FC2ブログ
夏休みも終わりが近づくとハリーは行く先々でロンとハーマイオニーを探すようになりました。しかし結局ハリーが2人と再会できたのは最終日の事でした。するとハーマイオニーが「ふくろうが欲しい」と言い出したのです。別の事情もあって3人は「魔法動物ペットショップ」に行ったのですが・・・(全3項目)

3-1.やっと会えた!
矢のように日が経って夏休みも終盤になりました。ハリーはロンにハーマイオニーの姿はないかと行く先々で探すようになりました。新学期が近づいて来たのでホグワーツの生徒たちが続々とダイアゴン横丁にやって来ました。

ハリーは「高級クィディッチ用具店」でシェーマス・フィネガンやディーン・トーマスと出会いました。2人ともやはりファイアボルトを穴の開くほど見つめていました。そして本物のネビル・ロングボトムとも出くわしました。

フローリシュ・アンド・ブロッツ書店の前でしたが特に話はしませんでした。忘れん坊のネビルは教科書のリストを忘れて来たようで見るからに厳しそうなおばあさんに叱られている所でした。もしあのおばあさんにバレたら?

今度は自分が厳しく叱責されるかもしれない。だからナイト・バスでネビルの名を騙った事が知られませんようにとハリーは願いました。そして夏休みも最後の日になってハリーはやっとロンとハーマイオニーに会えたのでした。

明日になれば必ずホグワーツ特急で2人に会える!そんな思いでハリーは目覚めました。最後にもう一度ファイアボルトを見に外に出ました。ハリーが「どこで昼食を取ろう?」と考えていると誰かが大声でハリーを呼びました。

「ハリー!ハリー!」

振り返るとロンとハーマイオニーはフローリアン・フォーテスキュー・アイスクリーム・パーラーのテラスに座っていました。2人ともちぎれんばかりにハリーに向かって手を振っていました。ハリーの事を随分探したそうです。

「漏れ鍋」に行ったらもう出たと言われた。それからフローリシュ・アンド・ブロッツ書店にマダムマルキンの洋装店にも行ったんだそうです。でもハリーは学校に必要な物はかなり以前に買って揃えてしまっていたんですよね。

自分が「漏れ鍋」に泊ってるってどうして知ってたの?ハリーが2人に訊くとロンが父親のアーサー氏からだと答えました。本当に叔母さんを膨らませてしまったの?ハーマイオニーはそれはそれは真面目な顔で訊いて来ました。

一方ロンは大笑いをしていました。ハリーがそんなつもりはなかったけどキレてしまってと事の次第を説明するとハーマイオニーはロンに「笑うような事じゃないわ」と真剣な突っ込みを入れていました。さらにその後も・・・

ハーマイオニーはハリーが退学にならなかったのが驚きだと言うのです。そんなハーマイオニーにハリーは「僕もそう思ってる」と言った後さらに退学どころか逮捕されるかと思ったと当時の気持ちを2人に打ち明けたのでした。

しかしロンに言わせれば「君が君だからだ」との事でした。何と言っても「あの」ハリー・ポッターだからこそ退学にもならず逮捕もされなかった。ロンはもしそれをしたのが自分だったらそんな大甘な措置には絶対にならない。

ロンはそう言うのです。

3-2.今日はロンもハーマイオニーも
さらにロンはその件については今晩父親のアーサー氏に訊けばいいとそう言うのです。何故ならウィーズリー一家も今日は「漏れ鍋」に泊る。さらには何とハーマイオニーも泊るので明日は共にホグワーツ特急に乗る事ができる。

ハーマイオニーも笑顔を見せて頷きました。両親が今朝ここまで送って来てくれたそうです。3人揃って今夜は「漏れ鍋」に泊ると聞いてハリーは「最高!」と言ったのでした。それなら新しい教科書とかは全部もう買ったの?

ハリーがそう訊くとロンが「これ見てくれよ」と言って袋から細長い箱を出して開けて見せました。それはピカピカの新品の杖で長さは33センチの柳の木でユニコーンの尻尾の毛が1本入っているそうです。そしてさらに・・・

教科書は2人とも全部揃えたんだそうです。そう言うとロンは椅子の下の大きな袋を指しました。例の怪物本を二冊欲しいと言ったら店員が半べそだったのだそうです。しかしハーマイオニーの隣の椅子には袋が3つもあります。

「ハーマイオニー、そんなに沢山どうしたの?」

ハリーがこう訊くとハーマイオニーは自分はあなたたちよりも沢山の新しい科目を取るのでその教科書だと答えました。それは「数占い」に「魔法生物飼育学」に「占い学」と「古代ルーン文字学」と「マグル学」だそうです。

ロンはハリーに目配せしながら「何でマグル学なんか取るんだい?」と訊きました。君はマグル出身じゃないか!両親はマグルじゃないか!だからマグルの事はとっくに知ってるだろう!するとハーマイオニーはこう言うのです。

「だってマグルの事を魔法的視点から勉強するのってとっても面白いと思うわ」

ハーマイオニーは何とこの言葉を真顔で言いました。そんなハーマイオニーにハリーが「これから1年。食べたり眠ったりする予定はあるの?」と訊くとロンはまるでからかうように笑ったのでした。するとハーマイオニーは?

