FC2ブログ
学期が始まって最初の土曜日に行われて以来およそ一カ月ぶりにダンブルドアの個人教授がようやくといった感じでありました。授業に入る前にダンブルドアとハリーはその直前の土曜日に起きた数々の出来事について話し合ったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.久しぶりの個人教授
何故?一体どうやってケイティ・ベルはあのネックレスを手にする事になったのか?一緒にいた友達のリーアンが言うには「三本の箒」のトイレから出て来た時にそれを持っていてホグワーツの誰かを驚かす物だと言っていた。

それを自分が届けなきゃならないと言っていたそうです。その時の顔がとても変だった。ここでリーアンはケイティ・ベルはきっと「服従の呪文」にかかっていたに違いないとそう言って体を震わせ再び啜り泣きを始めました。

学校に戻るとマクゴナガル先生が迎えに来てくれました。そしてハリーがケイティにネックレスを渡したのはドラコ・マルフォイだと思うと話すとマクゴナガル先生は「それは由々しき告発です」と言った後にこうも言いました。

「ミスター・マルフォイは今日ホグズミードに行きませんでした」

「どうしてご存じなんですか?」とハリーが訊くとマクゴナガル先生は「何故なら私が罰則を与えたからです」と答えました。罰則を科した理由はマルフォイが変身術の宿題を二度も続けてやって来なかったからなんだそうです。

ケイティは翌日「聖マンゴ魔法疾患障害病院」に移されケイティが呪いをかけられたというニュースは既に学校中に広まっていました。しかし詳細は混乱していて襲われた標的がケイティ自身ではない事は誰も知らないようです。

それを知っているのはハリーにロンとハーマイオニーそれに友達のリーアンの4人だけというわけです。それに当然ドラコ・マルフォイも知っている。ハリーはロンとハーマイオニーにそう言いましたが無視されてしまいました。

ハリーがダンブルドア校長にお目にかかりたいと言うとマクゴナガル先生は「校長先生は月曜日までお留守です」と答えました。ダンブルドアがどこにいるにせよ月曜日の個人教授に間に合うよう戻って来てくれるのだろうか?

ハリーはそれが気になりました。しかし別段の知らせがなかったので8時に校長室の前に立って扉を叩くと入るようにとの声が聞こえて来ました。ハリーが入って行くとダンブルドアはいつになく疲れた様子で座っていました。

しかしハリーの顔を見ると腰掛けるように促しながらダンブルドアは微笑みました。机の上には「憂いの篩」が置いてありました。

3-2.ケイティの事件を受けて
ダンブルドアはまずはハリーに「わしの留守中忙しかったようじゃのう。ケイティの事件を目撃したのじゃな」と言って来ました。そこでハリーが「はい先生。ケイティの様子は?」と言うとダンブルドアはこう言ったのでした。

「まだ思わしくない。しかし比較的幸運じゃった。ネックレスは皮膚のごく僅かな部分をかすっただけらしく手袋に小さな穴が空いておった」

首にでもかけていたら。もしくは手袋なしで掴んでいたらケイティは即死していただろう。するとここでダンブルドアから「幸いスネイプ先生の処置のお陰で呪いが急速に広がるのは食い止められた」との言葉が返って来ました。

ハリーは即座に「どうしてマダム・ポンフリーじゃないんですか?」と訊きました。すると低い声で「生意気な!」と言うのが聞こえて来ました。それはシリウスの曾曾祖父フィニアス・ナイジェラス・ブラックだったのでした。

「わしの時代だったら生徒にホグワーツのやり方に口を挟ませたりしないものを」と言うフィニアス・ナイジェラスにダンブルドアはその怒りを鎮めるように「そうじゃな。ありがとう」と言った後ハリーにこう言ったのでした。

「スネイプ先生はマダム・ポンフリーよりずっとよく闇の魔術を心得ておられるのじゃよ。ハリーいずれにせよ聖マンゴのスタッフが1時間ごとにわしに報告をよこしておる」

最後にダンブルドアは「ケイティはやがて完全に回復するじゃろうとわしは希望を持っておる」とハリーに言いました。図に乗り過ぎかもと思いつつもハリーは「この週末はどこにいらしたのですか?」と重ねて訊いたのでした。

フィニアス・ナイジェラスも明らかにそう思ったらしく低く舌打ちをして非難していましたがダンブルドアは「今はむしろ言わずにおこうぞ。しかしながら時が来れば君に話す事になるじゃろう」とハリーにそう答えたのでした。

ハリーがマンダンガス・フレッチャーの事を口にするとダンブルドアは僅かに顔をしかめました。マンダンガスは地下に潜ってしまったんだそうです。その理由はダンブルドアと顔を合わせるのを恐れたからだろうとの事でした。

しかしこれ以上シリウスの昔の持ち物を持ち逃げする事はできないので安心せよとダンブルドアはそう言いました。それを聞いてフィニアス・ナイジェラスは激怒し荒々しく額から出て行きました。その次にハリーが言ったのは?

