FC2ブログ
ホグワーツで教えている教師の中でドラコ・マルフォイが「何とかこいつだけは辞めて欲しい!」と強く願っているのがハグリッドというわけです。そして4年生になるとそのハグリッドを辞職に追い込む千載一遇のチャンスが巡って来ました。ところがそれを踏み止まらせたのもやはり・・・(全3項目)

3-1.再びハグリッドを巡る騒動、その1
昨年度何とダンブルドアが校長になる以前からこの「魔法生物飼育学」の教師だったケトルバーン先生が引退してハグリッドがその後任に就いたこの科目は1年間ヒッポグリフのバックビークに翻弄される日々になったのでした。

「スリザリンを待ったほうがええ。あの子たちもこいつを見逃したくはねえだろう。尻尾爆発スクリュートだ」

ハグリッドの飼い犬ファングが中身を見たいと言いたげに首を伸ばしているのでハグリッドがこう言ったのでした。足元に数個の木箱が置いてあり近づくにつれ奇妙なガラガラという音が聞こえ時々小さな爆発音も上がっています。

ラベンダー・ブラウンが「ギャーッ!」と悲鳴を上げて飛び退くのを見てハリーはそれが尻尾爆発スクリュートの全てを表しているとそう思いました。殻を剥かれた奇形の伊勢エビのような姿をしていて頭らしい頭が見えません。

胴体はひどく青白くヌメヌメしていて勝手気ままな場所に脚が突き出し一箱に百匹ほどいます。体長は15センチほどで重なり合って這い回り闇雲に箱の内側にぶつかっていました。腐った魚のような強烈な臭いを発していました。

時々尻尾らしい所から火花が飛んでパンと小さな音を立てて10センチほど前進をしていました。ハグリッドが得意気に「今孵ったばっかしだ。だからお前たちが自分で育てられるっちゅうわけだ!」と言うのを聞き取って・・・

「それで何故我々がそんなのを育てなきゃならないのでしょうねぇ?」

冷たくこう言ったのはドラコ・マルフォイでした。こいつらは何の役に立つのだろう?何の意味があるっていうんですかねぇ?マルフォイにさらにこう訊かれてハグリッドは答えに詰まっているようでした。必死に考えています。

するとハグリッドは今日は餌をやるだけで飼う理由の説明は次の授業だと答えました。実は今年度百年以上ぶりにホグワーツで開催される三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」で代表選手の行く手を遮る障害物の1つなのです。

尻尾が爆発して火傷を負わせたり針を持っていて刺してみたりする尻尾爆発スクリュートを見てマルフォイは「何故僕たちがこいつらを生かしておこうとしているのか。これで僕にはよく判ったよ」と皮肉たっぷりに言いました。

「火傷させて刺して噛みつく。これが一度にできるペットだもの。誰だって欲しがるだろ?」

こう言うマルフォイにハーマイオニーが「可愛くないからって役に立たないとは限らないわ」と反撃をしました。ドラゴンの血なんて素晴らしい魔力があるけど誰もドラゴンをペットにしたいとは思わない。それを聞いて・・・

ハリーとロンはハグリッドを見てニヤリと笑いました。ハグリッドも苦笑いを浮かべました。今週冒頭の記事で取り上げたようにハリーたちはハグリッドがノーバートというドラゴンを飼ったばかりにひどい目に遭ったからです。

でも授業終了後ハーマイオニーは実はああ言ったのはマルフォイを黙らせるためだった。本当の事を言えばマルフォイは正しいと思う。ハグリッドにとっては残念な事にハーマイオニーも尻尾爆発スクリュートについては・・・

ドラコ・マルフォイと同意見というわけなんですよね。

3-2.再びハグリッドを巡る騒動、その2
実はハグリッドは半巨人だった。ハリーとロンはクリスマスに行われたダンスパーティでボーバトンの校長マダム・マクシームとハグリッドの会話を聞いてしまいその事実を知りました。そしてクリスマス休暇が明けると・・・

ハリーたちが「魔法生物飼育学」の授業を受けるためハグリッドの小屋に来ると何故かそこにハグリッドの姿はなく白髪を短く刈り込み顎が突き出た老魔女が戸口に立っています。ロンが「あなたは誰ですか?」と訊くと・・・

その人は自分はグラブリー・プランク先生でこの科目の代用教師だと答えました。ハリーとロンが「ハグリッドはどこ?」と訊くとグラブリー・プランク先生はその問いに対し「あの人は気分が悪くてね」とそう答えたのでした。

