FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

何ゆえ自分自身ではなくスネイプに「閉心術」を教えさせたのか?ハリーを見ようとさえしなかったのは何故なのか?実はクリーチャーはハリーに嘘をついていた。ダンブルドアはハリーが抱いていた疑問に答えシリウスが死ぬ事になった真相もまた話してくれたのでした。(全3項目)

3-1.何故「閉心術」の訓練をスネイプに?
何ゆえ自分自身ではなくスネイプ先生に「閉心術」を教えさせたのか?何故今学期ハリーを見ようとさえしなかったのか?それはハリーがずっとダンブルドアに対して抱き続けていた疑問でした。ハリーは思わず目を上げました。

するとダンブルドアが悲しげな疲れた表情をしている事が判りました。そしてハリーが「ええ。そう思いました」と言うとダンブルドアはヴォルデモートが復活した事による懸念のためにそうしてしまったとハリーに言うのです。

それは時ならずしてヴォルデモートが君の心に入り込み考えを操作したり捻じ曲げるだろうと思った。それをさらに煽り立てるような事はしたくなかった。わしと君との関係が校長と生徒以上に親しいとあいつに気づかれたら?

あるいはかつて一度でも親しかった事があると気づかれてしまったら?ヴォルデモートがそれに気づけば自分をスパイする手段としてハリーを使っただろう。ヴォルデモートはそんな風にハリーを利用しようとするかもしれない。

ダンブルドアはヴォルデモートがハリーに取り憑く可能性を恐れたのだそうです。その考えは間違っていなかったと思う。稀にではあったが君が自分のすぐ近くにいた時にはハリーの目の奥にあやつの影があったような気がした。

そう言われてハリーはダンブルドアと目を合わせた時に眠っていた蛇が自分の中で立ち上がり攻撃せんばかりになったように感じた事を思い出しました。ヴォルデモートがハリーに取り憑こうとした事であやつの狙いが判った。

それは自分ではなくてハリーを滅ぼす事だとダンブルドアは言うのです。そういう事だから自分は君から遠ざかる事でハリーを護ろうとして来た。ダンブルドアは「老人の過ちじゃ」と言って深い溜め息をついていたのでした。

アーサー・ウィーズリー氏が襲われた光景をハリーが見たその夜ヴォルデモートが目覚めるのをハリー自身が感じたとシリウスが教えてくれた。最も恐れていた事が間違いではなかったとダンブルドアはすぐ判ったんだそうです。

ヴォルデモートがハリーを利用できる事を知ってしまった。そこで君の心をヴォルデモートの襲撃に対して武装させようとダンブルドアはスネイプ先生との「閉心術」の訓練を手配したとの事でした。つまりこの訓練の開始は?

実はシリウスの報告がきっかけだったのです。

3-2.扉の夢にクリーチャーの真相
ハリーは夏休み中からあの扉の夢を見ていました。そしてアーサー氏が襲われスネイプの最初の課外授業を受けた時にアーサー氏が見張っていたのがその扉だという事を知りました。それは魔法省の神秘部の入り口の扉でした。

ダンブルドアもスネイプから報告をされてハリーがあの扉の夢を見ている事を知りました。ヴォルデモートは肉体を取り戻した時からずっと「どうしたら予言を聞けるのか?」という想いに取り憑かれていた。そのために・・・

思考や考えを共有するハリーもまた神秘部の扉の夢を見る事になった。そしてハリーが閉心術を習得するためにスネイプの課外授業を受けていたのでハリーが夢でルックウッドの姿を見た事もダンブルドアは知ったとの事でした。

逮捕される以前は神秘部に勤めていたルックウッドが自分たちは前から判っていた「あの事」をヴォルデモートに教えた。神秘部にある予言は厳重に護られており予言に関わる者だけが棚からそれを取っても正気を失う事がない。

それがためにヴォルデモート自身が魔法省に侵入してついに姿を現すという危険を冒すか?ハリーがヴォルデモートの代わりに予言を取らなければならない。したがってハリーが閉心術を習得する事がますます焦眉の急となった。

こう言うダンブルドアに対してハリーは罪悪感の重荷を軽くしようとして「でも僕習得しませんでした」と言ったのでした。告白すれば心を締めつけるこの辛い圧迫感がきっと軽くなるはずだと思ってハリーは口にしたのでした。

そしてハリーはその勢いに任せてだと私は思うのですが「ヴォルデモートが本当にシリウスを捕まえたのかどうか?」を確かめるためにアンブリッジの部屋の暖炉からグリモールド・プレイス12番地に行った事も告白したのです。

するとクリーチャーはシリウスは出かけていないと言った!こう言うハリーにダンブルドアは何と「クリーチャーが嘘をついたのじゃ」とそれも落ち着いてそう言うのです。ダンブルドアはその全ての真相を知っていたのでした。

