FC2ブログ
フレッドにジョージとリー・ジョーダンの3人は「老け薬」を飲んで果敢に「炎のゴブレット」に名前を入れようとしましたが結果は失敗でした。それを見てハリーもロンも代表選手になる事はすっかり諦めていました。ところが10月31日の夜に驚愕の出来事が起きたのです。それは?(全3項目)

3-1.ハリーが代表選手に!
悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの開業資金を手に入れたいとそう願っていたフレッドとジョージは新学期初日にダンブルドア校長から対抗試合の開催が発表された時は「立候補するぞ!」と意気込んでいました。

ところがその直後に「17才以上」という年齢制限もまた発表されたのでした。そこでフレッドとジョージにリー・ジョーダンの3人は「老け薬」を飲んで公正なる選者「炎のゴブレット」に果敢に臨んだというわけなんですよね。

ハリーもロンもこのフレッドにジョージとリーの3人がダンブルドアの引いた年齢線を越えて対抗試合の代表選手に立候補する事がもしもできたら自分たちもとそう思っていました。しかし結果は残念な事になったんですよね。

老け薬はダンブルドアの引いた年齢線には通じませんでした。この時点でハリーも自分が三大魔法学校対抗試合の代表選手になる事はすっかり諦めていました。ところが10月31日には思ってもみなかった事が起きてしまいました。

それはまず最初にダームストラングそして次にボーバトンそして最後にホグワーツの代表選手の名前が「炎のゴブレット」から出て来たその後です。3人の代表選手が決まりダンブルドアが締めくくりの挨拶をしている時でした。

ダンブルドアが突然言葉を切りました。何が気を散らせたのか?誰の目にも明らかでした。火花が迸り空中に炎が伸び上がり「炎のゴブレット」が再び赤く燃え始めたのです。その舌先には4枚目の羊皮紙を載せていたのでした。

ダンブルドアが反射的に長い手を伸ばして羊皮紙を捕らえました。ダンブルドアはその羊皮紙を掲げ書かれた名前をじっと見つめていました。両手で持った羊皮紙をダンブルドアはそれから暫くの間はじっと眺めていたのでした。

大広間は静まり返っていました。大広間中の目がダンブルドアに集まっていました。やがてダンブルドアは咳払いをすると羊皮紙に書かれた名前を読み上げました。それは当の本人でさえも驚く極めて意外な名前だったのでした。

ハリー・ポッター

3-2.隣の小部屋にて
「炎のゴブレット」から名前が出て来た生徒は大広間の隣にある小部屋に入る事になっていました。あまりに突然の事にこれからの苦難を暗示するかのようにハリーに入るよう促すダンブルドアの顔には笑顔はありませんでした。

暖炉の炎を背にした3人の代表選手のシルエットは不思議に感動的でした。伝言を伝えに来たと思ったフラー・デラクールがハリーに声をかけて来ました。ハリーは何と言っていいのか分らずただ呆然と立ち尽くしていました。

そこに入って来たのは魔法ゲーム・スポーツ部の部長であり対抗試合の審査員の1人でもあるルード・バグマン氏でした。バグマン氏はハリーの腕を掴むと3人の前に引き出しハリーが4人目の代表選手だとそう告げたのでした。

ダームストラングの代表選手ビクトール・クラムは身を起こしたかと思うとハリーを眺め回しながら暗い表情になりました。セドリック・ディゴリーは途方に暮れ2人を交互に見つつ聞き違えに違いないと思っているようでした。

とても面白い冗談だと言うボーバトンの代表選手フラー・デラクールにバグマン氏は冗談なんてとんでもない。ハリーの名前がたった今「炎のゴブレット」から出て来たのだと反論しました。でも何かの間違いに違いありません。

この人は若過ぎます。だから競技できないと言うフラーにバグマン氏はこう言いました。知っての通り年齢制限は今年に限り特別安全措置として設けられたものだ。つまりはこの段階でハリーは逃げ隠れする事はできないだろう。

これは規則でありハリーは従う義務があるしベストを尽くすしかない。バグマン氏がこう言っていると背後の扉が再び開き今度は大勢の人が入って来ました。壁の向こうからは何百人という生徒が大騒ぎをする声が聞こえました。

ダンブルドア校長を先頭に国際魔法協力部の部長のバーテミウス・クラウチ氏にダームストラング校長のカルカロフとボーバトンの校長のマダム・マクシームに最後に入って来たのがマクゴナガル先生とスネイプだったのでした。

