FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

今月8月が誕生月という事で「できればジニー・ウィーズリーを取り上げたい」と思っていたら実はまだこの名場面集をやっていなかったので今週やる事にしました。ハリーはホグワーツに入学して最初の夏休みの後半を「隠れ穴」で過ごしました。そこには当然ジニーもいたというわけです。(全3項目)

3-1.みんな大好き!
ホグワーツに入学して最初の夏休みの後半をハリーはロンにフレッドとジョージのウィーズリー3兄弟が迎えに来て「隠れ穴」で過ごす事となりました。鏡が大声を上げたり屋根裏お化けが喚いたりパイプを落としたり・・・

フレッドとジョージの部屋から小さな爆発音が上がっても誰もが当たり前という顔をしていたりと「隠れ穴」はへんてこで度肝を抜かれる事ばかりでした。しかしそんな事の中でもハリーが一番不思議だとそう感じた事とは?

それはウィーズリー一家の面々の誰もがつまり全員がハリーに好意を抱いているらしいという事でした。ウィーズリーおばさんはハリーの靴下がどうのこうのと小うるさく食事のたびに無理やり4回もお代りさせようとしました。

ウィーズリーおじさんは夕食の席でハリーを隣に座らせたがりマグルの生活について次から次へと質問攻めにして電気のプラグはどう使うのかとか郵便はどんな風に届くのかを知りたがりました。電話の使い方を話すと・・・

「面白い!まさに独創的だ。マグルは魔法を使えなくても何とかやって行く方法を実に色々考えるものだ」

おじさんはこう言って感心して見せたのでした。そしてもちろん1年以上前からハリーに好意を寄せていて夏休みの間中ずっとハリーの事ばかり話していたという7人の中の末っ子で一人娘のジニーも当然そうだったんですよね。

それはハリーが「隠れ穴」に来て一週間ほど経った上天気の日の朝の事でした。

3-2.ジニーの場合は?(その場面1)
その日ハリーとロンが朝食を取りに台所に下りて行くとウィーズリー夫妻とジニーがもうテーブルに着いていました。ハリーを見た途端ジニーはオートミール用の深皿をうっかり引っくり返して床に落としてしまったのでした。

皿はカラカラと大きな音を立てました。ハリーがジニーのいる部屋に入って行くとその都度ジニーは物を引っくり返しがちになるようでした。ジニーがテーブルの下に潜って皿を拾い再びテーブルの上に顔を出したその時には?

ジニーは真っ赤な夕日のような顔をしていました。ハリーは何にも気がつかないふりをしてテーブルに着きウィーズリーおばさんが出してくれたトーストを食べました。するとおじさんがハリーとロンに手紙を渡してくれました。

「学校からの手紙だ」

おじさんが言うにはダンブルドアはハリーがここ「隠れ穴」にいる事をもうご存じなのだそうです。何1つ見逃さない方との事でした。当然学校からの手紙なのでフレッドとジョージにも来ていておじさんは2人にも渡しました。

ハリーにロンとフレッドにジョージの4人が手紙を読んでいる間は台所は静かになりました。その沈黙を破ったのはフレッドでした。フレッドは自分の教科書リストを読み終えるとハリーのを覗き込んで来てこう言ったのでした。

「君のもロックハートの本のオンパレードだ!闇の魔術に対する防衛術の新しい先生はロックハートのファンだぜ。きっと魔女だ」

こう言った所でフレッドと母親の目が合いました。フレッドは慌ててトーストにママレードを塗りたくりました。すると今度はジョージが両親のほうをちらりと見てこう言いました。ジョージの言葉に対するおばさんの反応は?

