FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

マクゴナガル先生とハリーは校長室にやって来ました。当然の如く学校を留守にしてダンブルドアはハリーを連れて「どこに行ったのか?」をマクゴナガル先生は訊いて来ました。しかしハリーはそれを事前に予想して答えを用意していました。それから寮監の先生方とハグリッドが入って来て・・・(全3項目)

3-1.校長室にて
マクゴナガル先生とハリーは黙って動く螺旋階段を上り校長室に入りました。校長室は変わってしまったかもしれないとハリーは漠然と考えていました。でも一見すると僅か数時間前に来た時とほとんど変わっていませんでした。

違っていたのは不死鳥のフォークスがいない事とホグワーツの歴代校長の肖像画に新たな1枚が加わっていた事です。アルバス・ダンブルドアが机を見下ろす金の額縁の中でまどろんでいました。穏やかで和やかな表情でした。

その肖像画を一瞥して自分に活を入れるかのような独特の動作をするとマクゴナガル先生は机の向こう側に移動してハリーと向き合いました。くっきりと皺が刻まれた張り詰めた表情でした。そしてハリーにこう言って来ました。

「ハリー。ダンブルドア先生と一緒に学校を離れて今夜何をしていたのかを知りたいものです」

ハリーは「お話できません」と答えました。既に訊かれる事を予想して答えを準備していました。ここつまりは校長室でダンブルドアはハリーにロンとハーマイオニー以外には授業の内容を打ち明けるなとそう言ったからでした。

マクゴナガル先生は「重要な事かもしれませんよ」と暗にさらにハリーに打ち明けるよう言って来ました。これにハリーは「そうです。とても重要です。でもダンブルドア先生は誰にも話すなとおっしゃいました」と答えました。

「ダンブルドア校長がお亡くなりになった事で事情が少し変わった事は判るはずだと思いますが」

マクゴナガル先生は今度はこう言って来ました。しかしハリーは「そうは思いません。ダンブルドア先生は自分が死んだら命令に従うのを辞めろとはおっしゃいませんでした」と答えました。ここでハリーはこう言ったのでした。

「魔法省が到着する前に1つだけお知らせしておいたほうがよいと思います。マダム・ロスメルタが服従の呪文をかけられています。マルフォイや死喰い人の手助けをしていました。だからネックレスや蜂蜜酒が」

マクゴナガル先生は「ロスメルタ?」と言って信じられないという顔でした。しかしそれ以上何も言わない内に扉をノックする音がしてスプラウト先生にフリットウィック先生にスラグホーン先生とハグリッドが入って来ました。

3-2.来年度のホグワーツは?
一番ショックを受けた様子のスラグホーンが青い顔に汗を滲ませ吐き捨てるように「スネイプ!私の教え子だ!あいつの事は知っているつもりだった!」と言いました。しかし誰も反応できない内に鋭い声が聞こえて来ました。

歴代校長の肖像画の1人がマクゴナガル先生に「魔法大臣は間もなく到着するだろう。大臣は魔法省から今しがた姿くらましした」と知らせて来たからです。マクゴナガル先生は「ありがとう。エバラード」と礼を述べました。

そして急いで寮監の先生方のほうを向くと「大臣が着く前にホグワーツがどうなるかをお話ししておきたいのです」と早口に言いました。マクゴナガル先生個人としては来年度も学校を続けるべきかどうか確信がないそうです。

1人の教師の手にかかって校長が亡くなったのはホグワーツの歴史にとってとんでもない汚点で恐ろしい事です。だからマクゴナガル先生は学校を続けてもよいものかと思っている。するとスプラウト先生がこう言ったのでした。

「ダンブルドアは間違いなく学校の存続をお望みだったろうと思います。たった1人でも学びたい生徒がいれば学校はその生徒のために存続すべきでしょう」

するとスラグホーンが「しかしこういう事の後で1人でも生徒が来るだろうか?」と否定的な意見を述べました。それは親は子供を家に置いておきたいと望むだろう。そういう親の事を責める事はできないからだと言うのです。

スラグホーン個人としてはホグワーツが他と比べて危険だとは思わない。しかし母親がそのように考えるとは期待できない。家族をそばに置きたいと願うのは自然な事だ。マクゴナガル先生も「私も同感です」とそう答えました。

実は4年前に「秘密の部屋」が開かれた時ダンブルドアは学校閉鎖を考えたんだそうです。それにマクゴナガル先生にとってはスリザリンの怪物が城の内奥に隠れ棲んでいる事よりダンブルドアが殺害された事は穏やかではない。

「理事たちと相談しなくてはなりませんな。定められた手続きに従わねばなりません。拙速に決定すべき事ではありません」

フリットウィック先生がこう意見を述べました。するとマクゴナガル先生はハグリッドに意見を求めました。ハグリッドは自分には分らない。それは寮監の先生に校長が決める事です。そんなハグリッドにマクゴナガル先生は?

