FC2ブログ
ハリーにとってその日はリトル・ウィンジングのマグノリア・クレセント通りに吸魂鬼が現れたりフィッグばあさんがスクイブの魔女だと判ったりと驚きの連続でした。ところがプリベット通り4番地に帰ってみるともっともっと驚く出来事が待ち受けていました。それは「吼えメール」が・・・(全3項目)

3-1.最後に届いたのが
「日刊予言者新聞」を発行している間抜けな連中は一体いつになったらヴォルデモート卿復活の記事を一面大見出しで載せるんだ?こう思ってハリーが日々苛立ちを募らせているとそんな事など吹き飛ぶような事が起きたのです。

信じ難い事にここリトル・ウィンジングのマグノリア・クレセント通りに吸魂鬼が現れてハリーとダドリーを襲ったのです。ハリーは吸魂鬼を追い払うため「守護霊の呪文」を使わなくてはならない状況に追い込まれたのでした。

そこにフィッグばあさんが姿を現しスクイブの魔女と聞かされてハリーは驚愕する事になりました。ところがプリベット通り4番地に帰ってみるとハリーをさらに驚かせるような出来事が待ち受けていたというわげなんですよね。

ハリーの元には次から次へとふくろうが手紙を届けて来ました。一通目は魔法省からでハリーがマグルの面前で「守護霊の呪文」を行使したのでホグワーツを退校になりハリーは杖を破壊されるであろうと通知をする手紙でした。

二通目はアーサー・ウィーズリー氏からで今ダンブルドアが魔法省に着いた。何とか収拾をつけようとしているのでプリベット通り4番地を離れるな。これ以上魔法を使っても杖を引き渡してもいけないと書かれていたのでした。

魔法を使わず杖の引き渡しを拒むなんてどうやったらいいんだ?ハリーがそう悩んでいるとバーノン叔父さんが「ダドリーに何をした?」と訊いて来ました。僕じゃない。やったのは吸魂鬼だとハリーが再三言っていると・・・

「魔法使いの監獄の看守だわ。アズカバンの」

ペチュニア叔母さんがこう言ってハリーは再び驚愕させられる事になりました。すると再び魔法省から手紙が届いて杖を破壊する決定は変更になりホグワーツ退校の件は8月12日に行われる懲戒尋問で決まると書かれていました。

そして問題の手紙はシリウスからの手紙のその後にバーノン叔父さんがハリーに「この家を出て行け!」と何度も言っている最中に届きました。宛て先は「プリベット通り4番地。キッチン。ペチュニア・ダーズリー様」でした。

3-2.受け取ったペチュニア叔母さんは?
その手紙を持ったふくろうは煙突を急降下して来たので勢い余って床にぶつかり大声で鳴きながら再び飛び上がりました。当然自分に来たものと思いハリーは手を上げて手紙を取ろうとしましたがふくろうは頭上を通過しました。

ふくろうはペチュニア叔母さんのほうに一直線に向かいました。ペチュニア叔母さんは悲鳴を上げ両腕で顔を覆って身をかわしました。ふくろうは赤い封筒をペチュニア叔母さんの頭に落とし入って来た煙突から出て行きました。

ハリーは手紙を拾おうと飛びつきました。しかし手紙を拾ったのはペチュニア叔母さんでした。でもハリーは知っていました。自分が拾おうがペチュニア叔母さんが拾おうが結果は同じ事だ。手紙の内容は判るからなんですよね。

「開けたきゃ開けてもいいよ。でもどうせ中身は僕にも聞こえるんだ。それ吼えメールだよ」

するとバーノン叔父さんが「ペチュニア手を離すんだ!触るな。危険かもしれん!」と喚きました。しかしこの赤い封筒は自分に届けられたものだとペチュニア叔母さんは言うのです。ペチュニア叔母さんはこう言ったのでした。

「私宛だわ。私宛なのよバーノン。ほらプリベット通り4番地。キッチン。ペチュニア・ダーズリー様」

ペチュニア叔母さんは真っ青になって息を止めました。封筒が燻り始めたからです。ハリーは「開けて!済ませてしまうんだ!どうせ同じ事なんだから」と言いましたがペチュニア叔母さんは「嫌よ」と開けるのを拒みました。

激しく手を震わせながらペチュニア叔母さんはどこか逃げ道はないかと台所の中を見回しましたが手遅れでした。封筒は燃え上がりました。ペチュニア叔母さんは再び悲鳴を上げて封筒を取り落としました。聞こえて来たのは?

