FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ドビーがハリーに警告をしていたその恐ろしい出来事はまず10月31日ハロウィンに起こりました。その結果ハーマイオニーを含めた多くの生徒が知りたがったのは「秘密の部屋」の伝説の事でした。そこでハーマイオニーが取った取られた当の本人もびっくり仰天のその行動とは?(全3項目)

3-1.秘密の部屋の伝説が知りたくて
後に真相を知る事になるのですがハリーとロンはドビーにキングズ・クロス駅の9と3/4番線に入るのを邪魔され空飛ぶフォード・アングリアで学校に向かって飛び立つ所をマグルに目撃されるという失態を起こしてしまいました。

そしてそれは学期が始まって最初の土曜日に「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハートの部屋でハリーが罰則を受けているその時に起こりました。どこからともなく氷のように冷たい声が聞こえて来たのです。

それは今にして思えば予兆でした。そしてついにドビーがハリーに警告していた出来事が起きたのは10月31日のハロウィンでした。ハリーがその姿なき声を追いかけて行ったら3人は最初の犠牲者を発見する事になったのでした。

秘密の部屋は開かれたり
継承者の敵よ、気をつけよ


松明に照らされて鈍い光を放つこの文字の下にぶら下がっていたのは管理人フィルチの飼い猫ミセス・ノリスでした。それをきっかけにハリーたち3人の間で話題に上ったのがホグワーツの「秘密の部屋」の事だったんですよね。

学校中がミセス・ノリスが襲われた話で持ち切りになる中その事件の後遺症はハーマイオニーにも及びました。ハーマイオニーが読書に長い時間を費やすのは今に始まった事ではありません。しかし今は読書しかしていません。

ハリーにロンが「何をしているの?」と訊いても返事をしない有り様でした。それが判ったのは次の水曜日でした。ようやく2人と話す気になったハーマイオニーが「ホグワーツの歴史」が全部貸し出されているとそう言うのです。

しかも二週間は予約で一杯なのだそうです。ハーマイオニーは実はこの本を持っているのですがロックハートの本で一杯で持って来る事ができなかったそうです。ハリーが「どうしてその本が欲しいの?」と訊くとその理由は?

「みんなが借りたがっている理由と同じよ。秘密の部屋の伝説を調べたいの」

そこでハーマイオニーがした事とは?

3-2.魔法史の授業にて
数ある科目の中で「魔法史」は一番授業が退屈でした。担当のビンズ先生は唯一のゴーストの教師で毎回ノートを開いては中古の電気掃除機のように一本調子の低い声で読み上げるだけのそれはそれは単調な授業内容なのです。

この日もいつものように退屈でした。ほとんどの生徒が催眠術にかかったようにぼーっとなり時々はっと我に返っては名前とか年号を書き取る時だけ目を覚ますのです。ところが30分経った頃にかつて例のない事が起こりました。

ハーマイオニーが手を挙げたのです。ビンズ先生はチラッと目を上げ驚いたようにハーマイオニーを見つめました。ビンズ先生が「ミス―あー?」と言うとハーマイオニーは先生に対してはっきりとした口調でこう言ったのでした。

「グレンジャーです。先生。秘密の部屋について何か教えていただけませんか」

するとビンズ先生は自分が教えているのは「魔法史」です。事実を教えているのであり神話や伝説ではないんであります。ビンズ先生はハーマイオニーにこう答えてコホンとチョークが折れるような小さな音で咳払いをしました。

そしてビンズ先生は授業を続けました。しかしビンズ先生の講義は再び途切れる事になったのです。ハーマイオニーが再び手を挙げたからです。先生お願いです。伝説というのは必ず事実に基づいているのではありませんか?

