FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ホグワーツで百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が復活開催される事になり10月30日にボーバトンとダームストラング両校の代表団がやって来ました。そして何とボーバトンの校長マダム・マクシームはとてつもなく大柄な人でした。するとそれがきっかけでハグリッドがあんなに巨大な理由が明らかになったのです。(全3項目)

3-1.ハグリッドは半巨人だった
そもそもの事の発端はホグワーツで百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が復活開催された事でした。10月30日にボーバトンとダームストラング両校の代表団がホグワーツ入りをして正式に開始されたというわけなんですよね。

まず最初に到着したのはボーバトンでした。パステル・ブルーの馬車から降りて来たのはとてつもなく大柄な女性でした。ハリーはこれまでこの女性ほど巨大な人を1人しか見た事がありませんでした。それはハグリッドでした。

この女性こそボーバトンの校長マダム・マクシームだったんですよね。このマダム・マクシームとハグリッドは何故こんなにも大きな体をしているのか?ハリーとロンはクリスマス・ダンスパーティの時にその理由を知りました。

上司で国際魔法協力部の部長のバーテミウス・クラウチ氏の代わりにダンスパーティに出席していたパーシーが仕事の話を始めたのでハリーとロンは飲み物を取りに行くふりをしてテーブルを離れ城を出て校庭に出て行きました。

2人は大きなトナカイの石像の前に出ました。石のベンチに2つの巨大なシルエットが見えます。ハリーとロンはその場に立ち尽くしました。邪魔をしてはいけない場面のような気がします。そこでハリーは小道を振り返りました。

フラー・デラクールとロジャー・デイビースが立っているのが見えます。ハリーはロンの肩を突いて顎で2人のほうを指しました。この方向なら気づかれずこっそり立ち去れるという意味です。しかしロンは首を横に振りました。

「あなたを見た途端。俺には判った」

こう言うハグリッドにマダム・マクシームは「何が判ったの?」と訊いていました。ハリーは絶対に聞きたくありませんでした。自分だってそうだしこんな状況をもし盗み聞きされたらハグリッドが嫌がると判っていたからです。

「判ったんだ。あなたが俺とおんなじだって。あなたのお袋さんですかい?親父さんですかい?」

両親のどちらと訊くハグリッドにマダム・マクシームは「何の事か分りませんわ」と答えていました。するとハグリッドは「俺の場合はお袋だ」と言っていました。ハグリッドのお母さんはイギリスで最後の1人だったそうです。

「同類の半巨人だ。そうだとも!」

3-2.扉を開けて出て来たのは?
ハリーもロンもハグリッドが半巨人だという事を知りませんでした。ハリーに至ってはそもそも巨人とはいかなるものなのかという事すら知りませんでした。翌日2人はこの事をハーマイオニーに話して聞かせました。すると?

おそらくは本で読んで知っていたのでしょう。ハーマイオニーからは「そうだろうと思っていたわ」という言葉が返って来ました。つまり薄々そう感じていたというわけです。でもハーマイオニーも本人からは聞いていなかった。

ハグリッドはハリーたち3人にさえ自分が半巨人だという事を打ち明けていなかったのです。ところがクリスマス休暇が終わって学期が始まりハリーたちが「魔法生物飼育学」の授業を受けに行くとハグリッドの姿がありません。

そこには白髪を短く刈り込み顎の突き出た老魔女がいました。ロンが「あなたは誰ですか?」と訊くとその人は自分は代用教師のグラブリー・プランク先生だとそう答えました。ハグリッドは気分が悪いのでお休みとの事でした。

しかしそれでは説明になっていません。余計なお世話だと言いたげに「気にしなくていいよ」と言うグラブリー・プランク先生にハリーは「でも気になります」と声に熱を込めて言いました。その言葉は無視されてしまいました。

ハグリッドは何故お休みに?その理由を教えてくれたのはドラコ・マルフォイでした。マルフォイはローブから「日刊予言者新聞」を引っ張り出して来ました。そこに「ダンブルドアの巨大な過ち」という記事が載っていました。

執筆者はリータ・スキーターでした。そこにはハグリッドが半巨人だという事が書かれていました。ハリーたちにも打ち明けていなかったのにリータ・スキーターに話すはずがありません。当然情報元はあれしか考えられません。

その後も「魔法生物飼育学」はグラブリー・プランク先生が教え続けました。ハグリッドは全く姿が見えず食事の時にも教職員テーブルに現れませんでした。何とかハグリッドに復帰をして欲しいとハリーはそう思ったのでした。

そう思っていたら1月半ばにホグズミード行きが許されました。ハーマイオニーは談話室が静かになるので金の卵の謎を解くチャンスだと言いました。でもそう言われてもハリーはホグズミードに行ったというわけなんですよね。

それはホグズミードに行けばハグリッドにばったり会えるかもしれない。もし会えたら「魔法生物飼育学」の教職に復帰するよう説得するんだ!ところがいくらどこを探してもホグズミードにハグリッドの姿はありませんでした。

その代わりにハリーたちが会ったのは例のあの記事を書いたリータ・スキーターでした。スキーターの態度に激怒したハーマイオニーは「三本の箒」を出るとハリーとロンを引き連れてその足でハグリッドの小屋に向かいました。

「ハグリッドいい加減にして!そこにいる事は判ってるわ!あなたのお母さんが巨人だろうと何だろうと誰も気にしてないわハグリッド!リータみたいな腐った女にやられてちゃ駄目!ハグリッドここから出るのよ」

玄関の扉をガンガン叩きながら「ハグリッド!」と叫んだ後にハーマイオニーはこう言いました。するとようやく扉が開きました。しかしハーマイオニーは「ああやっと!」と言いかけて突然口を閉じたのでした。その理由は?

