FC2ブログ
何故ダンブルドアはプリベット通り4番地の居間に足を踏み入れたのか?その理由は一週間前にシリウスの遺言が見つかった事で幾つか解決しなくてはならない事ができたからなんだそうです。その数々の諸問題を解決するために居間に姿を現したのは?(全3項目)

3-1.面倒な事が起きた
何故ダンブルドアはプリベット通り4番地の居間に足を踏み入れたのか?その理由はダンブルドアが言うには面倒な事が起きたのだそうです。その事を我々不死鳥の騎士団のために解決してくれる事を望んでいるんだそうです。

しかしまずハリーに話さなければならない事があるそうです。シリウスの遺言が一週間前に見つかり所有物の全てをハリーに遺したとの事です。しかしハリーは「あ。はい」と言う他には何も言うべき言葉が浮かびませんでした。

ほとんどが単純明快な事でグリンゴッツのハリーの口座にほどほどの金貨が増えハリーがシリウスの私有財産を相続した。すると「少々厄介な遺産は」とダンブルドアが言った所でバーノン叔父さんがこう口を挟んで来ました。

「名付け親が死んだと?」

叔父さんが大声で訊くのでダンブルドアもハリーも叔父さんのほうを見ました。蜂蜜酒のグラスが今度は相当しつこく叔父さんの頭を横から小突いています。叔父さんはそれを払いのけようとしながら再び2人にこう訊きました。

「死んだ?こいつの名付け親が?」

ダンブルドアは叔父さんに「そうじゃ」と答えました。しかしハリーに「何故ダーズリー一家に打ち明けなかったのか?」などと訊いたりはしませんでした。ダンブルドアはまるで何事もなかったかのように話を続けたのでした。

「シリウスがグリモールド・プレイス12番地を君に遺したのじゃ」

ダンブルドアがハリーにこう言うとバーノン叔父さんは「屋敷を相続しただと?」と意地汚く言いました。でもダンブルドアもハリーも何も答えません。そしてハリーは叔父さんの問いかけを完全に無視しながらこう言いました。

「ずっと本部として使っていいです。僕はどうでもいいんです。あげます。僕は本当にいらないんだ」

するとダンブルドアはそんなハリーに・・・

3-2.グリモールド・プレイス12番地の問題
ハリーはできればグリモールド・プレイス12番地に二度と足を踏み入れたくありませんでした。シリウスはあそこを離れようとそれはそれは必死でした。それなのに忌まわしい思い出ばかり残るあの家に閉じ込められていました。

するとハリーに「あげます」と言われてダンブルドアが「それは気前のいい事じゃ」と言葉を返しました。しかしながら我々つまり不死鳥の騎士団は一時的にあの建物から退去したのだそうです。一体全体いかなる理由なのか?

あの屋敷はブラック家の伝統で代々ブラックの姓を持つ直系の男子に引き継がれる決まりになっていた。シリウスはその系譜の最後の者だった。シリウスは遺言であの屋敷をハリーに所有して欲しいという事は明白にはなった。

それでもあの屋敷に何らかの呪文や呪いがかけられておりブラック家の純血の者以外は何人も所有できぬようになっているかもしれない。ダンブルドアにこう言われてハリーの脳裏に浮かんだのはシリウスの母親の肖像画でした。

ハリーが「きっとそうなっています」と言うとダンブルドアは「まことにもしそのような呪文がかけられておればあの屋敷の所有権は生存しているシリウスの親族の中で最も年長の者に移る可能性が高い」とそう答えたのでした。

「つまり従姉妹のベラトリックス・レストレンジという事じゃ」

ハリーは思わず立ち上がりました。膝に載せていた望遠鏡とスニーカーが床を転がりました。よりによってシリウスを殺害したベラトリックス・レストレンジがあの屋敷を相続する?ハリーが「そんな」と言うのに対して・・・

「まあ我々も当然ベラトリックスが相続しないほうが好ましい」

状況は複雑を極めているのだそうです。例えばあの場所を特定できぬようにかけた「忠誠の術」もまた所有権がシリウスの手を離れたとなると持続するかどうかは分からない。今にもベラトリックスが戸口に現れるかもしれない。

そのため状況がはっきりするまで不死鳥の騎士団はグリモールド・プレイス12番地を離れなくてはならなかった。そういう事だったんだそうです。でもそれならハリーが屋敷を所有する事が許されるのかがどうしたら判るのか?