ビンズ先生はハーマイオニーを一心不乱に見つめました。その驚きようと来たらビンズ先生の講義を途中で遮る生徒は先生が生きている間も死んでからも1人もいなかったに違いないとハリーはその様子を見て思ったのでした。

「ふむ。然り。そんな風にも言えましょう。多分」

ビンズ先生はハーマイオニーをまじまじと見ました。まるで今まで一度も生徒をまともに見た事がないようでした。しかし今や生徒全員がビンズ先生の一言一言に耳を傾けていました。先生は見るともなくぼんやりと見渡しました。

全ての生徒の顔が自分のほうを向いている。こんなに興味を示される事は一度もなかった。ビンズ先生が完全にまごついているのがハリーには判りました。ここでもハリーは開心術を使ってビンズ先生の心を読んでいたのでした。

ビンズ先生の講義を途中で遮る生徒は先生が生きている間も死んでからも1人もいなかったに違いない。ハリーがこう思う事ができたのは当然ハリーが開心術に長けていてビンズ先生の全過去を見通していたからなんですよね。

3-3.最初で最後
ホグワーツは一千年以上も前にその当時の最も偉大なる4人の魔女と魔法使いたちすなわちゴドリック・グリフィンドールにヘルガ・ハッフルパフにロウェナ・レイブンクローそれにサラザール・スリザリンによって創設された。

創設者たちは数年間は和気藹々で魔法力を示した若者たちを探し出してこの城に招き入れて教育した。しかし4人の間に意見の相違が出て来た。スリザリンは魔法教育は純粋に魔法族の家系にのみ与えるべきという信念を持った。

そのためマグルの親を持つ生徒は学ぶ資格がないと考え入学する事を嫌った。この問題を巡りスリザリンとグリフィンドールが激しく言い争いスリザリンが学校を去って行った。ここまで話した所でビンズ先生はこう言うのです。

信頼できる歴史的資料はここまでしか語ってくれない。しかしこうした真摯な事実が「秘密の部屋」という空想の伝説により曖昧なものになっている。スリザリンはこの城に他の創設者には知られていない隠された部屋を作った。

その伝説によればスリザリンは「秘密の部屋」を密封してこの学校に彼の真の継承者が現れる時まで何人もその部屋を開ける事ができないようにした。その継承者のみが「秘密の部屋」の封印を解いてその中の恐怖を解き放つ。

それを用いてこの学校から魔法を学ぶにふさわしくない者を追放する。ビンズ先生が語り終えると沈黙が満ちました。しかしいつものこの科目につきものの眠気を誘う沈黙ではありませんでした。生徒全員が先生を見つめ・・・

もっと話して欲しいという落ち着かない空気が漂っていました。ビンズ先生は微かに困惑した様子を見せました。しかし先生は全ては戯言で騙されやすい者を怖がらせるための作り話だとそう言うのです。しかしその時でした。

最高の学識ある魔女や魔法使いが何度もこの学校を探索したがそのようなものは存在しなかった。それに対してシェーマス・フィネガンは「部屋」がスリザリンの継承者にのみ開けられるのなら他の誰も見つけられないのでは?

さらにパーバティ・パチルは「そこを開けるのには闇の魔術を使わないといけないのでは?」と意見を述べました。さらには「スリザリンと血が繋がっていないといけないのでは?」そのためダンブルドアは見つける事ができない。

ディーン・トーマスがこう主張しました。しかしディーンの言葉の途中でビンズ先生は「もう沢山だ」とばかりに議論を打ち切ってしまったのでした。こうしてビンズ先生の授業に於ける最初で最後の議論は終了したのでした。

5分も経たない内に生徒全員がいつもの無気力状態に戻ってしまったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーは開心術に長けているので「ビンズ先生の講義を途中で遮ったのはハーマイオニーが最初で最後だった」という事が判ったというわけです。そしてそのきっかけを作ったのはギルデロイ・ロックハートだったんですよね。

ロックハートが自分の著作を大量にホグワーツの生徒に買わせたがためにハーマイオニーは自分が所有する「ホグワーツの歴史」を学校に持って来る事ができなかった。そのためハーマイオニーは「魔法史」の授業で手を挙げた。

ビンズ先生にしてみれば思ってもみなかった副産物でとてつもなく迷惑千万な出来事だったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.