FC2ブログ
母さんは死ぬほど心配しているだろう。アーサー氏がそう言っていたらまさに予想通りで一同が「隠れ穴」に帰って来るとウィーズリーおばさんはそれはもう大騒ぎでした。それでも好きな事はやるというわけなんですよね。ロンがハリーに持ちかけた話とは?(全3項目)

3-1.隠れ穴に戻って来て
ほんの数時間眠っただけで全員アーサー氏に起こされました。アーサー氏が魔法でテントを畳み一同は急いでキャンプ場を離れました。小屋の戸口でロバーツさんに会いましたがロバーツさんは奇妙に目がドロンとしていました。

そしてぼんやりと「メリー・クリスマス」と挨拶をしていました。アーサー氏によれば記憶修正をされると暫くの間は少しボケる事があるので大丈夫との事でした。それに今回は随分大変な事を忘れて貰わなければならなかった。

だからボケの度合いも普段より強いかもしれないというわけです。こっちに来る時には「姿くらまし」組と「移動キー」組に分れましたが帰りは全員が「移動キー」を使って古タイヤに乗って「隠れ穴」に帰って来たのでした。

疲れ果てて誰もほとんど口を利かず朝食の事しか考えられませんでした。アーサー氏はウィーズリーおばさんは起った事を聞いたら死ぬほど心配するだろうと言っていましたが予想通りで一同が戻るとそれはもう大騒ぎでした。

「さあさあ母さん。みんな無事なんだから」

アーサー氏はそんなおばさんをこう言って優しくなだめました。そして狭い台所にぎゅうぎゅう詰めになって入るとアーサー氏はビルにおばさんが持っていた「日刊予言者新聞」を持って来てくれるようにとそう頼んだのでした。

一面にざっと目を通すとアーサー氏は重苦しい声で「思った通りだ」と言いました。記事を書いていたのがリータ・スキーターだったからです。アーサー氏の発言が記事になっていましたが締めくくりは捏造でっち上げでした。

怪我人はなかったとアーサー氏は本当の事を正直に言ったのにスキーターは「それから1時間後に数人の遺体が森から運び出されたという噂をこの発表だけで打ち消す事ができるか大いに疑問である」とそう書いていたのでした。

アーサー氏は「そりゃこんな風に書かれてしまったら確実に噂が立つだろうよ」と言って深い溜め息をついたのでした。そしておばさんに「これから役所に行かないと。善後策を講じなければなるまい」とそう言ったのでした。

しかしおばさんは反対しました。アーサー氏は休暇中だしアーサー氏のいる部署には何の関係もない。他の皆さんがちゃんと処理をするのでアーサー氏が出勤する必要はないとおばさんはそう言うのです。しかしアーサー氏は?

「行かなきゃならないんだモリー。私が事態を悪くしたようだ。ローブに着替えて出かけよう」

3-2.こんな時でも
ここでハリーは我慢ができなくなって唐突にウィーズリーおばさんに「ヘドウィグが僕宛の手紙を持って来ませんでしたか?」と訊きました。するとおばさんはアーサー氏とのやり取りに気を取られながらこう答えたのでした。

「ヘドウィグですって?いいえ来ませんよ。郵便は全然来ていませんよ」

アーサー氏と話しているその最中に突然何を訊くんだといった感じのロンとハーマイオニーでしたがハリーは「そうですか」と答えた後ロンに「それじゃ君の部屋に荷物を置きに行ってもいいかな?」と訊いたかと思うと・・・

2人に意味ありげな目配せをしました。ロンはそれに素早く応じ「ウン。僕も行くよ。ハーマイオニー君は?」と言いました。ハーマイオニーの反応も早く「ええ」と答えて3人は瞬時に台所を出るとロンの部屋に向かいました。

「君たちにまだ話してない事があるんだ。土曜日の朝の事だけど僕また傷が痛んで目が覚めたんだ」

部屋の扉を閉めロンが「ハリーどうしたんだ?」と訊くのに対してハリーがこう答えると2人の反応はハリーがプリベット通りの自分の部屋で想像したのとほとんど同じでした。ハーマイオニーは息を呑み意見を述べ始めました。

参考書を何冊か挙げアルバス・ダンブルドアから校医のマダム・ポンフリーまでありとあらゆる名前を挙げました。その一方ロンはびっくり仰天してまともに言葉も出ません。言葉を途切れがちにしながら言ったロンの見解とは?

前に傷が痛んだのはヴォルデモートがホグワーツにいたからだ。だけどヴォルデモートはプリベット通りにはいなかった。それなのに何故ハリーの傷痕が痛むんだ?全くその理由が分らないというのがロンの見解というわけです。

そこでハリーは2人にこう説明したのでした。確かにあいつはプリベット通りにはいなかった。だけど僕はあいつとワームテールの夢を見たんだ。あいつらつまりヴォルデモートとワームテールは誰かを殺害する事を企んでいた。

実際にはヴォルデモートは殺害するのは自分だと言っていたのですがハーマイオニーの怯えた顔を見て「これ以上怖がらせてはいけない」と思ってハリーは「誰かを」と言い換えたのでした。それに対してロンはこう言うのです。

「たかが夢だろ。ただの悪い夢さ」

しかしハリーは「だけど本当にそうなのかな?」と疑問を示しました。何だか変だと思わないか?僕の傷が痛んだ。その3日後には死喰い人の行進があってヴォルデモートの「闇の印」が空に上がった。これは単なる偶然なのか?

