FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

無遠慮に他人の領域に平気で足を踏み入れる。人の話を全く聞こうともせず持論を展開する。今年度「闇の魔術に対する防衛術」の教師になったギルデロイ・ロックハートはそんな人物でした。さらにハリーにはそれは激しくつきまとう1年生もいて・・・(全3項目)

3-1.第3号温室の前で
今学期最初の授業「薬草学」を受けるためハリーたち3人が温室の近くまでやって来ると腕一杯に包帯を抱えたスプラウト先生が「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハートと一緒に歩いて来るのが見えました。

遠くに見える「暴れ柳」の枝のあちらこちらに吊り包帯が施してあるのを見てハリーはまたも申し訳なくて心が痛んだのでした。ロックハートはスプラウト先生に「暴れ柳」の正しい治療法を見せていた所だったんだそうです。

ロックハートは「私のほうが薬草学の知識があるなんて誤解されては困りますよ」とスプラウト先生の事を気遣う言葉を発しました。しかし自分の領域にズカズカと足を踏み込まれてスプラウト先生は不機嫌さが見え見えでした。

スプラウト先生が「今日は3号温室へ!」と言うので今まで1号温室でしか授業がなかった生徒たちの間からは興味津々の囁き声が漏れました。ところがハリーが温室に入ろうとするとそこにロックハートの手が伸びて来て・・・

ロックハートはハリーと話したいと言うのです。スプラウト先生の顔には「ハリーに遅れて貰っては困る」と書いてありましたがロックハートはまさに問答無用と言わんばかりにスプラウト先生の鼻先で扉を閉めてしまいました。

あの話を聞いた時には私は自分を責めましたよ。ロックハートにこう言われてハリーは何の事やらさっぱり分りませんでした。するとロックハートはそれはハリーが車を飛ばしてホグワーツにやって来た事だとそう言うのです。

有名になるという蜜の味を私が教えてしまった。ロックハートはハリーに「有名虫」を移してしまったと言ったのでした。新聞の一面に私と一緒に載ってしまってハリーはまたそうなりたいという思いを堪える事ができなかった。

でも真相は違います。そもそも車を飛ばしてホグワーツに行こうと言い出したのはロンです。それに車で学校に来たのは11時発のホグワーツ特急に乗れなかったためハリーとロンは他に来る方法を思いつかなかっただけなのです。

ハリーは「違います」と言って本当の理由を説明しようとしました。しかしロックハートはスプラウト先生の鼻先で扉を閉めた時と同様ハリーの言い分を聞こうともせずひとしきり話した後にすたすたと行ってしまったのでした。

3-2.昼食後に中庭で
「薬草学」の後はハリーたちを含めたグリフィンドール生は「変身術」でした。コガネムシをボタンに変えるという課題でしたがハリーの場合は杖をかいくぐって逃げ回るコガネムシに机の上でたっぷり運動させただけでした。

ロンのほうはハリーよりもっと惨憺たる状態でした。車で「暴れ柳」に突っ込んだ際に杖を折ってしまったので火花が散ってみたりパチパチととんでもない時に鳴ったりしました。さらに杖は濃い灰色の煙を出したりもしました。

煙で手元が見えなくなりロンはうっかりコガネムシを肘で押しつぶしてしまい新しいのを貰わなくてはなりませんでした。マクゴナガル先生はご機嫌斜めでした。そんな有り様だったので授業が終わるとハリーはホッとしました。

昼食の席でハーマイオニーがその元はコガネムシだったという完璧なコートのボタンを幾つも2人に見せつけるのでロンはますます機嫌を悪くしました。ハリーは慌てて「午後のクラスは何だっけ?」と言って話題を変えました。

するとハーマイオニーが「闇の魔術に対する防衛術よ」とすぐに答えました。そこでロンが「君。ロックハートの授業を全部小さいハートで囲んであるけどどうして?」とハーマイオニーの時間割を取り上げながら訊きました。

ハーマイオニーは真っ赤になって時間割を引ったくり返しました。昼食を終えると3人は中庭に出ました。ハーマイオニーは石段に腰掛け「バンパイアとバッチリ船旅」を朝食の時に引き続いてまた夢中になって読み始めました。

ハリーとロンは立ったままクィディッチの事を話していましたがハリーはふと誰かにじっと見つめられているような気がしました。目を上げると薄茶色の髪をした小柄な少年がその場に釘づけになったようにハリーを見ています。

ハリーは昨日その少年が組み分け帽子を被る所を見ました。少年はカメラのような物をしっかり掴んでいてハリーが目を向けたその途端に顔を真っ赤にしました。少年は怖々といった感じで一歩近づくと一息にこう言いました。

「ハリー元気?僕―僕コリン・クリービーと言います」

コリン・クリービーと名乗ったその少年は僕もグリフィンドールだと言いました。そして遠慮がちにハリーに「構わなかったら写真を撮ってもいいですか?」とカメラを持ち上げて頼んで来たのでした。するとハリーのほうは?

