FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ロックハートの部屋でファンレターの返事の宛名書きをしていた時ハリーは何やら不気味な声を聞く事になりました。ところがそれは屋敷しもべ妖精のドビーが警告していた恐ろしい出来事の前触れだったのです。そしてついに10月31日に最初の犠牲者が出たのに続いて・・・(全3項目)

3-1.最初の事件が起きて
罰則を科されてロックハートの部屋でファンレターの返事の宛名書きをしていたハリーは何やら不気味な声を聞く事になりました。しかしロックハートはその声が聞こえないと言いました。自分にだけ聞こえていたんだろうか?

実はそれは夏休みに警告にやって来た屋敷しもべ妖精のドビーが今学期ハリーがホグワーツに戻れば死ぬほど危険だと言っていた恐ろしい出来事の前触れだったんですよね。そしてついに事が起こったのは10月31日の事でした。

ハリーはフィルチに罰則を食らいそうになる所を助けて貰った借りを返すためにグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」の絶命日パーティに出席する事になりました。ロンとハーマイオニーも一緒でした。

ところがそのパーティ会場を出た所で再びあの声が聞こえて来ました。その声を追いかけて行った先にフィルチの飼い猫ミセス・ノリスが目を見開き板のように硬直して松明の腕木に尻尾を絡ませてぶら下がっていたのでした。

「魔法史」のビンズ先生が言うにはホグワーツ創設者の1人サラザール・スリザリンが学校を去る際に自分の継承者だけが開けられる「秘密の部屋」を作って密封をした。それなら一体誰がスリザリンの継承者なのだろうか?

ロンはそれはドラコ・マルフォイだと言うのです。あいつらなら「秘密の部屋」の鍵を子々孫々何世紀も預かっていたかもしれない。ハリーもまたマルフォイはスリザリン寮生だという事をいつも自慢していると同調をしました。

あいつならスリザリンの末裔だっておかしくはない。しかしハーマイオニーは当初「マルフォイがスリザリンの継承者?」とその説には疑問を投げかけました。しかしポリジュース薬を使えば証明する事が可能だと言うのです。

このポリジュース薬は自分以外の誰かに変身できる薬なのだそうです。今頃スリザリンの談話室ではマルフォイがその自慢話の真っ最中かもしれない。だから私たち3人がスリザリンの誰かに変身をすれば何でも訊く事ができる。

ところがそのポリジュース薬の作り方が書かれている「最も強力な薬」という本は禁書の棚にあり持ち出すためには許可証に先生のサインを貰わなくてはなりません。そこでそのサインを貰う先生にハリーたちが指名したのは?

ギロデロイ・ロックハートだったのです。

3-2.決闘クラブ
ハーマイオニーは参考に読むだけですと言いつつ微かに手を震わせながら許可書を差し出しましたがロックハートは「グールお化けとのクールな散策」に出て来る毒薬を理解するのに役に立つと言うとあっさりサインをしました。

ハリーは自分たちが借りる本の題名をロックハートが見もしないでサインしたので驚き呆れていました。スネイプ個人の保管倉庫にしかない「二角獣の角の粉末」と「毒ツルヘビの皮の千切り」はハーマイオニーが入手しました。

「魔法薬学」の授業中にハリーが騒ぎを起こし地下牢教室が騒然としている隙にハーマイオニーが盗みに入ったのです。ポリジュース薬の密造は躊躇するハリーとロンをハーマイオニーが強引に押し切る形で突き進められました。

クィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリン戦でハリーは骨折した右腕をロックハートに骨抜きにされてしまいました。ところがハリーが病棟のベッドで骨が再生する痛みと格闘している所にドビーがやって来たのです。

ブラッジャーに細工をしたのはマルフォイではなくドビーだったのです。しかしその日の夜に病棟に担ぎ込まれて来たのはハリーだけではありませんでした。2件目の犠牲者コリン・クリービーがカメラを手に運ばれて来ました。

ハリーの右腕はまだぎこちなかったものの朝食を終えると退院が許可されました。新たな犠牲者が出た事で1日も早くポリシュース薬を完成させなければとロンとハーマイオニーは「嘆きのマートル」のトイレにいたのでした。

ロンの見解ではマルフォイはクィディッチの試合の後に気分最低でその腹いせにコリンをやったとの事でした。スニッチがすぐそばにあったというのにハリーにそれを奪われてしまったのだから気分も最低になるというわけです。

