FC2ブログ
今学期ホグワーツで世にも恐ろしい事が起こると屋敷しもべ妖精のドビーは言いました。そしてついに10月31日のハロウィンの日に最初の犠牲者が出てしまいました。しかも何とハリーたち3人は第一発見者になったばかりにハリーが犯人だと疑われる事になってしまったんですよね。(全3項目)

3-1.ニックの絶命日パーティに
「そうじゃなくて。あの声!」とハリーが言ってもロックハートは「えっ?どの声?」と言って来るしハリーが「あれです。今のあの声です。聞こえなかったんですか?」と訊いてみてもロックハートは唖然としていたのでした。

ロックハートは「一体何の事かね?」と言うばかりだし挙句の果てにはハリーが少し寝ぼけたんじゃないかと言い出す始末でした。どうやら決してとぼけているわけではなさそうでロックハートはあの声が聞こえなかったのです。

しかしハリーには謎の声より差し迫った問題がありました。ルシウス・マルフォイ氏が息子を寮の代表選手にするためスリザリン・チームにニンバス2001を寄贈したのです。ニンバス2001を無料で入手する方法はないだろうか?

クィディッチの練習でずぶ濡れになったハリーがそう思い悩みながら歩いていると塞ぎ込んで窓の外を見てハリーと同様に何やら心配事があるようだったのがグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」でした。

「お若いポッター君。心配事がありそうだね」こう言うニックにハリーは「お互いさまだね」と答えました。ニックが思い悩んでいたのは僅か1センチ首が繋がっているために「首無し狩り」に参加できないからなんだそうです。

そこに姿を現わしたのが管理人アーガス・フィルチの飼い猫ミセス・ノリスでした。直後に現れたフィルチはハリーのクィディッチのユニフォームから泥水が滴り落ちて水溜りになっているのを見て「汚い!」と叫んだのでした。

ハリーは暗い顔でニックにさよならと手を振りフィルチの後に従いて行きました。ところがここでニックが機転を利かしてポルターガイストのピーブズをけしかけて一騒動起こしてくれたお陰でハリーは罰則を免れたのでした。

「首無し狩り」の事で自分に何かできる事があるといいのに。こう言うハリーにニックは「していただける事があるのですよ」とそう言うのです。何とニックは10月31日が命日で今年は死んでからちょうど五百年なんだそうです。

そこでニックは10月31日に広めの地下牢を使ってパーティを開こうと思っているのだそうです。そのパーティにハリーに出席して貰えれば光栄とニックは言うのです。それにロンとハーマイオニーももちろん大歓迎との事でした。

ハリーは出席すると即答したのですが・・・

3-2.第1の事件
ニックのお陰で罰則を免れたのだからと絶命日パーティへの出席を即答したハリーだったのですが10月31日が近づくにつれハリーは軽率に約束をしてしまった事を後悔するようになりました。その日はハロウィンだったからです。

そんなハリーにハーマイオニーは「約束は約束でしょ。絶命日パーティに行くってあなたそう言ったんだから」と命令口調で言ったのでした。そんなわけでハリーたち3人は他の生徒とは違って地下牢のほうに向かったのでした。

ゴーストの発する冷気で階段を一段下りるたびに温度が下がりました。地下牢の中は信じられないような光景でした。何百という真珠のように白く輝く半透明のゴーストで一杯でした。ポルターガイストのピーブズもいました。

ニックに「楽しんでいますか?」と訊かれて3人は口を揃えて「ええ」と嘘をつきました。ハリーも寒くて堪らないしもちろん腹ペコでした。ロンもついに「僕もう我慢できないよ」と言い出しました。ハリーも同じ思いでした。

誰かと目が合うたびに笑顔で会釈をしながら3人は後退りして出口へと向かいました。玄関ホールに出る階段への道を先頭を切って歩きながらロンは祈るように「デザートがまだ残っているかもしれない」と言っていたのでした。

その時でした。ハリーは罰則でロックハートの部屋にいた際に聞いたのと同じ冷たくて残忍な声を聞いたのです。あの声と同じだ。ハリーはよろめきながら立ち止まると石の壁にすがって全身を耳にしてその声を聞きました。

ハリーが突然立ち止まったのでハーマイオニーは「一体何を?」と訊いて来ました。ハリーが急き込んで「ほら聞こえる!」と言うとロンとハーマイオニーはハリーを見つめてその場に凍りついたようになってしまったのでした。

声は段々聞こえなくなって行きます。ハリーはその声が確かに移動していると思いました。上のほうに遠ざかって行く。暗い天井をじっと見上げながらハリーは恐怖と興奮の入り交じった気持ちで胸を締め付けられるようでした。