「ケイティの事件の後に僕がドラコ・マルフォイについて言った事をマクゴナガル先生からお聞きになりましたか?」

この問いにダンブルドアは「君が疑っているという事を先生が話してくださった。いかにも」と答えました。そして「ケイティの事件に関わったと思われる者は誰であれ取り調べるようわしが適切な措置を取る」とも答えました。

「しかしわしの今の関心事はハリー我々の授業じゃ」

こう言われてハリーが思った事とは?

3-3.何故こんなに?
ハリーは少々恨めしく思いました。この授業がそんなに重要なら第1回目と今回の2回目がどうしてこんなに空いたのだろう?何せ第1回目は学期が始まって最初の土曜日に行われたので何と一カ月も期間が空いてしまったのです。

前回の授業はハンサムなマグルのトム・リドルが妻である魔女のメローピーを捨ててリトル・ハングルトンの屋敷に戻る所で終わっていたとダンブルドアが説明しました。メローピーはロンドンに取り残されていたんだそうです。

「ロンドンにいる事をどうしてご存じなのですか?」とハリーが訊くとダンブルドアは「カラクタカス・バークという者の証言があるからじゃ」と答えた後「憂いの篩」を揺らしてその男の証言を姿と共に示したというわけです。

奇妙な偶然だがこのカラクタカス・バークという人物があのネックレスの出所である店つまりボージン・アンド・バークスの設立に関与しているのだそうです。出産を間近に控えたメローピーは金に窮する状態だったそうです。

そのため困窮のあまり唯一の価値ある持ち物だったマールヴォロ家の家宝のロケットを手放さなくてはならないほどだった。その代金にこのカラクタカス・バークはメローピーにたった10ガリオンしか払わなかったんだそうです。

でも魔法で自分の食べ物や色々な物を手に入れる事ができたはずだ。そう言うハリーにダンブルドアはメローピーはおそらく夫に捨てられて魔法を使うのを止めてしまった。もう魔女でいる事を望まなくなったとそう言うのです。

報われない恋とそれに伴う絶望とで魔力が枯れてしまった事も考えられる。ダンブルドアはメローピーは自分の命を救うために杖を上げる事さえも拒んだと言うのです。それを聞いてハリーはダンブルドアにこう言ったのでした。

「子供のために生きようとさえしなかったのですか?」

こう訊くハリーにダンブルドアは「もしやヴォルデモート卿を哀れに思うのかね?」と訊いて来ました。ハリーは「いいえ」と答えたその後に自分の母とは違ってメローピーは選ぶ事ができたのではないかとそう答えたのでした。

それに対してダンブルドアは「君の母上も選ぶ事ができたのじゃ」と優しく言いました。そしてメローピーもまた自分を必要とする息子がいるのに死を選んだ。しかしメローピーをあまり厳しく裁いてはいけないと言うのです。

それは長い苦しみの果てに弱り切っていた。そして元来ハリーの母上ほどの勇気を持ち合わせていなかった。つまりそもそもメローピーはハリーのお母さんほどには強くなかったので同列に並べては酷だというわけなんですよね。

今日の最後に
ヴォルデモート卿の母メローピーは自分を必要とする息子がいるのにも関わらず死を選んでしまった。ハリーは「いいえ」と答えましたがダンブルドアはそんな生い立ちのヴォルデモート卿の事を哀れだとそう思ったみたいです。

確かに母メローピーがもし死んでいなかったらヴォルデモート卿は魔法界を震撼させた史上最強の闇の魔法使いになっていなかったのかもしれない。生まれてからのヴォルデモート卿はそれはもう徹底的に自分本位の人生でした。

そんなヴォルデモート卿なんですが唯一同情すべき点と言えばこの事だけなんですよね。この世でただ1人のブレーキ役の母メローピーが死んでしまい誰も止められないヴォルデモート卿の暴走がこれから始まるというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1930-b2a638af