「私の最後のあれを思い出せペチュニア」

ペチュニア叔母さんは気絶するかのように見えました。両手で顔を覆い沈むように椅子に座り込みました。バーノン叔父さんが何を言っても訊いてもペチュニア叔母さんは何も言いません。沈黙が恐ろしいほどに張り詰めました。

ペチュニア叔母さんは顔を上げました。まだ激しく震えています。ペチュニア叔母さんは意を決するように生唾を飲むとバーノン叔父さんに「この子はここに置かないといけません」つまりハリーをここに置くと告げたのでした。

「私たちがこの子を放り出したとなればご近所の噂になりますわ。面倒な事を訊いて来ますよ。この子がどこに行ったか知りたがるでしょう。この子を家に置いておくしかありません」

ペチュニア叔母さんはまだ青い顔をしていたもののいつもの突っけんどんでぶっきらぼうな言い方を急速に取り戻していました。ペチュニア叔母さんはバーノン叔父さんを無視してハリーのほうに顔を向けるとこう言いました。

「お前は自分の部屋にいなさい。外に出てはいけない。さあ寝なさい」

「吼えメール」は誰からだったの?叔母さんは魔法使いと接触してるの?ハリーがこう訊いてもペチュニア叔母さんは答えてくれませんでした。ただもうひたすらにハリーに対しては「寝なさい!」と言うばかりだったのでした。

3-3.送って来たのは?
ペチュニア叔母さんに「吼えメール」を送って来たのはダンブルドアだった。ふくろう試験終了後に三度目に校長室にやって来た時にハリーは気がついてダンブルドア校長に「送ったのは先生だった」と言ったというわけです。

ヴォルデモートの支持者たちはそのご主人様に引けを取らぬほど残忍な連中でまだ捕まっておらず自暴自棄で暴力的だった。ダンブルドアとしてはハリーを生き延びさせる事こそが最大の優先課題だったというわけなんですよね。

そこでダンブルドアはハリーを護るのは古くからの魔法と決断した。それはヴォルデモートも知っており軽蔑していた魔法だ。それ故ヴォルデモートはその魔法を過小評価して来た。しかしその身をもって代償を払う事になった。

ハリーの母上はハリーを救うために死んだ。ヴォルデモートが予想もしなかった持続的な護りを母上はハリーの血の中に残していった。だからこそダンブルドアはハリーの母上の血を信頼して唯一の血縁者の所に届けたのです。

ペチュニア叔母さんは僕を愛していない。僕の事なんかどうでもいいと思っているんだ。こう言うハリーの言葉を途中で遮りダンブルドアは言いました。やむなくそうしたのかもしれんし腹を立て苦々しい思いだったかもしれん。

しかしペチュニア叔母さんはハリーを引き取った。ハリーが母上の血縁すなわちペチュニア叔母さんの住む所を自分の家と呼べる限りヴォルデモートはハリーに手を出す事も傷つける事もできない。だからハリーは生き残った。

ダンブルドアがペチュニア叔母さんに「吼えメール」を送ったのはハリーを引き取る事で約束した事をペチュニア叔母さんに思い出させる必要があると思ったからなんだそうです。吸魂鬼の襲撃で危険性に目覚めたかもしれない。

だからダンブルドアはペチュニア叔母さんに「吼えメール」を送ったとそうハリーに説明したのでした。

最後に
こうして改めて振り返ってみるとロンにネビルは「吼えメール」の事をただもうひたすらに怖がっていたのに対してペチュニア叔母さんは怖がっていたのは同じなんですが受け取った後の凄みにはまさに圧倒させられますよね。

この場面を取り上げる毎に触れずにはいられない事なんですがペチュニア叔母さんも間違いなく過去に「吼えメール」を受け取った事がありました。でも送った人についてはハリーのお母さんのリリーしか考えらないんですよね。

あそこまでペチュニア叔母さんを怖がらせる。一体どんな内容の「吼えメール」だったのか?知りたいものですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2031-cf523a0d