一体これはどういう事なのか?4人目の代表選手としてハリーの名前が「炎のゴブレット」から出て来た。当然ボーバトンの校長マダム・マクシームとダームストラングの校長カルカロフは黙ってはいられないというわけです。

するとここでスネイプが・・・

3-3.ハリーを巡って
マダム・マクシームは背筋を伸ばすと威圧的な声でダンブルドアに「これはどういう事ですか?」と抗議しました。カルカロフ校長も続けて私も是非に知りたいものだと冷徹な笑いを浮かべ目を氷の欠けらのようにして言いました。

ホグワーツの代表選手が2人とは?開催校は2人の代表選手を出していいなどとは聞いていないというわけです。そんな事は到底受け入れられない。何故こんな事になってしまったのか?激しく抗議する2人に校長に対して・・・

「誰の咎でもない。ポッターのせいだ。カルカロフ」

暗い目を意地悪く光らせながら低い声でこう言ったのはスネイプでした。つまりスネイプに言わせればダンブルドア校長を責めるのは間違っているというわけです。ここで責めるべきなのはハリーのほうというわけなんですよね。

「ポッターが規則は破るものと決めてかかっているのをダンブルドアの責任にする事はない。ポッターは本校に来て以来。決められた線を越えてばかりいるのだ」

スネイプはさらにこうも言いました。するとダンブルドアが「もうよい。セブルス」ときっぱりと言いました。スネイプは黙って引き下がりました。しかしその目は油っこい黒い髪のカーテンの奥で毒々しく光っていたのでした。

君は「炎のゴブレット」に名前を入れたのかね?静かにこう訊くダンブルドアにハリーは「いいえ」と答えました。部屋にいる全員が自分をしっかり見つめているのを十分に意識していました。ハリーの返事を聞いてスネイプは?

スネイプは薄暗がりの中で「信じるものか」とばかりに低い音を立てていました。そんなスネイプを無視してダンブルドアはハリーに上級生に頼んで名前を入れたのかと訊きハリーは今度は激しい口調で「いいえ」と答えました。

スネイプは今度は口元に薄ら笑いを浮かべ首を横に振って不信感をあからさまにしていました。するとそれに抗議するかのようにマクゴナガル先生が「この子が年齢線を越える事はできなかったはずです」とピシッと言いました。

その事については皆さん異論はないでしょう。こう言うマクゴナガル先生にマダム・マクシームがダンブルドアが年齢線を引き間違えたと言い出しました。それにダンブルドアはもちろん考えられる事だと礼儀正しく答えました。

「ダンブルドア。間違いなどない事はあなたが一番よくご存知でしょう!」

マクゴナガル先生は怒ったようにこう言いました。マクゴナガル先生は全くバカバカしいと言うのです。ハリー自身が年齢線を越えるはずはないし上級生を説得して代わりに名前を入れさせるなんて事もハリーはしてなどいない。

ダンブルドア校長はそれを信じていらっしゃいます。それだけで皆さんには十分だと存じます!マクゴナガル先生はこう言うと怒りの視線をスネイプに投げかけたのでした。結局ハリーは対抗試合に参加する事になったのでした。

「規則に従うべきです。そしてルールは明白です。炎のゴブレットから名前が出て来た者は試合で競う義務がある」

クラウチ氏のこの言葉が決め手になったのです。

今日の最後に
全くバカバカしい。ハリーが年齢線を越えるはずはない。上級生に頼んで「炎のゴブレット」に代わりに名前を入れさせるなんてハリーはしていないとダンブルドアは信じていらっしゃる。マクゴナガル先生はこう抗議しました。

こう言ったその後マクゴナガル先生はスネイプに向かって怒りの視線を投げかけました。マクゴナガル先生はスネイプに対して怒りの感情を抱いたので黙っていられなくなり思わず発言をしてしまったんだと私はそう思いますね。

それはダームストラングのカルカロフ校長やボーバトンの校長マダム・マクシームの前でスネイプがハリーへの攻撃を始めたからです。他の学校の関係者の前で自分の学校の生徒を非難するなんて到底許せない行為だからです。

マクゴナガル先生が怒って黙っていられなくなるのは当然の事だと私もそう思いますね。大人気ない行為ですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1966-b805fc9a