FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーを三大魔法学校対抗試合の4人目の代表選手にして優勝させ優勝杯を「移動キー」にしてご主人様のヴォルデモート卿の元に送り込むためにクラウチ・ジュニアはホグワーツにやって来ました。そのためにあらゆる所でハリーに目を光らせ随所でするべき事をして来ました。そしてついに・・・(全3項目)

3-1.クリスマス・ダンスパーティにて
こうしてハリーを三大魔法学校対抗試合の代表選手の4人目として潜り込ませ自らヒントを与えて「第1の課題」を無事クリアさせる事ができました。しかしまだ3つある内の1つを終えたに過ぎず先はまだまだ長いというわけです。

そこでクラウチ・ジュニアは次なる手に打って出ました。正規の枠で代表選手になったセドリック・ディゴリーにヒントを与えたのです。最初の「第1の課題」の終了時に代表選手は次の課題の内容を知る手がかりを貰いました。

それは奪ったドラゴンの金の卵の中から聞こえる咽び泣くような意味不明の音でした。実はそれは水中人の歌で水の中で聞くとちゃんとした言葉になって聞こえて来ます。クラウチ・ジュニアはその事をセドリックに教えました。

セドリックは「第1の課題」の時には立ち向う相手がドラゴンだという事をハリーに教えて貰いました。だからハリーには借りがある。そこでセドリックはクリスマス・ダンスパーティの終了時にハリーにヒントを与えたのです。

それは監督生用の風呂場に入れというものでした。そしてさらにクラウチ・ジュニアはそのクリスマス・ダンスパーティでも情報収集を怠りませんでした。クラウチ・ジュニアが目をつけたのはハリーが履いていた靴下でした。

ムーディの「魔法の目」で透視してハリーが履いている靴下の左右が別の柄になっている事に気づいたのです。ハリーと話してみるとそれは屋敷しもべ妖精のドビーからプレゼントされた物との事でした。これを利用したのです。

それは「第2の課題」の時でした。

3-2.第2の課題に際して
実はクラウチ・ジュニアは「第2の課題」については相当前に根回しをしていました。それはハリーたちを教えた最初の授業後に「薬草学」が得意なネビルに「地中海の水生魔法植物とその特性」という本を渡しておいたのです。

この本を見れば「どうすれば水の中で1時間息をする事ができるのか?」が判るようになっていたのです。ハリーが必要とする「鰓昆布」についての事を全部教えてくれていたのです。しかしハリーはネビルに訊きませんでした。

これについてはクラウチ・ジュニアがハリーの周辺の人間関係をあまりにもよく知らなかった。それに尽きるでしょうね。ハリーもまさか水中で1時間息をする方法をネビルが知っているとは夢にも思っていなかったんですよね。

セドリック・ディゴリーに「水の中で開け」と教えればセドリックはハリーに教えるだろう。こちらのほうはクラウチ・ジュニアの読み通りでした。でもクラウチ・ジュニアは思ってもみなかった形でそれを知る事になりました。

それはある日の真夜中にポリジュース薬の材料の1つ「毒ツルヘビの皮」をスネイプ個人の薬棚から盗んでいた時でした。そこにハリーが現れホグワーツの地図に「バーテミウス・クラウチ」の名前を見つけたと言ったのです。

クラウチ・ジュニアは驚愕をしました。ハリーが持っていた地図のまさに自分がいる場所に「バーテミウス・クラウチ」と表示がされていたからです。この地図をハリーに持たせておいたりなどすれば自分の正体がバレてしまう。

そこでクラウチ・ジュニアは「これを貸してくれるか?」と言ってハリーから取り上げました。そしてこの地図が意外な形で役立つ事になったのです。父が逃げ出したとの知らせがヴォルデモート卿から届けられたからでした。

