FC2ブログ
新学期初日の夜ハリーとロンがグリフィンドール寮の談話室に入ると何と賞賛の嵐でした。しかしパーシーは怒っていました。ハーマイオニーもまたパーシーと同じ思いのようです。ところが翌日の朝食の席に母親のウィーズリーおばさんからロンに赤い封筒が届いて・・・(全3項目)

3-1.翌日の朝
翌日の朝食のテーブルには牛乳入りオートミールの深皿にニシンの燻製の皿さらにはトーストが山と積まれベーコンエッグの皿が並べられていました。魔法がかけられ空と同じに見える天井はどんよりとした灰色の曇り空でした。

ハリーとロンはハーマイオニーの隣に腰掛けました。ハーマイオニーはミルクの入った水差しに「バンパイアとバッチリ船旅」を立て掛けて読んでいました。ハーマイオニーの「おはよう」の言い方は少々つっけんどんでした。

昨日の夜ハリーとロンがグリフィンドール寮の談話室に入った時には何と賞賛の嵐でした。その一方でパーシーは怒っていました。そして寝室が同じネビルとディーン・トーマスにシェーマス・フィネガンも感激の面持ちでした。

パーシーと同様にハーマイオニーもまたハリーとロンが学校に到着したその方法が許せないようです。その反対にネビルの挨拶はうれしそうでした。ハリーの知る限り一番の忘れん坊のネビルはハリーたちにこう言ったのでした。

「もうふくろう郵便の届く時間だ。ばあちゃんが僕の忘れた物を幾つか送ってくれると思うよ」

ハリーがオートミールを食べ始めた途端にネビルの言う通り頭上に慌ただしい音がして百羽を超えるふくろうが押し寄せて来て大広間を旋回し生徒たちの上から手紙やら小包を落としました。大きな小包がネビルにも届きました。

その次の瞬間の事でした。何やら大きな灰色の塊がハーマイオニーのそばの水差しの中に落ち周囲にいる生徒たちにミルクと羽根のしぶきを撒き散らしました。その灰色の塊はウィーズリー家のふくろうのエロールだったのです。

そのエロールが運んで来た物とは?

3-2.吼えメール
ロンが足を引っ張ってミルクの入った水差しから全身ずぶ濡れのエロールを出しました。エロールは気絶をしてテーブルの上に落ちました。足を上向きに突き出して嘴には赤い封筒をくわえていました。それが問題だったのです。

ロンは「大変だ」と言うと息を呑みました。一方エロールを指先で軽く突きながら「大丈夫よ。まだ生きてるわ」と言うハーマイオニーのほうは事の重大さを理解していませんでした。エロールの生き死にの問題ではないのです。

ロンは「そうじゃなくて。あっち」と言うとエロールがくわえている赤い封筒を指差しました。ハリーもまたハーマイオニーと同様にその赤い封筒が一体いかなる手紙なのかという事を全く知らなかったというわけなんですよね。

ロンもネビルも今にも爆発しそうな目つきで赤い封筒を見ています。ネビルのほうはその赤い封筒が何なのかを知っているようでした。ハリーが「どうしたの?」と訊くとロンはか細い声でこう答えました。その赤い封筒とは?

「ママが―ママったら吼えメールを僕によこした」

するとネビルが恐々とロンに「開けたほうがいいよ」と囁きました。開けないともっとひどい事になるよ。ネビルのおばあさんも一度送って来た事があるのだそうです。ネビルは「ほっておいたら」と言うと生唾を飲んで・・・

「ひどかったんだ」

ハリーは石のように強(こわ)ばっているロンとネビルの顔から赤い封筒に目を移して「吼えメールって何?」と訊きました。しかしロンは赤い封筒に全神経を集中させていて「返事をしている場合ではない」といった面持ちです。

赤い封筒は四隅から煙を上げ始めていました。するとネビルが「開けて。ほんの数分で終わるから」とロンを急かしました。そう言われてロンは震える手を伸ばしてエロールの嘴から赤い封筒をそーっと外すと開封をしました。