「ダンブルドア校長はいつもあなたの意見を尊重しました。私もそうです」

こう言うマクゴナガル先生にハグリッドは自分はここに留まる。それは13才の時から自分の家だったからだ。教えて欲しいという子供がいれば自分は教える。だけどダンブルドアのいないホグワーツなんて自分は考えられない。

ダンブルドアのいないホグワーツなんて考えられない。これについては他の先生方も同様のようで全員が黙り込んでしまいました。結局マクゴナガル先生はフリットウィック先生と同意見で理事会にかける事になったのでした。

「さて学生を家に帰す件ですが。一刻も早いほうがよいという意見があります。必要とあらば明日にもホグワーツ特急を手配できます」

こう言うマクゴナガル先生に・・・

3-3.ダンブルドアの葬儀は?
ハリーは「ダンブルドアの葬儀はどうするんですか?」と意見を述べました。マクゴナガル先生は声を震わせて「そうですね」と答え毅然とした口調が少し翳りました。実はダンブルドアはこのホグワーツに眠る事を望んでいた。

それを聞いてハリーは「それならそうなりますね?」と激しく言いました。それにマクゴナガル先生は「魔法省がそれを適切だと考えるならです」と答えました。何故かというとそういうのはかつて前例がないからだそうです。

ダンブルドアほどこの学校にお尽くしなさった校長は他に誰もいない。ハグリッドがこう言うとフリットウィック先生が「ホグワーツこそダンブルドアの最後の安息の地になるべきです」と言いハグリッドの意見に同調しました。

スプラウト先生も「その通り」と賛成をしました。そこでハリーが「それなら葬儀が終わるまでは生徒を家に帰すべきではありません。みんなもきっとお別れを言いたいでしょう」と最後の言葉が引っかかりながら言いました。

それをスプラウト先生が引き取って「お別れを言いたいでしょう」と続けました。それを聞いてフリットウィック先生が「よくぞ言った」と言って賛成してくれたのでした。そしてフリットウィック先生はさらにこう言いました。

「よくぞ言ってくれた!生徒たちは敬意を表すべきだ。それがふさわしい。家に帰す列車はその後で手配できる」

スプラウト先生もスラグホーンもそしてハグリッドも賛成して生徒たちもダンブルドアの葬儀に参列する事になったのでした。話が終わってマクゴナガル先生はわざわざ扉まで歩いて行ってハリーのために開けてくれたのでした。

校長室を出たハリーは寮に戻って来ました。そして入口に着くと「太った婦人(レディ)」が「本当にそうなの?ダンブルドアが死んだって?」と訊いて来ました。ハリーが「本当だ」と答えるとレディは声を上げて泣きました。

そして合言葉を待たずに入口を開けハリーを通しました。ハリーの予想通り談話室は人で一杯でした。ハリーが入って行くと談話室は静まり返りました。ハリーは誰とも話さず視線も合わさずに談話室を横切り寝室に戻りました。

ハリーの期待通りそこにはロンが1人で待っていました。そして分霊箱は既に盗まれていて偽物があった事を報告したのでした。

今日の最後に
何故ダンブルドアはハリーに分霊箱の事をロンとハーマイオニー以外には一切話すなと口止めしたのか?副校長のマクゴナガル先生はもちろん不死鳥の騎士団のメンバーにも話させませんでした。その真の狙いは何だったのか?

「確かにお前の命を奪う事だけではわしは満足せんじゃろう」

魔法省でヴォルデモート卿と対決した際にダンブルドアはこう言っています。お前つまりヴォルデモート卿の命を奪っただけでは自分は満足できない。ダンブルドアはヴォルデモートを葬ると同時に解決したい事が他にもある。

分霊箱の事をハリーに吹聴させないのはその目的を達成するための布石というわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.