタビュー記事を掲載する事を決意しました。その日ハリーの元には大量に手紙が届きました。それを見て思わずダンブルドアは?(全3項目)

3-1.何故この3人が?
ハリーにとっては「一難去ってまた一難」とはまさにこの事でダンブルトア軍団のお陰でようやくアンブリッジの挑発に乗らなくなり罰則を科される事がなくなったと思ったら今度はスネイプの課外授業を受ける事になりました。

その進捗状況は著しく芳しくないといった感じでむしろ下手になっているのではと思う程でした。ハリーはクリスマス休暇直前の例のアーサー氏がヴォルデモートの蛇に襲われた日チョウ・チャンとファースト・キスをしました。

そして休暇明けには2月14日のバレンタインデーにホグズミード村でデートをする約束を取りつけたのでした。ところがこれも上手く行きませんでした。その日ハリーはハーマイオニーと「三本の箒」で会う約束もしていました。

「ハリー!ハリーこっちよ!」

店の向こう側でハーマイオニーがこう呼びかけながら手を振っていました。ハリーが混み合ったパブの店内を掻き分けて進んで行くと何とハーマイオニーは飲み仲間としては到底考えられない2人の人物と一緒にいたんですよね。

それは父親が雑誌「ザ・クィブラー」を発行しているルーナ・ラブグッドと誰あろう「日刊予言者新聞」の元記者で未登録の「動物もどき」だという秘密をハーマイオニーに握られているというリータ・スキーターその人でした。

「早かったのね!チョウと一緒だと思ったのに。あと1時間はあなたが来ないと思ってたわ」

ハリーが座れるように場所を空けながらハーマイオニーがこう言うとスキーターは「チョウ?」と言って即座に反応しハリーをまじまじと見つめて「女の子と?」と言ってハンドバックから黄緑色の羽根ペンを取り出しました。

しかしハーマイオニーに「ハリーが百人の女の子とデートしようがあなたの知った事じゃありません」と言われてすごすごとバッグに戻すハメになったのでした。実に奇妙な組み合わせの3人を見てハリーはこう訊いたのでした。

「君たち。何するつもりだい?」

するとリータ・スキーターが・・・

3-2.何の取り引きざんしょ?
一体全体このとてつもなく奇妙な組み合わせの3人で何をするつもりなのか?ハリーのこの問いにスキーターはミス優等生つまりハーマイオニーがちょうど話そうとしていた所にハリーが到着したんだとそう説明をしたのでした。

「可愛い子なの?」と依然としてチョウの事に強い関心を寄せるスキーターにハーマイオニーは「これ以上ハリーのプライバシーに触れたら取り引きはなし!」と凄んでみせたのでした。するとそれに対してスキーターは・・・

「何の取り引きざんしょ?小うるさいお嬢さん。まだ取り引きの話なんかしてないね。あたしゃただ顔を出せと言われただけで。うーっ。今に必ず」

こう言うスキーターにハーマイオニーは「今に必ずあなたは私やハリーの事でもっととんでもない記事を書くでしょうよ。そんな脅しを気にしそうな相手を探せばいいわ。どうぞご自由に」と言って取り合おうとしませんでした。

しかし今年「日刊予言者新聞」には自分の手を借りなくてもハリーのとんでもない記事が沢山載っていた。ハリーはどんな気持ちがしたんだ?裏切られた気分?動揺した?誤解されていると思った?そう訊くスキーターに・・・

「もちろんハリーは怒りましたとも。ハリーは魔法大臣に本当の事を話したのに大臣はどうしようもない馬鹿でハリーを信用しなかったんですからね」

ハーマイオニーがハリーの代わりにこう答えました。それじゃ君はあくまでも言い張るんだ。ヴォルデモートは戻って来た。自分が唯一の目撃者だ。そう言うスキーターに対してハリーはこう言い返したというわけなんですよね。

「僕だけが目撃者じゃない。十数人の死喰い人もその場にいたんだ。名前を言おうか?」

ぶち抜き大見出し。ポッター告発す。ハリー・ポッター身近に潜伏する死喰い人の名前をすっぱ抜く。

「例のあの人」に襲われながらも生き残った心病める少年ハリー・ポッターは昨日魔法界の地位も名誉もある人物たちを死喰い人であると告発し世間を激怒させた。


こう言ってみせた後スキーターはハーマイオニーを険悪な目つきで見て「でも駄目だわね。ミス優等生のお嬢さんがそんな記事はお望みじゃないざんしょ?」とそう言ったのでした。すると何と意外な言葉が返って来たのでした。