それはダンブルドアが言うには「幸いな事に1つ簡単なテストがある」との事でした。するとそこでダンブルドアが空のグラスを椅子の脇の小さなテーブルに置くと次の行動に移る間を与えずバーノン叔父さんがこう叫びました。

「このいまいましいやつをどっかにやってくれんか?」

ハリーが振り返るとダーズリー一家が腕で頭をかばいしゃがみ込んでいます。グラスが3人それぞれの頭を上下に飛び跳ね蜂蜜酒がそこいら中に飛び散っていました。ダンブルドアは「おおすまなんだ」と礼儀正しく言い・・・

また杖を上げました。3つのグラスが一斉に消えました。そしてここでダンブルドアは「しかしお飲みくださるのが礼儀というものじゃよ」と言ったのでした。そう言われてバーノン叔父さんは嫌味の連発で応酬をしてやりたい。

そんな表情を浮かべましたがダンブルドアの杖に目を止めると妻のペチュニア叔母さんと息子のダドリーと一緒に小さくなってクッションに身を沈め黙り込んでしまいました。ダンブルドアは何事もなかったかのように・・・

「よいかな。君が屋敷を相続したとすればもう1つ相続するものが」

ハリーにこう言ったのでした。ここでダンブルドアはまたしても杖を振りました。パチンと大きな音がしたかと思うと垢べっとりのボロを着て高級そうなカーペットのその上に現れたのは屋敷しもべ妖精のクリーチャーでした。

これが簡単なテストだったのです。

3-3.命令してみるのじゃ
クリーチャーは大きなしわがれ声を上げ地団駄を踏んで自分の耳を引っ張りながら「クリーチャーはしない。クリーチャーはしない。クリーチャーはそうしない!」と喚いていたのでした。自分はミス・ベラトリックスのものだ。

自分はブラック家のものだ。クリーチャーは新しい女主人様がいいのですからポッター小僧には仕えない。だからクリーチャーはそうしないというわけです。ダンブルドアはクリーチャーの喚き声に負けぬよう大きな声で・・・

「ハリー。見ての通りクリーチャーは君の所有物になるのに多少抵抗を見せておる」

多少なんてものではなくて相当に嫌がっているようですがハリーはそんなクリーチャーに嫌悪の眼差しを向けながら「どうでもいいんです。僕いりません」と言ったのでした。しかしダンブルドアはハリーにこう言ったのでした。

「クリーチャーがベラトリックス・レストレンジの所有に移るほうが良いのか?クリーチャーがこの一年不死鳥の騎士団本部で暮らしていた事を考えてもかね?」

ハリーはダンブルドアを見つめました。クリーチャーがベラトリックス・レストレンジと暮らすのを許してはならないとそう思う一方シリウスを裏切ったこのクリーチャーを所有するなどとは考えただけで厭わしかったからです。

「命令してみるのじゃ」

君の所有に移っているならクリーチャーは君に従わねばならぬ。さもなければこの者を正当な女主人から遠ざけておくよう他の何らかの策を講じなければならない。だからまずは命令をしてみなさいとダンブルドアは言うのです。

クリーチャーの声は高くなって叫び声になりました。ハリーは他に何も思いつかないまま「クリーチャー黙れ!」と言いました。ハリーに命令されてクリーチャーは一瞬窒息するかのように喉を押さえ死に物狂いの形相でした。

口をパクつかせ両眼が飛び出していました。数秒間必死で息を呑み込んでいましたがクリーチャーはやがてカーペットにうつ伏せに身を投げ出し両手両足で床を激しく叩きながらも完全に無言で癇癪を爆発させていたのでした。

「さてこれで事は簡単じゃ。シリウスはやるべき事をやったようじゃのう。君はグリモールド・プレイス12番地とそしてクリーチャーの正当な所有者じゃ」

ダンブルドアはうれしそうにこう言いました。しかしハリーは仰天しました。足下でクリーチャーがまだジタバタしていたからです。そこで「こいつをそばに置かないといけないのですか?」とハリーが訊くとダンブルドアは?

「そうしたいなら別じゃが。わしの意見を言わせて貰えばホグワーツに送って厨房で働かせてはどうじゃな。そうすれば他のしもべ妖精が見張ってくれよう」

ダンブルドアにこう言われてハリーはホッとしました。ハリーがそう命令をするとクリーチャーは心底おぞましそうにハリーの顔を上下逆さまに見上げて睨みつつ再びパチンという大きな音と共に姿をくらましたというわけです。

もう1つヒッポグリフのバックビークの事があったものの現在面倒を見ているハグリッドの所にいれば良いという事でこちらの件はすんなりと片付きダンブルドアとハリーの協議は終了という事になったというわけなんですよね。

今日の最後に
こうしてホグワーツの厨房で働く事になった屋敷しもべ妖精のクリーチャーだったのですがそこにはハリーの事が大好きなドビーも働いています。この2人の屋敷しもべ妖精には実は意外な共通点があるというわけなんですよね。

ドビーはクラウチ家に仕えていたウィンキーが自由になり「2人一緒に働ける所はないか?」という事でホグワーツにやって来ました。しかしウィンキーの雇い主がホグワーツなのに対しドビーはダンブルドア個人なんですよね。

それはドビーが給料を欲しがったからです。ホグワーツで働いているドビー以外の屋敷しもべ妖精たちは給料など望んでいないのでホグワーツにはそんな財源も予算もない。だからドビーの雇い主はダンブルドア個人なのです。

つまりクリーチャーとドビーはハリーとダンブルドアの共に個人が雇い主というわけです。しかしハリーに対する思いは正反対ですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1913-1c456012