「車を盗み出すなんて退校処分になっても当たり前です。首を洗って待ってらっしゃい。承知しませんからね。車がなくなっているのを見て私とお父さまがどんな思いだったかお前はちょっとでも考えたんですか」

「昨夜ダンブルドアからの手紙が来てお父さまは恥ずかしさのあまり死んでしまうのではと心配しました。こんな事をする子に育てた覚えはありません。お前もハリーもまかり間違えば死ぬ所だった」

「全く愛想が尽きました。お父さまは役所で尋問を受けたのですよ。みんなお前のせいです。今度ちょっとでも規則を破ってごらん。私たちがお前をすぐ家に引っ張って帰ります」


ロンが赤い封筒を開封するとネビルは耳に指を突っ込みました。次の瞬間ハリーはその理由が判りました。ハリーは封筒が爆発したのかとそう思いました。大広間一杯に吼える声で天井からは埃が落ちて来るほどの大音声でした。

ウィーズリーおばさんの怒鳴り声が本物の百倍に拡大されてテーブルの上の皿もスプーンも音を立てて揺れるという凄まじさでした。おばさんの声は石の壁に反響して鼓膜も裂けそうに唸るほどでした。それだけではありません。

大広間にいた全員があたりを見回し「一体誰が吼えメールを貰ったのだろう?」と探していました。そのロンは椅子に縮こまって小さくなり真っ赤な額だけがテーブルの上に出ていました。どこかで自分の名前が出て来るだろう。

ハリーもそれを覚悟していました。それは「お前もハリーもまかり間違えば死ぬ所だった」と出て来ました。耳がジーンとなって静かになり赤い封筒は炎となって燃え上がり灰になりました。ハリーとロンは呆然としていました。

3-3.事が済んで
大広間に静けさが戻ると何人かが笑い声を上げ徐々に話し声が広がって行きました。ハリーとロンはまるで津波の直撃を受けたかのように椅子に座っていました。ハーマイオニーは読んでいた本を閉じてロンを見下ろすと・・・

「ま。あなたが何を予想していたかは知りませんけど。ロン。あなたは」

こう言うハーマイオニーにロンは「当然の報いを受けたって言いたいんだろう」と噛みついたのでした。一方ハリーのほうも申し訳なさで胃が焼けるような思いでした。あんなにお世話になったアーサー氏が役所で尋問を受けた。

しかし考え込んでいる時間はありませんでした。マクゴナガル先生がグリフィンドールのテーブルを回って時間割を配り始めたからです。ハリーが自分に配られたのを見ると最初はハッフルパフと合同で「薬草学」の授業でした。

ハリーにロンとハーマイオニーは一緒に大広間を出ると屋外の温室へと向かいました。ただしウィーズリーおばさんからロンに届いた「吼えメール」は1つだけ良い事をしてくれました。これでハリーとロンは十分に罰を受けた。

「吼えメール」が来た事でハーマイオニーがそう思ってくれたようで以前と同様に親しげな態度に戻ったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーとハーマイオニーは初めてでした。その一方ロンとネビルは以前に「吼えメール」を受け取った事があるようです。一体全体いかなる状況でロンとネビルはこの赤い封筒すなわち「吼えメール」を受け取ったんでしょう?

ネビルはおばあさんからだと言っていました。当然おばあさんを激怒させるような行為をネビルがしたからなんでしょうね。それならロンの場合は母親のウィーズリーおばさんからハリーのいない所で受け取ったんでしょうか?

そしてネビルのほうはおばあさんのオーガスタ夫人からやはり1年生の時に寝室でハリーにロンあるいは同室のディーン・トーマスやシェーマス・フィネガンがその場にいない時この「吼えメール」を受け取ったんでしょうか?

そういう事だったんですかね?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1885-cf84cfa5