FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

数いる生徒の中でも飛び抜けて仲のいい3人つまりハリーにロンとハーマイオニーが自分の担当する「魔法生物飼育学」を取らなかったためハグリッドはご機嫌を損ねたらしい。そこでハリーたちが訪ねて行ってみるとハグリッドを不機嫌にしているのはそれだけではなかったのです。それは?(全3項目)

3-1.6年生になって
6年生になってハリーたちが受ける各科目の授業内容は格段に厳しくなりハリーはマクゴナガル先生の言う事が半分も分らないほどでハーマイオニーですらマクゴナガル先生に説明の繰り返しを頼むほどに難しくなっていました。

スネイプはその記念すべき初授業で無言呪文を取り上げました。しかし今やその無言呪文は「闇の魔術に対する防衛術」だけではなく「呪文学」に「変身術」でも要求され6年生は連日その練習に忙殺される事になったのでした。

膨大な量の宿題とがむしゃらに無言呪文を練習するのに時間を取られてハリーたち3人はハグリッドを訪ねる時間など到底ありませんでした。それが原因で機嫌を損ねたのか?ハグリッドの姿が教職員テーブルから消えました。

不吉な兆候です。さらに廊下や校庭で時々すれ違ってもハグリッドは不思議にもハリーたちに気づかず挨拶しても聞こえないようでした。そこでハーマイオニーが「訪ねて行って説明すべきよ」とハリーとロンに言ったのでした。

それは二週目の土曜日の朝食の席でした。しかしその日の午前中はクィディッチの選抜がありキャプテンのハリーは当然立ち会わなくてはなりません。さらにロンは何をどう説明すればいいんだとそう文句を言う有り様でした。

ロンは「尻尾爆発スクリュート」の事は忘れられないと言うのです。確かにスクリュートには散々な目に遭いました。さらに学期の初日にハグリッドは巨人の弟のグロウプを訓練して助手にしようと考えていると言っていました。

僕たち実は危うい所を逃れたんだぞ。あのまま「魔法生物飼育学」を取り続けていたら自分たちはきっとグロウプに靴紐の結び方を教えていたとロンは言うのです。しかしだからと言ってハグリッドと口を利かないなんて嫌だわ。

そう言うハーマイオニーにハリーがクィディッチの選抜の後に行こうと言って安心させました。ハリーもまたハグリッドと離れているのは寂しいと思ったからです。しかしクィディッチの選抜は午前中一杯かかるかもしれません。

どういうわけか応募者が多いからです。

3-2.教職員テーブルを見てみると
「どうして急にこんなに人気のあるチームになったのか分んないよ」こう言うハリーに今度はハーマイオニーがいきり立って「まあハリーったらしょうがないわね」と言ったのでした。人気の理由は他ならぬハリーなんですよね。

ハリーの言っていた事が真実だったと今では誰もが知っている。ヴォルデモートが戻って来たと言った事も正しかった。さらにはこの2年間にハリーが二度もヴォルデモートと戦って二度とも逃れた事も本当だと魔法界が認めた。

そして今はみんながハリーの事を「選ばれし者」と呼んでいる。さらに情緒不安定の嘘つきに仕立て上げようと魔法省が散々迫害したのにそれも耐え抜いた。とにもかくにもハリーは自分の主張を貫いたというわけなんですよね。

おまけに夏の間に身長が30センチも伸びた事も悪くない。だからハリーがこんなにも興味をそそった事はないし率直に言ってこんなにセクシーだった事はない。これでもみんなが魅力を感じる理由が判らないのかしっかりしてよ。

ハーマイオニーはそう言うのです。するとここでいつものようにふくろうが郵便を運んで来ました。親は心配して子供の事を知りたがっていたし無事を知らせて子供を安心させようという事で配達の数は多くなっていたのでした。

