FC2ブログ
ロンとハーマイオニーと共に賢者の石を守る障害の数々を突破してダンブルドアの「みぞの鏡」の前にたどり着いたハリーでしたが、そこで待っていたのはスネイプでもなくヴォルデモートでもない意外な人物でした。そして賢者の石を巡っての激しい戦いとなったのでした。

みぞの鏡の前で待っていたのは・・・
数々の障害を突破して最後に「みぞの鏡」の前でヴォルデモートが取り憑いたクィレルとハリーとの対決となったわけですが結局先に石を手に入れたのはハリーでした。

ダンブルドアが石を「使いたい者」ではなく「見つけたい者」が手に入れることができるように「みぞの鏡」に魔法をかけておいたからでした。

ヴォルデモートはハリーが石を手に入れたことを知って渡すよう要求しますが当然ハリーはそれを拒否したため殺してでも手に入れようとしますが・・・

ハリーの血に流れる守りの魔法のためにクィレルは直接ハリーに触れることができませんでした。この戦いを通じてヴォルデモート卿は自身の体を取り戻す時にはハリーが必要だと考えるようになったんですね。

戦い終わって・・・目覚めた時に
と!いうわけでヴォルデモートとの戦いで丸3日間も医務室のベットで意識不明となってしまったハリーでしたが目覚めた時傍らにいたのがダンブルドアでした。

そこでダンブルドアとハリーは色々語り合ったわけですが、そこで後々重要な意味を持ってくると思われるやり取りについて取り上げておこうと思います。(3項目)

3-1.ダンブルドアとの会話、その1「呼び名のこと」
目覚めたハリーがヴォルデモート卿のことを「例のあの人」と呼んだ時ダンブルドアは名前を恐れていると、そのもの自身に対する恐れも大きくなると言って「ヴォルデモート」と呼ぶよう諭しています。

その結果ハリーはその後「リドルの日記」から出て来たヴォルデモートや第4巻で復活した時に戦った時にも、気後れすることなく戦うことができました。

またその他の場面でも要所要所で効果を表しています。

どのような場面で、どのように役に立っているかについては、その都度巡って来た時に触れることにしたいと思います。

3-2.ダンブルドアとの会話、その2「答えられなかった質問」
ハリーがダンブルドアに対して最初にした質問が「ヴォルデモートはそもそもどうして自分を殺そうとしたのでしょう」というもので、この質問にダンブルドアは答えませんでした。

後にダンブルドアは「11才」「12才」のハリーに告げるにはあまりに酷だと判断したので告げなかったと言っていますが、もちろん最初から「あのタイミング」で告げると決めていたんでしょうね。

ハリーとヴォルデモートに関する予言がシビル・トレローニーによって成されたことをハリーに告げて、その翌年度から個人授業を始めるというスケジュールを「この時」から組んでいたと私は思います。

だから告げなかったんだと思います。

3-3.ダンブルドアとの会話、その3「スネイプのこと」
ハリーとドラコ・マルフォイ同様にスネイプとジェームズ・ポッターもお互いを激しく嫌っていたのにスネイプはハリーのお父さんに命を助けられたことがあって・・・

スネイプは憎むべきジェームズ・ポッターに借りがあるのが我慢できなかったから今学期いっぱいハリーを全力で守ったとダンブルドアは言っていますが・・・

私はやはりこれも嘘でセブルス・スネイプはただ単にダンブルドアにハリーを守るよう命じられて、それを忠実に実行していただけだと思います。

スネイプは「ハリーを守る」この任務以外にも数々の任務を「ある1つ」を除いて忠実に実行していますが、どうしてここまで盲目的に従っているのか?

それについては第7巻のスネイプの運命を大きく左右する要素だと思われるので、いずれまた「このシリーズ」の終了後の第7巻の日本語版発売直前に考えてみたいと思っています。

この場面でのダンブルドア
医務室でハリーと大いに語り合ったダンブルドアでしたがハーマイオニーが出したふくろう便はすれ違ってしまって受け取らなかったと言っていますが・・・

もちろん最初からロンドンには行かずホグワーツに留まっていたことは学年度末パーティーの駆け込みの点数の内容を見れば分りますよね。

最後にグリフィンドールに加算されたネビルの得点「味方の友人に立ち向かっていく勇気」に対してダンブルドアが与えた10点はロンドンに行かずに「その場」にいたからこそ与えられる点ですからね。

本日の最後に
と!いうわけで本日をもって超ロングランのこのシリーズの「賢者の石編」が終了しました。まあ「17章」が記事「12件」ということで、まあまあいいペースだったんじゃないかな?!と思います。

「秘密の部屋編」を区切り良く日曜日から始めたいということで水曜日は「賢者の石編」の総括をしつつ振り返ることにしました。

新発見や改めて感じたことなどを中心に記事を作ろうと思っています。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第1巻「賢者の石」より第17章「二つの顔をもつ男」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/202-d367fa1b