FC2ブログ
おっちょこちょいで七変化の魔女で職業は闇祓い。彼女はいったいどうしてハリーポッター・シリーズに登場したのでしょうか?

その第5巻不死鳥の騎士団で初登場のトンクスなんですが、とにかく大した活躍はあまりしていないのに、やたらと出て来ていますね。まず先発護衛隊の1人としてダーズリー家を訪問して、唯一ハリーの部屋に足を踏み入れていたりします。

それから騎士団の本部に戻ってからも傘立てにつまづいたり、(二度目らしい)ろうそくを羊皮紙の上に倒したり、椅子を蹴飛ばして倒したり・・・それと夕食の時にも(おなじみらしい)鼻の形を変える余興をしたりしていますね。それとハリーに騎士団の活動内容の説明をしている時にも発言したりしています。

さらにハリーが魔法省に尋問を受けに行く日の朝にも何故か(他の人でもよさそうなものなのに)厨房にいたり、ロンとハーマイオニーの監督生就任記念パーティーにも顔を出しているし、9月1日にもキングズ・クロス駅までハリーたちに護衛として付き添ったり、聖マンゴに入院しているウィーズリーおじさんを見舞いにいく時にも護衛として一緒に病院に行ったりしています。

その後もハリーたちがクリスマス休暇を終えてホグワーツに戻る際にもやはり護衛として付き添っているし、そしてハリーたちが魔法省にシリウスを助けに行った時も駆け付けているし、最後はキングズ・クロス駅でバーノン叔父さんに一言言ったりしています。

というわけでトンクスの登場ページは・・・
上巻が79・128~・198・271・290ページ
下巻が101・165・590・692ページ

どうしてローリングさんがトンクスをこんなにやたらと登場させているかというと、それは彼女の言葉の中に先の巻の重要な伏線を潜り込ませるためなんです。つまり煙幕を張っているというわけですね。既に私はもうそんな彼女の言葉に隠されている「伏線」を2つ見つけています。というわけで第6巻も彼女の発言は要チェック!ということで・・・最後に私からの提言は「トンクスの発言には気をつけましょう」ということです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2-ac71fcb4