すると学期に入って初めてヘドウィグが郵便を持って来ました。包みを開けるとフローリシュ・アンド・ブロッツ書店からの「上級魔法薬」でした。ハーマイオニーはこれであの落書き入りの教科書を返せると言ったのでした。

ところがハリーはプリンス手書き入りの「上級魔法薬」を手放す気などないと言うのです。まずその本を取り出して双方に「ディフィンド!裂けよ!」と唱えて表紙を外す。そして表紙を取り換え「レパロ!直せ!」と唱える。

こうすればプリンスの本は表向きは新しい教科書になるというわけです。ハーマイオニーはハリーのした事を見て「何て破廉恥な!承服できない」という表情を浮かべました。でも「日刊予言者新聞」が来たので気が逸れました。

「誰か知ってる人が死んでるか?」

ロンはわざと気軽な声でこう訊きました。ハーマイオニーが新聞を広げるとロンはいつもこの質問をしていました。すると「逮捕が1件」という言葉が返って来ました。ハリーはベラトリックス・レストレンジを思い浮かべました。

ところが逮捕されたのは「夜の騎士(ナイト)バス」の車掌のスタン・シャンパイクなのだそうです。ロンは「服従の呪文」をかけられていたのかもしれないぞと言いました。しかし記事を読むとどうやらそうではないようでした。

何でも容疑者つまりスタンがパブで死喰い人の秘密の計画を話しているのを誰かが漏れ聞いて逮捕されたんだそうです。もしも「服従の呪文」をかけられていたのならパブで死喰い人の計画を吹聴するなんて事はしないだろう。

ハーマイオニーが言うには「多分何かしら手を打っているように見せたいんじゃないかしら」との事でした。みんなが戦々恐々だしパチル姉妹のご両親は2人を家に戻したがっているそうです。もう家に帰った人もいるそうです。

するとロンはこう言うのです。ホグワーツはあいつらの家より安全だ。闇祓いもいるし安全対策の呪文も色々追加され何しろダンブルドアがいる!ところがハーマイオニーはダンブルドアがいつもいるとは限らないと言うのです。

「気がつかない?ここ一週間校長席はハグリッドのと同じぐらいずっと空だったわ」

ハーマイオニーにこう言われてハリーとロンが教職員テーブルを見ると校長席は確かに空でした。考えてみればハリーはちょうど一週間前の個人教授以来ダンブルドアの姿を見ていませんでした。ハーマイオニーは言うのです。

「騎士団に関する何かで学校を離れていらっしゃるのだと思うわ。つまりかなり深刻だって事じゃない?」

3-3.ハグリッドの小屋に
ハリーの予想通りクィディッチの選抜はほとんど午前中一杯かかりました。何せまともに飛べない1年生やら互いにしがみついて笑い転げる愚か者やら半周した所で玉突き事故を起こす奴らに他の寮の生徒までいる有り様でした。

それでも何とかハリーがまあまあ満足できる新チームができました。第1回の本格的な練習日を次の木曜日と決めハリーたち3人はハグリッドの小屋に向かいました。行くと小屋の前にはヒッポグリフのバックビークがいました。

鋭い嘴を鳴らして巨大な頭をこちらに向けるのでハーマイオニーはおどおどしながら「どうしましょう。やっぱりちょっと恐くない?」と言いました。するとロンが「いい加減にしろよ。あいつに乗っただろう?」と言いました。

乗った事があるのに何で恐がるんだというわけです。ハリーが進み出て目を離さず瞬きもせずにお辞儀をするとバックビークも身体を低くしてお辞儀を返しました。ハリーは「元気かい?」と言うと近づいて頭の羽を撫でました。

「あの人がいなくて寂しいか?でもここではハグリッドと一緒だから大丈夫だろう?ン?」

ハリーがバックビークにこう言っていると「おい!」と大きな声がしました。声の主はハグリッドでした。ハグリッドはさらに「離れろ!指を食われるぞ」と言ったその後に来ているのがハリーたち3人だと気づいたようでした。