「この一式は安くないぞ。ロックハートの本は何しろ高いんだ」

おばさんは「まあ何とかなるわ」と言いながらも少し心配そうでした。多分ジニーの物はお古で済ませられるからとそう言うのです。そこでジニーは今年ホグワーツ入学なのかな?とハリーは気がついてジニーにこう訊きました。

「あぁ君も今年ホグワーツ入学なの?」

するとジニーは頷きながら真っ赤な髪の根元の所まで顔を真っ赤にしてバターの入った皿に肘を突っ込んでしまいました。極めて運のいい事にそれを見たのはハリーだけでした。その時ちょうどパーシーが入って来たからです。

普段はとってもおしゃべりらしいのですがハリーの前ではジニーは思いっ切り無口になってしまうんですよね。

3-3.初めて口を利く(その場面2)
「皆さんおはよう。いい天気ですね」パーシーはこう挨拶すると唯一空いていた椅子に座りましたが途端に弾けるように立ち上がりボロボロ毛の抜けた灰色の毛ばたきを引っ張り出しました。実はそれはふくろうだったのでした。

「エロール!」

ロンがハーマイオニーにダーズリーの所からハリーを助け出すつもりだと手紙を出したんだそうです。エロールは返事の手紙を持っていたのです。そこには水曜日にロンドンに新しい教科書を買いに行くと書かれていたのでした。

そこでウィーズリー一家一同とハリーも同じ日にダイアゴン横丁に行く事になりました。ところが一同がフローリシュ・アンド・ブロッツ書店に来てみるとそこではギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていたのでした。

その日はハリーが初めて煙突飛行粉を使って迷子になってしまい「夜の闇横丁」のボージン・アンド・バークスという店でルシウス・ドラコ・マルフォイ父子に偶然出会うという事があったりもしました。ところがだったのです。

ハリーはフローリシュ・アンド・ブロッツ書店でもその2人と今度は直接顔を合わせる事になりました。ボージン・アンド・バークスではハリーは黒いキャビネット棚の中に隠れたので2人とは直接会ってはいなかったのです。

「有名人のハリー・ポッター。ちょっと書店に行くのでさえ一面大見出し記事かい?」

こう言うのが誰の声なのかがハリーは即座に判りました。いつもの薄笑いを浮かべたドラコ・マルフォイにハリーは真正面から顔を合わせる事になってしまいました。するとそこでジニーがドラコ・マルフォイにこう言いました。

「ほっといてよ。ハリーが望んだ事じゃないわ!」

ジニーはドラコ・マルフォイを睨みつけていました。ジニーがハリーの前で口を利いたのはこの時が初めてでした。マルフォイはハリーに「ガールフレンドができたじゃないか!」とねちこく言いました。その言葉を聞いて・・・

ジニーは真っ赤になりました。この後は敬遠の仲のアーサー・ウィーズリー氏と父親のルシウス・マルフォイ氏が顔を合わせ掴み合いの大喧嘩という事になりハグリッドが2人を引き離すという一幕があったりもしたんですよね。

今日の最後に
実はこの場面を改めて読み返してふと疑問に思ったのが「ジニー・ウィーズリーはロンにフレッドとジョージの3人がハリーを助けにプリベット通り4番地に行く事を事前に聞かされていたのだろうか?」という事なんですよね。

前述のようにロンはハーマイオニーにはあらかじめ手紙で知らせていました。母親のウィーズリーおばさんには言っていませんでした。そのため大目玉を食らう事になりました。パーシーにも当然言ってはいなかったでしょうね。

私はロンたちはジニーには事前に「ハリーを助けに行く」と言っておいたとそう思いますね。ハリーが「隠れ穴」に入ったその日ジニーはハリーにロンとフレッドにジョージの4人が朝食を食べている時に台所に下りて来ました。

私は普段ならジニーは親つまりウィーズリーおばさんが起こしに行くまで寝ているようなそんな気がしますね。今夜ハリーを助けに行くとロンたちから聞かされていたのでハリーが来ているのを確かめるために今日は早起きした。

きっとそうだったんだと私はそう思いますね。ハリーの姿を見てそれはそれはうれしかったんでしょうね。(笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.