「実はミス優等生のお嬢さんはまさにそれをお望みなの」

スキーターもハリーも驚いて目を丸くしてハーマイオニーを見ました。つまり何故ここにルーナがいるのか?それはルーナのお父さんが発行している「ザ・クィブラー」にハリーのインタビュー記事を載せるためというわけです。

今「日刊予言者新聞」には魔法大臣の圧力がかかっているしヴォルデモートが復活したなんて誰も信じたくはない!大衆の風潮に反する事だから読みたがる人なんていない。先日アズカバンから10人もの死喰い人が脱獄をした。

それだけでもみんな十分不安感を募らせてる。しかもスキーターはハリーのインタビュー記事が載るのが「ザ・クィブラー」だと聞くと「みんなが真面目に取るはずがない!」と思いっ切り笑って見せたというわけなんですよね。

それでもハーマイオニーはハリーに真実を語る機会を作ってあげたいと言うのです。予言者新聞のアズカバン脱獄記事には幾つか大きな穴がある。だから別の筋書きがあるというのなら例えそれが「ザ・クィブラー」でも・・・

そしてスキーターはハーマイオニーに「未登録の動物もどき」だという弱みを握られている。したがって選択の余地はないというわけです。こうしてリータ・スキーターによる所のハリーのインタビュー記事が書かれたのでした。

3-3.ザ・クィブラー3月号
ハリーをインタビューしたスキーターの記事が「ザ・クィブラー」にいつ載るのかは分からないとルーナは漠然と言いました。それは「しわしわ角スノーカック」が最近目撃されたという記事の寄稿を待っているからだそうです。

果たしてどんな反応が返って来るのか?多くの人が「やはりハリー・ポッターは狂っている」という見方を再確認するだろうとハリーは思いました。何しろ「しわしわ角スノーカック」の記事と並べて掲載されてしまうからです。

そしてその日は唐突に訪れました。この1年間ハリーは1度しか手紙を受け取っていなかったので最初の手紙が来た時には間違いだと思うほどでした。それから何羽ものふくろうが降りて来て場所取り合戦を繰り広げたのでした。

「ハリー!私何だか判ったわ。これを最初に開けて!」

ハーマイオニーが押し寄せるふくろうの群れに手を突っ込み長い円筒形の包みを持ったコノハズクを引っ張り出し息を弾ませつつこう言いました。ハリーが茶色の包み紙を破り取ると「ザ・クィブラー」の3月号が出て来ました。

ハリー・ポッターついに語る。
「名前を呼んではいけないあの人」の真相。
僕がその人の復活を見た夜。


雑誌の表紙には気恥かしげに笑うハリーの顔写真が掲載されていてそれを上記の真っ赤な文字が横切っていました。いつの間にやらフレッドとロンの間に割り込んで座っていたルーナがハリーにこう言ったというわけなんですよね。

「いいでしょう?昨日出たんだよ。パパに一部無料であんたに送るように頼んだんだもン。きっとこれ読者からの手紙だよ」

ハリー1人では到底開け切れないのでハーマイオニーにロンさらにはフレッドも参加して手紙を開いて読み始めました。やはり「聖マンゴでショック療法呪文のいいのを受けなさい」を筆頭に批判的な内容が大半のようでした。

でも中には「ハリーの主張を認める」という意見の手紙もありました。すると「何事なの?」という少女っぽい甘ったるい声が聞こえて来ました。そこにいたのは騒動を見て教職員テーブルから下りて来たアンブリッジでした。

ハリーは一瞬迷いましたが「ザ・クィブラー」に自分のインタビュー記事が載った事をアンブリッジが知るのはどう考えても時間の問題だと思いました。そこで正直にインタビューを受けた事を話したというわけなんですよね。

アンブリッジは怒ってハリーにホグズミード行きを禁ずると言いました。さらにグリフィンドールから「50点」を減点し罰則も科しました。しかしここでハリーはダンブルドアが自分を見ているような不思議な感覚が走りました。

でもハリーが校長先生のほうを見た時にはダンブルドアはフリットウィック先生と話し込んでいました。今年度何故かダンブルドアが自分に対しては冷たい対応と態度を取り続けているハリーにとっては摩訶不思議な感覚でした。

今日の最後に
雑誌「ザ・クィブラー」にハリーのインタビュー記事が掲載された一連のこの場面ではご覧の通りダンブルドアは一切関わっていませんでした。当人が出て来るのもほんの一瞬なんですよね。でも思わず取り上げてしまいました。

ヴォルデモートの復活を公式の場などで主張して来たのはダンブルドアだけでした。でも今度はハリーが「ザ・クィブラー」という雑誌で広く世間に発表してくれました。それはそれはうれしかったんだと私はそう思いますね。

だからあえて取り上げました。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1809-87e14aab