ハグリッドはどこが悪いんだと思う?まさかスクリュートに襲われたのでは?ハリーがロンにこう訊いていると「襲われたと思っているならそうじゃないよ」とドラコ・マルフォイがわざわざその理由を教えてくれたのでした。

当然情報提供者がマルフォイなのですからハリーたちにとって良い知らせであるわけがありません。マルフォイは「ただ恥ずかしくてあのでかい醜い顔が出せないだけさ」と言って「日刊予言者新聞」を差し出して来たのでした。

そこには「ダンブルドアの巨大な過ち」と題した記事が載っていて何とそこにはハグリッドが半巨人だという事が書かれていました。前述のようにハリーもロンもクリスマス・ダンスパーティの時に初めてその事を知ったのです。

マルフォイは目をギラギラと光らせながら「これでやっとあのデカブツの教師生命もお終いだな」と言いました。マルフォイはハグリッドが巨大なのは小さい時に「骨生え薬」を一瓶飲み干したからだと思っていたと言うのです。

半巨人だなんて生徒の親は絶対気に入らないだろう。ハグリッドが子供たちを食ってしまうと心配するとマルフォイは言うのです。ハーマイオニーも「とてもいい授業だったわ」とグラブリー・プランク先生を高く評価しました。

しかしハリーがマルフォイに貰った「日刊予言者新聞」を突きつけその記事を読むとハーマイオニーは口を大きく開けて「あのスキーターって厭な女。何で判ったのかしら?ハグリッドがあの女に話したと思う?」と言いました。

その問いにハリーは「思わない」と答えました。ハリーたちにさえも話した事がなかったというのにハグリッドがリータ・スキーターなんぞに自分が半巨人だという事を打ち明けるはずがない。あの女が盗み聞きしたに違いない。

3-3.再びハグリッドを巡る騒動、その3
しかしハリーたちが訪ねて行って小屋の扉を叩いてもハグリッドはそれを無視するのです。どうして私たちを避けるの?まさかハグリッドは自分が半巨人だという事を私たちが気にしていると思っているんじゃないでしょうね?

ところがハーマイオニーのその懸念はどうやら当たっていたようです。ハグリッドは食事の時も教職員テーブルに姿を見せず校庭で森番の仕事をしている様子もありません。その一方で「魔法生物飼育学」の授業のほうは・・・

グラブリー・プランク先生が引き続き教えました。マルフォイは事ある毎に満足げにほくそ笑んでいました。マルフォイはハリーが反撃する事ができないように誰か先生が近くにいる時だけを狙ってハリーに囁いて来たのでした。

「混血の仲良しがいなくて寂しいのか?」とか・・・

「エレファントマンに会いたいだろう?」とか・・・

マルフォイがそうして来たのは昨日の記事で取り上げたように昨年度ハーマイオニーに横っ面を引っぱたかれた挙句にハーマイオニーが杖を取り出して自分に呪いをかけようしたあの経験があったからだと私はそう思いますね。

しかしマルフォイがどうやらお気に入りだったグラブリー・プランク先生は1月半ばにホグズミード行きが許された日の翌週には姿を消してしまったのでした。ハグリッドが「魔法生物飼育学」の教職に復帰をしたからでした。

それはハリーたち3人がホグズミード村のパブ「三本の箒」でリータ・スキーターと出くわし激昂したハーマイオニーが「三本の箒」を出たその足でハグリッドの小屋に行くとダンブルドアと共にハグリッドを説得したのです。

こうして再びドラコ・マルフォイの大嫌いなハグリッドが戻って来てしまったというわけなんですよね。

最後に
実はふと気づいてみたら今週は4件中3件の記事がハグリッド絡みの内容になっていますね。そういえばハグリッドに対する感情や思いはドラコ・マルフォイとハーマイオニーでは全くの正反対なのでこうなってしまうんですよね。

何故ドラコ・マルフォイはグラブリー・プランク先生がお気に入りだったのか?私はこの人が純血の魔女だからだとそう思いますね。翌年度ホグワーツ高等尋問官になったアンブリッジがこの人に意見を求めているんですよね。

それもやはりグラブリー・プランク先生が純血の魔女だからというわけです。同じ理由で好きなんですよね。ドラコ・マルフォイもドローレス・アンブリッジも純血主義者なので2人とも好みが一致するというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1839-2e818098