FC2ブログ
創立メンバー28人(騎士団上巻585ページ)最後にシェーマス・フィネガンが加わって29人(騎士団下巻292ページ)になったメンバー全員の名前を挙げてみました。

第1グループ
1.ハリー・ポッター、2.ハーマイオニー・グレンジャー
3.ロナルド・ウィーズリー
第2グループ
4.ネビル・ロングボトム
5.ディーン・トーマス、6.ラベンダー・ブラウン
第3グループ
7.パーバティ・パチル、8.パドマ・パチル
第4グループ
9.チョウ・チャン、10.マリエッタ・エッジコム
第5グループ(グループ?)
11.ルーナ・ラブグッド
第6グループ
12.ケイティ・ベル、13.アリシア・スピネット
14.アンジェリーナ・ジョンソン
第7グループ
15.コリン・クルービー、16.デニス・クルービー
第8グループ
17.アーニー・マクミラン
18.ジャスティン・フィンチ・フレッチリー
19.ハンナ・アボット、20.スーザン・ボーンズ
第9グループ
21.アンソニー・ゴールドスタイン、22.マイケル・コーナー
23.テリー・ブート、24.ジネブラ・ウィーズリー
第10グループ(この人も一匹狼?)
25.ザカリアス・スミス
第11グループ
26.ジョージ・ウィーズリー、27.フレッド・ウィーズリー
28.リー・ジョーダン
最後にだけ参加
シェーマス・フィネガン

さて上記の番号(1~28)はホッグズ・ヘッドで行われた最初の会合でパブに入って来た順番にしてあります。さらに判りやすくするためにグループ分けもしました。これを見ると普段の交友関係などが判ってなかなか興味深いです。

まず最初にネビルとディーンが入って来ています。この2人は騎士団下巻239ページを開くと夕食を食べた後に一緒に談話室に戻っていて普段から仲がいいんだなということが判ります。またラベンダーは元々はシェーマスと付き合っていたのですが、この時点ではシェーマスと仲たがいしていたので、この2人と一緒に来たというわけです。(第2グループ)

チョウとマリエッタ・エッジコムも騎士団下巻339~341ページでチョウがマリエッタのことを擁護する発言をハリーにしていますね。同689ページでは帰りのホグワーツ特急で行動を共にしています。ところでマリエッタの顔を横切って描かれている文字(密告者)は一生消えないのでしょうか?なんかちょっと自業自得とはいえ、かわいそうな気もしますね。(第4グループ)

ケイティ・ベル、アリシア・スピネット、アンジェリーナ・ジョンソンの3人は共にクィディッチのグリフィンドール・チームのレギュラー・メンバーですから、やはり普段から仲がいいことが判りますね。(第6グループ)

コリン・デニスのクルービー兄弟(第7グループ)とパーバティとパドマのパチル姉妹(第3グループ)は言うまでもないでしょう。アンソニー・ゴールドスタイン、マイケル・コーナー、テリー・ブートの3人もおそらく常に行動を共にしているのでしょう。ジニーが一緒なのはこの時点ではマイケル・コーナーと付き合っていたからでしょう。(第9グループ)

またジョージ・フレッド・ウィーズリーとリー・ジョーダンが仲がいいのは以前から判っていることですよね。(第11グループ)

最後にアーニー・マクミラン、ジャスティン・フィンチ・フレッチリー、ハンナ・アボット、スーザン・ボーンズの4人も騎士団下巻688ページを開くと帰りのホグワーツ特急で同じコンパートメントに乗り合わせています。(第8グループ)

ちなみに・・・ローリングさんのサイトのエディンバラ・ブックフェティバルの質疑応答の中で明らかになっています。ホッグズ・ヘッドのマスターはアバーフォース・タンブルドアだそうです。騎士団上巻529ページでハリーは『この人』のことを見覚えがあるような気がしたとのことですが、同278~280ページでムーディが見せた写真(不死鳥の騎士団創立メンバー)の中の1人だったんですね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/20-b1fc75dc