この地図でクラウチ・ジュニアは父親がホグワーツに現れたのを知り現場に駆けつけて殺害しました。父親が逃げてダンブルドアの元に駆け込めば全てが台無しになる所でした。それがこの地図のお陰で脱する事ができたのです。

話を本題の「第2の課題」に戻すとハリーは金の卵の謎は解いたものの水の中で1時間息をする方法は皆目見当がつかないまま当日の朝を迎えてしまいました。そこで屋敷しもべ妖精のドビーを利用する事にしたというわけです。

クラウチ・ジュニアは洗濯物のローブを取りに来るようドビーを職員室に呼びました。そしてドビーの前で一芝居打ってマクゴナガル先生と大声で話をしました。そしてドビーにハリーの人質はロンになったとそう伝えたのです。

そしてハリーは「鰓昆布」を使う事を思いつくだろうかとも話しました。そこでドビーは「鰓昆布」を盗みハリーを探してこれを渡した。こうしてハリーは何とか「第2の課題」をクリアする事ができたというわけなんですよね。

3-3.第3の課題に際して
「第3の課題」はおそらくは課題の内容を決めた魔法省の魔法ゲーム・スポーツ部の部長ルード・バグマン氏が1ヵ月前に代表選手に事前説明したので今までの2つの課題とは違いクラウチ・ジュニアはひやひやせずに済みました。

それはハリーも当然ロンとハーマイオニーが手伝ってあらかじめ準備する事ができたからです。しかしそれだけではなく課題当日もまたクラウチ・ジュニアはハリーが優勝をできるようにとあらゆる措置を取ったというわけです。

課題の内容は単純明快でした。クィディッチ競技場に生垣を作り中は迷路になっています。そこにハグリッドが様々な障害物を置く。それらをクリアして迷路の中心にある優勝杯に最初に触れた代表選手が優勝というわけです。

過去2つの課題で得点の高い選手から迷路に入ります。しかし障害物を上手くくぐり抜けて先に優勝杯に辿り着けば誰にでも優勝のチャンスがある。そのためムーディとして迷路の外側を巡回していたクラウチ・ジュニアは?

ハリーは本来ならもっと苦労するはずでした。それが思いの他ハリーの行く所には障害物が少なかったのです。ハリーもまたそれを感じていました。楽だったのはクラウチ・ジュニアが「魔法の目」で中を見透かしていたのです。

そしてハリーの行く手の障害物を取り除いていたのです。さらにボーバトンの代表選手のフラー・デラクールは呪文で失神をさせました。ダームストラングの代表選手のビクトール・クラムには「服従の呪文」をかけたのでした。

そうした上でセドリック・ディゴリーに「磔の呪文」をかけさせやっつけようとしました。これでハリーの優勝は決まりというわけです。そしてクラウチ・ジュニアは優勝杯を迷路の中心に持って行く仕事を買って出たのでした。

クラウチ・ジュニアはその優勝杯を「移動キー」に変えました。優勝杯に同時に触れたハリーとセドリックはご主人様のヴォルデモート卿とワームテールが待つリトル・ハングルトンの教会墓地に運ばれて行ったというわけです。

そこでヴォルデモート卿は復活したのでした。

今日の最後に
クラウチ・ジュニアはネビルに「地中海の水生魔法植物とその特性」という本を与えた件についてハリーに「お前は誰にでも訊くだろう。誰にでも助けを求めるだろうと俺は期待していた」と暗にハリーを責めているんですよね。

しかしハリーはそうしなかった。ハリーは自尊心が強くて何でも1人でやろうとする所があるとクラウチ・ジュニアは言っていますね。でもハリーはそんな事はありません。代表選手になった事もハーマイオニーに相談しました。

どうやらクラウチ・ジュニアは思い込みが激しい性格のようですね。自分がこうすると思えばあいつは必ずそうする。でも実際には相手方はそうしないので苛立つ事になる。自分の価値観を相手に押し付けているというわけです。

だから結構勘違いが多いというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.