FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

スラグホーンに呼ばれてハリーがそのコンパートメントにネビルと共に行くと既にそこには他の招待客もいました。そんな中の1人スリザリン生のブレーズ・ザビニを見ている内にハリーは閃いたのでした。そこで思いついた事を実行に移したのですが・・・(全3項目)

3-1.スラグホーンに呼ばれて
ひょっとしたら目の前に今いるネビルの額に稲妻形の傷痕が刻まれていたのかもしれない。そんな感慨に耽っていたハリーだったのですが暫く経ってようやくロンとハーマイオニーが合流してハリーは思わぬ事を聞かされました。

それはドラコ・マルフォイが他のスリザリン生と一緒にコンパートメントに座っているだけで監督生の仕事をしていないと言うのです。ロンにそう言われてハリーは思わず気持ちを引かれて座り直したのでした。何故なんだ?

先学期はずっと監督生としての権力を嬉々として濫用していたのに力を見せつけるチャンスを逃すなんてあいつらしくない。マルフォイには下級生いじめより大切な事があると考えられるのでは?するとそこにやって来たのは?

尋問官親衛隊のほうが多分お気に召していたのよ。それに比べると監督生なんてちょっと迫力に欠けるように思えるんじゃないかしら。こう言うハーマイオニーにハリーが「そうじゃないと思う」と反論をしようとした時でした。

ハリーが持論を言わない内にコンパートメントの扉が開いて女の子が息を切らしながら入って来ました。そして「これを届けるように言われて来ました」と言うとネビルとハリーに紫のリボンで結ばれた巻紙を差し出しました。

それはホラス・スラグホーンからの招待状でした。自分のいるコンパートメントでのランチに参加して貰えれば大変うれしいと書かれていました。ネビルはスラグホーンから届いた自分宛ての招待状に当惑している様子でした。

「新しい先生だよ。多分行かなきゃならないだろうな」と言うハリーにネビルは「だけどとうして僕に来て欲しいの?」とまるで行った先に罰則が待ち構えているかのように恐々と訊いて来ました。それはハリーにも分りません。

ハリーは「透明マント」を着て行こうと思い立ちましたが通路はランチ・カートを待つ生徒で一杯だったのでできませんでした。視線はさっきよりさらに強烈になっていました。ハリー見たさに生徒が通路に飛び出して来ました。

そのコンパートメントに到着するとスラグホーンに招待されていたのはハリーとネビルだけではない事が判りました。しかし「ハリーよく来た!」と言うスラグホーンの熱烈歓迎ぶりからハリーが一番待ち望まれていたようです。

こうしてハリーはネビルと共にホラス・スラグホーンのランチに参加したのですがそこには思ってもみなかった意外な生徒もいたんですよね。

3-2.スラグホーンのコンパートメントで
スラグホーンに促されてハリーとネビルは扉に一番近い2つだけ空いた席に向かい合って座りました。ハリーが他の招待客をちらりと見回すと顔見知りと知らない顔の両方がありましたがそんな中に何故かいたのがジニーでした。

ジニーはスラグホーンの隣の隅の席で押しつぶされながら「何故ここにいるのかさっぱり分らない」という顔をして座っていました。しかし招待客の話を一通り聞いてハリーは「思った通りだ」と判ったというわけなんですよね。

ここに招かれた生徒たちはジニーを除いた全員が誰か有名人か有力者と繋がりがあるという事なのです。そして当然の如くスラグホーンは一番人気の出し物を紹介する司会者の雰囲気で体の向きを変えるとこう言ったのでした。

「ハリー・ポッター!一体何から始めようかね?夏休みに会った時はほんの表面を撫でただけ。そういうような感じでしたな!」

スラグホーンはハリーがまるで脂の乗った特別大きな雉肉でもあるかのように眺め回してから君は今は「選ばれし者」と呼ばれているとそう言いました。他の招待客もハリーを見つめていましたがハリーは何も言いませんでした。

もちろんもう何年も噂はあった。私は憶えておるよ。あの恐ろしい夜の後に。リリーもジェームズも死んだ。にも関わらずハリーだけは生き残った。そして噂が流れた。君はきっと尋常ならざる力を持っているに違いないんだ。

ところがスラグホーンが言葉を言い終わらない内にスリザリン生のブレーズ・ザビニが咳をしました。それは明らかに「それはどうかな」とそう言っていたのでした。するとそれを見て取ってジニーが怒りの声を上げたのでした。

「そうでしょうよザビニ。あなたはとっても才能があるものね。格好をつけるっていう才能」

するとスラグホーンは「おやおや!」と言ってジニーを振り返り心地良さそうに笑ったのでした。ジニーの視線はスラグホーンを乗り越えてザビニを睨みつけていました。それを見てスラグホーンはザビニにこう言ったのでした。

「ブレーズ気をつけたほうがいい!こちらのお嬢さんがいる車両を通り過ぎる時にちょうど見えたんですよ。それは見事なコウモリ鼻糞の呪いをかける所がね!私なら彼女には逆らわないね!」

スラグホーンにこう言われてもザビニはフンという顔をしただけでした。そしてスラグホーンは「とにかく」と言って話をハリーの事に戻しました。この夏は色々と噂ががあった。もちろん何を信じるべきなのかは分からない。

