FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーが4年生になると以前は闇祓いとして魔法省に勤めていたマッド・アイ・ムーディが「この科目」の先生になりました。ムーディが教えたのは本来なら6年生にならないといけないという「許されざる呪文」でした。この魔法を同類である人間に対して使用するとアズカバンで終身刑を受けるに値するそうですが・・・(全3項目)

3-1.許されざる呪文
ハリーたちより先に授業を受けたフレッドにジョージとリー・ジョーダンがマッド・アイ・ムーディの授業は凄いと言うので3人は素早く最前列の先生の机の真正面の席を取り教科書を出すといつになく神妙に先生を待ちました。

教室に入って来て自分の席に着くとムーディは教科書など必要ないのでそんな物はしまってしまえと生徒たちに言い渡しました。それを聞いてロンは顔を輝かせましたが直後には最前列の席を取った事を後悔する事になりました。

この日の授業でムーディが教えたのはいわゆる「許されざる呪文」というもので「服従の呪文」に「磔の呪文」と最後に教えたのはヴォルデモートがハリーの両親を殺害する時に使用した「死の呪い」の3種類だったんですよね。

この3つの呪文を実際に生徒たちにやって見せる際にムーディはロンの最も苦手とする所の蜘蛛を使ったためハリーは隣でロンがぎくりと身を引くのを感じました。ムーディは「磔の呪文」の時には蜘蛛を大きくしたのでした。

「磔の呪文」がいかなる効果を持つものなのかを判り易くするためだったんですよね。蜘蛛を巨大化されてロンは恥も外聞もかなぐり捨てて椅子をぐっと引きムーディの机からできる限り遠ざかるハメになってしまったのでした。

「服従の呪文」に「磔の呪文」そして「死の呪い」の3つのいずれか1つだけを同類である人間に使っただけでアズカバンで終身刑を受けるに値する。お前たちが立ち向かうのはそういうものなのだとムーディはそう言うのです。

ムーディは授業の最初で違法とされる闇の呪文については本来なら6年生になるまでは見せてはいけない事になっていると前置きをした上でこの「許されざる呪文」をハリーたち3人を含めた4年生に教えました。ところが・・・

その後の授業でムーディがやった事というのが・・・

3-2.服従の呪文を
その日のムーディの授業は苛酷さを極める内容になったのでした。何と驚くべき事にムーディは「服従の呪文」を個々の生徒にかけて呪文の力を示し果たして生徒がその力に抵抗できるのかどうかを試すとそう発表したのでした。

ムーディは杖を振って机を片づけ教室の中央に広いスペースを作りました。その時ハーマイオニーが逡巡しながらムーディに同類である人間にこれを使用する事は違法だとおっしゃいましたと言って暗に抗議をしたんですよね。

それに対してムーディは「ダンブルドアがこれがどういうものかを体験的にお前たちに教えて欲しいというのだ」と答えました。ムーディの「魔法の目」はハーマイオニーを見据え瞬きもせず不気味な眼差しで凝視をしました。

もっと厳しいやり方で学びたいというのであれば誰かがいつかお前にこの「服従の呪文」をかけて完全に支配する。それならそれでわしは一向に構わん。授業を免除するので教室を出て行くがよいとムーディはそう言ったのでした。

ムーディは出口を指し示しました。ハーマイオニーは赤くなり「出て行きたいと思っているわけではありません」という意味の事を言葉を濁して言いました。ハーマイオニーとしては違法と判っている事を授業で行う事に・・・

強い抵抗感を覚えずにはいられなかった。だから言わずにはいられないというそういう心境だったんでしょうね。ムーディは生徒を順番に呼び出して「服従の呪文」をかけ始めました。ムーディがかけたその呪いのせいで・・・

クラスメイトが次々と世にもおかしな事をさせられるのをハリーは見ていました。ディーン・トーマスは国歌を歌いながら片足ケンケン跳びで教室を三周してしまいました。ラベンダー・ブラウンはリスの真似をさせられました。

ネビルは普通なら到底できないような見事な体操演技を立て続けにやってしまいました。誰1人としてムーディのかけた「服従の呪文」に抵抗できた生徒はいませんでした。ムーディが呪いを解いた時に初めて我に返るのです。

ムーディが唸るようにこう呼びました。

「ポッター。次だ」

いよいよハリーの番が巡って来たのです。

3-3.ハリーの番が来て
ハリーはムーディが机を片づけて教室の中央に作ったスペースに進み出ました。ムーディは杖を上げてハリーに向けると「インペリオ!服従せよ!」と唱えました。ムーディに術をかけられた当初は最高に素晴らしい気分でした。

全ての思いも悩みも優しく拭い去られ掴み所のない漠然とした幸福感だけが頭に残るといった心持ちでした。ハリーはすっかり気分が緩み周りのみんなが自分を見つめている事をぼんやりと意識しながらその場に立っていました。

「机に飛び乗れ。机に飛び乗れ」

するとマッド・アイ・ムーディがこう言うのが聞こえて来ました。ハリーは膝を曲げて跳躍の準備をしました。ところが頭のどこかで「待てよ。何故?」と別の声が目覚めました。そんな事は馬鹿げているとその声が言いました。

嫌だ。そんな事をするのは気が進まない。そんな事はしたくない。その声が前よりも若干きっぱりと言いました。次の瞬間ハリーはひどい痛みを感じました。飛び上がると同時に飛び上がるのを自分で止めようとしたからでした。

その結果ハリーは机にまともにぶつかり机を引っくり返していました。するとそこでムーディが「よーしそれだ!それでいい!」と言うのが聞こえ頭の中の虚ろな感覚が突然消えるのを感じました。ムーディが術を解いたのです。

ハリーは自分に何が起こったのかをはっきり覚えていました。そして膝の痛みが倍になったように思えました。お前たち見たか。ポッターが戦った!戦ってもう少しで打ち負かす所だった!ムーディはもう一度やると言うのです。

他の生徒はよく見ておけとムーディは言うのです。ポッターの目をよく見ろ。その目に鍵がある。いいぞポッター。ムーディは奴らはハリーを支配するのにはてこずるとそう言うのです。この後ムーディはハリーに対して・・・

ハリーの力量を発揮させると言い張り4回も続けて練習させました。そしてついにはハリーが完全に呪文を破る所まで続けさせたのでした。そのためハリーは教室からふらふらになって出て来るハメになってしまったのでした。

そのためハリーは「ムーディの言い方と来たらまるで僕たち全員が今にも襲われるんじゃないかと思っちゃうよね」とボヤく事になりました。ロンは「その通りだ」とハリーに同意しながら一歩おきにステップしていたのでした。

ムーディは昼食時までには呪文の効果は消えると請け合ったのですがロンはハリーに比べるとずっと呪いに弱かったのです。

今日の最後に
この「闇の魔術に対する防衛術」の先生は2つのタイプに分かれています。まずは教える内容は1年生から7年生まで全ての学年が同じで教科書も同じ。ロックハートにルーピン先生とムーディはこちらのほうのタイプでしょうね。

ハリーたちは教わる機会がありませんでしたがアミカス・カローも多分こっちに該当するでしょうね。その逆に学年によって教える内容を変えていておそらくは教科書も変えていると思われるのがスネイプとクィレル先生でした。

ムーディは前述のように本来なら6年生以降に教える内容を全ての学年に教えてしまっています。そのためその衝撃度はハリーたちを含めた4年生にとってはかなりのものでした。だからそれ以下の生徒たちはなおさらでしょう。

マッド・アイ・ムーディの授業内容は低学年の生徒たちにとってはかなり酷だったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.