扉を開けて姿を現わしたのがハグリッドではなくアルバス・ダンブルドアその人だったからです。

3-3.必死の説得
ダンブルドアはハリーたち3人に微笑みかけながら「こんにちは」と心地よく言いました。ハーマイオニーは「ハグリッドに会いたくて」と小さな声で言いました。ダンブルドアが出て来たのは全くの想定外だったからでした。

そう言われてダンブルドアは「わしもそうじゃろうと思いましたぞ。さあお入り」と目を輝かせながら言いました。ハグリッドは大きなマグカップが2つ置かれたテーブルの前に座っていました。それはもうひどい顔をしています。

顔は泣いて斑になり両目は腫れ上がり髪の毛に至ってはこれまでの極端から反対の極端へと移り絡み合った針金のカツラのようです。ハリーが「やあハグリッド」と挨拶するとハグリッドはしゃがれた声で「よう」と答えました。

ダンブルドアは3人が中に入ると扉を閉め「もっと紅茶が必要じゃの」と言うと杖を取り出し円を描くように振りました。空中に紅茶を乗せた回転テーブルとケーキを乗せた皿が現れました。3人が席に着き少し間を置きました。

「ハグリッド。ひょっとしてミス・グレンジャーの叫んでいた事が聞こえたかね?」

ダンブルドアがこう言うとハーマイオニーは少し赤面しました。ダンブルドアはそんなハーマイオニーに微笑みかけて言葉を続けました。ハーマイオニーもハリーもロンも扉を破りそうなあの勢いから察するに想像はつくだろう。

3人は今でもお前と親しくしたいと思っているようだ。その言葉を受けてハリーは「もちろん僕たち今でもハグリッドと友達でいたいと思ってるよ」とハグリッドを見つめながら言いました。あんな記事の事なんか気にしない。

ハリーにそう言われてハグリッドの目からは大粒の涙が溢れて来ました。ダンブルドアは「わしが言った事の生きた証拠じゃな」とハグリッドに言いました。ダンブルドアは生徒の親から届いた沢山の手紙を持って来ていました。

そこには子供だけではなく自分たちが学校にいた頃のハグリッドの事をちゃんと覚えていてダンブルドアに「ハグリッドを首にしたりしたら一言言わせて貰う」と綴られていたのです。もちろん全ての手紙がそうではありません。

当然スリザリン寮出身の人たちは「首にしろ!」と書いて来たというわけです。しかしそんな人たちの言う事を受け入れていたらダンブルドアだって校長の地位にいられなくなってしまいます。全員一致などないというわけです。

「戻って来て教えてよハグリッド。お願いだから戻って来て。ハグリッドがいないと私たち本当に寂しいわ」

ハーマイオニーにこう言われてハグリッドは喉を鳴らし再び目から涙が出て来ました。ダンブルドアはハグリッドに「辞表は受け取れぬぞ。月曜日に授業に戻るのじゃ」と言い渡したその後にこう告げたというわけなんですよね。

「明日の朝8時半に大広間でわしと一緒に朝食じゃ。言い訳は許さぬぞ。それでは皆元気での」

ダンブルドアが小屋を出て行くとハグリッドはまた泣き始めました。ハーマイオニーはそんなハグリッドの腕を軽く叩いて慰めました。こうしてハーマイオニーにハリーとロンそれにダンブルドア校長の必死の説得が実り・・・

週明けの月曜日からハグリッドは「魔法生物飼育学」の教職に復帰する事になりました。この後ハリーたちはダンブルドアの出した紅茶を飲みケーキを食べたというわけです。ハグリッドのロックケーキは固くて食べられません。

でもダンブルドアが出してくれたケーキなら安心して食べられるというわけなんですよね。

今日の最後に
この後ハグリッドはホグワーツに入った直後に父親と一緒に撮った写真をハリーたち3人に見せてくれました。ハグリッドはその写真でも既に2メートルほどの身長があり小柄な魔法使いがハグリッドの肩の上に乗っていました。

ハグリッドがこの父親と一緒に撮った写真をハリーたちに見せたのは初めてでした。きっと3人に「お父さんはこんなに小柄なのにどうしてハグリッドは大きいの?」と訊かれるのが怖かった。半巨人だとバレるかもしれない。

そうなる事を恐れたんでしょうね。魔法界で巨人は狼人間と同じぐらい恐れられ嫌われているようですからね。でもむしろ半巨人だという事をハリーたちが知った事でこの4人の絆は前にも増して深まったと私はそう思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.