そしてそれは「二角獣の角の粉末」と「毒ツルヘビの皮の千切り」を入手して一週間後の事でした。ハリーたち3人が玄関ホールを歩いていると掲示板の前に人が集まっていて貼り出されたばかりの羊皮紙を読んでいました。

「決闘クラブ」を始めるんだそうです。ロンも興味津々で掲示を読みました。3人で夕食に向かう途中ロンが「役に立つかもね」と言うとハリーとハーマイオニーも行こうという事になり晩の8時に3人は再び大広間に来ました。

食事用の長いテーブルは取り払われて一方の壁に沿って金色の舞台が出現していました。生徒たちの群れの中に割り込みながらハーマイオニーが「一体誰が教えるのかしら?」と言ったその後に自分の見解をこう言ったのでした。

「誰かが言ってたけどフリットウィック先生って若い時。決闘チャンピオンだったんですって。多分彼だわ」

ハリーは「誰だっていいよ。あいつでなければ」と言いました。ところが舞台に姿を現したのはその「あいつ」でした。きらびやかな深紫のローブを着たギルデロイ・ロックハートがいつもの黒装束のスネイプを従えていました。

ロックハートは観衆に手を振り「静粛に」と呼びかけました。ダンブルドア校長先生がこの小さな「決闘クラブ」を始めるお許しをくれたのだそうです。自らを護る必要が生じた万一の時に備えて皆さんをしっかり鍛え上げる。

ロックハートはそういう経験を数え切れないほどしたそうです。こう挨拶をした後ロックハートは満面の笑みを振りまきながら「では助手のスネイプ先生をご紹介しましょう」と言ったのでした。ロックハートが言うには・・・

スネイプは決闘について僅かながらご存じらしい。訓練を始めるに当たって短い模範演技をするのに勇敢にも手伝うというご了承をいただいたんだそうです。自分と手合わせしたその後でもスネイプはちゃんと存在をしています。

だから心配する必要はないとの事でした。ロンはハリーに「相打ちで両方やられっちまえばいいと思わないか?」と囁きました。でも極めて残念な事に相打ちになるほどロックハートとスネイプの魔法力は互角でなかったのです。

3-3.武装解除の術
ロックハートとスネイプは向き合うと一礼しました。ロックハートは腕を振り上げると大袈裟に動かしたその後に体の前に持って来て礼をしました。その一方スネイプのほうはと言えば不機嫌に軽く頭を下げただけの一礼でした。

「ご覧のように私たちは作法に従って杖を構えています」

ロックハートは静まり返る観衆に向かってこう説明しました。3つ数えて最初の術をかける。もちろんどちらも相手の命を奪うつもりはないのだそうです。しかしスネイプが歯を剥き出しているのを見てハリーはこう言いました。

「僕にはそうは思えないけど」

3つ数えると2人は共に杖を肩より高く振り上げました。そしてスネイプが「エクスペリアームス!」と叫びました。すると目も眩むような紅の閃光が走ったかと思うとロックハートは後ろ向きに宙を飛んで舞台から吹き飛びました。

さらにロックハートは壁に激突して壁伝いにズルズルと滑り落ち床に無様に大の字になりました。ロックハートはふらふらと立ち上がりました。帽子は吹き飛びカールした髪は逆立っています。まさにロックハートの完敗でした。

マルフォイや数人のスリザリン生が歓声を上げました。ハーマイオニーは爪先立ちで跳ねながら顔を手で覆い指の間から「先生。大丈夫かしら?」と悲痛な声を上げました。それにハリーとロンは「知るもんか!」と答えました。

よろめきながら舞台に戻ったロックハートは「あれが武装解除の術です。ご覧の通り私は杖を失ったわけです」と説明しました。ロックハートが不意を衝かれたのは明らかでした。しかしそれでも強気の姿勢を崩しませんでした。

この後もロックハートは・・・

今日の最後に
私はこのギルデロイ・ロックハートという人物が全く理解できませんね。最初の授業でピクシー小妖精を持ち込んだら完全に持て余して後始末をハリーたち3人に押し付けるわ骨折したハリーの右腕を骨抜きにしてしまいました。

そのため校医のマダム・ポンフリーにも「能なしの先生」と文句を言われる始末でした。そして今度はそれでもまだ懲りないようで「決闘クラブ」を開催しました。そしてまたしても醜態を生徒たちの前にさらす事になりました。

でもこれが後にハリーにとってはとても貴重な経験という事になったんですよね。だからダンブルドアは許可したのです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.