ハリーはオウム返しに「写真?」と訊きました。するとコリンはハリーに会った事を証明したいんですと言って来ました。そしてまた少し近寄りながら熱っぽく「あなたの事は何でも知ってます」と言うと一気に話し始めました。

コリンは色々と変な事ができたそうですがホグワーツから手紙が来るまではそれが魔法だという事を知らなかったのだそうです。コリンのお父さんの職業は牛乳配達。つまりコリン・クリービーはマグル生まれというわけです。

だから写真を沢山撮ってお父さんに送る。そしてもしハリーの写真が撮れたらうれしい。ところがコリンが「写真にサインしてくれますか?」と言い出すものだからコリンのこの一言が一大騒動を湧き起こす事になったのでした。

「サイン入り写真?ポッター。君はサイン入り写真を配っているのかい?」

中庭に大きく響き渡る声でこう言ったのはいつものようにクラッブとゴイルを従えたドラコ・マルフォイでした。マルフォイは周りに群がっている生徒たちにハリーがサイン入り写真を配るから並べと大声で呼びかけたのでした。

ハリーは激怒して「僕はそんな事してないぞ。マルフォイ黙れ!」と言いました。するとコリンはクラッブの首の太さぐらいの体格しかないというのにマルフォイに向かって「君。焼き餅妬いているんだ」と言い返したのでした。

中庭にいた生徒の半分が耳を傾けていたのでマルフォイはもう大声を出す必要はありませんでした。マルフォイは額の真ん中に醜い傷なんか必要ないとか頭をかち割られる事で特別な人間になろうなんて思わないと言いました。

しかし図星だったと私はそう思いますね。

3-3.罰則は2人別々に
ギルデロイ・ロックハートとコリン・クリービーは教師に生徒と立場は全く違うのですが共にハリーの大ファンという点で認識が一致するようです。そのため今学期ハリーはこの2人のためにストレスを溜め込む事になりました。

特に厄介なのがコリン・クリービーのほうでした。どうもハリーの時間割を暗記しているようで1日に6回も7回も声をかけて来てハリーがいくら迷惑そうな声で返事をしようがコリンのほうは最高にわくわくしているようでした。

ロンの杖も相変わらずのトラブル続きだったので週末の土曜日が来た時にはハリーはほっとしました。ところがその日もハリーは早朝からコリンにつきまとわれた上にロックハートと顔を突き合わす事になってしまったのでした。

夜明け直後にキャプテンのオリバー・ウッドに起こされてハリーはクィディッチ競技場に行く事になりました。そこには当然のようにコリンも従いて来ました。しかしそこに何故かスリザリン・チームの面々が姿を現したのです。

新人シーカーを教育する必要があるのでスネイプが特別許可を出したとの事でした。その新人シーカーこそがドラコ・マルフォイだったのです。そのマルフォイがハーマイオニーに向かって「穢れた血」と言ったがために・・・

ロンはナメクジ・ゲップの呪いをマルフォイにかけようとしました。しかし杖が逆噴射して自分にかかってしまいハリーとハーマイオニーに連れられハグリッドの小屋に駆け込む事になってしまいました。ところがだったのです。

その日ハリーとロンは別々に罰則を受けるとマクゴナガル先生に言い渡されました。ハリーはロックハートのファンレターの返事を書くのを手伝う事でロンは管理人のフィルチとトロフィー・ルームで銀磨きをせよとの事でした。

ハリーとロンの双方が最悪の貧乏くじを引いてしまったと感じていました。2人はがっくり肩を落としうつむきながら大広間に入って行きました。朝食抜きだったのにハリーはシェパード・パイを見ても食欲が湧きませんでした。

ところがハリーはロックハートの部屋で骨の髄まで凍らせるような息が止まるような氷のように冷たい声を聞いたのです。しかも不思議な事にロックハートは唖然とするばかりでその声が聞こえないとハリーに言ったのでした。

ハリーが寝室に戻ってパジャマに着替え待っていると30分ほどしてロンが右腕をさすり磨き粉の強烈な臭いを漂わせながら戻って来ました。クィディッチ杯と「学校に対する特別功労賞」のトロフィーを磨かされたんだそうです。

その「学校に対する特別功労賞」のトロフィーを授与されたのがトム・リドルだったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーの罰則は返事の手紙の宛名書きをする事でした。そしてハリーが最初に宛名を書いたのがロックハートの大ファンだというグラディス・ガージョンでした。実はこの人の名前は第5巻「不死鳥の騎士団」にも出て来ます。

この学期の末にロックハートはロンの杖でハリーとロンに忘却術をかけようして杖が逆噴射して自分で自分に忘却術をかけてしまい聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院する事でホグワーツを去るという事になってしまうんですよね。

でもこのグラディス・ガージョンさんはロックハートの事を見放しはしなかったようなんですよね。聖マンゴに入院したその後もロックハートに週に1回手紙を出し続けているんですよね。いつの日か記憶が戻る日が来て欲しい。

そう願っての事なんでしょうね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.