どうやって上のほうに移動できるんだろう?石の天井でさえ何の障害にもならない幻なのだろうか?ハリーは「こっちだ」と叫ぶと階段を駆け上がり玄関ホールに出ました。しかしそこでは微かな声など到底聞こえませんでした。

ハロウィン・パーティの喧騒が玄関ホールまで響き渡っていたからです。ハリーは大理石の階段を全速力で駆け上がり二階に出ました。当惑顔でロンとハーマイオニーも従いて来る中ハリーはその声を追って三階まで来ました。

ハリーは三階をくまなく飛び回りました。ロンとハーマイオニーは息を切らしながらハリーの後を従いて回りました。角を曲がって最後の誰もいない廊下に出るとハリーはやっとの事で動くのを止めました。そこにあったのは?

秘密の部屋は開かれたり
継承者の敵よ。気をつけよ


窓と窓の間の壁に高さ30センチほどのこの文字が塗りつけられ松明に照らされ鈍い光を放っていました。その下には管理人アーガス・フィルチの飼い猫ミセス・ノリスが硬直して松明の腕木に尻尾を絡ませぶら下がっていました。

最初の犠牲者でした。

3-3.ミセス・ノリスを襲ったのは?
暫くの間3人は動きませんでした。やおらロンが「ここを離れよう」と言いました。しかしハリーは戸惑いながら「助けてあげるべきじゃないかな」と言ったのでした。ロンはここにいれば面倒に巻き込まれると思ったようです。

それはハリーに「僕の言う通りにして。ここにいる所を見られないほうがいい」と言ったからです。しかし時既に遅しでした。パーティが終ったらしく階段を上って来る何百という足音と楽しげなさざめきが聞こえて来ました。

前のほうにいた生徒がぶら下がったミセス・ノリスを見つけた途端に突然一団は静まり返りました。その沈黙を破ったのは「継承者の敵よ気をつけよ!次はお前たちの番だぞ。穢れた血め!」と叫んだドラコ・マルフォイでした。

その次に「何だ。何だ?何事だ?」と言いながらそこに現れたのはそのミセス・ノリスの飼い主のフィルチでした。私の猫だ!ミセス・ノリスに何が起こったというんだ?金切り声で叫んだ後フィルチが次に見たのはハリーでした。

フィルチがお前が犯人だとハリーに言っているとダンブルドアが数人の先生を従えて来ました。ロックハートが私の部屋が一番近いと申し出てフィルチとハリーたちはダンブルドアに言われてロックハートの部屋に行きました。

ロンの言っていた通りで現場に居合わせたためハリーたちは面倒に巻き込まれる事となりました。そもそもどうして三階のあの現場に3人はいたのか?ハリーたち3人はその理由を説明するのにひどく苦労する事になったのでした。

ハリーが自分にしか聞こえない姿のない声を追って行ったらあの現場に辿り着いた。そう答えたりなどすればあまりにも唐突に思われてしまう。そこでハリーは自分たちは疲れたのでベッドに行きたかったとそう答えたのでした。

するとスネイプがハリーが嘘をついているのを見て取って全てを正直に話すまで権利の一部を取り上げるべきと言い出しました。ハリーが告白をするまではクィディッチのグリフィンドール・チームから外すのが適当と思います。

そう言うスネイプにマクゴナガル先生が「私にはこの子がクィディッチをするのを止める理由が見当たりませんね」と噛み付きました。結局ダンブルドアが「疑わしきは罰せずじゃよ」とスネイプに言ってその場は収まりました。

この後ハリーたち3人の間で議論になったのが「秘密の部屋は本当に存在するのか?」という事でした。ハーマイオニーが「魔法史」の授業で訊きましたがビンズ先生はきっぱりと「そんなものは存在しない」と言い切りました。

そうこうしている内に次の犠牲者が出てしまいました。次は猫ではなく何と人間つまり生徒だったというわけなんですよね。

今日の最後に
ミセス・ノリスは死んではいなかった。石にされただけだった。それでも誰かに罰則を科さなければ気が済まないと言うフィルチにダンブルドアは「君の猫は治してあげられますぞ」とそう言ったんですよね。その理由とは?

それはスプラウト先生が最近マンドレイクを手に入れたからなんだそうです。しかしそれを聞いてハーマイオニーはダンブルドアがミセス・ノリスを治せなかったという事はミセス・ノリスを襲ったのは人ではないかもしれない。

ハーマイオニーの言う通りだったんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1941-847b10c9