クリーチャーはハリーをわざわざ魔法省に行かせた。クリーチャーはもう何か月も二君に仕えていたとダンブルドアはハリーに言ったのでした。それはアーサー氏が蛇に襲われてハリーたちが12番地に行った夜の事だったのです。

シリウスがクリーチャーに「出て行け」と叫んだ。クリーチャーはそれを言葉通りに受け取って「屋敷を出て行け」という命令だと解釈をした。そこでクリーチャーが行ったのがナルシッサ・マルフォイの家だったんだそうです。

ハリーにロンにハーマイオニーとジニーにネビルにルーナの6人がアンブリッジと尋問官親衛隊に捕まった時。学校に残っていた騎士団員はスネイプだけでした。アンブリッジが呼び出した事でハリーはそれを思い出したのです。

ダンブルドアの説明によればスネイプ先生はその時ハリーがシリウスが神秘部の内奥に囚われている光景を見たのだと理解した。不死鳥の騎士団はアンブリッジの暖炉よりもっと信頼できる連絡方法を持っている。そこで・・・

スネイプ先生はシリウスと連絡を取ってシリウスが無事に生きていてグリモールド・プレイス12番地にいる事を知ったんだそうです。ところがハリーはアンブリッジと森に行ったまま帰って来なかった。そこでスネイプ先生は?

ハリーはまだシリウスはヴォルデモート卿に囚われていると信じているのではないかと心配になった。そう思ってすぐさま何人かの騎士団のメンバーに警報を発した。そこで12番地にいた全員がハリーを助けに駆けつけたのです。

何故クリーチャーがハリーに嘘をついた事をダンブルドアは見抜いたのか?それはダンブルドア自身が言うには「わしにもあれの嘘を見抜くぐらいの開心術士としての心得はある」からだそうです。そこでダンブルドアは・・・

クリーチャーがシリウスにとっては他言を禁ずるほどの事ではない些事だったが「ハリーはシリウスの事を父親とも兄とも慕っている」というヴォルデモート側にとっては極めて重要な情報を漏らした事を知ったのだそうです。

だからハリーにシリウスが捕まって魔法省の神秘部にいると思い込ませれば必ずやって来る。つまりはクリーチャーがヴォルデモート側にそういう情報を漏らしたからこそヴォルデモートがあの策略を仕掛ける事ができたのです。

それが真相だったのです。

3-3.シリウスにクリーチャーのこと
クリーチャーがシリウスを裏切った。そのためシリウスは死んでしまった。それなのにハーマイオニーはいつも僕たちにクリーチャーに優しくしろと言った。しかしダンブルドアはハーマイオニーの言う通りだとそう言うのです。

グリモールド・プレイス12番地を不死鳥の騎士団の本部に定めた時ダンブルドアはシリウスに警告したのだそうです。クリーチャーが我々にとっても危険な存在になるかもしれないから親切にして尊重してやらなければならない。

しかしシリウスは自分の言う事を真に受けなかったようだとダンブルドアは言うのです。あるいはクリーチャーが人間と同様に鋭い感情を持つ生き物だとみなした事がなかったからかもしれないともダンブルドアは言いました。

どんな事でもシリウスを批判するなんて許さない!それが例えダンブルドアでもと言うハリーにダンブルドアは「我々魔法使いがクリーチャーをあのようにしたと言ってもよいのじゃよ」と言いました。シリウスだけじゃない。

げに哀れむべき奴じゃ。ドビーと同じように惨めな生涯を送って来た。クリーチャーは嫌でもシリウスの命令に従うしかなかった。シリウスは自分が奴隷として仕える家族の最後の生き残りだったからというのがその理由だった。

しかしシリウスに対しては心から忠誠を感じる事ができなかった。クリーチャーの咎は咎としてシリウスがクリーチャーの運命を楽にするために何もしなかった事は認めなくてはならないとダンブルドアはハリーに言いました。

「シリウスの事をそんな風に言わないで!」

ハリーはこう叫びました。どんな事でも何であろうと誰であろうとも決してシリウスを非難するなんて許さない。あくまでもそう主張し続けるハリーだったのですがダンブルドアの姿勢は常に公正中立というわけなんですよね。

今日の最後に
この場面でダンブルドアは自分にもクリーチャーの嘘を見抜くぐらいの開心術士としての心得はあるとそう言っています。でもこれは相当に謙遜して言っていますよね。ハリーもまたこの事は常々感じている事だったんですよね。

ハリーは以前にダンブルドアに会った時にも「まるでレントゲン写真のように心を見透かされているようだ」という思いを抱いていますよね。ダンブルドアはクリーチャーの事を「げに哀れむべき奴」だと言っていますが・・・

後に明らかになったクリーチャーの数々の衝撃の事実を考えてみると「シリウスに仕えたその事だけじゃないだろう?他のどの事をもってそう言っているのだろう?」と勘ぐってしまいますよね。(これはやっぱり妄想か?)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.