FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーが5年生になると魔法省の高級官僚ドローレス・アンブリッジが「この科目」の教師になりました。この先生は一体どのくらい厳しいのか?誰にも分からないので生徒たちはとりあえず静かに様子を見るという事になりました。ところがハリーのある発言をきっかけにして・・・(全3項目)

3-1.教室に入って行くと
ハリーたち3人を含めたグリフィンドールの5年生が教室に入って行くとアンブリッジはもう教壇に座っていました。この先生がどのくらい厳しいのかは誰にも分らず未知数だったので生徒たちはとりあえず静かに教室に入りました。

生徒全員が席に着くとアンブリッジは「さあこんにちは!」と挨拶をしました。すると何人かが「こんにちは」とボソボソと挨拶を返しました。アンブリッジは不満げに舌を鳴らし「それではいけませんねえ」と言ったのでした。

そうではなくて「こんにちは。アンブリッジ先生」と言わなければならないのだそうです。こうして今年度のこの科目の授業は挨拶の仕方の指導で幕を開けたのでした。ところがこの後のアンブリッジの発言が問題だったのです。

「杖をしまって羽根ペンを出してくださいね」

アンブリッジは優しくこう言いました。これを聞いて多くの生徒たちが暗い目を見交わしました。杖をしまった後の授業が面白かった事がないからです。生徒たちがカバンに杖をしまっている一方でアンブリッジのほうは・・・

アンブリッジはハンドバックを開けると自分の杖を取り出していました。異常に短い杖でした。アンブリッジが杖で黒板を強く叩くとそこに文字が現れたのでした。それがどうやらアンブリッジの基本方針という事のようでした。

闇の魔術に対する防衛術
基本に返れ


アンブリッジはこの科目のこれまでの授業はかなり乱れて統一性がなかった。先生が頻繁に代わりしかも多くが魔法省指導要領に従っていなかった。その不幸な結果として皆さんは魔法省が期待するレベルを遥かに下回っている。

しかしご安心なさい。こうした問題がこれからは是正されます。今年は慎重に構築された理論中心の魔法省指導要領通りの防衛術を学んで行くとの事です。するとここでアンブリッジは再び杖で黒板を叩き次の文字を出しました。

1.防衛術の基礎となる原理を理解すること
2.防衛術が合法的に行使される状況認識を学習すること
3.防衛術の行使を実践的な枠組みに当て嵌めること


この「授業の目的」を生徒たちが書き写した所で・・・

アンブリッジが生徒たちに言ったのは?

3-2.授業の目的に質問があります
生徒全員が3つの項目を写し終えるとアンブリッジは「ウィルバート・スリンクハードの防衛術の理論を持っていますか?」と訊いて来ました。当然学校から送られて来た教科書リストにこの本が記されていたので持っています。

アンブリッジは挨拶に続いて再び返事の仕方を注意した上で「では5ページを開いてください。第1章初心者の基礎。おしゃべりはしないこと」と言うとアンブリッジは黒板を離れ教壇の先生用の机の椅子に腰を落ち着けたのでした。

ハリーは教科書の5ページを開き読み始めました。その内容は絶望的につまらないものでした。集中力が抜け落ちて行くのを感じました。ところがそこで右にいるハーマイオニーを見てハリーは驚いて麻痺状態から醒めました。

ハーマイオニーは教科書を開いてもいません。手を挙げアンブリッジをじっと見つめていました。目の前に本があるというのにハーマイオニーが開こうともしないなんてこんな事はハリーがかつて一度も見なかった光景でした。

一方アンブリッジは何故か頑なに別の方向を見つめ続け手を挙げるハーマイオニーを無視していました。しかし数分経つと手を挙げるハーマイオニーを見つめているのはハリーだけではなく他の生徒も見つめるようになりました。

読みなさいと言われた第1章があまりに退屈で「初心者の基礎」と格闘するより手を挙げるハーマイオニーの無言の行動を見ているほうがいいという事になってしまったのです。そのためもはや無視できないと判断したようです。

「この章について何か聞きたかったの?」

アンブリッジはたった今ハーマイオニーに気づいたかのようにこう話しかけました。するとハーマイオニーは「この章についてではありません。違います」と答えました。するとアンブリッジが今は読む時間だとたしなめました。

他の質問なら授業が終わってからになさいと言うアンブリッジにハーマイオニーは「授業の目的に質問があります」と言葉を返しました。するとアンブリッジは眉を吊り上げちゃんと全部読めば授業の目的ははっきりしている。

それに対してハーマイオニーは「でも分かりません。防衛呪文を使う事に関しては何も書いてありません」と反論しました。一瞬沈黙が流れて生徒の多くが黒板に書かれたままになっている3つの項目を顔をしかめて読みました。

アンブリッジは「防衛呪文を使う?」と失笑しながら言葉を繰り返しました。防衛呪文を使う必要が生じて来るなんて事は到底考えられない。それを聞いてロンは声を張り上げ「魔法を使わないの?」と不満げに言ったのでした。