それに先学期末のトレローニー先生の予言の件もある。それはつまりあいつの下にワームテールが戻るからその手を借りて立ち上がるという事じゃあないのか?何故なら予言が成されたその日の夜にワームテールは逃げている。

ハーマイオニーはあんなインチキさんの言う事を信じるのと言いました。がしかしハリーはトレローニー先生はいつもと違っていて霊媒状態だった。ハーマイオニーはあの場にいなかったからそう言えるんだと反論したのでした。

「どうしてヘドウィグが来たかって訊いたの?手紙を待ってるの?」と訊くハーマイオニーにハリーは「傷痕のことシリウスに知らせたのさ。返事を待ってるんだ」と答えました。するとロンは表情を明るくしてこう言いました。

「そりゃいいや!シリウスならどうしたらいいかきっと知ってると思うよ!」

でもハーマイオニーは理性的でした。ハリーが「早く返事をくれればいいなって思ったんだ」と言うのに対してハーマイオニーはシリウスは遠くにいるからヘドウィグがそんな長旅を数日でこなせるわけがないとそう言うのです。

ここでロンがハリーに「果樹園でクィディッチして遊ぼうよ」と言って来ました。形式は「3対3」でビルとチャーリーにフレッドとジョージの組なんだそうです。するとハーマイオニーはロンに何て鈍感なのという口調で・・・

「ロン。ハリーは今クィディッチをする気分じゃないわ。心配だし疲れてるしみんなも眠らなきゃ」

けれどもハリーの返事はハーマイオニーにとっては意外な事に「クィディッチしたい」でした。ハリーがファイアボルトを取って来ると言うとハーマイオニーは「全く男の子ったら」とボヤきながら部屋を出て行ったのでした。

3-3.誰でもこき下ろす
それからというものアーサー氏もパーシーもほとんど家にいませんでした。2人ともみんなが起き出す前に家を出て夜は夕食後遅くまで帰って来ませんでした。どういう状態だったか?夏休み最終日にパーシーが説明しました。

一週間ずっと火消し役でワールドカップでの警備の苦情を「吼えメール」で送りつけて来る人が沢山いたんだそうです。そのせいでパーシーの机は焼け焦げだらけになり一番上等な羽根ペンが灰になってしまったのだそうです。

おばさんが言うにはアーサー氏が週末に仕事に行くのはヴォルデモートの全盛時代以来との事でした。お役所はお父様を働かせ過ぎだわ。あの人が早く帰って来ないと夕食が台無しになってしまうと言うおばさんに対して・・・

「でも父さんはワールドカップの時のミスを埋め合わせなければと思っているのでしょう?」

こう言った後にパーシーはさらに本当の事を言うと公の発表をする前に部の上司の許可を取りつけなかったのは少々軽率だったとアーサー氏はそう思っていると言いました。しかしそんなパーシーにおばさんはこう反論しました。

「あのスキーターみたいな卑劣な女が書いた事でお父様を責めるのはお止め!」

するとロンとチェスをしていたビルが「父さんが何にも言わなかったらあのリータの事だから魔法省の誰も何もコメントしないのはけしからんとかどうせそんな事を言ったろうよ」とそう言うのです。何故ビルはそう言うのか?

「リータ・スキーターって奴は誰でもこき下ろすんだ。グリンゴッツの呪い破り職員を全員インタビューした記事覚えてるだろう?僕のこと長髪のアホって呼んだんだぜ」

ビルが怒り口調というのも極めて珍しい事ですがウィーズリーおばさんはこう言うビルに「ねえお前。確かに長過ぎるわよ」と優しく言ったのでした。おばさんは「ちょっと私に切らせて欲しい」と言おうとしたのですが・・・

ビルはその言葉の途中で「駄目」と言って髪を切る事を断固として拒否したのでした。おばさんもリータ・スキーターの事は非常に嫌いなものの「ビルの髪の毛は長い!」という点では意見が一致するというわけなんですよね。

今日の最後に
ビルはリータ・スキーターについて「誰でもこき下ろす」と言っていますが正確に言うと「スリザリン寮生とその出身者以外をこき下ろす」なんですよね。それは当然スキーターがスリザリン出身だからというわけなんですよね。

そのためスキーターはクラウチ家に仕える屋敷しもべ妖精のウィンキーが「闇の印」の真下でハリーの杖を持って発見されたという事については記事にしていません。それはクラウチ氏がスリザリン寮出身だからというわけです。

したがってどっちにしろ取材時にたとえ髪の毛が短かったとしてもスキーターはビルの事を「短髪のアホ」と書いていたでしょうね。それと3人制クィディッチについては「ハリーが来たらやろう!」と決めていたんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1951-e0ee599c