「日刊予言者新聞」は不正確な事を書いたり間違いを犯した事がある。でも今回の件は証人が多かったから疑いの余地はないと思われる。魔法省で相当の騒ぎがあったしハリーはその真っ只中にいたとスラグホーンは言うのです。

言い逃れるとしたら完全に嘘をつくしかない。そう思ったハリーは頷いただけで黙り続けました。そんなハリーを見てスラグホーンは「実に慎み深い。ダンブルドアが気に入っているだけの事はある」とハリーを賞賛しました。

するとスラグホーンが「あの伝説的予言だが」と言った所でネビルがこれ以上はできないというぐらい顔を真っ赤にして「僕たち予言を聞いてません」と言ったのでした。ジニーもまた「そうよ」とそれをがっちり支持しました。

「ネビルも私もそこにいたわ。選ばれし者なんてバカバカしい話は日刊予言者のいつものでっち上げよ」

ジニーにこう言われスラグホーンは「君たち2人もあの場にいたのかね?」と興味津々の面持ちでジニーとネビルを交互に見ました。しかし返事を促すように微笑むスラグホーンを前に2人は貝のように押し黙っていたのでした。

3-3.気づかれていた
スラグホーンのコンパートメントを出てからハリーはジニーに「どうしてあそこに来る羽目になったの?」と訊きました。するとジニーからはザカリアス・スミスに呪いをかけている所を見つかったという答えが返って来ました。

ダンブルドア軍団のメンバーの1人だったのですが魔法省で何があったとしつこく訊いて来て最後は本当にうるさくなったから呪いをかけてやった。その時スラグホーンが入って来たのでジニーは罰則を食らうと思ったそうです。

ところがスラグホーンは凄くいい呪いだと思っただけだと言ったんだそうです。そういう理由でランチに招かれたのだそうです。しかしハリーは母親が有名だからって招かれるよりもまともな理由だとジニーに言ったのでした。

そこでハリーは突然閃きました。無鉄砲だがこれが上手く行けば素晴らしい。目の前にいるブレーズ・ザビニはこれからスリザリンの6年生がいるコンパートメントに入って行く。そこには当然ドラコ・マルフォイがいるはずだ。

ハリーは声をひそめてジニーとネビルに「2人とも後で会おう」と言うと「透明マント」を被りました。ザビニがコンパートメントの扉を開けるのを見計らって滑り込むのには間に合わなかったので足を突き出して止めました。

ハリーは扉を掴んで力一杯押し開けました。ザビニは取っ手を掴んだままだったので横っ飛びにグレゴリー・ゴイルの膝に倒れました。ハリーはどさくさに紛れてコンパートメントに飛び込むと荷物棚の上によじ登ったのでした。

マントがはためいた時に間違いなく足が剥き出しになりました。上のほうに消えて行くスニーカーをマルフォイが確かに眼で追っていたような気がしてハリーは一瞬ひやりとしました。こうしてハリーは荷物棚に上がりました。

ハリーはマルフォィを見つめるのに気を取られゴイルがトランクに手を伸ばした事に気づきませんでした。ゴイルのトランクが頭に当たってハリーは思わず声を漏らしてしまいました。マルフォイが顔をしかめて見上げました。

ハリーはマルフォイが怖いわけではありませんでしたが仲の良くないスリザリン生たちに「透明マント」に隠れている所を見つかってしまうのは気に入らないと思いました。マルフォイは結局空耳だったと思い直したようでした。

でもそれはハリーの見込み違いでした。スリザリン生たちのほぼ全員がコンパートメントを出て行き最後に残ったのはドラコ・マルフォイとパンジー・パーキンソンの2人だけでした。するとマルフォイはパーキンソンに・・・

「先に行け。ちょっと調べたい事がある」

パンジー・パーキンソンがいなくなりました。コンパートメントはハリーとマルフォイだけになりました。マルフォイはブラインドを下ろして通路から中が見えないようにしました。ハリーの心臓の鼓動が少し早くなりました。

マルフォイがパンジー・パーキンソンに隠したい物は何だろう?修理がそれほど大切だという謎のあの品物が見えるのだろうか?ハリーがそう思っているとマルフォイが不意を衝いてハリーに杖を向けるとこう唱えたのでした。

「ペトリフィカス トタルス!石になれ!」

今日の最後に
夏休みになって二週間後にバドリー・ババートンという村に説得に行った際にダンブルドアはハリーにホラス・スラグホーンは間違いなく君を蒐集しようとする。そしてハリーは蒐集物の中の宝石になるだろうと言っていました。

そしてダンブルドアの言っていた通りスラグホーンは新学期初日のホグワーツ特急内でハリーをランチに呼び早速蒐集しようとしたというわけです。その帰りハリーはドラコ・マルフォイのいるコンパートメントに潜入しました。

もちろんダンブルドアがハリーにそうさせるように仕向けたというわけです。それはハリーが自分に対して疑念を抱いているんだという事をドラコ・マルフォイに気づかせてハリーを警戒するようにさせるためだったんですよね。

それは目的を達成させるためだったのです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.