「闇の魔術に対する防衛術」の真の狙いは間違いなく防衛呪文の練習をする事では?そう訊くハーマイオニーにアンブリッジは「あなたは魔法省の訓練を受けた教育専門家ですか?」と訊き返したのでした。そう言われて・・・

ハーマイオニーが「いいえ」と答えるとアンブリッジは「でも」と言いかけるハーマイオニーの反論を遮り「あなたには授業の真の狙いを決める資格はありません」と言ったのでした。つまり黙って自分に従えというわけです。

あなたよりもっと年上の賢い魔法使いたちが新しい指導要領を決めたのです。ところがこの後のアンブリッジの「あなた方が防衛呪文について学ぶのは安全で危険のない方法」という発言が問題になったというわけなんですよね。

3-3.最初の授業でいきなり
「そんなの何の役に立つ?」ハリーが大声でこう言うとアンブリッジは何故か歌うように「挙手。ミスター・ポッター!」と言いました。手を挙げなければ自分の授業では発言を認めないというわけです。そこでハリーは・・・

ハリーは手を握り締めて突き上げました。ところがアンブリッジはそっぽを向いてそれを無視しました。しかしハリーのその発言をきっかけにして他の生徒も手を挙げ出して活発な議論が展開されるという事態になったのでした。

ハリーの言う通りだ。もし僕たちが襲われるとしたら危険のない方法なんかじゃない。ディーン・トーマスがこう言うとアンブリッジは「もう一度言いましょう」と言い襲われるはずがないと前の主張を繰り返し言ったのでした。

さらにアンブリッジは曖昧な笑いを顔に浮かべたかと思うと「非常に危険な半獣もいました」とも言ったのでした。それを聞いてディーンは怒って「ルーピン先生の事を言ってるなら今までで最高の先生だった」と言い返しました。

パーバティ・パチルがこの科目のふくろう試験に実技はないのか?実際に反対呪文とかやって見せなくてもいいんですか?と訊くとアンブリッジは理論を十分に勉強すれば試験という整えられた条件でなら大丈夫だと言うのです。

ここは学校です。現実世界ではありません。アンブリッジがこう言うのに対してハリーは「それじゃ外の世界で待ち受けているものに対して準備しなくてもいいんですか?」と訊くとアンブリッジはこう答えたというわけです。

「外の世界で待ち受けているものは何もありません」

「へえ。そうですか?」と言うハリーにアンブリッジは「あなた方のような子供を誰が襲うと思っているの?」と訊き返して来ました。そこでハリーは「考えてみます」と思慮深げな声を演じてみせた後こう言い放ったのでした。

「もしかしたらヴォルデモート卿?」

ロンは息を呑みました。ラベンダー・ブラウンは悲鳴を上げネビルは椅子から横に滑り落ちました。ハリーがヴォルデモートの名前を口にしてそれぞれの生徒たちはそれぞれの表現方法でヴォルデモートへの恐怖心を表しました。

ところがアンブリッジはぎくりともしませんでした。気味の悪い満足げな表情を浮かべてハリーをじっと見つめていました。そしてアンブリッジはグリフィンドールから10点減点すると言い渡したその後にこうも言ったのでした。

幾つかはっきりさせておきましょう。皆さんはある闇の魔法使いが戻って来たという話を聞かされて来ました。死から蘇ったんだ。皆さんはある闇の魔法使いが再び野に放たれたという話を聞かされて来ました。これは嘘です。

こう言うアンブリッジにハリーは「嘘じゃない!僕は見た。僕はあいつと戦ったんだ!」と反論しました。するとアンブリッジは勝ち誇ったように「罰則です。ミスター・ポッター!」と言ったのでした。それからさらに・・・

アンブリッジは殺害されたセドリック・ディゴリーの事も悲しい事故だと言ってみせたのでした。この後アンブリッジは手紙を書いてハリーに「これをマクゴナガル先生の所へ持っていらっしゃいね」と言って渡したのでした。

ハリーはその手紙を持ってマクゴナガル先生の部屋に向かいました。手紙にはハリーに対して明日から罰則を科すとそう書かれているそうです。ハリーはアンブリッジの最初の授業で罰則を食らう事になってしまったのでした。

最後に
実はこの「闇の魔術に対する防衛術」の授業シーンはどの巻でも意外に少なく詳しい描写があるのはもっぱら初授業の場面なんですよね。それ以降の授業についてはチラリと出て来るだけで詳細は描かれない事が多いんですよね。

ハリーが1年生の時のクィレル先生に至っては初授業すら詳しい描写がありませんでした。ハリーが6年生になるとスネイプがこの科目の先生になりました。するとスネイプとて例外ではなくて出番が減ってしまったんですよね。

それが取り上げるのを遅らせる原因になってしまったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.