犬のファングは何のわだかまりもないのでいつものようにハーマイオニーとロンにじゃれかかり耳を舐めようとしました。一方ハグリッドは一瞬ハリーたち3人を見ましたが大股で小屋に入って行き扉を閉めてしまったのでした。

3人が小屋の中に入るとそれはもう険悪な雰囲気でした。それでも何とかハグリッドと仲直りしたいとハーマイオニーは私たち本当に「魔法生物飼育学」を続けたかったけど時間割にどうしても嵌まらなかったと訴えたのでした。

するとその時です。ガボガボと変な音がして3人はあたりを見回しました。ハーマイオニーは小さく悲鳴を上げました。部屋の隅に大きな樽があり中には30センチはあろうかという蛆虫がヌメヌメと白い身体をくねらせています。

ハリーはむかつきを隠し興味があるような訊き方をしようと努力しつつハグリッドに「あれは何?」と訊きました。するとハグリッドからは「幼虫のおっきい奴だ」という答えが返ってきました。ロンは心配そうにこう訊きました。

「それで育つと何になるの?」

するとハグリッドは「こいつらは育たねえ。アラゴグに食わせるために捕ったんだ」と答えました。そしてハグリッドは出し抜けに泣き出しました。ハグリッドが教職員テーブルから姿を消していたのはこれが原因だったのです。

ハーマイオニーは驚いて飛び上がり蛆虫の樽を避けるのにテーブルを大回りしながらも急いで駆け寄るとハグリッドの震える肩に腕を回して「どうしたの?」と訊いたのでした。巨大蜘蛛のアラゴグが死にそうなんだそうです。

これまでハグリッドは数々の危険な魔法生物を飼ってハリーたちに多大な被害や迷惑をかけて来ました。そんな中でも多分これが一番不可解でしょう。ハグリッドの友人と知りながらハリーにロンを食おうと襲って来たのです。

「何か・・・何か私たちにできる事があるかしら?」

ハーマイオニーがこう言うのを聞いてロンはもうとんでもないとばかりに激しく首を横に振りました。しかしハーマイオニーに「何もねえだろうよ」と答えながらもハグリッドはそう言ってくれるだけでも有り難いとの事でした。

その後は雰囲気が相当軽くなりました。ハリーもロンもあの危険極まりない肉食蜘蛛に大幼虫を持って行って食べさせてあげたいという素振りは見せませんでしたがハグリッドは2人にもそういう気持ちがあると思ったようです。

その結果夕暮れ時に3人に手を振って送り出したハグリッドは少し機嫌が良さそうだったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハグリッドはハリーたちが1年生の時に法律で飼育する事が禁止されているドラゴンを飼ってハリーたち3人に多大な被害と迷惑をもたらしました。しかしハリーにとってはそれが後に役に立つ事になったというわけなんですよね。

4年生の時ハリーは三大魔法学校対抗試合の代表選手になり最初の課題でドラゴンを出し抜かなくてはならなくなりました。しかしハリーはこの経験で植えつけられた恐怖心をバネに「呼び寄せ呪文」を習得する事ができました。

そして今回死にそうになっているこの巨大蜘蛛のアラゴグもまたハリーとロンは絶体絶命の危機に陥りましたが50年前に「秘密の部屋」が開けられた際に死んだ女子生徒が「嘆きのマートル」だと知る事に繋がったんですよね。

しかしハリーたちはハグリッドがこれまで飼った怪物の中でもこの大蜘蛛が一番不可解だとそう思っているようですね。確かにハリーとロンは散々な目に遭いましたが会わなくても良かったというわけではなかったんですよね。

アラゴグのお陰で「秘密の部屋」の入口を見つける事ができたという事をハリーもロンも忘れてしまったんでしょうか?そして今回もまた巨大蜘蛛のアラゴグはそれはもう意外な形でハリーに恩恵をもたらす事になるんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.