尋ねるハリーと笑うロンの両方を無視しました。そして財布を覗きながら「まだ10ガリオン持ってるわ」と言いました。ハーマイオニーの誕生日は9月なんですが早めに自分でプレゼントを買いなさいと言ってくれたそうです。

無邪気に「素敵なご本はいかが?」と言うロンにハーマイオニーは「とってもふくろうが欲しいの」と言うのです。それはハリーにはヘドウィグがいるしロンにはエロールがいる。しかしハーマイオニーの言葉を途中で遮り・・・

ロンはエロールは僕のじゃない。エロールは家族全員のふくろうなんだ。僕にはスキャバーズしかいないと言うのです。ところがそのスキャバーズがエジプトの水が合わなかったようで診て貰わなければならないと言うのです。

「すぐそこに魔法動物ペットショップがあるよ。ロンはスキャバーズ用に何かあるか探せるしハーマイオニーはふくろうが買える」

確かに元気がなさそうなスキャバーズを見てハリーがこう言いました。ハリーはダイアゴン横丁の事ならもう何でも知っていました。3人はアイスクリームの代金を払い道路を渡って「魔法動物ペットショップ」に向かいました。

3-3.魔法動物ペットショップにて
店の中は狭苦しく壁はびっしりとケージに覆われていました。ヒキガエルに大ガメにオレンジ色の毒カタツムリや白ウサギにあらゆる色の猫と多種多様の魔法動物がいました。大声でハミングする変な毛玉のバスケットに・・・

ワタリガラスを集めたけたたましいケージもあったりしたのでやかましい店内でした。カウンターには大きなケージが置かれ毛並みも艶やかなクロネズミが尻尾を使って縄跳びをしていました。先客がいなくなったので・・・

「僕のネズミなんですがエジプトから帰って来てからちょっと元気がないんです」

ロンがこう言うと魔女の店員が「カウンターにバンと出してごらん」と言ってポケットからがっしりした黒縁メガネを出して来ました。ロンは内ポケットからスキャバーズを取り出して同類のネズミのケージの隣に置きました。

跳びはねていたネズミたちは遊びを止めてスキャバーズがよく見えるように金網の前に集まりました。ロンの持ち物は今回買って貰った杖以外は全てが上の兄たちのお下がりでスキャバーズはかつてはパーシーのペットでした。

そのため魔女に「このネズミは何歳なの?」と訊かれてもロンは答える事ができませんでした。さらに「どんな力を持ってるの?」と質問をされてもロンはやはり何も言えません。これはという魔力を示した事がなかったのです。

魔女はこのネズミはひどい目に遭って来たようだと言うのです。ロンは弁解するように「パーシーから貰った時からこんな風だったよ」と答えました。確かに改めて見てみると左耳はボロボロで前足は指が1本欠けているのです。

こういう普通の家ネズミはせいぜい寿命が3年なのだそうです。そこて魔女は「もっと長持ちするのがよければ」と言ってクロネズミを指し示しました。途端にクロネズミは再び縄跳びを始めました。ロンはそれを見て・・・

「目立ちたがり屋」

こう呟くロンに魔女は「別なのをお望みじゃないならこのネズミ栄養ドリンクを使ってみてください」と言ってカウンターの下から小さな赤い瓶を取り出して来たのでした。ところがロンがそれを受け取ろうとしたその時でした。

「コラッ!クルックシャンクス。ダメッ!」

何か大きいオレンジ色の生き物が一番上にあったケージから飛び降りてロンの頭に着地したのです。それは威嚇するように鳴いたかと思うとスキャバーズめがけて突進しました。スキャバーズは魔女の手をすり抜け逃走しました。

ロンが「スキャバーズ!」と叫びながら後を追って店を飛び出して行きハリーもその後に続きました。スキャバーズを見つけるのに10分近くかかりました。見つかったのは「高級クィディッチ用具店」の外のゴミ箱の下でした。

ところが2人が「魔法動物ペットショップ」に戻って来るとロンにとっては唖然茫然の出来事が待ち受けていたのです。

「君。あの怪物を買ったのか?」

ロンにこう言わしめたのは?

今日の最後に
「怪物的な怪物の本」ハリーたち3人はこの翌日学校に行ってダンブルドア校長が発表して知る事になるのですがケトルバーン先生が引退し「魔法生物飼育学」の後任の教師になったハグリッドがこの本を教科書に指定しました。

一体どんないかなる魔法生物が掲載されているのか?私の頭に思い浮かぶ唯一の生き物はハリーが三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」で対決したという「この本」で絵でしか見た事がないというスフィンクスなんですよね。

「幻の動物とその生息地」によると頭がヒトで体はライオン。魔法界の人たちは貴重品や秘密の隠れ家などを守るのにスフィンクスを使って来た。そのためスフィンクスが危険なのはそれらの物が危機になった時なのだそうです。

ハリーが対決したスフィンクスは女性でした。ハリーはこのスフィンクスが出した謎々に答えてゴールにたどり着きました。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1861-ffb93141